トップへ戻る

N-BOXに初の特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」登場!特別装備や価格差は?

N-BOXに初の特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」登場!特別装備や価格差は?

ホンダは、軽乗用車『N-BOX』に特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」を設定し、11月2日より販売を開始しました。特別仕様車は、上質で品格のある輝きを放つトレンドカラー「カッパー」を内外装に取り入れ、エレガントなスタイルに仕上がっています。特別仕様車の特別装備やベースモデルとの価格差などを紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


売行き絶好調のN-BOXに初の特別仕様車が登場!

ホンダは、軽乗用車『N-BOX』に特別仕様車「COPPER BROWN STYLE(カッパーブラウンスタイル)」を設定し、11月2日より販売を開始しました。

特別仕様車は、上質で品格のある輝きを放つトレンドカラー「カッパー」を内外装に取り入れ、エレガントなスタイルに仕上がっています。

販売台数ぶっちぎりのN-BOX初の特別仕様車の特別装備やベースモデルとの価格差などを紹介します。

カッパーブラウンスタイルの特別仕様

ボディーカラー&エクステリア

ボディーカラーはルーフ、ドアミラーにカッパーを配色した2トーンカラーを採用しています。

ホワイトとブラックの2仕様用意されています

・プラチナホワイト・パール&カッパー

・クリスタルブラック・パール&カッパー

ホワイトはメインターゲットは女性、ブラックは男性といったイメージでしょうかね。
どちらもカッパールーフとカッパードアミラー、カッパーのハーフホイールキャップで通常モデルよりオシャレなデザインを醸し出していますね。

クロームメッキアウタードアハンドルも細かいですがワンポイントアクセントを与えています。

インテリア

インテリアは、ブラウン×ブラックのシックな色調をベースに、カッパーの輝きをアクセントとした上質な空間を実現しています。

インテリアの特別装備は以下のようになっています。

・トリコットシート(ブラウン×カッパー)
・シルバー塗装エアコンスイッチパネルガーニッシュ
・カッパー塗装エアコンアウトレットダブルリング

・助手席インパネガーニッシュ(カッパーメタル)

・ドアオーナメントパネル(カッパーメタル)

・ピアノブラック調ステアリングアッパーガーニッシュ

・カッパー塗装ステアリングロアガーニッシュ
・ピアノブラック調パワーウインドウスイッチパネル
・クロームメッキインナードアハンドル(フロント)
・クロームメッキセレクトレバーボタン&シャフト

ブラウン×カッパーのトリコットシートやカッパーメタルのインパネガーニッシュは質感高くてよいですね。
クロームメッキも散りばめて魅力的な内装を演出しています。

その他装備

その他装備として以下の魅力的な装備がプラスされています。

・専用Hondaスマートキー(カッパー)

スマートキーもカッパー色というこだわりは嬉しいですね。

ちなみにツートンカラーの場合スマートキーもツートンカラーになっているホンダの遊び心は素敵ですね。


・前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム<前席/後席対応>を標準装備

N-BOXのノーマルモデルにはオプション装備となっている、前席用サイドエアバッグ&サイドカーテンエアバッグが標準装備されています。

筆者としてはサイドエアバックとカーテンエアバックは軽自動車には全車に標準装備して欲しいと思っているオプションで、
N-BOXでもグレードによりついてないものがあり安全装備に差をつけるのは止めてほしいと考えていますが、
今回の特別仕様車ではこちらが標準装備となっているのは良いと思います
価格的には5万円相当の装備です。

・パワースライドドア<リア右側>を標準装備

N-BOXはパワースライドドアはリア左側は標準装備されていますが、
リア右側はターボモデルは標準装備されていますが、NAモデルはオプションとなっています。
筆者はN-BOXカスタムターボを所有していますのでリア右側のパワースライドドアは標準装備されており、非常に重宝しています。
人気オプションでもある5万円相当のリア右側パワースライドドアを標準装備にしたのも好ポイントだと思います。

