目次へ戻る

タイヤに入れる窒素ガス|メリット・デメリットや充填時の価格を説明

タイヤに入れる窒素ガス|メリット・デメリットや充填時の価格を説明

タイヤに入れている窒素ガス。窒素ガスのメリットやデメリット、そして窒素ガスと空気どちらを使うほうがいいのか徹底解説します。


窒素ガスとは

車のタイヤにはエアーが入っています。

多くの車のエアーは空気を入れていますが、空気だと事故が起こった際に発火を助長させる危険性があります。
そこで登場したのが窒素ガスです。

窒素ガスは可燃性がないため火災の危険性がないのです。
窒素ガスはもともと航空機やレース用の車のタイヤのエアーに使われていましたが最近では普通の車に使う人も増えてきています。

タイヤのエアーは空気を使っている

通常の車のタイヤのエアーは空気を使っています。
ガソリンスタンドなどで無料で充てんしてもらえるところが多いです。

空気は可燃性であり事故などで火災が発生した際にタイヤの空気が抜けて火災をひどくしてしまう可能性があります。

窒素ガスのメリット

こちらではタイヤのエアーを窒素ガスにした時のメリットを紹介したいと思います。
窒素ガスのメリットとしてあげられるものの多くは将来的なメリットになります。
通常のエアーである空気と窒素ガスではいくつかの異なる性質があるため窒素ガスに交換するメリットが生まれます。

タイヤのエアーでの発火を防ぐ

まず一つ目として発火を防ぐことがあげられます。
通常エアーとして使っている空気は可燃性があり、事故などの二次災害で火災が起こった際にタイヤのエアーが漏れて火災を悪化させる原因になります。
この点で窒素ガスだと可燃性がないため二次災害での火災の悪化などを防ぐことができるのです。

空気圧が減少しづらい

二つ目としては空気圧が減少しづらいことがあげられます。

空気圧が減少しづらい理由としては、通常のエアーの空気に多く含まれている空気よりも窒素のほうがタイヤのゴムを通り抜けていきにくいことが証明されているということがあげられます。

また、タイヤの空気圧が抜けにくいことで車の操縦性が安定するので快適なドライブにつながるとともに、タイヤが回る際に余計な抵抗が少ないため燃費の向上も見込まれます。

窒素ガスのデメリット

先にタイヤのエアーを窒素ガスに交換することのメリットをお伝えしましたが
何事もメリットがあればその反面デメリットも存在します。
こちらでは窒素ガスに交換するデメリットをお伝えしたいと思います。

コストがかかる

まず一つ目としてはコストがかかるという点です。
通常の空気のエアーはガソリンスタンドなどで無料で充てんしてくれるサービスなどがありますが、窒素のエアーは扱っていないところもあり、扱っていても料金を取るところが多いです。窒素ガスのほうが空気よりも空気圧が減少しづらいということは言えますが全く減少しないわけではないので交換は必須です。約3ヶ月に1度を目安に確認しましょう。
3ヶ月に1度タイヤの空気にコストがかかるとなると、少し考えてしまう方もいるのではないでしょうか。

交換が不便

2つ目としては窒素ガスの交換が不便という点です。
窒素ガスを入れれる場所はガソリンスタンドやディーラー、車の専門店などがあげられますがすべての店舗で窒素ガスを扱っていいるとは限りません。
なので窒素ガスを入れてもらえる場所を探す手間がエアーに空気を使用するときよりもかかります。
また、窒素ガスにも種類があり同じ窒素ガスを入れなければ意味がないとされていて、毎回同じ店舗で窒素ガスの交換を行わなければなりません。

窒素ガス充填時の価格

これまでは窒素ガスのメリットやデメリットを紹介してきましたが、次に一番気になるであろう費用や交換できる場所についてお話させていただきます。

まず、窒素ガスの充てんにかかる費用ですが、ガソリンスタンドなどでエアーを交換してもらった時の1本おおよその価格は500円です。
タイヤは通常4つなので毎回約2000円の出費が見込まれます。
先ほど説明した交換目安の3ヶ月ということを踏まえると、1年に約8000の出費となります。

また、例外もありディーラーや車の専門店に窒素ガスの交換を依頼すると初めの1回だけ支払いをしそのあとの交換は無料でしてくれるところもあるようです。

充填・交換できる場所は?

窒素ガスを交換できる場所についてですが先ほども少し触れましたが
ガソリンスタンドや車のディーラー、車の専門店などで交換することが可能です。
しかしすべてのガソリンスタンドや車の専門店で窒素ガスを扱っているわけではありません。近年窒素ガスを扱うガソリンスタンドが増えてきたとはいえ、まだ扱っていない店舗も多いのが事実です。

窒素ガスと空気どっちがいいの?

