トップへ戻る

ダイハツ ムーヴキャンバスの車内空間や荷室の広さは?

ダイハツ ムーヴキャンバスの車内空間や荷室の広さは?

ダイハツはさまざまな軽自動車を販売しています。その中でもおしゃれなデザインが目を惹く一台がムーブキャンバスです。 ムーヴキャンバスは車内空間や荷室の広さも魅力。ここではそんなムーブキャンバスの魅力をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツ ムーヴキャンバスとはどんな車?

≪写真提供:response≫ダイハツ ムーヴキャンバス

かつて軽自動車は実用性重視の車というイメージが強く、コストパフォーマンスや機能面などを中心として検討されるのが一般的でした。しかし、近年では軽自動車のイメージも大きく変わり、さまざまな要素を持った軽自動車が登場しています。中でも幅広い層の方の間で人気を集めているのがデザインにこだわった軽自動車です。

近年では普通車の代用や実用車としてではなく、より積極的に愛車として軽自動車を購入するという方も増えています。そこで、趣味性の高い軽自動車もさまざまなメーカーから投入されています。

ダイハツ コペンやホンダ S660といったスポーツカータイプのものや、よりプレミアム感を追求したダイハツ キャスト、ホンダ N-ONEといったモデルも注目を集め、市場での存在感を強めています。

それと同時に、より実用性を追求したモデルも増えています。より広い車内空間を確保したスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車などがそうです。軽自動車ながらゆったりとした車内空間を確保し、同時にスライドドアなどを採用することによって使い勝手を高めたものも多くなりました。

そして、趣味性と実用性の両方を兼ね備えたモデルとして人気を集めているのダイハツ ムーヴキャンバスです。ダイハツの定番軽ハイトワゴンであるムーヴのバリエーションモデルとして登場したモデルですが、今やその存在感は本家ムーヴを超えるほどです。

ムーヴキャンバスは幅広い層の方の間で人気を集めているので購入を検討している方も多いでしょう。そこで、ここではムーヴキャンバスとはどんな車なのかを詳しくご紹介します。

ダイハツ ムーヴキャンバスとは

ムーヴキャンバスは2016年に発売されました。30〜40代の女性、そしてその親をターゲットにして開発された軽自動車です。ベースとなっているのはダイハツの軽スーパーハイトワゴンとして高い人気を集めるタントですが、やや全高を低く抑えたシルエットとなっています。そのため、タントよりもスタイリッシュな印象に仕上がっています。

サイズとしては、スーパーハイトワゴンとハイトワゴンの中間にあたります。全高はそれほど高くありませんが、両側スライドドアなどを採用していることもあって、タントにかなり近い使い勝手の良さと、ムーヴのようなコンパクトさを両立したモデルであると言えます。

走行性能に関しては、近年の軽自動車では一般的になりつつあるターボグレードの設定こそありませんが、やや車高が抑えられていることもあってとても安定した走行が可能です。加速性能も悪くありませんので、ストップ&ゴーの多い街乗りにおいても不満を感じることはないでしょう。

ダイハツではさまざまな軽自動車がラインナップされていますが、これまでこのサイズ、スペックのモデルは存在しませんでした。しかし、軽スーパーハイトワゴンはやや大きすぎるものの、通常のハイトワゴンは使い勝手が不満、という層の需要にマッチしたことによってヒットしました。

大人気のムーヴのバリエーションモデル

先ほどもご紹介しました通り、ムーヴキャンバスのベースとなっているのはタントですが、モデルとしてはムーヴのバリエーションモデルという位置づけになっています。

疑問に思われる方も多いかもしれませんが、それは全高にあります。ムーヴキャンバスの全高は1655mmとなっており、ムーヴよりもわずか25mm高いだけのサイズに抑えられているのです。

そのためシルエットとしてはタントに近いですが、サイズ感はムーヴに近いモデルとなっているのです。考え方によってはタントとムーヴの良いとこ取りをしたモデルであると言えるかもしれません。

おしゃれなデザインが魅力!

ムーヴキャンバスの魅力はちょうど良いサイズ感だけではありません。デザインも大きな特徴となっています。女性をターゲットとして開発されたモデルだけあって、おしゃれでかわいらしい雰囲気のエクステリアが採用されました。

また、カラーリングも特徴的です。落ち着いた色のツートンカラーを採用することによって、どこかクラシカルでナチュラルな印象に仕上がっています。タントと同様にシルエットはスクエア型だけに、色合いによって印象が大きく変わるという点もポイントです。

もちろん、ツートンのみでなく単色の選択も可能で、こちらを選ぶと、また印象が大きく変わります。カラーバリエーションはとても豊富で、女性向けのデザインではありますが、色によってはクールな印象に仕上げることもできます。

ムーヴキャンバスの燃費性能

ムーヴキャンバスの燃費性能はWLTCモードで19.6〜20.6km/Lとなっています。近年、軽自動車でもハイブリッドのグレード設定が行えるモデルも増えていますが、ムーヴキャンバスはガソリンエンジンモデルのみのラインナップとなっています。

当然、ハイブリッドと比較すると燃費面では物足りない数値となっていますが、ガソリンエンジンの軽自動車としてはかなり優秀な燃費性能であると言えるでしょう。

ターボモデルの設定はありませんが、すべてのグレードで4WDの選択は可能です。一般的に4WDモデルになると燃費面でかなり不利になってしまいがちです。しかし、ムーヴキャンバスの場合は大きな差はありませんので、安心して4WDモデルを選択できるという点も魅力となっています。

ムーヴキャンバスの車内空間の広さは?荷室は使いやすい?

