トップへ戻る

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


価格も装備も欲張れる!人気のコンパクトSUV「トヨタ ライズ」

《画像提供:Response 》トヨタ ライズ(2020年型)

どこにでも行けそうなアクティブ感が人気のSUVですが、現在販売されているラインナップを見渡してみると、多くの車種が3ナンバーサイズ。国内だけでなく海外でもSUV人気が過熱していることもあり、海外仕様と共通の大柄なボディを持つモデルも多くなっています。

とはいえ、日本国内の入り組んだ道や駐車場などの狭さは健在なので、大型のSUVでは運転のしにくさを感じてしまうシーンが増えてしまうおそれもあります。

そこで注目したいのが、5ナンバーサイズのSUV。税制面などでは形骸化している印象もある5ナンバーと3ナンバーの区分ですが、ボディサイズの違いは大きく、5ナンバーの車はさまざまなシーンを通して運転のしやすさが大きな魅力です。

SUVらしい余裕の最低地上高と高めなアイポイントで運転がしやすく、リーズナブルな価格や抜群な取り回し性能でも人気のトヨタ ライズは、全幅が1,695mmとしっかり5ナンバーサイズを維持しています。

そんな魅力的なライズ、いざ愛車にするとなると気になるのは、日々のガソリン代に直結する燃費性能ではないでしょうか。

この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車との比較を通して、ライズの燃費情報を詳しくご紹介していきます。

待望のハイブリッド仕様が追加!ライズの人気はまだまだ続く

(参考)ダイハツ ロッキー e-SMARTハイブリッド ティザー画像

2021年11月1日に、兄弟モデルであるダイハツ ロッキーとともに改良モデルが発表・発売されたばかりとなっているトヨタ ライズ。2019年の登場から人気が継続している段階での大幅改良とあって、注目度も非常に高くなっています。

内外装デザインこそ改良前モデルを引き継いでいますが、今回の改良で最大の注目ポイントは、ハイブリッドと1.2リッター車の追加というパワートレーンの大幅変更でしょう。

今後は軽自動車などの幅広い車種へ展開予定とされる「e-SMARTハイブリッド」。搭載第一弾として登場したライズとロッキーで、早く体験してみたいものですね。

トヨタ ライズのここに注目!魅力ポイントをまとめました

使い勝手のいいSUVボディを5ナンバーサイズに凝縮

《画像提供:Response 》トヨタ ライズ(2020年型)

なんといってもライズの魅力は、正統派SUVという感もあるタフなデザインを、5ナンバーサイズに凝縮しているところでしょう。全長は3,995mm、全幅は1,695mmとなっており、最小回転半径も4.9〜5.0mとSUVにしては小さめで、扱いやすさに磨きをかけています。

それでいて、サイズの制約を感じさせない伸び伸びとしたデザインの魅力も見どころです。特にフロントフェイスは、トヨタのアイデンティティを感じさせる大きめなグリルで、スポーティな印象も感じさせますね。

乗り込んでビックリの広々室内は余裕たっぷり

《画像提供:Response 》(参考)ダイハツ ロッキー インテリア

ボディサイズが5ナンバーサイズということで室内空間が狭いイメージを持ってしまいそうになりますが、ライズの室内は乗り込んでびっくりのゆとりが自慢です。前後席間距離が900mmと広く取られており、後席の乗員がゆったりくつろげるだけでなく、後席にチャイルドシートを取り付けるのも楽々です。

また、乗員スペースが充実した車では軽視されがちな荷室容量も、VDA法で369Lとクラストップレベル。旅行やお出かけにもぴったりなSUVだけに、人も荷物もゆったり収まる使い勝手の良さがうれしいですね。

お財布に優しい!キビキビ走れる3種類のパワートレイン

《画像提供:Response 》トヨタ ライズ(2020年型) 1.0リッターターボエンジン

改良以前のモデルでは全車で1.0リッターターボエンジン搭載だったライズですが、新たに追加されたハイブリッドと1.2リッターエンジンを合わせ、パワートレーンを3種類とすることで、これまで以上に優れた燃費性能を実現しています。

