トップへ戻る

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績などを元に渋滞予想をまとめました。(2021年12月18日更新)

⏳この記事は約3~4分で読めます。[PR]




本記事は2021~2022年の記事です。2022~2023年の渋滞予測はこちらからご覧ください。

2022~2023年 年末年始渋滞予想!お正月休みはいつから?過去と直近傾向から渋滞ピークを予測 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5863

全国旅行支援や訪日外国人観光客の入国制限緩和などがなされている昨今。2022~2023年の年末年始の高速道路の混雑はどれぐらいになるのでしょうか。2022~2023年の年末年始の渋滞予測を紹介します。

2021~2022年 年末年始の休みいつから?

年末年始の連休や人の動きは渋滞状況とも相関しますので、こちらの情報からどれぐらい渋滞が発生する可能性があるのかを見ていきましょう。

2021~2022年の年末年始は最大10連休も可能

今年の年末年始の連休は業種によっても違いがありますが、12月28日が御用納め・仕事納めとして、カレンダー通りに考えると6連休になります。

水曜から連休に入ることもあり、12月27日の月曜と28日の火曜を休暇にして10連休にする方や、コロナ禍で多くの企業でテレワークが導入されたこともあり、25日、26日の土日から帰省し、12月27日と28日を帰省先でテレワークするという方もいらっしゃるかもしれません。

上記を含めて、新型コロナウイルスの感染者数は大きく減少したとは言っても、まだマスクを外せない状況下にあり、可能な限り混雑を避けたいと思われる方も多くいらっしゃることを考えると、混雑のピークは分散するのではないかと思われます。

 
2021~2022年の年末年始休みカレンダー
12月25日(土)休日
12月26日(日)休日
12月27日(月)平日
12月28日(火)平日
12月29日(水)年末年始休み
12月30日(木)年末年始休み
12月31日(金)年末年始休み
1月1日(土)元日
1月2日(日)年末年始休み
1月3日(月)年末年始休み

今年帰省する人はどのくらい?

日本トレンドリサーチ(運営会社:株式会社NEXER)が2021年10月に実施したアンケートによると、「今年は帰省する」が約37%、そして「毎年帰省している」「帰省することが多い」が合わせて約50%という結果がでています。

こちらの「毎年帰省している」「帰省することが多い」を母数として「今年は帰省する」の割合を計算すると約75%です。2021年から2022年の年末年始で帰省予定の方は、例年の約75%ほどとなる傾向が見えます。

引用元:日本トレンドリサーチ「年末年始」に関するアンケート
株式会社NEXER https://www.nexer.co.jp

なお、本アンケートが実施された時点では緊急事態宣言は解除されていましたが、以降にワクチン接種率が70%を超えたことや、飲食店等の営業時間短縮要請が緩和されたことなどの影響も加味すると、年末年始に帰省も含めた旅行を計画する人の割合は増えている可能性はあります。

そちらをふまえて今年の年末年始の渋滞予想をご覧ください。

2021~2022年 年末年始渋滞予想

昨年2020~2021年の年末年始は新型コロナウィルスの感染拡大による他県への移動をはじめとした外出自粛のムードが強かったこともあり、人の流れは特に大きく減少していました。

そちらをふまえて、こちらでは一昨年の2019~2020年の実績と前項で紹介したアンケートの「今年は帰省する」と回答した方の割合から、今年の年末年始における各エリアの渋滞予測を行っていきます。

東日本エリア 2021~2022年の渋滞予想概要

・2021年の年末は仕事納めの翌日29日から30日にかけてが渋滞のピーク
・2022年の年始は元旦の夕方からUターンラッシュがはじまり翌2日、3日の夕方頃までがピーク

年末の下り線は比較的交通量が分散する傾向にありますが、28日の夜から渋滞がはじまり29日から30日にかけてピークを迎える見込みです。

年始の上り線は元旦の夕方からUターンラッシュがはじまり翌2日、3日の夕方頃がピークとなる見込みので、関東圏から帰省される予定の方は余裕を持ったスケジュールを立てておくのがよいでしょう。

