目次へ戻る

トヨタ オーリス 詳細情報一覧

トヨタ オーリス 詳細情報一覧

欧州版カローラ・ハッチバックの後継モデルである新型オーリス。「スポーツハッチバック」というコンセプトを明確に打ち出し、エクステリアではダイナミックなスポーティさが表現されています。ボディサイズは、標準グレードの「150X」と上級グレードの「180G」の2つで展開され、駆動方式はFFと4WDが用意されています。


概要・走行性能

概要・走行性能

欧州市場におけるカローラ・ハッチバックの後継モデルとして開発され、日欧の他、オセアニアなどで販売されているハッチバック型の小型乗用車です。現在、イギリスと日本、トルコの各工場で生産されています。

カローラからの派生車種にあたり、市場によってはカローラの名称で販売されていますが、新MCプラットフォームの導入によってボディサイズが拡大、標準グレードの「150X」と上級グレードの「180G」の2つで展開され、駆動方式はFFと4WD(4WDのシステムはエスティマやアイシスなどで採用されているアクティブトルクコントロール式)が用意されています。

新型オーリスでは、「スポーツハッチバック」というコンセプトを明確に打ち出し、エクステリアではダイナミックなスポーティさが表現されています。競合ひしめく欧州Cセグメントで販売台数4位(2014年度)を獲得し、2016年度には14万2369台という販売台数を記録し、国内向けのハイブリッドモデルが登場しました。

デザイン・ボディーカラー

「トヨタが生んだ欧州車」とのコンセプトで発売されたトヨタ オーリス。2016年4月にハイブリッドも追加され、ますます人気が出てきており、フルモデルチェンジしました。

そのデザインテーマは“スマートダイナミズム”で、世界的に共通して通用するスポーティさ、ダイナミックさを“賢く”いろいろな要素を組み合わせて開発しています。ボディカラーは定番カラーのホワイト系、ブラック系、シルバー系の3色に加えてヨーロッパテイスト溢れるカラーの4色。合計7色の展開となります。中でも、一番人気はブラックマイカです。

ハイブリッド

オーリスのハイブリッド版は、欧州では初代から用意されており、2代目のマイナーチェンジ後、日本で初の導入となりました。欧州における販売台数は昨年で7.9万台で、欧州ではオーリス全体の半分以上がハイブリッドです。

オーリス・ハイブリッドの販売台数はプリウスより多いのはもちろん、より安価なヤリス・ハイブリッド(日本でいうヴィッツのハイブリッド版で、ハードウェアはアクアとほぼ共通)よりも多く販売されています。

ドライブフィールは1.2リットルターボのような爽快感、走行性能、静粛性は抜群です。同じHVシステムを使う先代プリウスに対してCVTの変速、加速がリニアで、エンジンを回してもノイジーじゃなく心地良いサウンドを放つ点も好印象です。

燃費(JC08モード)

『オーリス』に追加されたハイブリッド車のハイブリッドシステムは、旧型『プリウス』の基本メカニズムを移植したもので、1800ccエンジンに電気モーターを組み合わせたTHS-IIで、リダクション機構を持つほか、30.4km/リットルというJC08モード燃費も先代プリウスの主要グレードと同じ数値になっています。

また、オーリスは一部改良して10月5日から発売され今回の改良で、1.5リットルの2WD車についてエンジンとトランスミッションの制御を改良し、燃費を従来よりも1.4km/リットル改善して20.0km/リットルとし、2010年度燃費基準+25%を達成しました。

すでに2005年基準排出ガス75%低減レベルを達成しているため、エコカー減税での自動車取得税と自動車重量税の従来の50%減税から75%減税となっています。オーリス ツーリング スポーツは、日本向けの新型『オーリス』にはない欧州専用のステーションワゴンとして2013年3月、ジュネーブモーターショー13でデビューしました。

パワートレインは、欧州仕様のハッチバック同様、ガソリンエンジンだけでなく、ディーゼルエンジンとハイブリッドの3種類を設定しています。

車内空間・収納

ラゲッジスペース

新型オーリスの荷室・ラゲッジスペースは、奥行き・横幅ともに十分な広さで、荷室容量・トランクは1週間程度の海外旅行にピッタリなMクラスのスーツケースがちょうどスッポリと収まる収納力を備えています。アレンジ自在なので、上下2段に調節できるアジャスタブルデッキボードを上段にセットすれば、深さ10cm程度の床下収納を作る事も可能です。

搭乗人数・シート

搭乗人数は5人乗りです。シートはトヨタ純正シートカバーは難燃性の生地を使用しており、シートへのフィッティングに配慮した専用設計となっています。

インテリアを上質感あふれる空間に変える革調のシートカバーもあり、シート材質・色は立体的表現と赤色のダブルステッチが上質かつスポーティなアクセントを効かせます。ハイブリッドは後部座席を格納し、シートアレンジすることによってさらに広い荷室・ラゲッジスペースにする事が可能です。

