目次へ戻る

トップ燃費と優れた収納を持つスズキの軽!ワゴンR

トップ燃費と優れた収納を持つスズキの軽!ワゴンR

「あたらしい・楽しいがR」をコンセプトに作られたスズキのワゴンRは、乗る人の動きに一つ一つ合わせてくれる相棒になってくれます。燃費の向上に繋がるマイルドハイブリットを搭載し、安定した走行性を実現化した軽自動車です。


ワゴンR概要・走行性能

概要・特徴

新型発表したSUZUKIワゴンRにはクリープ時にはモーターのみで走行し、加速時にはモーターエンジンアシストしてくれるマイルドHVを搭載しています。

今回のモデルチェンジでは軽量化と高剛性の両方を兼ね備えたHEARTECTを採用しています。従来の車体より20kg弱軽量となっていて、燃費は1リットルあたり33.4kmと軽自動車の中でトップに輝いています。

車内が広くなり、幅広い世代の方に安心して快適なカーライフを届けてくれる魅力がぎっしりと詰まっているのが特徴です。もしも追突事故を起こしそうになった時も、デュアルセンサーブレーキが危険を察知して事故を防いでくれるので運転手、同乗者、そして周りの車にも優しい軽自動車となっています。

様々なライフスタイルに

機能性と実用性を兼ね備えたワゴンRは様々なライフスタイルに合う軽自動車です。

ポップな印象を与えるサニーメタリックイエロー、男性が好みそうなメタリックブルーなどバラエティーに富んだラインナップが誕生しています。従来の箱っぽさはそのままにしてあるので、車の乗り降りがしやすく、収納しやすさもしっかり確保することに成功しました。

前モデルよりも車内が広くなった分、ストレスなくくつろぎながらドライブが楽しめるのもポイントです。小さいお子さんと外出する時はベビーカーや手荷物が多くなりがちですが、すっぽり入る大容量なのでママたちにも快適な環境が整っています。

ドライブが更に楽しくなるモニターは駐車するのが苦手な方にとって心強い存在になってくれること間違いなしです。

エンジンシステム

電気の力で低燃費をアシストしてくれるハイブリッドの新しい形、マイルドハイブリッドは電力を最大限に活かしながら走行することを実現化しています。HYBRID FZ 2WD車、HYBRID FX 2WD車の燃費は1リットル33.4kmとトップクラスです。

加速時は力強く、そしてクリープ時にはモーターのみで走行するので燃費に大きく貢献しています。坂道発進や合流もR06A型エンジンのおかげでスムーズです。街中では減速と加速の両方が必要になるため、心地よく、リラックスした状態で走ることが可能です。

運転に関しての技術・性能の全てがSUZUKIワゴンRに詰まっているので運転が苦手な方も安心できるのが最大の魅力なのではないでしょうか。

ワゴンR 車内空間・収納

軽自動車に求めることは日々進歩してきています。以前は格安で乗り回し易さを求める方がメインターゲットでありました。しかし、現在では軽自動車にも求められることが増えてきています。そこで、今回はワゴンRに注目してみます。

ラゲッジスペース

まずワゴンRの収納ですが、コンセプトは「ラクラク積める、大きな開口部」となっており、リアコンビネーションランプをバンパー上端にレイアウトすることで、ラゲッジルームの開口部を広く取っており、収納に関しては荷室開口高840mm、荷室幅1180mm、荷室開口幅1165mmと、軽自動車でも楽に大きな荷物を積める仕様になっています。

更にバックドア側からもリヤシートをワンタッチで折りたためるワンタッチダブルフォールディングリヤシートを採用し、簡単にリヤシートをフラットにすることが出来て、積み降ろしのしやすい荷室が広がります。

このように収納に関しては、スペースが広く取れるため、折りたたみ自転車も楽に収納し、運ぶことが出来ます。

ラゲッジアンダーボックス

更に収納は車両の細部まで行き届いており、インパネにはショッピングフックが付属されており、買い物袋をそのままぶら下げることが出来ます。

以前までシート1つに載せていた買い物袋がこのフック1つで改善されており、助手席オープントレーにはボックスティッシュや小物を収納出来るようになっています。これまで車の中が散乱していた方もこれで綺麗な車内空間を確保できるのではないでしょうか。

収納機能はまだあります。ラゲッジアンダーボックスにはベビーカーを立てて収納することが出来ます。今まではベビーカーを寝かせて収納していたため、ラゲッジルームの場所をかなり取られていた方も、このラゲッジアンダーボックスで綺麗に収納出来ます。

乗り降り

収納の便利さはさることながら、乗り降りに関しても配慮されています。今まで雨が降っており、傘をさした状態で車に乗った時、傘はどこに置いていましたか?

