目次へ戻る

3列シートミニバン!ホンダ ジェイド スペック・燃費・車内空間・価格・評価

3列シートミニバン!ホンダ ジェイド スペック・燃費・車内空間・価格・評価

ホンダのミニバン・ジェイドは、ホンダの3列シートを持つミニバンです。ホンダのミニバン、と聞くとフリードやオデッセイが浮かぶ、というそこの貴方!本記事では改めてホンダのジェイドに迫ります。


3列シートミニバン!ホンダのジェイド

ホンダのジェイドは、3列シートを持つミニバンです。

2013年から中国向けに販売されていましたが、2015年以降日本でも販売されています。

日本仕様はハイブリッド専用車の位置づけとなっています。2017年には仕様変更がありました。

ホンダ ジェイド 基本情報

ホンダ ジェイド スペック・燃費・車内空間・ボディサイズ他

 
【ホンダ ジェイド(HIBRID)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,650×1,775×1,530mm(ホイールベース:2,760mm)
室内長×室内幅×室内高2,850×1,505×1,230mm
最大乗車定員6名
車両重量1,510kg
燃費JC08モード:25.0km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置き
最高出力(kW(PS)/rpm)96kW (131PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)155N·m (15.8kgf·m) /4600rpm
タンク容量 40L
駆動方式FF
トランスミッション7速オートマチック

ホンダ ジェイド 多彩なシートアレンジが売り!

ジェイドは、多様なシートアレンジを行えることが大きな特徴です。

3列目シートの5:5分割床下格納機構と2列目シートを活用すれば最大6人まで乗車することが可能であり、目的に応じてシートを自由にアレンジできますよ。

この2列目シートには「Vスライドキャプテンシート」を採用しています。そのため、着座位置を低くすることができ、まるでソファに座っているような感覚です。

セダン並みの低全高で、中身はゆったり。まさにスタイリッシュで使えるクルマ、と言えます。

ホンダ ジェイド 安全装備

ジェイドには、ホンダセンシングを搭載。

対象の位置や速度の測定に強いミリ波レーダー。そして対象の形や大きさの識別に強い単眼カメラを融合した高精度な検知機能で、安心・快適な運転を支援してくれます。

ホンダ ジェイド 試乗感想・評価・レビュー

ジェイドRS

ボディシェルのシルエットは空力的洗練度合いが高いもので、よく見ると意外にもホンダが2008年に発売した燃料電池車『FCXクラリティ』との共通性が色濃い。また、ボディ各部の面の質感もかなり高く、中国市場メインのクルマでありながら、単に安さだけを追求したものではないことがうかがえた。

Cセグメントとしてみると、ハンドリングの質感の高さはワゴンボディでない国産Cセグメントハッチバックを問題にしない素晴らしさなのだが、ミニバンボディの重量過大はもったいない。ホイールベースが100mmほど短い普通のCセグメントならずっと軽く、動きもさらに素晴らしい物が出来たであろうことを考えると、これまた質の高いハッチバックを買いたいという顧客のニーズから外れている。

そんなジェイドRSのターゲットとして一番当てはまりそうなのは、5人乗車の機会がほとんどなく、キャンプ用具や釣り用具、天体望遠鏡などの大荷物を積んで長距離をツーリングするようなステーションワゴンユーザーだ。

ホンダ ジェイド 新車価格

ジェイドの新車価格ですが、ハイブリッドモデルが272万円~292万円で、RSが253万円です。

最後に

スタイリッシュで使えるクルマ。ホンダのジェイドについてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。

ホンダのミニバン、と聞くとオデッセイやフリードのイメージが強い、という方が多いかもしれませんが、ホンダのジェイドも忘れないでくださいね!!

関連する投稿


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。


売れに売れてる「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

売れに売れてる「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

新しもの好きもオッチョコチョイも、愛すべきクルマ好きであることは確かであり、メーカーもこれらの人たちのおかげで商売ができているのは否定できない。でも、行き過ぎた幻想を与えすぎてはいけないとの思いから、せっかくのフィーバーに水をかけてみたいと思う。まずは、ホンダの新型軽バン「N-VAN」から。


ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは8月13日、『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)の2019年モデルを発表しました。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【8月13日更新


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。