東日本エリアの渋滞予想詳細は次項にて紹介します。

NEXCO東日本 2019~2020年の実績から詳細を予想

下表はNEXCO東日本による2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)の10日間の実績と予想値をまとめたものです。

交通量

平均交通量実績及び予想値
2019~2020年 2021~2022年予想値
日平均交通量 31,100台/日 23,325台/日
引用:年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【NEXCO東日本版】
NEXCO東日本:https://www.e-nexco.co.jp/

2019年から2020年にかけての平均日交通量は31,100台/日でした。

こちらを元に試算すると2021年から2022年にかけての平均日交通量の予想値は23,300台/日となります。

渋滞状況

渋滞状況実績及び予想値
渋滞規模 2019~2020年 2021~2022年予想値
合計 下り 上り 合計 下り 上り
10km以上の渋滞回数 57 16 41 43 12 31
うち、30km以上の渋滞回数 5 0 5 4 0 4
引用:年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【NEXCO東日本版】
NEXCO東日本:https://www.e-nexco.co.jp/

2019年から2020年にかけての渋滞回数は合計57回でした。

同様に試算すると2021年から2022年にかけての渋滞回数の予想値は43回うち、30km以上の渋滞は4回と予想されます。あわせて下り線と上り線も試算していますのであわせてご確認ください。

下表では渋滞が発生した箇所の中から、渋滞距離が長い道路上下線ワースト3の詳細をまとめたものです。表をみると上下線ともに年始に車の移動が集中していることが見て取れます。特に上り線はUターンラッシュの影響で40kmを超える渋滞が起きています。

2019年~2020年 NEXCO東日本 年末年始の主な渋滞発生箇所
上下線 道路名 渋滞発生箇所 ピーク日時 延長 要因
1 下り線 E14京葉道路 貝塚IC付近 1月2日(木) 10:55頃 24.3km 事故及び交通集中
2 下り線 C3外環道 草加IC付近 1月2日(木) 11:45頃 19.2km 事故及び交通集中
3 下り線 E17関越道 高坂SA付近 1月2日(土) 11:35頃 18.9km 交通集中
上り線 E4東北道 久喜IC付近 1月2日(木) 17:30頃 43.7km 事故及び交通集中
2 上り線 E4東北道 久喜IC付近 1月3日(金) 18:30頃 42.0km 交通集中及び事故
3 上り線 E17関越道 高坂SA付近 1月3日(金) 17:30頃 35.0km 事故及び交通集中
引用:年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【NEXCO東日本版】
NEXCO東日本:https://www.e-nexco.co.jp/
※IC:インターチェンジ、SA:サービスエリア

上表から予想値を試算すると以下の通りになります。

2021年~2022年 NEXCO東日本 年末年始の主な渋滞発生箇所予想値
上下線 道路名 渋滞発生箇所 延長
1 下り線 E14京葉道路 貝塚IC付近 18.2km
2 下り線 C3外環道 草加IC付近 14.4km
3 下り線 E17関越道 高坂SA付近 14.2km
1 上り線 E4東北道 久喜IC付近 32.8km
2 上り線 E4東北道 久喜IC付近 31.5km
3 上り線 E17関越道 高坂SA付近 26.3km
※IC:インターチェンジ、SA:サービスエリア

上表の結果をみると下り線では20km以下の渋滞が起きると予想されますが、上り線では30km以上の渋滞が2回起こり、長い渋滞が起こることが予想されます。

また、年始にはUターンラッシュで車の移動が集中する可能性が高いこともうかがえます。

【更新】NEXCO東日本 2021~2022年の渋滞予測 公式発表

NEXCO東日本の渋滞予測カレンダーで年末年始の予測情報が閲覧可能となりました。

渋滞ピークは1月2日~1月3日

年末年末は特に1月2日(日)~1月3日(月)に渋滞が集中する見込みです。

年末は下り線は比較的分散し目立った渋滞予測は見受けられませんが、アクアラインの上り線では15kmの渋滞が予測されています。渋滞は30日まで続き同日にピークを迎える見込みです。

