目次へ戻る

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

これはカワイイ!ホンダN-BOX純正アクセサリーにバーバパパ登場!

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。画像を見てしまったら、バーバパパコレクションを思わず大人買いしてしまうかも!?


N-BOX 用純正アクセサリー「バーバパパ コレクション」発売

ホンダアクセスは、主に女性ドライバーに向けてトータルコーディネートを提案するコレクションの第5弾「バーバパパ コレクション」を5月31日より全国のホンダカーズから発売すると発表しました。

家族のおでかけをもっとハッピーに。バーバパパコレクション

http://www.honda.co.jp/ACCESS/barbapapa/?from=at_mainjs

HONDA,ホンダ,ACCESS,ホンダアクセス,アクセサリー,バーバパパコレクション

バーバパパとは

まるでお花が咲くように、庭で生まれたのが、バーバパパです。

どんなかたちにも変わることができ、豊かな想像力をつかって、どんな難しいことも解決することができること、いつでもどんなときでも、みんなを助けてくれ、みんなのためになることなら、なんでも喜んでやってくれる…。

優しすぎて頭が上がらない、そんな素敵なキャラクターです。

あまり知られてはいませんが、バーバパパには奥さんのバーバママと7人の
子どもがおり、9人家族という大所帯で暮らしています。

バーバパパは人気!

香川県の高松琴平電気鉄道(ことでん)は、4月23日からラッピング列車『バーバパパ号』の運行を開始する。

これは、元京王帝都電鉄(現・京王電鉄)5000系(初代)の1100形2両編成1本(1101+1102号)に、創業140周年を迎える百十四(ひゃくじゅうし)銀行のキャラクター『バーバパパ』のラッピングを施すもので、車内の座席なども『バーバパパ』仕様となる。

ホンダアクセスのトータルコーディネートコレクション第5弾!

ホンダアクセスでは2013年から、自分の部屋のように車内をコーディネートできるインテリアアイテムをはじめ、さまざまな純正アクセサリーを発売しています。

今回のバーバパパ コレクションはその第5弾。

未就学児を持つママ層を中心に人気のキャラクター"バーバパパ"とコラボしたコーディネートアイテムをN-BOX用に発売します。

バーバパパコレクション 画像まとめ

シックな車内空間を演出する「シートカバー」(3万1320円)はマスタードイエローを基調に、アイボリーとブラックストライプをアクセントとし、「シフトノブ」(5400円)や「ステアリングホイールカバー」(1万0800円)も同系色でコーディネートした。

コンビニフックもカワイイですが、とりわけ、かわいいと思ったのが、こちら。

この、ころんとした形の思わず笑顔になってしまうほどにカワイイバーバパパ。

なんだと思いますか???
実はこれ。

キーカバーなんです!

お子さんが何人かいるご家庭では、鍵の取り合いになってしまうかもしれませんね。

美術大好きなアーティスト、バーバモジャがちらり。

アイボリーの「インテリアパネル」(1万7280円)に貼って楽しむ「インテリアステッカー」(5400円)や、芝生をイメージした「フロアカーペットマット」(3万9960円)、バーバパパをモチーフにした「キーカバー」(3996円)や「バーバパパコンビニフック」(1944円)のほかにも「エクステリアステッカー」(8640円)、「エンブレム」(8640円)

7人の子どもたちを見守るバーバママがウィンク。

運転席のアッパーボックスにプリントされているこの子…。


バーバピカリ、またはバーバズー、または、バーバブラボーだと思うのですが、色がついていないため不明ですね…。

※バーバピカリは青色、バーバズーは黄色、バーバブラボーは赤色の体です。

バーバママ、バーバベル、そしてバーバズーがN-BOXのエンブレムからこちらを覗いていますね。

N-BOXをもっと素敵に!バーバパパコレクションは5月31日発売

家族のおでかけをもっとハッピーに。バーバパパコレクション

http://www.honda.co.jp/ACCESS/barbapapa/?from=at_mainjs

HONDA,ホンダ,ACCESS,ホンダアクセス,アクセサリー,バーバパパコレクション

思わず笑顔になってしまう、N-BOX用お純正アクセサリー、「バーバパパコレクション」がホンダアクセスより発売されます。

こんな車なら、お子さんだけでなく、ママも喜んでくれるかも!?

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-BOX

関連する投稿


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。


売れに売れてる「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

売れに売れてる「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

新しもの好きもオッチョコチョイも、愛すべきクルマ好きであることは確かであり、メーカーもこれらの人たちのおかげで商売ができているのは否定できない。でも、行き過ぎた幻想を与えすぎてはいけないとの思いから、せっかくのフィーバーに水をかけてみたいと思う。まずは、ホンダの新型軽バン「N-VAN」から。


異変?プリウス脱落、新型車大躍進の7月度販売ランキング

異変?プリウス脱落、新型車大躍進の7月度販売ランキング

7月における登録車と軽自動車の販売台数によると、トップは「N-BOX」で11カ月連続のトップ。登録車は「アクア」が首位ながらも、総合では1位~3位を軽自動車が占めたために4位に終わっています。そして、「プリウス」がついにベスト10圏外に消えました。その他にも新型車の躍進など、見どころ満載の7月を詳しく見てみましょう。


ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは8月13日、『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)の2019年モデルを発表しました。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【8月13日更新


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。