トップへ戻る

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


販売台数トップを維持し続ける「ヤリスシリーズ」

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス(右)、ヤリス(左)

2020年にヤリスシリーズとしてヤリス、ヤリスクロス、GRヤリスの3台が揃ってからというもの、普通車の新車販売台数はヤリスシリーズの独壇場です。

手始めに2020年4月に普通車販売台数首位を獲得してからというもの、2020年暦年と2020年度の両方ともでヤリスシリーズが販売首位であり、2021年に入ってからも7月までヤリスシリーズとして首位を維持し続けています。

そんなヤリスシリーズ、先ほどもご紹介したように販売台数の集計としてはコンパクトハッチバックのヤリスと、コンパクトSUVのヤリスクロス、ホットハッチのGRヤリスの3車種を合計した台数が用いられているのですが、実は販売台数首位の記録を支えているのはヤリスクロスということはご存知でしたか。

ヤリスとヤリスクロスとGRヤリス、販売台数比率はどうなの?

《画像提供:Response 》トヨタ GRヤリス(左)、ヤリスクロス(中央)、ヤリス(右、すべて海外仕様車)

一般社団法人日本自動車販売協会連合会調べの2021年1〜6月のデータとしては、ヤリスシリーズとしては約11.9万台を売り上げています。この内訳は、日刊自動車新聞調べによるとヤリスが約5.9万台、ヤリスクロスが約5.5万台の販売と拮抗しており、GRヤリスの約0.5万台と合わせて普通車販売台数ランキングの首位を獲得しているというわけです。

この結果は非常に興味深いもので、ヤリス単体やヤリスクロス単体では、同期2位のルーミーが販売した約7.7万台に負けていることになりますし、3位のアルファードの約5.7万台にもギリギリ勝てるかどうかといった印象。ヤリスシリーズの躍進を支えているのは、ブランニューモデルとして登場したヤリスクロスともいえそうですね。

ヤリスシリーズのアクティブ担当「ヤリスクロス」の魅力とは

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス

さて、公開されてから世界的に高い評価を受けるデザインと、ヤリス譲りの高い経済性を備えつつ、そんな販売戦略上非常に重要な重荷を背負っているヤリスクロスは、一体どんな車なのでしょうか?

ヤリスクロスの魅力をおさらいしていきましょう。

SUVらしい力強さと都会的な洗練感を両立するエクステリア

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス

ヤリスとも共通の滑らかな曲線と筋肉質なフォルムでスポーティさがありながら、SUVらしい力強さも備えたヤリスクロスのエクステリアデザインは、国際的に高い評価を受けています。タイヤが四隅でしっかりと踏ん張る安定感のあるフォルムは、小型なサイズながらも存在感がありますよね。

ヤリスだけでなく、トヨタのSUVファミリーとの共通項をも感じさせる奥深いデザインは、都市部でもアウトドアでも、しっくりとハマる絶妙なさじ加減です。残念ながら全高は1,590mmと、立体駐車場では入庫不可のところも多くなるものの、そのデザインは街中で輝くSUVといえるでしょう。

ヤリスよりも余裕のあるサイズ、荷室も後席も「使える」

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス 荷室

パッと見てもすぐわかる、ヤリスと比べても余裕のあるサイズの差は、ヤリスクロスの大きな魅力の一つです。5ナンバーサイズに抑えられたヤリスと比べると、全長・全幅・全高で余裕のある3ナンバーボディのヤリスクロスは、主に後席スペースや荷室スペースで少なからぬ使い勝手の差があります。

クラストップレベルという荷室はSUVらしく「使える」広さがありますし、ヤリスでは割り切られた印象だった後席スペースもより広々としていて、4:2:4分割で中央部だけ倒せるなどユーティリティも忘れていません。

パワーバックドアなど、クラスを超えた豪華装備が多数!

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス 運転席6ウェイパワーシート

ヤリス同様に、シートが車両外側に回転するので乗り降りがしやすい「運転席ターンチルトシート」や、前後スライド位置を覚えておいてくれるので調整の手間が省ける「運転席イージーリターン機能」など、賢い新機能を満載しているヤリスクロスですが、ヤリスよりも上級な装備もズラッと揃う点が見逃せません。

具体的には、運転席8ウェイパワーシートや、トヨタのコンパクトSUVとして初採用という「ハンズフリーパワーバックドア」など、クラスを超えた装備が勢揃い。特にパワーバックドアは、上級SUVの証のような機能ですので、小型なヤリスクロスでも選べるというのは非常にうれしいですよね。

都会派と侮るなかれ!本格的な4WDシステム

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス E-Four イメージ

近年ではSUVルックでも二輪駆動しか用意されない車も増えてきている中、きちんと四輪駆動が選べるというのもヤリスクロスの良いところです。ハイブリッド車では後輪を独立モーターで制御する「E-Four」、ガソリン車では「ダイナミックトルクコントロール4WD」を搭載し、ちょっとした荒れ場でも不安なく通過できそうです。

ヤリスクロスのハイブリッド車は、ガソリン車世界トップクラスという低燃費のヤリスには届かないものの、最も低燃費なグレードではSUVとしては非常に優れているWLTCモード燃費で30.8km/Lを記録。4WDでも28.7km/Lと燃費低下が抑えられているところもポイントです。

