トップへ戻る

2022~2023年 年末年始渋滞予想!お正月休みはいつから?過去と直近傾向から渋滞ピークを予測

2022~2023年 年末年始渋滞予想!お正月休みはいつから?過去と直近傾向から渋滞ピークを予測

全国旅行支援や訪日外国人観光客の入国制限緩和などがなされている昨今。2022~2023年の年末年始の高速道路の混雑はどれぐらいになるのでしょうか。2022~2023年の年末年始の渋滞予測を紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2022~2023年 年末年始の休みはいつから?

年末年始など、多くの人が同時にお休みを取るタイミングは、当然ながら人の移動する機会も増え、比例して渋滞を引き起こす交通量も増えます。まずは今年2022年から2023年にかけての年末年始期間のスケジュールを見ていきましょう。

2022~2023年 年末年始のカレンダー

2022~2023年 年末年始のカレンダー

今年のお正月休みは6連休

役所など行政機関は休日に関する法律に則り決まっており、12月28日を仕事納め(御用納め)・翌年1月4日を仕事始め(御用始め)としています。

病院や銀行、一般企業も業種によっても違いがありますが、概ねこちらに準ずることが多く、12月29日から1月3日までの6日間が一般的なお正月休みになります。

昨今、一般企業ではテレワークやワーケーションの活用、有休取得促進なども進んでいます。平日の1月4日から1月6日をお休みにして最大12連休を取得、といった方もいらっしゃるかもしれませんね。

【渋滞予測】2022~2023年 年末年始の渋滞ピークはこの日!

昨年の年末年始の交通量や渋滞回数の傾向や大型連休の状況から、ズバリ!2022~2023年の年末年始の渋滞ピークを予測します。

帰省ラッシュの渋滞ピーク

12月29日から各高速道路で渋滞がはじまり、12月30日の午前から正午にかけてピークを迎えるでしょう。

昨年をはじめ過去の傾向を見ると、年末年始のお休みに入った2日目に渋滞回数が最も多くなります。

Uターンラッシュの渋滞ピーク

1月2日の午後から各高速道路で渋滞が増えはじめ、1月3日の夜半までピークが続くでしょう。

Uターンラッシュは日程や時間が分散せず、帰省ラッシュに比べて渋滞の数も多く、渋滞距離も長くなります。渋滞に巻き込まれる前提で事前準備を必ず行ってから出発しましょう。

また、昨今の観光需要喚起策により交通量も増え、昨年以上の渋滞回数や渋滞距離の増加も予想されます。

こちらからは、上述の渋滞予測の根拠とした情報を紹介します。あわせて、昨年の年末年始の状況から、各高速道路で特に混在しやすい場所をふくめて確認しておきましょう。

【過去傾向】昨年の年末年始の渋滞状況はどうだった?

NEXCO東日本 2021~2022年の渋滞実績

NEXCO東日本における昨年度の年末年始の期間の状況は、コロナウイルス感染拡大の影響を受け、交通量や渋滞回数など、コロナ禍以前と比較して約80%ほど減少する結果でした。

とはいえ、緊急事態宣言も明け、交通量も増加傾向に転じていた状況を鑑みると、交通量や渋滞回数が多くなる日については今年2022~2023年の年末年始期間も同様の傾向になりそうです。

下り線の交通量・渋滞回数(帰省ラッシュ参考)

上り線の交通量・渋滞回数(Uターンラッシュ参考)

特に長い渋滞発生箇所

渋滞発生箇所は、1月2日 17時25分頃に関越道(上り線)の鶴ヶ島JCT付近を先頭に発生した45.9kmが最大でした。

特に長い渋滞発生箇所(上下別ワースト3位)
上下線 道路名 渋滞発生箇所 ピーク日時 渋滞長 要因
1 下り線 京葉道路 貝塚IC付近 1月2日(日)
10:35頃
22.7km 交通集中
2 下り線 関越道 東松山IC付近 12月29日(水)
7:40頃
20.6km 事故及び交通集中
3 下り線 関越道 渋川伊香保IC付近 12月30日(木)
8:10頃
18.2km 交通集中
1 上り線 関越道 鶴ヶ島JCT付近 1月2日(日)
17:25頃
45.9km 交通集中及び事故
2 上り線 東北道 加須IC付近 1月2日(日)
18:20頃
37.1km 交通集中及び事故
3 上り線 関越道 鶴ヶ島JCT付近 1月3日(月)
18:20頃
36.6km 事故及び交通集中
NEXCO東日本公式サイトより)