リヤシートの足元に置きませんでしたか?その置いた傘で足元や車の中が濡れたという経験をしませんでしたか?

ワゴンRではリヤシートドア内側に、アンブレラホルダーを設置しており、濡れた傘で服やシートを濡らすことを防ぎ、傘についた雨水は車外に排出される構造になっていますので、水が溜まることもありません。

今までの車であったらいいなという収納を軽自動車という限られた空間で実現したワゴンRは、かつて経験できなかった利便性と新鮮さに溢れています。特に収納に関しては細部まで行き届いていますので、車の空間を有効活用されたい方は是非ご検討されてみてはいかがでしょうか。

ワゴンR 装備・安全性

普段使いにも、また初心者ドライバーにとっても、コンパクトで運転のしやすい軽自動車には人気車種がたくさんあります。そんな中で、スズキのワゴンRは、トータル満足度の高い一台として幅広いドライバーから長く親しまれています。

運転支援

軽自動車だからこそ、スズキはワゴンRにも積極的に運転支援装置を搭載しています。それは、初心者ドライバーはもちろん、ベテランドライバーであっても安全性と快適性が大きなメリットにつながるからです。

全方位モニターがあればバックモニターのように死角を映し出すだけでなく、運転している車を上から眺めることが出来るので、縦列駐車やバックによる駐停車をサポートします。

またメモリーナビゲーションを装備すると、目的地まで運転だけに集中することが出来るので疲労軽減にもつながります。新しくレーンチェンジウインカーを搭載したことで、これまでは手動で戻すしかなかった操作が簡単になりました。

安全装備

デュアルセンサーブレーキサポートとして、フロントガラスに2つのセンサーを設置し前方の歩行者や走行車両を検知します。近距離や夜間などで威力を発揮するレーザーレーダーと歩行者も検知できる単眼カメラを組み合わせたサポートシステムです。

また誤発進抑制機能では、踏み間違いなどによる急発進を回避します。シフトをDまたはLなどに入れた状態で、停車または徐行中に前方まで4メートル以内の障害物を検出するので、うっかりした操作ミスを回避サポートする機能です。

さらにハイビームアシスト機能は、運転時に対向車を検出しヘッドライトをハイからローへと自動で切り替えます。

バリエーション・価格

ワゴンRには大きく分けると3つのグレードが用意されています。

充実装備を希望するのなら、HYBRID FZまたはHYBRID FXがオススメです。両タイプには、安全装備が充実したセーフティパッケージをメーカーオプションで選ぶことができます。ワゴンRの使い勝手の良さをリーズナブルに楽しむならFAがあります。

各グレードごとの価格は、HYBRID FZが1350000円からで、セーフティパッケージは1409400円からになります。

またHYBRID FXは1177200円からで、セーフティパッケージは1273320円からです。

FAは1078920円からのラインナップです。

試乗評価まとめ

スズキのワゴンRと言えば、多くの人から良い意味で使い勝手に優れた相棒的な存在と捉えられています。特にHYBRID FXやFAなどのエクステリアは、初代ワゴンRを懐かしく思い出されるところがあると評判です。

ワゴンRは一貫して、全体のデザインはあっさりとしていてどこか控え目なのに、運転のし易さや内装の小物入れにいたるまで、使い勝手にしっかりと考慮されているから人気が続いているのでしょう。

さらに気になる街乗りでは、軽量なボディーも手伝い軽やかで十分な加速感と静粛性を備えているようです。

おすすめの軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶ2017年最新情報!

http://matome.response.jp/articles/555

【2017年5月16日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車価格、中古車価格(中古車平均価格)、ユーザー評価などの情報をまとめて掲載しています。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月16日更新】


【話題】軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・デメリットは?

【話題】軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・デメリットは?

2017年4月1日、道路運送車両法施行規則等が一部改正され、図柄入りナンバーが導入されました。軽自動車も白ナンバーにできるということで話題になっているラグビーワールドカップ、東京オリンピックの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーについての概要から手続き方法や、料金、また白ナンバーにするメリット・デメリットに関してもご紹介しています。


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!


【2019年度上半期新車販売】「N-BOX」自己新記録で3年連続トップもホンダは素直に喜べない?

【2019年度上半期新車販売】「N-BOX」自己新記録で3年連続トップもホンダは素直に喜べない?

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した、9月および2019年度上半期(4~9月)の車名別新車販売台数によると、ホンダ N-BOXが9月度は25か月連続、上半期でも自己新記録で3年連続トップとのこと。 9月は東京モーターショー直前だけに通常の月よりも、より意義のあるランキングとなりそうです。 しかし、発売以来好調な滑り出しを見せた新型N-WGNが生産停止という、ホンダにとって深刻な事態が発生し、思わぬ展開になっているとか…?


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)