トップへ戻る

カー用品販売だけじゃない!イエローハット車検の特徴や流れ

カー用品販売だけじゃない!イエローハット車検の特徴や流れ

忘れたころにやってきて、数万円から数十万円単位の大出費となるのが車検。車を乗り続けるためには通す必要があることが法律で定められている車検ですが、今年は愛車の車検だ…と思うと、憂鬱になってしまう方も多いことでしょう。そんな車検、実は依頼先によって費用や安心感に大きな差が生まれます。リーズナブルな価格と信頼の技術力を両立したイエローハットこそ、車検を依頼する最適解かもしれませんよ。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


もしかして、愛車の車検時期?面倒な車検、賢く済ませたい!

《画像提供:Response 》自動車整備 イメージ

カーライフは便利や楽しさがいっぱいですが、面倒なことも忘れてはいけません。車の維持費として普段は忘れがちですが、数年に一度やってきては数万円から数十万円の大出費を強いるのが「車検」です。

一般的な自家用乗用車を乗り続けようと思うと、新車なら3年後に初回の車検を受け、それ以降は2年ごとに車検を受け続ける必要があります。車検では点検整備だけでなく、税金や自賠責保険料などもまとめて支払うことが一般的なので、支払い総額もかさみがちですし、車検のために車を預けて代車生活をする必要もあり、頭を悩ませる出費だけでなくスケジュール的な面倒さもあります。

今年は愛車の車検の年だと気付くと、なんとなくプレッシャーを感じて落ち着かないものですよね。

そんな車検は、保安基準に適合するよう点検整備を行ってから検査を受けて合格すれば、書類の申請をして新たな車検証の交付を受ければOKと、流れだけ見れば意外とシンプルということもあり、さまざまな業種の店舗で車検を受付しています。

その中でもぜひオススメしたいカー用品店「イエローハット」での車検について、ご紹介していきます。

車検ってそもそもどうして必要なの?壊れてなくても大事です

《画像提供:Response 》自動車整備 イメージ

車検の時期が来たけど、車に不調な部分や故障はないようだし、わずか2〜3年の使用に対してしっかりと点検整備する必要なんてあるの?と思いたくなってしまいますが、車検は法律で定められた義務というだけでなく、車の持ち主や社会への安全・安心を担保するために非常に重要なものとなっています。

車検というと、自動車検査登録制度による「継続検査」のことを示すことがほとんどです。

継続検査が必要となるのは、車の車検証には有効期間が設定されているため。有効期間が切れた車を運転することは法律で罰則が定められている違反行為となるので、有効期間を更新するために、継続検査を受けてその車が国の定めた基準に適合していることを確認しているというわけです。

自動車にまつわる基準は多岐にわたり、車両のさまざまな消耗部品の状態や、排ガスのクリーンさなど、あらゆる部分をチェックする必要があります。公道を走る車がそれらの基準をクリアした安全で安心な状態であるということを担保するために、継続検査が大きな役割を果たしていることがわかります。

車検切れの車を運転しちゃった!罰則・罰金はどうなる

《画像提供:Response 》交通取り締まり イメージ

車検が切れた車を公道で運転することは罰則対象と先ほどご紹介しましたが、具体的な罰則内容についてご紹介しましょう。

まず、車検切れの車を公道で走らせることに対する罰則は、道路運送車両法による「無車検車運行」にあたり、違反点数が6点、運転免許停止が30日間、さらに6ヵ月以上の懲役または30万円以下の罰金とかなり重め。さらに同じ違反を繰り返すと、さらに罰則内容が強化されます。

また、車検期間ごとに更新することが一般的なため、車検切れの車で失効していることが多いのが「自賠責保険」。自賠責保険が切れている状態の車を公道で走らせると「自動車損害賠償保障法違反」という無車検車運行とは別の違反も適用され、こちらは違反点数が6点に、1年以上の懲役または50万円以下の罰金となっています。

最悪のケースとして車検も自賠責保険も切れた車を公道で走らせた場合、違反点数は両方合わせた12点ではなく6点にとどまるものの、懲役期間や罰金額は併合罪による計算の結果、1年6ヵ月以下の懲役または80万円以下の罰金と、非常に重い処分が下されることになります。

車検の出費が嫌だから、面倒だからと無視していると、非常に重い処分を受けてしまう可能性にもつながります。これらの処分を避けるためだけでなく、ご自身や周囲の人へ整備の行き届いていない車で迷惑をかけないためにも、車検は期限内にしっかり受けておくことが大事ですね。