年始は1日から渋滞が始まり、2日から3日にかけてピークを迎える見込みです、20kmや25kmだけでなく場所によっては30km台の渋滞が発生すると予測されます。

最も長い渋滞予測

最も長い渋滞予測は以下通りとなります。

1月2日(日)に約35kmの渋滞(ピーク時)
上り線:関越自動車道 本庄児玉ICから鶴ヶ島IC区間 高坂SA付近
時間帯:13:00~22:00(ピーク時刻:16:00)

各主要高速道路の渋滞予測は下記URLにてご確認ください。

中日本エリア 2021~2022年の渋滞予想概要

・2021年の年末は仕事納めの翌日29日から30日にかけてが渋滞のピークとなり31日まで続く
・2022年の年始は特に2日から3日の夕方頃までがピーク

年末の下り線は仕事納めの翌日29日から30日にかけてピークを迎え、渋滞は31日まで続く見込みです。

年始の上り線は例年2日から3日にかけて、Uターンラッシュが集中する傾向にあります。この時期は長時間の運転が見込まれますので、無理な運転はせずサービスエリアでしっかり休憩をするなど長時間乗車の対策や準備をするのが良いでしょう。

中日本エリアの渋滞予想詳細は次項にて紹介します。

NEXCO中日本 2019~2020年の実績から詳細を予想

下表はNEXCO中日本による2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)の10日間の実績と予想値をまとめたものです。

交通量

平均交通量実績及び予想値
2019~2020年 2021~2022年予想値
日平均交通量 44,100台/日 33,075台/日
引用:2019年度 年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【NEXCO中日本版】
NEXCO中日本:https://www.c-nexco.co.jp/

2019年から2020年にかけての平均日交通量は44,100台/日でした。

こちらを元に試算すると2021年から2022年にかけての平均日交通量の予想値は33,075台/日となります。

渋滞状況

渋滞状況実績及び予想値
渋滞規模 2019~2020年 2021~2022年予想値
合計 下り 上り 合計 下り 上り
10km以上の渋滞回数 81 31 50 61 23 38
うち、30km以上の渋滞回数 2 0 2 2 0 2
引用:2019年度 年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【NEXCO中日本版】
 NEXCO中日本:https://www.c-nexco.co.jp/

2019年から2020年にかけての渋滞回数は合計81回でした。

こちらから2021年から2022年にかけての渋滞回数の予想値は61回となります。下り線と上り線も試算していますのであわせてご確認ください。

下表では渋滞が発生した箇所の中から、渋滞距離が長い道路上下線ワースト3の詳細をまとめたものです。こちらでもUターンラッシュの影響で30kmを超える渋滞が起きていることがわかります。

2019年~2020年 NEXCO中日本 年末年始の主な渋滞発生箇所
上下線 道路名 渋滞発生箇所 ピーク日時 延長 要因
1 下り線 E1東名高速道路 秦野中井IC付近 1月3日(金) 15:45頃 29.7km 交通集中
2 下り線 E1東名高速道路 秦野中井IC付近 12月28日(土) 8:05頃 24.5km 事故及び交通集中
3 下り線 E1東名高速道路 海老名SA付近 12月31日(火) 13:20頃 21.0km 事故及び交通集中
上り線 E1東名高速道路 伊勢原BS付近 1月3日(金) 16:35頃 38.0km 交通集中及び事故
2 上り線 E23東名阪自道車道 西山BS付近 1月2日(木) 16:40頃 30.3km 交通集中
3 上り線 E1東名高速道路 焼津西BS付近 1月3日(金) 17:35頃 29.5km 事故及び交通集中
引用:2019年度 年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)【NEXCO中日本版】
NEXCO中日本:https://www.c-nexco.co.jp/
IC:インターチェンジ、SA:サービスエリア、BS:バスストップ