NEXCO中日本 2021~2022年の渋滞実績

NEXCO中日本における昨年度の年末年始の期間の状況は、こちらもコロナウイルス感染拡大の影響を受け、交通量はコロナ禍以前と比較して約90%ほど減少しましたが、年末の降雪予報などによる交通集中が多く、10km以上の渋滞は107%に増加する結果となりました。

下り線の交通量・渋滞回数(帰省ラッシュ参考)

上り線の交通量・渋滞回数(Uターンラッシュ参考)

特に長い渋滞発生箇所

渋滞発生箇所は、1月3日 18時50分頃に東名高速道路(上り線)の綾瀬SIC付近を先頭に発生した59.1kmが最大でした。

特に長い渋滞発生箇所(上下別ワースト3位)
上下線 道路名 渋滞発生箇所 ピーク日時 渋滞長 要因
1 下り線 東名高速道路 秦野中井IC付近 12月29日(水)
12:45頃
40.6km 交通集中及び事故
2 下り線 東名高速道路 秦野中井IC付近 12月31日(金)
11:50頃
38.9km 交通集中及び事故
3 下り線 東名高速道路 伊勢原BS付近 12月30日(木)
11:10頃
34.0km 事故及び交通集中
1 上り線 東名高速道路 綾瀬SIC付近 1月3日(月)
18:50頃
59.1km 交通集中及び事故
2 上り線 東名阪自動車道 西山BS付近 1月3日(月)
18:55頃
45.3km 交通集中
3 上り線 東名高速道路 伊勢原BS付近 1月1日(土)
17:10頃
31.9km 事故及び交通集中
NEXCO中日本公式サイトより)

NEXCO西日本 2021~2022年の渋滞実績

NEXCO西日本における昨年度の年末年始の期間の状況は、こちらもコロナウイルス感染拡大の影響を受け、交通量はコロナ禍以前と比較して約90%ほどに減少、10km以上の渋滞は約70%ほどに減少する結果となりました。

下り線の渋滞回数(帰省ラッシュ参考)

上り線の渋滞回数(Uターンラッシュ参考)

特に長い渋滞発生箇所

渋滞発生箇所は、下り線では12月29日 17時50分頃に名神高速道路の蝉丸TN付近を先頭に発生した30.8km。上り線では1月2日 16時35分頃に中国自動車道 宝塚西TN付近を先頭に発生した32.1kmが最大でした。

特に長い渋滞発生箇所(上下別ワースト3位)
上下線 道路名 渋滞発生箇所 ピーク日時 渋滞長 要因
1 下り線 名神高速道路
(新名神高速道路)
蝉丸N付近 12月29日(水)
17:50頃
30.8km 交通集中
2 下り線 名神高速道路 蝉丸N付近 12月29日(水)
14:05頃
25.9km 交通集中
3 下り線 名神高速道路 旧山科BS付近 12月30日(木)
17:45頃
25.1km 交通集中及び事故
1 上り線 中国自動車道
(山陽自動車道)
宝塚西TN付近 1月2日(日)
16:35頃
32.1km 交通集中及び事故
2 上り線 九州自動車道 広川C付近 1月3日(月)
16:05頃
31.5km 事故及び交通集中
3 上り線 山陽自動車道 尼子山TN付近 1月3日(月)
15:20頃
30.2km 交通集中及び事故
NEXCO西日本公式サイトより)

首都高速道路 2021~2022年の渋滞実績

首都高速道路からは昨年の年末年始期間における日別の交通量推移の発表はありませんでしたが、交通量と渋滞量ともにコロナ禍以前より増えている結果でした。

コロナ禍の行動規制緩和が進むなか、交通量は増える?

昨年の年末年始、今年に入ってからのゴールデンウィーク期間、お盆期間の1日あたりの交通量の推移は徐々に増えてきています。お盆期間ではコロナ禍前の2019年と比べて89%ほどまで回復しています。

全国の高速道路の主な区間(代表40区間)における交通量推移
期間 (1) 期間中の交通量 (2) 集計日数 平均日交通量 (1)/(2)
2021~2022年 年末年始 281,600台 8日 35,200台/日
2022年ゴールデンウィーク期間 431,200台 11日 39,200台/日
2022年 お盆期間 464,200台 11日 42,200台/日

国内の観光需要喚起策も活発化

これまでの県民割やブロック割や、2022年10月11日から各都道府県で開始された全国旅行支援(全国旅行割)や、東京都が再開を決めたGoToイートなど、国内の観光需要喚起策も実施されています。

全国旅行支援(全国旅行割)

