トップへ戻る

【おすすめ5選】コンチネンタルタイヤの特徴やおすすめをご紹介!

【おすすめ5選】コンチネンタルタイヤの特徴やおすすめをご紹介!

コンチネンタルタイヤは欧州車の工場出荷段階での装着率で1位で、世界4位のシェアを誇るメーカーでもあります。しかし、日本ではまだあまり馴染みがない方もいらっしゃるかもしれません。今回は、コンチネンタルというメーカーについて、歴史や商品のことなどについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


コンチネンタルタイヤとは

コンチネンタル(ロゴ)

コンチネンタル(ロゴ)

同社はタイヤメーカーですが、自動運転システムやブレーキ系統などの開発にも力を入れていることから、ドイツでは自動車産業を支え続けている存在となっています。

そのため、BMWやメルセデス・ベンツ等といった世界的に有名な自動車ブランドの純正タイヤに採用されています。

日本でも、ドイツ車の取り扱いの経験豊かなヤナセ自動車などで取り扱いを開始しています。また、日本法人を立ち上げるなど日本でもコンチネンタルのブランドが浸透してきています。

ベンツやBMWなどといった欧州車では、工場出荷時点において3台に1台の割合でコンチネンタルのタイヤを装備していると言われています。

特に、高級志向の強い車種でコンチネンタルのタイヤが採用されています。

コンチネンタルタイヤの選び方

コンチネンタル プレミアム・コンタクト

コンチネンタル プレミアム・コンタクト

タイヤ選びをする為に季節なんて関係ないとお思いの方もいることでしょう。しかし、人間が着る服に夏用と冬用があるように、タイヤにも夏用と冬用が存在しています。

それぞれの特徴をご紹介します。

夏タイヤ

夏タイヤ(サマータイヤ)は、外気温が7度以上で使うのが一般的で、タイヤ表面のパターンとコンパウンドによってウェット、ドライ双方の路面で効果を発揮します。

冬タイヤ

秋から冬への移り変わり(11月末~12月初旬)になったら冬タイヤに衣替えするのが一般的です。

夏タイヤのままだとスリップの原因になるので、外気温が6度以下を基準に交換しましょう。

オールシーズンタイヤ

オールシーズンタイヤは、季節を問わずあらゆる場面で安定した性能を誇るタイヤです。

サマーとウィンターの両タイヤの中間的性能を有しており、冬でも雪の積もらない地域で生活されている方に重宝されます。

タイヤサイズの見方

タイヤサイズの見方は以下の通りです。

例1 205/65 R 15 94 H
左1番目=205タイヤの幅(mm)
左2番目=65偏平率(%)
左3番目=Rラジアル構造
左4番目=15リム径(インチ)
左5番目=94ロードインデックス(LI)
左6番目=H速度記号
★★★★★★
例2235 /45 ZR 17
左1番目=235タイヤの幅(mm)
左2番目=45扁平率
左3番目=ZR速度カテゴリー
左4番目=17リム径(インチ)
★★★★★★
例331×10.50 R 15 6PR
左1番目=31タイヤの外形(インチ)
左2番目=10.50タイヤの幅(インチ)
左3番目=Rラジアル構造
左4番目=15リム径(インチ)
左5番目=6PRタイヤの強度

ボディタイプ別おすすめタイヤ

セルフ・サポーティング・ランフラットタイヤ

セルフ・サポーティング・ランフラットタイヤ

ここでは、コンチネンタルタイヤのおすすめタイヤを5つご紹介します。

特徴は、本国ドイツの高速道路である速度無制限区間のある道路「アウトバーン」での走行を考慮して、高速走行性能を重視している点です。

まずは、スタッドレスタイヤから見ていきましょう。

おすすめスタッドレスタイヤ

代表的なものには、「VikingContact7」「NorthContact NC6」「Conti Viking Contact」などがあります。

今までは「Viking Contact6」のみでしたが、最近では日本市場のさらなる開拓にも力を入れており、新製品も積極的に投入しています。

おすすめオールシーズンタイヤ

オールシーズンタイヤですが、ロングライフ性能に優れつつもあらゆるシーズンにおいて卓越したグリップの性能を追求し、快適性をも兼ねそろえた万能選手的超高性能タイヤが、「エクストリームコンタクト」です。

コンチネンタルタイヤのおすすめ5選!