上表から予想値を試算すると以下の通りになります。

2021年~2022年 NEXCO中日本 年末年始の主な渋滞発生箇所予想値
上下線 道路名 渋滞発生箇所 延長
1 下り線 E1東名高速道路 秦野中井IC付近 22.3km
2 下り線 E1東名高速道路 秦野中井IC付近 18.4km
3 下り線 E1東名高速道路 海老名SA付近 15.8km
1 上り線 E1東名高速道路 伊勢原BS付近 28.5km
2 上り線 E23東名阪自道車道 西山BS付近 22.8km
3 上り線 E1東名高速道路 焼津西BS付近 22.1km
※IC:インターチェンジ、SA:サービスエリア、BS:バスストップ

上表から下り線で20kmを超える渋滞が起きると予想されます。上り線では30kmを超えないものの、比較的長い渋滞が起こると予想されることがわかります。

また、年始にはUターンラッシュで車の移動が集中する可能性が高いこともうかがえます。

【更新】NEXCO中日本 2021~2022年の渋滞予測情報

NEXCO中日本の渋滞予測カレンダーの閲覧が可能となりました。

渋滞ピークは1月2日~1月3日

年末年末は特に1月2日(日)~1月3日(月)に渋滞が集中する見込みです。

年末の下り線は28日から渋滞がはじまり、29日から30日にかけてピークを迎える見込みです。30km台の渋滞はないものの、20kmや25kmにおよぶ渋滞が予測されます。

年始の上り線は1日からはじまり、なかには20kmもの渋滞も予測されます。2日から3日にかけてピークを迎え、Uターンラッシュが集中することが伺えます。10km以下の渋滞が多いように見受けれますが、場所によっては30kmを超える渋滞が予測されます。

最も長い渋滞予測

最も長い渋滞予測は以下通りとなります。

1月2日(日)に約35kmの渋滞(ピーク時)
上り線:東名高速道路 御殿場ICから横浜町田IC区間 綾瀬SIC付近 交通集中による
時間帯:9:00~翌1:00(ピーク時刻:13:00)

1月3日(月)に約35kmの渋滞(ピーク時)
上り線:東名高速道路 御殿場ICから横浜町田IC 綾瀬SIC付近 交通集中による
時間帯:前日9:00~1:00(ピーク時刻:前日13:00)

また、上記1月3日(月)の大井松田IC区から横浜町田IC区間の綾瀬SIC付近においては、12:00をピークに30kmの渋滞が予測されます。

各主要高速道路の渋滞予測は下記URLにてご確認ください。

渋滞予測カレンダー | 料金・交通 | 高速道路・高速情報はNEXCO 中日本

https://dc.c-nexco.co.jp/jam/cal/

NEXCO 中日本(中日本高速道路株式会社)公式サイト【企業情報】ページ。料金・ルート検索や渋滞情報、サービスエリア・パーキングエリア、交通規制、ETC割引などの高速道路情報、東名高速・名神高速・中央道・北陸道・東海北陸道・名二環・新東名・新名神をご案内します。

西本エリア 2021~2022年の渋滞予想概要

・2021年の年末は仕事納めの翌日29日から30日にかけてが渋滞のピーク
・2022年の年始は特に2日から3日の夕方頃までがピーク

年末の下り線は、仕事納めが28日ということもあり例年のように29日から30日に渋滞のピークを迎える見込みです。

年始の上り線は例年2日から3日にかけて、Uターンラッシュが集中する傾向にあり、他のエリアと同様に2日から3日の夕方頃がピークになると予想されますので、余裕を持ったスケジュールを立てるとともに迂回ルートを事前に検討するなどの準備をすると良いでしょう。

西日本エリアの渋滞予想詳細は次項にて紹介します。

NEXCO西日本 2019~2020年の実績から詳細を予想

下表はNEXCO西日本による2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)の10日間の実績と予想値をまとめたものです。

交通量

平均交通量実績及び予想値
2019~2020年 2021~2022年予想値
日平均交通量 48,200台/日 36,150台/日
引用:NEXCO西日本管内の年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)
 NEXCO西日本:https://corp.w-nexco.co.jp/