GoToイート:東京都が再開

全国旅行支援やGoToイートは、2022年10月現在の情報においては、年末年始の旅行には利用はできませんが、観光に付随する行動規制が大幅に緩和されてきており、人の移動が活発化することが見込まれます。

訪日外国人観光客も増加見込み

同日2022年10月11日から、訪日する外国人の新規入国制限が見直しされ、水際対策も大幅に緩和されました。

箱根の旅館では海外からの予約が6~7割ほどになるほど増えたという報道も。円安の影響も手伝って、年末年始にかけて訪日外国人観光客の増加も見込まれており、これまで以上の人の移動が増える要因になることが予想されます。

上記の通り、国内外からの人の移動が活発になることで、今年の年末年始の交通量は昨年以上、またコロナ禍以前の状況まで戻るのではないでしょうか。

渋滞の備えに!車内に常備しておきたいアイテム

今年の年末年始は交通量が増えることも予測されており、渋滞回避策を講じても思わぬ渋滞に巻き込まれてしまうことも。渋滞に巻き込まれたときのために、車内に常備しておきたいアイテムを紹介します。

ウェットティッシュ

車内で食事をした際に、手が汚れてしまったり、洋服にこぼしてしまったりしたときにあるととても便利なのがウェットティッシュ。ティッシュと合わせて常備しておくのがよいでしょう。

シルコット ウェットティッシュ 除菌 ノンアルコールタイプ 詰替 360枚(45枚×8)

¥990 (¥3 / 枚)

エチケット袋

渋滞時には発進停止を繰り返すことも多く、同乗者がその揺れから気分が悪くなってしまうことも。ビニール袋でも代用はできますが、その場合気になるのがニオイ。嘔吐物を固めてニオイを発生させない専用のエチケット袋を常備しておくのがよいでしょう。

セイワ(SEIWA) 車用 旅行用 携帯エチケット袋 Z80 船酔い 車酔い 嘔吐

酔い止めや胃腸薬

運転中に同乗者が体調に異変を訴えることもあります。酔い止めや胃腸薬など少量の常備薬を置いておくと、いざというときに安心。水なしですぐに飲める薬がおすすめです。

【第2類医薬品】パンシロントラベルSP 12錠

携帯トイレ

渋滞中はトイレに行きたくなっても、すぐにサービスエリアに立ち寄れませんので、そんな時を想定して携帯トイレを準備しておくのがよいでしょう。キャンプなどアウトドアでも使えるので常備しておいて損はありません。

携帯トイレ どこでもミニトイレ 12回分(3回分×4パック) 男女兼用 持ち帰り袋付き 600cc

毛布・ブランケット

お子さんが眠くなったときや、室外の寒さで車内の温度調整が難しくなってきたときなどに、ブランケットがあると便利です。体温調節ができ、体調を崩すことを防ぐ効果もあります。

ナイスデイ mofua (モフア) ひざ掛け 毛布 ブラウン 70×100cm ブランケット 冬 あったか モフモフ 発売11周年 プレミアムマイクロファイバー 静電気対策強化 エコテックス認証 洗える 50000606

まとめ

2022~2023年の年末年始の渋滞予測を紹介しました。

お盆時期はコロナウイルス感染の第7派もあり、帰省や旅行を控えた方もいらっしゃるかと思います。10月から観光需要喚起策が大きく進み、年末年始の外出計画を立てはじめている方も多いのではないでしょうか。

コロナ禍は完全には収束はしていませんが、厚生労働省がマスク着用が不要な場面の提示を、観光庁が安全・安心に旅行するための感染防止策として「新しい旅のエチケット」の呼びかけを、それぞれ行うなど、新しい行動様式と共にコロナ禍以前の日常も徐々に戻ってきています。

外出時には感染防止対策を心がけ、今回の情報を活用いただき2022~2023年の年末年始を楽しんでください。

よくある質問

2022~2023年のお正月休みはいつからいつまで?

2022年から2023年は、12月28日が仕事納め(御用納め)、1月4日が仕事始め(御用始め)となり、12月29日から1月3日までの6日間が一般的なお正月休みになります。年始の平日1月4日から1月6日がお休みにできれば最大12連休を取得できます。

今年の年末年始は渋滞が多発する?

高速道路で渋滞が多発するのは、休みの期間が重なり一定期間での交通量が大幅に増えることが理由のひとつです。昨今の観光需要喚起策により人の動きも活発になりますので、昨年以上の渋滞回数や渋滞距離の増加が予想されます。

関連するキーワード


渋滞 渋滞予測 年末年始

関連する投稿


2022~2023年 年末年始の新幹線 混雑予想・予測!指定席の予約はいつからできる?