快適性能

標準装備ではフォグランプは霧・降雪時の視認性向上と、フロントビューのドレスアップ効果があり、コーナーセンサーは距離に応じてアラーム音の間隔が変わり、音声とインジケーターの表示ランプでドライバーに知らせます。

標準装備ではフォグランプは霧・降雪時の視認性向上と、フロントビューのドレスアップ効果があり、コーナーセンサーは距離に応じてアラーム音の間隔が変わり、音声とインジケーターの表示ランプでドライバーに知らせます。

リバース連動ミラーシフトレバーを「R」にすると助手席側のドアミラー鏡面が連動して下方に動き、リヤタイヤ付近を映します。さらに車両のミラースイッチでお好みの位置にミラーを調整することが可能です。

室内装備では、収納という機能性だけではなく質感の高さにもこだわり、ハイブリッド車と180S、150X“S Package”のコンソールボックスのフタには、スライド式ステッチ入りタイプを設定しています。オーディオは高精細HDの9インチ大画面が迫力の映像と、圧倒的な見やすさ、使いやすさを実現しています。

内装・オプション

ディスプレイ・メーターは左右に大きな2つのメーター、そして中央に4.2インチサイズをしたカラーのマルチインフォメーションディスプレイを配した複眼式メーターを採用しています。右側の大きなメーターは、スピードメーターとガソリンタンク容量を表示しています。


オーリスのインテリアは基本的にシンプルですが、色や素材などに凝っている印象で、高級感が漂う感じです。

カーナビはオプションでT-Connectナビ 9インチモデルがあり、高精細HDの9インチ大画面が迫力の映像と、圧倒的な見やすさ、使いやすさを実現しています。

装備・安全性

安全装備(Toyota Safety Sense C)

トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の衝突回避支援パッケージが、“Toyota Safety Sense C”です。車速が高い事故ほど重大事故につながるというデータをはじめ、さまざまな交通事故統計を分析し、発生割合の高い事故に対応する3つの先進安全機能をパッケージ化しています。

同時に、各機能の信頼性を高める高精度な検知センサーを新開発し、先行車発進告知機能やオートマチックハイビームなどを搭載しています。

また、プリクラッシュセーフティシステムという進路上の車両や歩行者を前方センサーで検出し、衝突の可能性が高いとシステムが判断したときに、警報やブレーキ力制御により運転者の衝突回避操作を補助する設備も整っており、オーリスは、JNCAP予防安全性能評価において、高得点で最高ランクの「ASV+」を獲得しています。

安全装備(予防安全・衝突安全)

予防安全は、高輝度で点灯速度が速く、しかも消費電力の少ないLEDをハイ・ロービームに採用。先行車・対向車への眩惑防止に配慮し、車両姿勢の変化にかかわらず照射軸を一定に保つオートレベリング機能付です。

衝突安全は、衝撃吸収ボディと高強度キャビンからなる衝突安全ボディ“GOA”は、車重・車高の異なるクルマ同士の衝突時の共存を追求するコンパティビリティの概念を取り入れて進化しています。

バリエーション・価格

オーリスのグレードは大きくハイブリッドとガソリンに分けられ、さらにガソリンは1200ccターボ、1500cc、1800ccが用意されています。

1200ccターボは最近流行りのダウンサイジングターボです。
ミッションは6MT、Super CVT-i、電気式無段変速機、駆動方式は基本的にFFで1500ccには4WDも用意されています。各モデルの標準価格は180万円から300円万台が主流です。

試乗評価

【トヨタ オーリス 試乗】爽快な走りに“目からウロコ”な1.2ターボ…島崎氏
試乗前の想像をはるかに超える鮮やか過ぎる走り。

【トヨタ オーリスハイブリッド 試乗】モータートルクを生かした静かでトルキーな走り…青山氏
ノーマルモードのまま走りだせば、発進はEV。静かにスルスルと発進。

ドライブフィールは1.2リットルターボのような爽快感、余裕ある1.8リットルエンジン、モータートルクの恩恵で終始トルキー。走りやすさ、静粛性は抜群だ。

【トヨタ オーリスハイブリッド 試乗】旧 プリウス と同じシステムでも、走りは独自フィール…松下氏
オーリス専用チューンは際立った違いではないのだが、アクセルワークに対して素直に反応し、より自然でスポーティな感覚の走りを実現している。旧型プリウスの走りとは違うオーリスの走りだ。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 オーリス

関連する投稿


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

大幅マイナーチェンジでどう変わった? 2015年12月9日に発売されたトヨタ プリウス4WDをトヨタ自動車は2018年12月17日に大規模マイナーチェンジしました。発売から丸三年を経過したプリウス4WDはどう変わったのか、一緒に見て行きましょう!


トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタのヒット車種「プリウス」は、幾度となく進化を遂げてきました。最近のモデルでは、個性的なフロントフェイスが採用されユーザーからの指示離れも目立ってきており、ライバル車が次々に進化していくこともあり売り上げや人気は低迷してます。今回の記事では、燃費性能や走行性能に優れている「プリウス」の特徴や歴史を各モデルごとに詳しく解説していきます。


トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。