2019年から2020年にかけての平均日交通量は48,200台/日でした。

これに元に試算すると2021年から2022年にかけての平均日交通量の予想値は36,150台/日となります。

渋滞状況

渋滞状況実績及び予想値
渋滞規模 2019~2020年 2021~2022年予想値
合計 下り 上り 合計 下り 上り
10km以上の渋滞回数 73 24 49 55 18 37
うち、30km以上の渋滞回数 1 0 1 1 0 1
引用:NEXCO西日本管内の年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)
 NEXCO西日本:https://corp.w-nexco.co.jp/

2019年から2020年にかけての渋滞回数は合計73回でした。

これより2021年から2022年にかけての渋滞回数の予想値は55回となります。同様に下り線と上り線も試算していますのであわせてご確認ください。

下表では渋滞が発生した箇所の中から、渋滞距離が長い道路上下線ワースト3の詳細をまとめたものです。関西地域でもやはりの年始に車の移動が集中しやすい時期となり30kmを超える渋滞が起きていることがわかります。

2019年~2020年 NEXCO西日本 年末年始の主な渋滞発生箇所

上下線 道路名 渋滞発生箇所 ピーク日時 延長 要因
1 下り線 E1名神高速道路 (E1A新名神高速道路) 蝉丸TN付近 12月29日(日) 15:05頃 24.3km 事故及び交通集中
2 下り線 E2山陽自動車道 閑谷TN付近 12月30日(月) 17:05頃 21.5km 事故及び交通集中
3 下り線 E2山陽自動車道 龍野西IC付近 12月30日(月) 14:50頃 20.5km 事故及び交通集中
上り線 E1名神高速道路 草津JCT付近 1月2日(木) 14:20頃 38.9km 交通集中
2 上り線 E42湯浅御坊自道車道 (E42阪和自動車道) 有田南IC付近 1月3日(金) 17:25頃 27.1km 交通集中
3 上り線 E1名神高速道路 草津JCT付近 1月3日(金) 19:40頃 27.0km 交通集中
引用:NEXCO西日本管内の年末年始期間における高速道路の交通状況(速報)
 NEXCO西日本:https://corp.w-nexco.co.jp/
※TN:トンネル、IC:インターチェンジ、JCT:ジャンクション

上の表から予想値を試算すると以下の通りになります。

2021年~2022年 NEXCO西日本 年末年始の主な渋滞発生箇所予想値
上下線 道路名 渋滞発生箇所 延長
1 下り線 E1名神高速道路 (E1A新名神高速道路) 蝉丸TN付近 18.2km
2 下り線 E2山陽自動車道 閑谷TN付近 16.1km
3 下り線 E2山陽自動車道 龍野西IC付近 15.4km
1 上り線 E1名神高速道路 草津JCT付近 29.2km
2 上り線 E42湯浅御坊自道車道 (E42阪和自動車道) 有田南IC付近 20.3km
3 上り線 E1名神高速道路 草津JCT付近 20.3km
※TN:トンネル、IC:インターチェンジ、JCT:ジャンクション

上表の結果をみると下り線では20km以下の渋滞がおきると予想されます。上り線では30km以上の渋滞は見受けられませんが、比較的長い渋滞が起こることが予想されます。

また、年始にはUターンラッシュで車の移動が集中する可能性が高いこともうかがえます。

【更新】NEXCO西日本 2021~2022年の渋滞予測情報

NEXCO西日本の渋滞予測カレンダーの閲覧が可能となり、加えて渋滞予測ガイドが発表されました。

渋滞ピークは1月2日~1月3日

渋滞予測ガイドによると年末年末は特に1月2日(日)~1月3日(月)に渋滞が集中する見込みです。

年末は比較的分散するように見受けられますが、28日から渋滞がはじまり20kmの渋滞も予測されます。渋滞は30日まで続きそのままピークを迎え、渋滞箇所も比較的多くなる見込みです。