2022~2023年 年末年始の新幹線 混雑予想・予測!指定席の予約はいつからできる?

全国旅行支援や訪日外国人観光客の入国制限緩和など、観光需要喚起策が実施されるなか、2023年度(2022年~2023年)の年末年始における新幹線の混雑日はいつになるのでしょうか。年末年始の帰省や旅行をお考えの方に向けて、新幹線の混雑予想・予測をまとめました。


【2022年シルバーウィーク渋滞予測】渋滞ピークは?全国旅行支援は活用できる?

【2022年シルバーウィーク渋滞予測】渋滞ピークは?全国旅行支援は活用できる?

2022年のシルバーウィーク(SW)はゴールデンウィークと同様の三連休です。3年ぶりに行動制限がなかったお盆休みから1ヶ月。2022年のシルバーウィーク(SW)の高速道路の混雑はどれぐらいになるのでしょうか。直前のお盆休みやゴールデンウィークの状況をふまえて、2022年のシルバーウィーク(SW)の渋滞予測を紹介します。


2022年お盆の渋滞予測!帰省ラッシュ・Uターンラッシュの渋滞ピークは?

2022年お盆の渋滞予測!帰省ラッシュ・Uターンラッシュの渋滞ピークは?

行動制限も徐々に緩和されはじめている昨今。今年のお盆期間における高速道路の混雑はどれくらいになるのでしょうか。今回は過去のお盆期間や直前の大型連休での高速道路の交通量や渋滞発生箇所の情報や高速道路各社の最新の渋滞予測から、2022年(令和4年)のお盆期間の渋滞予測をまとめました。(2022年8月6日更新)


【2022年GW渋滞予測】ピークはいつ?直前情報や過去傾向から渋滞ポイントを予測

【2022年GW渋滞予測】ピークはいつ?直前情報や過去傾向から渋滞ポイントを予測

2022年は4月29日からゴールデンウィーク(GW)がはじまります。行動制限の緩和もされはじめ、感染対策を意識しつつ外出や旅行をする方も増えてきているように見受けられます。そんななかでのゴールデンウィーク(GW)における高速道路の混雑はどれくらいになるのでしょうか。直前の高速道路各社の公開情報をはじめ、さまざまな角度から2022年のゴールデンウィーク(GW)の渋滞予想をまとめました。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績などを元に渋滞予想をまとめました。(2021年12月18日更新)


最新の投稿


【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

【2022年】女性におすすめのかっこいい車!国産車・外車10選

女性が運転していたらより一層かっこいい。そんな車を国内外の多様なジャンルの車から国産車5台、輸入車5台をピックアップしました。貴女に似合うピッタリの一台が見つけてください。


【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

【2022年】セダンの人気車種10選!国産車・輸入車の販売台数ランキングから紹介

車には様々なボディタイプがありますが、多くの人が車と聞いて最初に思い浮かべる、最もオーソドックスな形状の車がセダンです。最近のセダンは流れるルーフラインでクーペのような美しいデザインも多く、セダンの定義やイメージも時代とともに少しずつ変わってきています。この記事では、現在販売されている新車のセダンで販売台数ランキングトップ5の国産車と輸入車をそれぞれ5台ずつ、計10台紹介します。


【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

【2022年最新】アウトドアや車中泊におすすめの軽バン5選!

昨今アウトドアや車中泊の人気が高まっていますが、気軽に車中泊を始めるなら「軽バン」がおすすめです。もともとは「仕事用」のイメージが強い軽バンですが、実はいろいろな種類があります。この記事では車中泊におすすめの軽バンを5台紹介します。


【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

【2022年最新】かっこいいSUVの国産車&外車おすすめ10選

昨今、各メーカーが最も力を入れてるジャンルの一つであるといっても過言ではないSUV。悪路走破性能に特化した本格クロカンSUVはもちろんのこと、都市型クロスオーバーSUVや高級感溢れるフラッグシップモデル、さらには一風変わったこだわりのデザインの車種まで、国産&輸入のかっこいいSUVを10車種紹介します。


【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

【2022年】新車を買うならリセールバリューが高い車を選ぼう!おすすめの新車5選

市場には、リセールバリュー(再販価値)の高い車と低い車があります。購入時にリセールバリューの高い車を選べば、新車販売価格は高額であっても、所有期間中に目減りする資産価値、すなわち自分の持ち出し分は意外と少なくなる可能性も。この記事では、リセールバリューの高いおすすめの5車種を紹介します。