自動車税区分で普通車最安となる1.0リッターターボの力強い走り、新たに追加された1.2リッターの経済的な走り、常時モーター駆動でパンチのあるハイブリッドの走りと、求める性能に応じた選択が可能です。

安全も先進も充実「スマートアシスト」を全車で装備

《画像提供:Response 》(参考)ダイハツ ロッキー(2019年型) メーターパネル

最廉価グレードまで含めた全車で「スマートアシスト」が標準装備となる点もライズの大きな魅力。夜間の歩行者検知にまで対応した衝突回避支援ブレーキ機能など、先進の安全機能が全てのライズに備わります。

さらに、電動パーキングブレーキが上位グレードに備わったことで、最上位グレードの「Z」系で標準装備される全車速追従機能付ACCが停止保持機能対応にアップグレードされるなど、機能のブラッシュアップも行われています。

こんなに魅力満載なのに、衝撃的安さの価格設定!

《画像提供:Response 》トヨタ ライズ(2020年型)

これだけ充実の商品性ながら、ガソリン車の最廉価グレードでは税抜価格で150万円台からという衝撃的な価格設定で、この低価格っぷりは、もしかするとライズのもっとも大きな魅力といえるかもしれません。

新たに設定されたハイブリッドも、充実の装備ながら税抜価格では200万円以下スタート。割高になりがちなハイブリッドSUVながら、リーズナブルな価格設定ですね。

トヨタ ライズのスペックはこちら

【トヨタ ライズ G ハイブリッド】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,995mm×1,695mm×1,620mm
ホイールベース2,525mm
最大乗車定員5名
車両重量1,060kg
燃費WLTCモード:28.0km/L
エンジン種類直列3気筒ガソリンハイブリッド 1,196cc
エンジン最高出力60kW(82PS)/5,600rpm
エンジン最大トルク105N・m(10.7kgf・m)/3,200-5,200rpm
モーター種類交流同期電動機
モーター最高出力78kW(106PS)
モーター最大トルク170N・m(17.3kgf・m)
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション-
新車価格1,966,364円(消費税抜)
(2021年11月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ ライズの燃費情報を総まとめ!おすすめグレードは?

《画像提供:Response 》トヨタ ライズ(2019年型)

ライズの魅力をご紹介してきましたが、やはり実際に購入を検討する際に気になるのは燃費性能ですよね。ここからは、発売されたばかりのライズの改良モデルに関して、燃費性能を詳しく見ていきましょう。

まずは、カタログ燃費値です。新車販売されるすべての乗用車のカタログに表示されている「WLTCモード燃費」を確認することによって、おおよその燃費性能を把握することができます。

現行モデルのライズのWLTCモード燃費は、ハイブリッド車と、ガソリン車2WD仕様の1.2リッター自然吸気エンジン、ガソリン車4WD仕様の1.0リッターターボエンジンの3種類に分かれています。グレード間で装備内容が異なるなど車両重量に細かな違いがあるものの、パワートレーンが同一なら燃費差はありません。

ライズでもっとも低燃費なのはハイブリッド車で、WLTCモード燃費は28.0km/L。ガソリン車は、1.2リッター自然吸気エンジンを搭載する2WD仕様が20.7km/L、1.0リッターターボエンジンを搭載する4WD仕様が17.4km/Lと続きます。

ガソリン車も健闘しているものの、やはりハイブリッド車のアドバンテージの大きさが目立ちます。モード別の詳細を見ても、特に低中速域が多用される市街地モードや郊外モードなどで、ハイブリッド車の圧倒的な燃費性能が見てとれますね。

トヨタ ライズのカタログ燃費まとめ表

ハイブリッド(2WD) ガソリン1.2L(2WD) ガソリン1.0L(4WD)
WLTCモード燃費 28.0km/L 20.7km/L 17.4km/L
市街地モード(WLTC-L) 29.6km/L 15.9km/L 13.4km/L
郊外モード(WLTC-M) 30.2km/L 21.9km/L 18.7km/L
高速道路モード(WLTC-H) 26.1km/L 22.9km/L 18.9km/L
(2021年11月現在 トヨタ公式サイトより)

トヨタ ライズでもっとも低燃費なのは、どのグレード?