年始は1日から渋滞が始まりますが、2日から3日にかけて大きく集中する見込みです、中には20kmや25kmの渋滞が発生すると予測されます

最も長い渋滞予測

1月2日(日)に約25kmの渋滞(ピーク時)
上り線:名神高速道路 高槻JCTから大津IC区間 大津IC付近 交通集中による
時間帯:8:00~20:00(ピーク時刻:11:00)

渋滞予測ガイドは2021年12月28から2022年1月4日の渋滞の発生箇所、時間帯毎の渋滞の長さや、渋滞ピーク時の時刻などを地図上で確認することができます。ぜひご活用ください。

NEXCO西日本 渋滞予測ガイド:https://search.w-nexco.co.jp/pdfs/forecast_guide.pdf

各主要高速道路の渋滞予測カレンダーは下記URLにてご確認ください。

渋滞予測 | NEXCO 西日本の高速道路・料金・ETC割引・渋滞情報

https://search.w-nexco.co.jp/forecast/

全国の交通集中渋滞を予測しています。 この渋滞予測では、工事や事故に伴う渋滞は含まれておりませんのでご注意ください。

首都高速道路 2021~2022年の渋滞予想概要

・2021年の年末は仕事納めの翌日29日から30日にかけてが渋滞のピーク
・2022年の年始は元旦の夕方からUターンラッシュがはじまり翌2日、3日の夜頃までがピーク

年末の下り線は、29日から30日に渋滞のピークを迎えると予想されます。

年始の上り線は1日夜から3日にかけて渋滞が続き、ピークは2日から3日の夜頃まで続く見込みで、特に年始のUターンラッシュは、交通集中することあり、長時間の渋滞となる可能性がありますので、長時間運転の対策だけでなく、下道を通行することを含めた迂回ルートを検討するなどの渋滞回避の入念な対策をしておきましょう。

首都高速の渋滞予想詳細は次項にて紹介します。

首都高速株式会社 2019~2020年の実績から詳細を予想

下表は首都高速株式会社による2019年12月27日(金)~2020年1月5日(日)の10日間の実績と予想値をまとめたものです。

交通量

平均交通量実績及び予想値
2019~2020年 2021~2022年予想値
日平均交通量 790,871台/日 593,153台/日
引用:年末年始期間の交通状況について(速報)
 首都高速道路株式会社:https://www.shutoko.co.jp/

2019年から2020年にかけての平均日交通量は790,871台/日でした。

これに元に試算すると2021年から2022年にかけての平均日交通量の予想値は593,153台/日となります。

渋滞状況

平均交通量実績及び予想値
期間 2019~2020年 2021~2022年予想値
12/27~1/5 151 113.3
引用:年末年始期間の交通状況について(速報)
 首都高速道路株式会社:https://www.shutoko.co.jp/

首都高速道路株式会社の渋滞に関する試算方法は独自のものとなるため、他のエリアとの単純比較は難しいですが、交通量や渋滞量ともに非常に高く、車の移動が特に集中していることがわかります。

なお、2018年度の平日平均渋滞量が 417(km・時/日)であったことをふまえると、首都高速道路では平日の渋滞量が多く、年末年始は比較的少ないこともうかがえます。

渋滞回避のために意識すべきこと

最新情報は常にチェックできるように

実際の交通状況は予測と異なることも十分にありえますので、常に最新の情報収集をすることが大切です。NEXCOのサイトなどではリアルタイムの渋滞情報が見れるので、こまめに確認するとよいでしょう。

また、カーナビやスマホアプリを駆使することも有効な手段です。現在の渋滞状況を確認することができるので状況に応じたルート変更が可能となります。

高速道路での渋滞は自然渋滞だけでなく、事故よって渋滞が引き起こされることがあります。そのため前途の通りネットやスマホアプリなどで事故情報なども同時に確認しておくと、予想以上の渋滞も回避しやすくなります。