車検を頼めるのはディーラーだけじゃない!依頼先別の特徴とは

《画像提供:Response 》イメージ

車検の基本情報や必要性がわかったところで、どんなお店に車検を依頼することができるのかを見ていきましょう。意外と街中でも、車検を依頼できるお店の選択肢が広いことがわかります。

それぞれの依頼先にはメリットもデメリットもありますので、ご自身のカーライフにはどれがぴったりなのか、しっかり吟味しておきたいところですね。

カーディーラーは定番だけど、支払い総額はお高めになりがち

お乗りの車を購入したカーディーラーなどの販売店は、非常にポピュラーな車検の依頼先といえるでしょう。カーディーラーは次回の車検時期をしっかりと把握しているだけでなく、その車がどんな風に使用されているかといったことも把握しているので、よりきめ細やかな点検整備が期待できます。

また、カーディーラーは基本的に単一の自動車メーカーの製品を専門的に扱いますので、専門的な知識も深く、最新設備を活用した整備をしてもらえます。この車ならここは気をつけて見ておきたい、といったような、メーカー直結の知識があるからこその安心感があります。

しかし、その高い技術力と安心感の分、車検となると支払い総額は高め。車検基本料金として設定されている金額が高めとなっているほか、工賃設定も高め、整備時には基本的に純正部品を使うといったことが重なり、車検費用もかさみがちです。

人気のカーディーラーなどでは車検の予約が取りにくいといったことも発生する模様。カーディーラーによっては車の引き取りを行ってくれるところもあるようですが、スケジュール的に希望通りに進まない可能性もありますね。

車検専門店は安さが一番!でも数年乗るならしっかり見てほしい

カーディーラーとは反対に、非常に安く抑えられた車検基本料金が特徴的なのが車検専門店。点検整備を行うスペースを有しながら、一般的なメンテナンスではなく車検業務に集中しており、お近くにもきっと店舗があることと思います。

車検専門店では、点検整備が非常に短時間で済むことがポイント。回転の速さを活かして低価格の料金設定を実現しています。そのため、人気のプランでは車検合格のみを目的として、点検項目数を抑え目にしているところが多いようです。

速い・安いといいことづくめに思えますが、車検専門店では、たとえばカーディーラーのように予防的に部品を交換することはあまり行われず、車検に通る状態かどうかが重視されます。そのため今回の車検は通ったけど、2年後の次の車検までトラブルなく乗れるのかな?と不安に感じる声も聞かれます。

また、さまざまなメーカーの車を受け入れる懐の深さも特徴的な車検専門店ですが、逆手にとればその車に対する専門的な知識という面ではカーディーラーにはかなわないでしょう。

予約が取りやすく、車検作業自体も数十分から数時間程度で終了するプランも多いので、どうしても今日中に車検を通したい!といったシーンなどでは役に立ちそうですね。

カー用品店なら、支払い総額も抑えつつしっかり整備も頼める!

車検基本料金で見ると、車検専門店よりもやや高めながら、カーディーラーよりは安く抑えられるのがカー用品店での車検です。愛車のメンテナンスはカー用品店に全てお任せしているという方もいるように、豊富な品揃えと店舗数で使い勝手が良いカー用品店でも、車検を依頼することができます。

スピード重視の車検専門店に比べて、カー用品店ならより点検結果をスタッフから聞いたり、整備計画を立てたりといったことも落ち着いてできそう。

加えて、オイル交換やタイヤ交換時をカー用品店で行ったことがある方ならご存知と思いますが、カー用品店には落ち着ける休憩スペースが用意されているので、車検の待ち時間中も安心です。

そんなカー用品店の中でも、イエローハットで車検を受けるとどんな特徴があるのか、ご紹介して行きます。

近くにきっとある「イエローハット」でお気軽車検

《画像提供:Response 》イエローハット ロゴ

黄色のカウボーイハットの看板が目印のイエローハットは、国内でも有数のカー用品店チェーン。きっとお住まいの地域にも店舗があることでしょう。

そんなイエローハット、タイヤ交換やオイル交換といったイメージが強いかもしれませんが、安心感のある車検サービスも提供しているのです。詳しく見ていきましょう。

イエローハットならでは!メンテ商品が安い・品揃え豊富

《画像提供:Response 》イエローハット店舗 イメージ

自動車関連の用品を豊富に在庫しているイエローハットならではの特徴が、車検整備に伴う交換品をバラエティ豊富な品揃えから選べることもあるということ。求める性能や価格帯に応じて複数のオプションから選択できるので、車検費用の節約にもつながります。

愛車の使い方に合わせて、この部品はどの程度のランクを選んでおきたいか?この商品の特徴は何か?細かな部分を逐次スタッフに聞ける安心感もイエローハットならでは。カーライフを支えてくれる品揃えが、車検の際にも役立ちます。

イエローハットの車検費用は格安・明確!