車両本体価格

特別仕様車「カッパーブラウンスタイル」の価格は168万9120円から197万9640円となっています。

「カッパーブラウンスタイル」のNAとターボ車の代表モデルとベースモデル

まずは、NAモデルから。

■N-BOX 特別仕様車 G・L Honda SENSING カッパーブラウンスタイル

車両本体価格:1,689,120円

ベース車両は
N-BOX G・L Honda SENSING
車両本体価格:1,499,040円

と19万円UPなっていますが、
サイドエアバック&カーテンエアバックとリア右側パワースライドドアで10万相当なので特別装備だけだと9万円相当と考えるとお買い得だと思います。


続いてターボモデルは

■N-BOX 特別仕様車 G・L ターボ Honda SENSING カッパーブラウンスタイル

車両本体価格:1,789,560円

ベース車両は
N-BOX G・L ターボ Honda SENSING
車両本体価格:1,695,600円

サイドエアバック&カーテンエアバックとリア右側パワースライドドアはターボモデルで元々ついているのでこちらは9万円アップとなっています。

内外装の特別装備に9万円を魅力的と考えられるかどうかですね。

さいごに

今回はN-BOXノーマルモデルの特別仕様車でカッパーという特殊な色もあり、既存の購入検討ユーザー層とはあまり被らない特別仕様車でした。

旧N-BOX/N-BOXで出たようなSSパッケージ(Suzuka Special)のような使い勝手やLEDやシートヒーターなど内外装を充実させたお得な特別仕様車も期待したいですが、何もしなくてもぶっちぎりで売れているN-BOXなのでそういった特別仕様車はまだまだでないのでは無いかと思います。

今回の「カッパーブラウンスタイル」は主に女性向けターゲットな感じですが、クリスタルブラック・パール&カッパーのブラック仕様の方は男性にも似合うのでは無いでしょうか。

N-BOXのノーマルモデルを検討されている方には上質なトレンドカラーの「カッパー」が気に入ったのなら個性的でおしゃれな内外装にサイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム、パワースライドドア<リア右側>など安全装備と利便性も高いモデルなので魅力的な特別仕様車だと思います。

鮮やかな印象の「COPPER BROWN STYLE」の実車を見てみたいですね。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 N-BOX

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


最新の投稿


【スタッドレスタイヤの交換時期】いつ交換がベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

【スタッドレスタイヤの交換時期】いつ交換がベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

愛車のタイヤをサマータイヤとスタッドレスタイヤで季節ごとに履き替えている方も多いです。しかし、多くの人に馴染みのあるサマータイヤと「冬専用」のスタッドレスタイヤとでは、寿命の判断基準が異なることは知っていましたか。また、普段はしまってあるスタッドレス、保管方法によっては劣化を加速させてしまっているかも。この記事で、スタッドレスについて詳しくなってしまいましょう。


【イエローハットでバッテリー交換】工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

【イエローハットでバッテリー交換】工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

普段意識することなく使っている自動車のバッテリーは、突然上がってしまうと対処に困ってしまいますよね。ロードサービスを待つ間、そういえばバッテリーのメンテナンスはやってこなかったなあと後悔してしまうかも。そんな辛い体験をしなくて済むよう、性能が低下してきたバッテリーは予防的な交換を済ませておけば安心です。お近くのイエローハットにおまかせすれば、安心が簡単に手に入ることでしょう。


【オートバックスでバッテリー交換】バッテリーの寿命は何年?工賃や作業時間目安までまとめてチェック!

【オートバックスでバッテリー交換】バッテリーの寿命は何年?工賃や作業時間目安までまとめてチェック!

自動車で重要な部品といえば。エンジンやタイヤ、ハンドルなど、さまざまな要素が挙げられるとは思いますが、ないと困るのがバッテリーです。エンジンを始動するだけでなく、今や車両制御や多くの快適装備を支える重大な役目があるバッテリーですが、意外としっかりメンテナンスできている方は少ないのでは。突然のバッテリー上がりを避けるためにも、オートバックスでメンテナンスを依頼しておきましょう。


トヨタ プリウスα|7人乗りも選択できる、少し大きなプリウス!

トヨタ プリウスα|7人乗りも選択できる、少し大きなプリウス!

ハイブリッド車の雄であるプリウスに、プラスアルファの価値を付け加えたという意味で命名されたプリウスα。どんな魅力があるクルマでしょうか?今回は、プリウスとの違いや、グレード展開などをまとめました。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。