ピークを避けたスケジュールを

ピークを外したスケジュールを立てることは、渋滞回避に高い効果があります。

一般的に12月30日、31日や1月2日、3日に渋滞が集中することが多く、可能であればこれらの日を避けたスケジュールを立てましょう。

また、今年も渋滞予測が難しい状況にあることを鑑みて、高速道路各社の予測情報やニュースなどを確認しながらスケジュールを見直すのもよいでしょう。

各主要高速道路の渋滞予測は下記URLにてご確認ください。

スケジュールには余裕をもった行動を

前述のとおり、実際の交通状況は予測と異なることも十分にありえます。事前の準備を整えたつもりでも、年末年始は特に渋滞に巻き込まれてしまうことも覚悟しなければなりません。そこで状況に応じて柔軟にスケジュールを変更することが有効です。

また、運転スケジュールがタイトになると、焦りや疲労などから事故を起こしてしまう確率も高まりますので、あらかじめ余裕を持ったスケジュールを立てるのがよいでしょう。

迂回ルートは事前にチェック

迂回ルートを利用すると運転時間の増加を抑えられる事があります。実際首都高速などではその効果が大きく、迂回ルートを利用した方が目的地に早く到着できることもあります。

大渋滞が引き起こる箇所では、迂回ルートが提案されていることがありますので、事前に迂回ルートを調べておくのがよいでしょう。

「VICS(道路交通情報通信システム)」などによる最新の交通情報を確認できるカーナビを利用すると、迂回ルートの提案や、迂回先のルートの混雑状況を確認することもできます。

まとめ

2021~2022年の年末年始の渋滞予測に参考にしていただける情報をご紹介しました。

年末年始に久しぶりに帰省してご家族との時間を過ごす方も多いかと思いますので、こちらの情報とあわせて、移動される際には最新の渋滞情報を常に確認して備えておくことをおすすめします。

2020~2021年 年末年始渋滞予想|ピークはいつ?コロナの影響は? | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5149

車でのお出かけの際に気になるのはやはり渋滞情報でしょう。2020~2021年の年末年始は感染が広がっている新型コロナウイルスの影響もあって人の動きにも変化がありそうです。そこで、今回は2020~2021年の年末年始の渋滞予想ご紹介します。

【2019-2020 年末年始の渋滞予測】混雑日・混雑する道路|渋滞回避方法ほか | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/3907

2019-2020年の年末年始。本記事では高速道路関連各社が発表した年末年始の渋滞予測から、上り線・下り線で20km以上の渋滞が予測される日、時間帯、混雑する道路や回避方法など、気になる情報をまとめています。年末年始・お正月、渋滞回避したい方はぜひ本記事をご覧ください。【12月26日更新】

【2021年最新】渋滞回避アプリおすすめ5選!賢く活用して混雑知らず | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5584

連休や年末年始の旅行や帰省などで車を利用される方なら、長い渋滞の苦労はご存知のことでしょう。多くの人が限られた休日を最大限利用しようとすると、高速道路や幹線道路はどんどん混み合ってしまい、長いものでは数十kmに及ぶ渋滞で通過に数時間かかるなんてことも。この記事でご紹介する渋滞回避アプリを賢く使えば、それらの渋滞を回避してスマートなドライブを実現できるかもしれません。

よくある質問

2021~2022年の年末年始は?

2021~2022年の年末年始の連休は業種によっても違いがありますが、12月28日が御用納め・仕事納めとして、カレンダー通りに考えると6連休になります。水曜が年末年始休みのはじめの日ですので、12月27日の月曜と28日の火曜を休暇にして10連休にすることも可能です。

今年帰省する人はどのくらい?