《画像提供:Response 》トヨタ ライズ(2020年型)

ライズでもっとも低燃費なのは、新設定のハイブリッド車です。ハイブリッド車にはGグレードとZグレードの2グレードが設定されていますが、どちらも燃費性能は同一で、WLTCモード燃費で28.0km/Lの低燃費が実現されています。

17インチタイヤや全車速追従機能付ACCなどが標準装備される最上位のZグレードでも、燃費性能で妥協をしなくて済むというのは嬉しいポイントでしょう。

対するガソリン車は、もっとも低燃費となる2WD仕様でも20.7km/Lと、ハイブリッド車と比べるとカタログ燃費の差が大きめな印象です。しかしガソリン車は、ハイブリッド車の同等グレードと比較するとおおよそ30万円安の価格設定となっているほか、よりリーズナブルな価格のXグレードの設定があるなど、価格競争力が高めな点には注目しておきたいですね。

実オーナーが投稿!トヨタ ライズの実燃費データまとめ

《画像提供:Response 》トヨタ ライズ(2020年型)

カタログ燃費が優秀でも、現実世界における実燃費が伸びなくては意味がないというもの。そこでしっかり確認しておきたいのが、実オーナーが投稿した燃費記録をまとめている情報サイト「e燃費」のデータです。

2021年11月現在、ライズの実燃費データとしては、改良に伴って発売されたハイブリッドや1.2リッターガソリンエンジンのデータはまだないものの、1.0リッターターボエンジンのデータを確認することができます。

継続販売されている1.0リッターエンジンの4WD仕様の実燃費平均値は15.80km/Lと、カタログ燃費にも迫る勢い。対して、改良に伴ってモデル廃止となった1.0リッターエンジンの2WD仕様は14.70km/Lと、4WD仕様よりもやや劣る珍しい実燃費値となっています。

もっとも、2WD仕様と4WD仕様で投稿されるデータ数が違う点にも注意が必要です。車両価格が廉価な2WD仕様のほうが販売シェアが大きいとみられ、実燃費の報告数も多くなっているので、2WD仕様の実燃費データは、よりさまざまなユーザーが多様なシーンで利用した結果ともいえそうですね。

まだe-燃費上ではデータが揃っていないものの、今後はハイブリッド車や1.2リッター自然吸気エンジン車の実燃費も気になりますね。オーナーからの実燃費データの投稿を待ちたいところです。

トヨタ ライズのカタログ燃費、ライバル車と比べるとどうなの?

スズキ クロスビー

ライズとサイズ的に競合するSUVモデルは意外と少なくなっています。

ライズ同様にコンパクトな5ナンバーサイズながら、SUVのアクティブなイメージをうまく演出しているのが、スズキ クロスビーです。ライズよりも全長で200mm以上短いなどやや小ぶりではありますが、クロスビーは全高をやや高めにとったことで、トールワゴン級に余裕のある室内空間が実現されています。

クロスビーは全車で1.0リッターターボエンジンのマイルドハイブリッド車となっており、WLTCモード燃費は2WD仕様が18.2km/L、4WD仕様が17.0km/Lと、改良前のライズと拮抗した数値に。

新たに登場したライズのハイブリッド車や1.2リッターガソリン車と比較すると、クロスビーの燃費性能は劣る印象ですね。クロスビーの今後の展開にも期待がかかります。

トヨタ ヤリスクロス

非常に豊富なSUVラインナップをもつトヨタだけに、ライズと競合する車はトヨタ内でも見られます。ライズよりやや大きな3ナンバーサイズながらまだまだコンパクトサイズのヤリスクロスは、価格設定もライズと近く、強力なライバルといえそうです。

