目次へ戻る

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリが経営計画発表!ハイブリッド車とSUV「Purosangue」を導入か

フェラーリは9月18日に投資家向けに開いた説明会「Capital Markets Day」において2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入すること、SUV「Purosangue」を導入する予定であることを示唆しました。本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。


2018年9月 経営計画を発表!攻めの姿勢で望む4カ年計画

フェラーリは2018年9月18日に投資家向けにイタリアで行われた「Capital Markets Day」において2019年〜2022年の経営計画を発表しました。
「Capital Markets Day」で明らかになったのは、
「2022年までにハイブリッド車をラインナップの6割に導入」すること、またSUV「Purosangue」の導入を示唆しました。
本記事ではこの度発表されたフェラーリの経営計画についてご紹介します。

順風満帆ではなかったこの数ヶ月

フェラーリの経営は今回の発表までの2ヶ月、決して順調とはいえませんでした。フェラーリに起こった不測の事態を知ることで、より今回の野心的な経営発表が力強さを感じさせるものになります。

会長兼CEO セルジオ・マルキンネ氏の死去

今回の発表の2ヶ月前、フェラーリは不測の事態に見舞われていました。健康状態が悪化したセルジオ・マルキオンネ会長兼CEOが2018年7月21日に退任し、7月25日に死去しました。

セルジオ・マルキンネ前フェラーリ会長兼CEO

公認会計士としてキャリアをスタートし、経営破綻したクライスラーの再建とクライスラーCEO、その後フィアット・クライスラー・オートモービルズの会長も努め、フェラーリ会長も兼任するなどまさにヨーロッパ自動車業界の顔ともいえる人物でした。

新CEOと新会長の選出

セルジオ・ジョン・エルカーン会長


フェラーリは7月21日中に新CEOと新会長を選出しました。新CEOタバコ大手のフィリップ・モリス会長を努めていたルイ・C・カミレリ氏が就任。
新会長には、フィアット・クライスラー・オートモービルズの会長を努めていたセルジオ・ジョン・エルカーン氏が兼任という形で就任しました。

こうした中で発表されたフェラーリの計画をご紹介します。

商品ラインナップの4分類化、15種類の新型車発表を計画

フェラーリは2019年〜2022年までの4年間に15の新型車発売を計画しています。また、それらは下記の4つの分類によって分けられる予定です。

4つの分類は、
・SPORT
・GT
・SPECIAL SERIES
・ICONA
の4つです。

フェラーリ「SPORT(スポーツカーレンジ)」

画像はフェラーリ「488GTB」

フェラーリ「SPORT(スポーツカーレンジ)には「488」シリーズや「812スポーツファウスト」などが属し、F1の技術を応用したハイブリッドテクノロジーを導入予定です。

フェラーリ「GT(グラントゥーリズモレンジ)」

画像はフェラーリ「ポルトフィーノ」

フェラーリ「GT(グラントゥーリズモレンジ)」には「ポルトフィーノ」「GTC4ルッソ」が属し、PHV車が設定される計画です。また、この「GT(グラントゥーリズモレンジ)」には後ほどご紹介するフェラーリ発のSUV(フェラーリの呼称はFUV)が発表されると見られています。

フェラーリ「SPECIAL(スペシャルシリーズ)」

画像はフェラーリ「488ピスタ」

フェラーリ「SPECIAL(スペシャルシリーズ)」には、「488ピスタ」などの特別モデルが属する予定です。

フェラーリ「ICONA(イコーナ)」

画像はフェラーリ「モンツァSP1」

フェラーリ「ICONA(イコーナ)」は、今回初めて発表されたラインで、1950年代のクラシックなデザインと最先端の技術をまとったラインナップです。
1人乗りの「モンツァSP1」と2人乗りの「モンツァSP2」が発表されています。

2022年までにハイブリッド車を6割に

フェラーリは2022年までに新型車のラインナップの6割をハイブリッドにすると発表しました。これは今後のゼロエミッション社会への規制強化を踏まえた目標です。

フェラーリはF1で培った技術をハイブリッド車に投入することで、ドライブの楽しみはそのままにCo2の削減に貢献する見込みです。

フェラーリ初のSUV「Purosangue」の発売を示唆

また発表のスライドでは、イタリア語で「サラブレッド、純血」を意味する「Purosangue(プロサングエ)」というタイトルと共に真紅のベールに包まれた車両も。

自動車業界ではポルシェ「カイエン」の成功を受け、多くのメーカーがSUV市場に参入していました。しかし、フェラーリは2011年にセルジオ・マルキネンCEOがSUV市場には参入しないことを明言していました。

しかし、そうした姿勢も近年は崩れ2018年初頭にはフェラーリがSUV市場に参入することが噂されていました。

フェラーリではSUV(Sports Utility Veichle)ではなく、FUV(Ferrari Utility Veichle)という呼称を用いるなど徹底して、SUVとの同列視を避けています。

まとめ

いかがでしたか?フェラーリは上記の計画をもとに利益率や売上の増加も見込んでいます。今後もフェラーリの活躍から目が離せません。

最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。