窒素ガスについていろいろお話してきましたが結局、車のエアーに使うのは空気がいいのか窒素ガスがいいのか判断しかねる方が多いと思います。
なのでここからはどちらがいいのかについてお話していきたいと思います。

まず、結論から言うとどちらも一長一短なのでどちらにしたほうがいいとはっきり断定はできません。

使用される方の性格や車の使い方などを踏まえて検討されるのがベストかと思います。

例えば、あまり車のメンテナンスにお金をかけたくない、普段こまめにメンテナンスをするというかたは空気を使うほうが良いと言えますし、事故の二次災害などを防ぎたいといった方や、こまめにメンテナンスをするのがめんどくさい方などには窒素ガスをお勧めします。

他にも判断基準になりそうなことをいくつかこの後解説しますのでそちらも確認の上、どちらが自分に合っているかを見定めましょう。

タイヤの劣化

次に窒素ガスにするか空気にするかの判断基準としてタイヤの劣化についてお話しします。
窒素ガスを充てんさせた場合ですとタイヤの参加を抑えることができホイールにダメージを与えることを防ぐことができます。また、他にもバルブの参加や腐食、タイヤ内部のゴムやライナーの劣化を防ぎ車を痛めにくくすることが可能となってきます。

また、タイヤの空気圧が減少しにくいことから安定な走行が可能となり、無駄なタイヤのすり減りをなくすことができるためタイヤの寿命を長くすることが可能です。

空気圧が減らないわけではない

最後に窒素ガスにするか空気にするかの判断基準として空気圧についてお話します。

窒素ガスに交換したらタイヤのエアーを交換しなくていいわけではないという点に注意してください。

あくまでも交換の目安は3ヶ月となっておりそのたびに窒素ガスを入れられる店舗まで足を運び窒素ガスの充てんにかかる費用を払い続けなければなりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
車のタイヤを窒素ガスに交換してみようと考えていた方はぜひこの記事を参考に検討してみてください。

窒素ガスにも空気にもそれぞれ一長一短があるため必ずしも窒素ガスにしなければならないというわけではありません。

あなたのカーライフに合わせたエアー選びのご参考になれば幸いです。

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

スパイクタイヤは利用禁止?許可されてる地域がある?罰則や関連法まとめ

雪道で強い性能を発揮しているスパイクタイヤ。スタッドレスタイヤと何が違うのか、わからない方も多いですね。スパイクタイヤの利用者が減っているけれど何か理由があるんだろうか?公道の走行が禁止になったわけや自作でスパイクタイヤを作る方法など何もわからない方のために、わかりやすく紹介していきます。


スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

スパイクタイヤって知っていますか?|意外と知らないスパイクタイヤの現在とルール

現代で最も認知されている冬用タイヤはスタッドレスタイヤかと思われます。しかしながら、20年前にはスパイクタイヤというタイヤがありました。何故このタイヤが消滅してしまったのか、今回注目してみたいと思います。


【タイヤのパンク】修理・交換・JAFを呼ぶ際に掛かる費用と原因を解説

【タイヤのパンク】修理・交換・JAFを呼ぶ際に掛かる費用と原因を解説

車の走行中にタイヤがパンクしてしまった場合の修理方法や、スペアタイヤへの交換方法の解説、またJAFを呼ぶ際に掛かる費用の説明から、応急処置の方法とカー用品店などでの修理費用や所要時間について解説しています。 タイヤのパンクでお困りの方、必見です!


【アライメント調整とは】掛かる料金・時間からDIYでの調整方法を解説

【アライメント調整とは】掛かる料金・時間からDIYでの調整方法を解説

こちらの記事ではタイヤのアライメント調整について、そもそもアライメントとは何なのかの説明から、アライメント調整のメリットと必要性、DIYでの調整方法と業者に依頼する場合に掛かる料金や時間について、また事故を起こしてしまった場合の調整についての説明をしています。


タイヤメーカーおすすめランキング!メーカー毎の特徴を比較

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカー毎の特徴を比較

タイヤのメーカーってどれくらいご存知でしょうか?愛車のタイヤを選ぶ時、自分の車に合いそう、価格が安いからなどで選んでいませんか?タイヤメーカーの特徴を比較して知ることで、愛車に合ったタイヤでより快適に走れるように今回は車のタイヤのメーカーについてご紹介します。


最新の投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。