タフなイメージのライズに対し、ヤリスクロスは滑らかなラインで都会派SUVのイメージ。また、ヤリスクロスはハイブリッドと自然吸気エンジンともに1.5リッターで、ライズより動力性能で余裕があるほか、ハイブリッドに電気式4WD「E-Four」が用意されている点もポイントです。

ヤリスクロスのWLTCモード燃費のうち、もっとも低燃費なグレードを確認してみると、ハイブリッド車の2WD仕様は30.8km/L、E-Four仕様は28.7km/L。ガソリン車の2WD仕様は20.2km/L、4WD仕様は18.5km/Lとなっています。

ハイブリッド車同士での比較では、サイズや車重の差を考慮すればヤリスクロスの燃費性能は圧倒的。拮抗しているガソリン車同士も、ライズの燃費性能が伸び悩んでいる印象ともいえそうです。

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ ライズ(右)、ダイハツ ロッキー(左)

トヨタ ライズの燃費情報を詳しくご紹介してきました。

コンパクトSUVクラスにおいて、登場から常に非常に強い存在感を放ってきたライズだけに、2021年11月の改良は注目度もかなり高め。インパクト大なハイブリッド車の追加などによって、ライズの販売はこれからさらに好調となることが予想されます。

収まる気配のない半導体不足もあり、納期も長めになりかねませんので、ライズが気になった方はお早めな行動が吉でしょう。

よくある質問

ライズに新設定されたハイブリッド、どこがすごいの?

トヨタ ライズの改良に伴って登場した「e-SMARTハイブリッド」は、搭載するガソリンエンジンを発電専用として使い、タイヤの駆動はモーターで行うという新開発のハイブリッドシステムとなっています。モーターならではのパンチのある加速と、効率の良いエンジンによる低燃費を両立している点がポイントです。

ライズのハイブリッドに4WDはないの?

トヨタ ライズのガソリン車には4WDの設定があるものの、「e-SMARTハイブリッド」車は残念ながら2WDのみの設定となっています。トヨタは電気式4WD「E-Four」のパイオニアでもあるだけに、今後の4WD追加も期待したいところですね。

関連する投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ RAV4の内装を徹底チェック!人気のラブフォーの室内は魅力満載

トヨタ RAV4の内装を徹底チェック!人気のラブフォーの室内は魅力満載

「トヨタ RAV4」は、若々しいデザインや充実の装備内容、お買い得な価格設定など、ツボを押さえた完全無敵な商品性が人気です。2021年12月には改良モデルも登場し、愛車候補として検討中の方も多いのではないでしょうか。そんなRAV4は、車内に乗り込んでも魅力が満載。この記事では、実用性も先進性も兼ね備えたRAV4のインテリアを詳しくご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。


スズキ ハスラーの内装を徹底チェック!使い勝手やカラバリを徹底解説

スズキ ハスラーの内装を徹底チェック!使い勝手やカラバリを徹底解説

軽クロスオーバーSUVブームを牽引し続けている「スズキ ハスラー」。丸目でキュートな表情をはじめ、ポップなデザインのエクステリアに注目が集まりがちですが、ハスラーは室内もぜひ注目しておきたいところです。SUVらしく使い勝手に優れたハスラーの室内は、先進機能満載で収納スペースも豊富な上、遊び心も感じられるハスラーの内装を、注目ポイントや魅力ポイントをしっかり押さえつつご紹介します。


トヨタ プリウスPHVの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

トヨタ プリウスPHVの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

まだまだ国産車で選択肢の多くないプラグインハイブリッドカーですが、「トヨタ プリウスPHV」なら、高い環境性能とコストパフォーマンスを比較的お手軽に堪能できます。PHVとしては2世代目となる現行のプリウスPHV、やっぱり気になるのはその燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車種との比較なども通して、プリウスPHVの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


日産 エルグランドの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 エルグランドの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ここ数年存在感が増している、大柄で高級なLクラスミニバン。中でも「日産 エルグランド」は、高級ミニバン市場を確立した張本人ということもあり、現在でも根強いファンが多いモデルです。そんなエルグランド、長期間販売が続いていることもあり、気になるのは燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバル車との比較なども通して、エルグランドの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。