《画像提供:Response 》自動車整備 イメージ

イエローハットの車検は、法定点検項目の56箇所を含んだ100箇所以上の点検で安心感がありつつ、リーズナブルな価格設定が特徴的です。店舗によって車検基本料金の設定は異なるものの、1万円から2万円程度が多くなっており、支払い総額でもカーディーラーなどより大幅な節約が期待できます。

さらに、WEB上で見積もりや相談が事前に簡単にできる点もイエローハットならではのポイントです。実際の車検時も、費用が発生する整備は顧客としっかり対話をしてから行うなど、車検が終わってみたら思っていたよりも高くついたなんて心配もなく安心ですね。

イエローハット車検なら、無料の点検や整備箇所保証もうれしい

《画像提供:Response 》イエローハット 車検

こちらもイエローハットならではという特典が、車検6ヵ月後の無料点検が用意されているなど、車検後のサポート体制も万全であること。車検時の整備箇所に通常で6ヵ月または1万kmの整備保証がついている点も見逃せません。

またこちらは有償ながら、イエローハットで車検を受けると入会できるサービスとして「安心保証プライムワランティ」も用意されています。こちらは修理回数無制限、修理金額上限なし、国産車なら走行距離無制限という寛大な無料修理サービスで、保証項目によって異なりますが、普通車なら8,800円から入会することができます。

イエローハットで車検を受けよう!流れは?必要書類は?

《画像提供:Response 》イエローハット店舗 イメージ

イエローハットで車検を受ける際は、まず予約が必要です。WEBサイトや電話でも可能ですが、イエローハット店舗でもできるので、どのような書類や車の情報が必要か分からないといった方ならそちらもおすすめです。

車検を予約した日の前に、事前点検を受けに店舗に赴いて、車検費用概算や整備内容についてチェックしておきます。

車検を予約した日になったら、車検証、自賠責保険証明書、自動車納税証明書の3点を忘れずに店舗に向かいましょう。これらの必要書類は車に積んでいるよという方なら、愛車でイエローハットに向かうだけです。また、盗難防止ホイールナットを使用している方なら、ロックナットアダプターも忘れずに。

イエローハットのピットに入庫したら、スタッフに点検整備と検査を行ってもらい、検査結果の説明を聞いて、車検費用の精算を済ませれば作業は完了です。

まとめ

イエローハットで車検を受けるメリットについて解説してきました。少なからぬお金がかかる車検、ちょっとでも節約したいですし、とはいえ安心感のあるところに車検を依頼したいですよね。

普段から訪れやすい敷居の低さがうれしいイエローハットなら、車検でもきっと満足のいくサービスを提供してもらえることでしょう。

よくある質問

イエローハットで車検を受けることはできるの?

カー用品店大手のイエローハットでは車検に対応しています。イエローハットでは幅広い車種の車検に対応していますが、一部輸入車など特殊な車種では対応していない可能性もありますので、まずは電話やWEBサイトで相談してみるとよいでしょう。

イエローハットで車検を受けるメリットはなに?

イエローハットで車検を受けるメリットは、車検基本料金が低く設定されているので支払い総額が格安に済むことや、豊富な店舗数でお近くのイエローハットで便利よく利用できること、保証が充実していることなどが挙げられるでしょう。

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック! | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5551

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。

イエローハットのバッテリー交換工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死! | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5555

普段意識することなく使っている自動車のバッテリーは、突然上がってしまうと対処に困ってしまいますよね。ロードサービスを待つ間、そういえばバッテリーのメンテナンスはやってこなかったなあと後悔してしまうかも。そんな辛い体験をしなくて済むよう、性能が低下してきたバッテリーは予防的な交換を済ませておけば安心です。お近くのイエローハットにおまかせすれば、安心が簡単に手に入ることでしょう。

最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。