2021年10月に実施された日本トレンドリサーチ「年末年始」に関するアンケート結果から、コロナ禍以前の年末年始と比較して約75%ほどの方が帰省を予定している傾向が見えました。本アンケート以降もワクチン接種率が拡大していることから、年末年始に帰省を計画する人の割合は増えていく可能性があります。

関連する投稿


2022-2023年末年始の渋滞予測!Uターンラッシュは1月2~3日に集中

2022-2023年末年始の渋滞予測!Uターンラッシュは1月2~3日に集中

訪日外国人観光客の入国制限緩和や、全国旅行支援の延長継続など観光需要喚起策が活発化する昨今。帰省ラッシュやUターンラッシュによって、2022~2023年の年末年始の高速道路の混雑はどれぐらいになるのでしょうか。過去傾向や高速道路各社から発表された最新情報から、2022~2023年の年末年始の渋滞予測を紹介します。


2022~2023年 年末年始の新幹線 混雑予想・予測!ピーク日や自由席確保の方法を紹介

2022~2023年 年末年始の新幹線 混雑予想・予測!ピーク日や自由席確保の方法を紹介

全国旅行支援や訪日外国人観光客の入国制限緩和など、観光需要喚起策が実施されるなか、2023年度(2022年~2023年)の年末年始における新幹線の混雑日はいつになるのでしょうか。年末年始の帰省や旅行をお考えの方に向けて、新幹線の混雑予想・予測をまとめました。


全国旅行支援(全国旅行割)都道府県別の割引・クーポン情報まとめ

全国旅行支援(全国旅行割)都道府県別の割引・クーポン情報まとめ

2022年10月11日から開始の全国旅行支援(全国旅行割)。新幹線や飛行機とセットになった旅行で1人1泊最大8,000円、車移動や日帰りなどの旅行で最大5,000円が旅行代金から割引され、さらに旅行先の飲食店等で利用できるクーポン券が1人1泊最大3,000円分配布されるキャンペーンです。全47都道府県で実施が決まっており、日本全国への旅行がお得です。全国旅行支援(全国旅行割)は、各都道府県ごとに予算上限に達すると終了になりますので、ご予約はお早めに!


【2022年シルバーウィーク渋滞予測】渋滞ピークは?全国旅行支援は活用できる?

【2022年シルバーウィーク渋滞予測】渋滞ピークは?全国旅行支援は活用できる?

2022年のシルバーウィーク(SW)はゴールデンウィークと同様の三連休です。3年ぶりに行動制限がなかったお盆休みから1ヶ月。2022年のシルバーウィーク(SW)の高速道路の混雑はどれぐらいになるのでしょうか。直前のお盆休みやゴールデンウィークの状況をふまえて、2022年のシルバーウィーク(SW)の渋滞予測を紹介します。


2022年お盆の渋滞予測!帰省ラッシュ・Uターンラッシュの渋滞ピークは?

2022年お盆の渋滞予測!帰省ラッシュ・Uターンラッシュの渋滞ピークは?

行動制限も徐々に緩和されはじめている昨今。今年のお盆期間における高速道路の混雑はどれくらいになるのでしょうか。今回は過去のお盆期間や直前の大型連休での高速道路の交通量や渋滞発生箇所の情報や高速道路各社の最新の渋滞予測から、2022年(令和4年)のお盆期間の渋滞予測をまとめました。(2022年8月6日更新)


最新の投稿


ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

走行性能と積載性を兼ね備え、スタイリッシュなデザインが多いステーションワゴンですが、SUVブームに押され最盛期に比べるとラインアップ数は減りつつあります。しかしながら視野を広げて輸入車も含めると、ステーションワゴンはまだまだ主力ジャンルのひとつです。この記事では、今だからこそおすすめしたいステーションワゴンをランキング形式で国産、輸入車に分けて紹介していきます。各車種のスペックや価格情報を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけてください。


【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

軽自動車は人気の車ですが、特にハイトワゴンの人気が高まっています。軽自動車という限られた規格の中で、最大限に室内空間を広げており、質感も高まったモデルが多くなっているので、販売台数を伸ばしています。今回は、ハイトワゴンの中でも近年人気の全高の高いモデルをご紹介します。


「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

エアサスとは、何かご存知でしょうか? エアサスのメリットやデメリットを知りたいと考えている人にも、エアサスの構造や値段、乗り心地を知りたいと思っている人にもわかりやすく簡単に「エアサスとは何か?」を理解できるように掲載します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。