トヨタ最新鋭の予防安全・運転支援機能が勢揃い

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス レーントレーシングアシスト イメージ

電動パーキングブレーキを全車で標準装備するヤリスクロスは、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールとレーントレーシングアシストを備えるので、高速道路などでの長距離ドライブも楽々。さらに、面倒な駐車をアクセル・ブレーキ・ハンドル操作まで機械任せにでき、ドライバーはギヤチェンジを担当するだけという「トヨタ チームメイト(アドバンストパーク)」もハイブリッド車にオプション設定されます。

その上、交差点右折シーンでの対向車や対向方向からの歩行横断者の検知にまで対応した、トヨタでも最新鋭のプリクラッシュセーフティ機能を備えるなど、近年進化著しい予防安全や運転支援の機能が非常に充実しているのが、ヤリスクロスです。

トヨタ ヤリスクロスのスペック

【トヨタ ヤリスクロス ハイブリッドG 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,180mm×1,765mm×1,590mm
ホイールベース2,560mm
最大乗車定員5名
車両重量1,170kg
燃費WLTCモード:30.2km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,490cc
エンジン最高出力67kW(91PS)/5,500rpm
エンジン最大トルク120N・m(12.2kgf・m)/3,800-4,800rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力59kW(80PS)
モーター最大トルク141N・m(14.4kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,176,364円(消費税抜)
(2021年8月現在 トヨタ公式サイトより)

競争激しいコンパクトSUVクラス、ヤリスクロスとライバルを比較

ホンダ ヴェゼル:サイズで優るが豪華装備は拮抗?!

ホンダ ヴェゼル

2021年4月に発売されたばかりのホンダ ヴェゼルは、コンパクトSUVという分類ではヤリスクロスと同様ながら、ヤリスクロスよりもやや長めなボディサイズで、より伸びやかな印象を感じさせます。

そのサイズ差もあってか、ヴェゼルの価格設定はやや強気で、お値段が控えめなガソリン車は1グレードしか設定されないことも特徴的。残りの3グレードは全て「e:HEV」ハイブリッド仕様となっています。

このe:HEVは、ガソリンエンジンによるタイヤの駆動を低中速時に全く行わないことが特徴で、ガソリンエンジンは主に発電用途を担当しているので、普段はエンジンが唸ることも少なくスムーズな加速が可能。それでいて高速域ではエンジン直結の高効率な走行も可能という優れものです。

ヤリスクロスとヴェゼルの装備を見比べると、ブラインドスポットモニターなどの先進装備が廉価グレードではオプション設定となったりする点は共通ですが、ヤリスクロスなら全グレードでディスプレイオーディオが標準装備という強みがあります。

後発のヴェゼルだけに、ハンズフリーアクセスパワーテールゲートを上位グレードで標準装備するなど、ヤリスクロスを意識したような豪華装備も揃います。ヤリスクロスにはサンルーフの設定もないのに対し、大面積のパノラマルーフを最上位グレードに標準装備する点はヴェゼルの強みですね。

ホンダ ヴェゼルのスペック

【ホンダ ヴェゼル e:HEV X FF】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,330mm×1,790mm×1,580mm
ホイールベース2,610mm
最大乗車定員5名
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:25.0km/L
エンジン種類直列4気筒ガソリンハイブリッド 1,496cc
エンジン最高出力78kW(106PS)/6,000-6,400rpm
エンジン最大トルク127N・m(13.0kgf・m)/4,500-5,000rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力96kW(131PS)/4,000-8,000rpm
モーター最大トルク253N・m(25.8kgf・m)/0-3,500rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション電気式無段変速機
新車価格2,417,000円(消費税抜)
(2021年8月現在 ホンダ公式サイトより)

日産 キックス:ハイブリッドながら意外と伸び悩む燃費

《画像提供:Response 》日産 キックス

2020年6月に発売と、ヤリスクロスよりも数ヶ月先行して市場に登場した日産 キックス。海外仕様向けではガソリン車も用意されるものの、国内仕様ではe-POWER仕様のみに限定した点が話題を呼びました。

そのe-POWERは、先ほどご紹介したヴェゼルのe:HEVとも似たハイブリッドシステムで、こちらではエンジンは発電に専念。そのため1.2リッターという小さめの排気量のエンジンとなっているのですが、サイズでややヤリスクロスよりも大柄というハンデを除いても、あまり伸びていないカタログ燃費が気になるところです。

運転支援機能などの先進性を強くアピールする日産のSUVだけに、キックスは全車で運転支援技術の「プロパイロット」を標準装備するなど、ヤリスクロスにも劣らない充実の安全装備が魅力的です。

とはいうものの、国内向けに販売しているグレードはベースのXとXツートーンインテリアエディション、上質なカスタムが施されたAUTECHの3グレードにとどまっているほか、4WDの設定がないなど、やや選びにくさも感じられる展開です。ベースとはいえXグレードは装備が充実した上位グレード扱いということもあって、価格もやや高め。

ヤリスクロスと並ぶと、コストパフォーマンスという面でやや厳しさが感じられそうです。

日産 キックスのスペック

【日産 キックス X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,290mm×1,760mm×1,610mm
ホイールベース2,620mm
最大乗車定員5名
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:21.6km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,198cc
エンジン最高出力60kW(82PS)/6,000rpm
エンジン最大トルク103N・m(10.5kgf・m)/3,600-5,200rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力95kW(129PS)/4,000-8,992rpm
モーター最大トルク260N・m(26.5kgf・m)/500-3,008rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション-
新車価格2,509,000円(消費税抜)
(2021年8月現在 日産公式サイトより)

マツダ CX-3:クラスレスな高級感、そろそろ古さも見え隠れ?