コンチネンタルタイヤのおすすめをご紹介します。

ここでは簡単な概要と金額について触れます。それでは見ていきましょう。

1. EcoContact 6

コンチネンタルのサマータイヤの主力製品の1つで、欧州タイヤラベリング制度グレーディングで最高評価を得られるなど、信頼性の高いタイヤです。

タイヤのサイズは14インチから用意されており、一般的な乗用車であればほとんどの車種で使用できます。

商品名:EcoContact 6 195/65R15 91V
金額:12,500円(2020年4月現在)

【Amazon商品情報】

商品名EcoContact 6 195/65R15 91V
価格12,500円(2020年4月現在)


サマータイヤ 195/65R15 91V コンチネンタル エココンタクト6 EcoContact 6

2. SportContact 6

次に紹介するのは、同じサマータイヤでもスポーツカーに向けて開発されたタイヤが「Sport Contact 6」です。

ステアリング操作に対する精度や高速走行をするときにおける車の安定性も高く、快適な乗り心地を実現するならばタイヤからという同社の姿勢を感じることができる製品です。

【Amazon商品情報】

商品名SportContact 6 235/35ZR19 (91Y) XL
価格30,000円(2020年4月現在)


Continental(コンチネンタル) SportContact 6(スポーツコンタクト 6) 235/35ZR19 (91Y) XL サマータイヤ 03572830000

3. PremiumContact 6

サマータイヤですが、快適な性能とスポーツカーの性能を1つのタイヤに融合した素敵なタイヤです。

耐摩耗性とウェットブレーキの両立に成功し、乗り心地の良さが長時間保つことができるため長距離運転をされる方には最適なタイヤといえるでしょう。

一般的な乗用車のほかSUV車に装備できます。

【Amazon商品情報】

商品名PremiumContact 6 215/55R17 94V
価格18,200円(2020年4月現在)

サマータイヤ 215/55R17 94V コンチネンタル プレミアムコンタクト6 PremiumContact 6

4. ContiSportContact 5

スポーツカー向けに開発された製品です。

制動性については、ウェット、ドライどちらの路面において優れた威力を発揮しています。中型車以上の車に適しています。

【Amazon商品情報】

商品名ContiSportContact 5 215/45R17 91W XL
価格21,690円(2020年4月現在)


サマータイヤ 215/45R17 91W XL コンチネンタル コンチスポーツコンタクト5 ContiSportContact 5

5. NorthContact NC6

冬場は地域によっては路面が凍結する箇所もあり、通常のタイヤだとスリップのリスクが高くなります。

スタッドレスタイヤを装備すると、トラクションとブレーキ性能、駆動安定性などの向上が期待できます。主に大型乗用車に適しています。

【Amazon商品情報】

商品名NorthContact NC6 195/65R15 91T
価格11,446円(2020年4月現在)


Continental(コンチネンタル)スタッドレスタイヤ NorthContact NC6 195/65R15 91T 新品1本 3451640000

2019年のコンチネンタルタイヤの製品情報

新製品には、「NorthContact NC6」が最新モデルとして日本市場向けに開発されたました。信州や東北や北陸、それに北海道などといった寒冷地において冬は雪が積もりますので、路面事情はそれ以外の地域と異なります。

地域実情を勘案して開発されたタイヤで、氷上性能の向上や環境性への配慮など同社の持つノウハウのつぎ込まれたタイヤです。

まとめ

コンチネンタルタイヤ

コンチネンタルタイヤ

以上、コンチネンタルタイヤのことについてまとめました。

ドイツでは約140年の歴史を有していますが、タイヤメーカーの多い日本での人気はこれからというところです。

しかし、最近になって日本国内向けの商品の開発にも積極的に取り組んでいることから、これからの動きにも注目です。

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

走行距離や状態で分かるタイヤ交換時期の判断基準!寿命タイヤは怖い

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。