≪写真提供:response≫ダイハツ ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスは、タントなどのスーパーハイトワゴンタイプの軽自動車と比較すると全高が低めに抑えられているので、その分車内空間が犠牲になっているのでは?という不安を抱いている方も多いでしょう。

そこで、ここではムーヴキャンバスの車内空間の広さや荷室の使い勝手についてご紹介します。

十分な広さの車内空間

≪写真提供:response≫ムーヴキャンバスG“SAIII”

全高は低いものの、ベースはタントなので十分な広さの車内空間を確保しています。また、低床設計になっているので、見た目以上に室内高もあり、圧迫感を感じるようなことはありません。ホイールベースが長いこともあって、後部座席も広く、大人が4人乗っても快適にドライブを楽しむことができます。

もちろん、両側スライドドアを使ったウォークスルーも可能です。さすがに大人が背筋を伸ばしたまま通り抜けることはできませんが、子供であれば十分に歩くことができる高さ・広さを確保されています。

外観はタントよりもかなりコンパクトに見えますが実用性の面ではそれほど大きな違いを感じることはなく、絶妙なバランスで設計されていることがわかります。

広く、使い勝手の良い荷室

≪写真提供:response≫ムーヴキャンバスの荷室

荷室の使い勝手のよさもムーヴキャンバスの大きな魅力のひとつとなっています。通常の荷室の他に後部座席の下には「置きラクボックス」という引き出しが装備されているので、収納スペースが広いのみでなく、使い勝手も抜群です。

さらに、このボックスは高さの調整を行うことができるので、さまざまなものを安定した形で収納することができます。もちろん、後部座席のシートも簡単に倒すことができるので、大きな荷物を積み込むこともできます。

また、先ほどもご紹介しました通り室内高も十分に確保されているという点もポイントです。見た目以上に大きな荷物も積み込むことができるので、たくさんの荷物を載せることが多いという方にもぴったりです。

開口部の広いスライドドアを採用

≪写真提供:response≫ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスの大きな特徴として、ハイトワゴンにかなり近いサイズ感のモデルながらスライドドアを採用しているという点です。開口部もかなり広いので、乗り降りもとても楽です。もちろん、大きな荷物を積み込む際や、子供を乗せる際にもとても楽です。

このあたりの使い勝手はかなりタントに近い印象です。

ムーヴキャンバスのライバルは?

ムーヴキャンバスはとてもおしゃれなデザインと機能性を兼ね備えたモデルとなっています。とはいえ、購入を検討するのであればやはりライバルとなるモデルと比較する必要があるでしょう。

そこで、ここではお洒落なデザインを採用した軽自動車をピックアップしてムーヴキャンバスと比較してみましょう。

ホンダ N-ONE

≪写真提供:response≫ホンダN-ONE

デザインにこだわった軽自動車といえば、ホンダ N-ONEが挙げられます。サイズとしてはハイトワゴンで、スライドドアなども採用していないため、ムーヴキャンバスとは大きな違いがありますが、デザインにこだわって選びたいという方にとっては魅力的な選択肢であると言えるでしょう。

また、RSというスポーティな走行を楽しむことができるグレードも設定されています。なので、軽自動車でも走行性能にこだわりたいという方におすすめのモデルです。

スズキ ハスラー

≪写真提供:response≫スズキハスラー

個性的なデザインの軽自動車という点ではスズキ ハスラーもライバルとなるでしょう。こちらは軽SUVとなっているので、ムーヴキャンバスとはカテゴリーが異なっていますが、ツートンカラーの採用や、豊富なカラーバリエーションなどムーヴキャンバスに共通する点が多く見られます。

こちらはSUVなので、走破性能も高く、アウトドアなどを楽しみたいという方におすすめのモデルとなっています。

まとめ

≪写真提供:response≫ダイハツ キャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバスはデザインやちょうどいいサイズ感から女性を中心として幅広い層の方から支持されている軽自動車です。実用性と趣味性のバランスもとてもよく、ガソリンエンジン車としては燃費性能も高いことから、軽自動車の購入を考えている方にはもちろんのことコンパクトなファミリーカーを求めている方にもおすすめできる一台となっています。

ただ、ムーヴキャンバスと同じように魅力的なデザインや機能性を持った軽自動車も増えているのでライバルと比較しながら検討することも重要です。

関連する投稿


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で上位に入っているモデルです。軽スーパーハイトワゴンで広い室内空間を持っているだけでなく、ファミリー層に使いやすい収納が魅力です。この記事では、N-BOXの内装の特徴を徹底的に解説します。


ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダ オデッセイの内装はどんなもの?マイナーチェンジでの変更点は?

ホンダの人気ミニバンのオデッセイは、低全高でも広い空間を確保しており、5代目からはスライドドアを採用するなど使い勝手も向上させているモデルです。2020年11月にはマイナーチェンジが実施され、快適性が高まっています。刷新されたオデッセイの内装はどのようなものでしょうか?装備や荷室をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。