マツダ CX-3(2015年モデル)

コンパクトSUVながら、ファーストカーとしてもしっくりくるような作り込みの良さと高級感で一躍人気を得たマツダ CX-3ですが、実は登場は2015年とかなり古参なモデル。それにしては古びないデザインが魅力的で、エクステリア・インテリアともに第一線級の存在感が感じられますね。

CX-3の最も大きな特徴は、国産コンパクトSUVクラスでは現在唯一の設定となるクリーンディーゼルエンジンが選択できることかもしれません。デビュー当初1.5リッターだったディーゼルエンジンは現在1.8リッターに大型化されており、最大トルクは270N・mと、ガソリン車であれば3.0リッター級に迫るような分厚いトルク感でロングツーリングも難なくこなす余裕があります。

なんと発売当初はディーゼル専売車種だったのですが、現在では2.0リッターと1.5リッターのガソリンエンジンもラインナップされており、そのリーズナブルな価格と、特に2.0リッターではこちらもコンパクトSUVらしからぬ余裕の動力性能が魅力的です。

しかし、デビュー年度が古いということは、ヤリスクロスなどと比べると装備内容の差に現れてきてしまいます。度重なる細やかな改良で、自動ブレーキなどの予防安全機能は充実しているものの、ヤリスクロスでは最廉価のX“Bパッケージ”以外で全車標準装備となる全車速追従機能付きのクルーズコントロールがCX-3では上位グレードのみの装備に留まったりと、やや古さを感じさせる点も見られます。

とはいえ、ディーゼルエンジン車では6速MTが選択できるなど、こだわり派がしっかり満足できる商品性の高さは健在。都会派コンパクトSUVとして、現在でもヤリスクロスの大きなライバルの1台でしょう。

マツダ CX-3のスペック

【マツダ CX-3 XD 2WD 6EC-AT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,275mm×1,765mm×1,550mm
ホイールベース2,570mm
最大乗車定員5名
車両重量1,300kg
燃費WLTCモード:20.0km/L
エンジン種類直列4気筒ディーゼルターボ 1,756cc
エンジン最高出力85kW(116PS)/4,000rpm
エンジン最大トルク270N・m(27.5kgf・m)/1,600-2,600rpm
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション6速AT
新車価格2,266,000円(消費税抜)
(2021年8月現在 マツダ公式サイトより)

結局、まだヤリスクロスは「買い」なのか?

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス

ライバル車種と見比べてきても、まだまだヤリスクロスの際立つ魅力が多数あり、今買っても後悔することなく充実したSUVライフが送れそうな点がわかってきました。

そろそろ世代交代が噂されるマツダ CX-3や、ホンダからもヴェゼルよりも小型のSUVの登場が噂されるなど、ヤリスクロスの独走を止めるべく、このクラスは今後さらに盛り上がっていきそうな印象もあります。

上質なデザインと充実の装備、それでいて低く抑えられた価格設定というヤリスクロスの布陣を破ることができるライバルがこれから登場するかどうか、注目していきたいところです。

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスクロス

トヨタ ヤリスクロスの魅力についてご紹介してきました。発売から販売が非常に好調で、街中で見かける頻度もどんどん高まってきているヤリスクロス、多くの人が選ぶ理由がきっとお分かりいただけたのではないでしょうか。

トヨタ車の常で、これからも市場の要望に応じたきめ細やかな改良によって商品力を維持していくことが予想されますので、現状のヤリスクロスで不満のある方はちょっと待ってみるのも手かもしれません。ライバルとしっかり比較しながら、ご自身にぴったりの最高のコンパクトSUVをぜひ探してみてくださいね。

よくある質問

ヤリスクロスはいつ発売されたの?

トヨタ ヤリスクロスは、2020年4月に世界初公開され、日本市場では同年8月31日に発売されました。ヤリスシリーズとしては、2020年7月から継続して普通車新車販売台数ランキングの首位を獲得しています。

ヤリスクロスってヤリスとはどう違うの?

よりオーソドックスな5ドアハッチバック車であるヤリスと比べ、ヤリスクロスは最低地上高を高めに取ったSUVスタイルが特徴的。ヤリスクロスはプラットフォームにヤリス同様のGA-Bプラットフォームを採用しますが、ヤリスの車高を高めただけのなんちゃってSUVではなく、それぞれ並行して開発され、ヤリスクロスは開発をヨーロッパ拠点が担当するなどしっかりと差別化が図られています。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。