トップへ戻る

【2021年最新】渋滞回避アプリおすすめ5選!賢く活用して混雑知らず

【2021年最新】渋滞回避アプリおすすめ5選!賢く活用して混雑知らず

連休や年末年始の旅行や帰省などで車を利用される方なら、長い渋滞の苦労はご存知のことでしょう。多くの人が限られた休日を最大限利用しようとすると、高速道路や幹線道路はどんどん混み合ってしまい、長いものでは数十kmに及ぶ渋滞で通過に数時間かかるなんてことも。この記事でご紹介する渋滞回避アプリを賢く使えば、それらの渋滞を回避してスマートなドライブを実現できるかもしれません。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車のお出かけでゲンナリすることといえば、「渋滞」

《画像提供:Response 》渋滞 イメージ

家族揃って楽しいドライブ旅行や車での帰省。各地でコロナ対策も進む中、連休や年末には旅行や実家への帰省を計画されている方もいらっしゃることでしょう。

しかし、多くの会社が同じ時期に連休や年末休暇などを設定していることもあり、それらの時期には高速道路や幹線道路などで大渋滞が発生することは、もはや毎年の恒例行事となっていますよね。

密を避けつつ自由に移動ができる車移動が人気となっていますが、通り道で発生するかもしれない渋滞のことを考えると、気持ちがゲンナリしてしまうパパやママも多いのではないでしょうか。

渋滞はノロノロ運転で通過に時間がかかるだけでなく、普段ならスムーズな流れで通り抜けられる高速道路などでも停止と発進を繰り返したりすることからドライバーへの負荷も増大しますし、同乗者の方も含めてお食事やお手洗いに自由に行けないピンチが発生してしまったりと、できれば誰もが避けたいものでしょう。

高速道路上で特にひどい渋滞が発生しているエリアでは、サービスエリアやパーキングエリアも満杯で、利用どころか中に入ることすら難しいこともしばしばです。昨今の情勢もあり、移動中の密はできるだけ避けたいところですよね。

そんな今だからこそ、これまで以上にしっかりと活用していきたいのが「渋滞回避アプリ」でしょう。現在発生している渋滞情報や、例年の渋滞実績から予測される混雑エリアを割り出してお知らせしてくれるこれらのアプリを使っていれば、事前に走行ルートを計画する時だけでなく、突然発生した渋滞にも余裕を持って対処できるかもしれません。

おすすめの渋滞回避アプリを後ほどご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

渋滞ってどうして発生するの?故障や事故だけじゃない!

《画像提供:Response 》渋滞 イメージ

渋滞とは、高速道路を管理しているNEXCO各社では「時速40km以下で走行、あるいは停止と発進を繰り返す車列が、1km以上かつ15分以上継続した状態」と定義されているそうです。そのような渋滞といえば、交通事故や車両の故障を原因としたものを多くの方がイメージされることでしょう。しかし、連休期間などで発生する渋滞の原因は、事故や故障車だけとは限りません。

高速道路は一見単調なつくりになっているため気づきにくいのですが、緩やかな路面の起伏によって渋滞が発生することもあります。特に注意したいのが、下り坂から上り坂へと切り替わる「サグ」と呼ばれる部分。アクセルをあまり踏まなくても速度維持できる下り坂から上り坂へと切り替わった際に、ジワジワと速度が低下してしまうことがあります。

また、トンネルの入り口などはなんとなく圧迫感を感じてしまうものです。意識していなくても、アクセルを踏む量が緩まってしまい、速度が低下してしまうこともあるかもしれません。

また、ジャンクションやインターチェンジの合流部や、料金所など、車の流れが合流したりせき止められたりするポイントでも、交通量が増えてくると速度が低下しがちですよね。

これらの速度の緩まりは、交通量があまり多くない場合には車間距離などで吸収できる場合もありますが、交通量が多くなってくると後続車が連鎖的にブレーキを踏むことになり、最終的にはノロノロ運転の渋滞にまで成長してしまうこともあります。

このように、事故や故障車などが発生していなくても、道路の利用者が増えてくると起こってしまう渋滞のことを、「交通集中渋滞」と呼びます。連休や年末年始などに発生する渋滞は、これらも考慮しておく必要があります。

当然、交通集中渋滞が起こりがちなポイントで、事故や故障車が発生したことで車線規制などが行われた場合には、とんでもない長さの渋滞に発展してしまうことも。渋滞が発生しがちなポイントの把握だけでなく、最新情報をキャッチしておくことも大事ですね。

数十kmの渋滞、通過するのにどれくらいかかるの…?

《画像提供:Response 》カロッツェリア サイバーナビ VH99HUD HUDハイウェイモード

高速道路などでは、電光掲示板に「〇〇km渋滞 通過まで〇〇分」などと表示されていることを目にすることもありますよね。これらの表示は、道路上に設置されているセンサーによって車両の流れている速度を検知し、それに基づいて計算されているとのことです。

そのため、電光掲示板の表示は実態に沿ったものとなっており、実際に通過するのにかかる時間をかなり正確に予測しているといえそうです。

ひとつの目安としては、発進と停止を繰り返してノロノロ進むような渋滞では走行速度が時速10km程度と仮定すると、10kmの渋滞では通過まで1時間、50kmの渋滞では5時間、のように計算することもできます。

混雑はしているけど停止まではしないような渋滞では走行速度が時速20km程度と仮定すると、10km の渋滞では30分程度まで縮まることになります。

近年豪雪地帯などで発生している、いわゆる「立ち往生」のような一切車列が進まない渋滞では、通過まで数十時間〜数日かかってしまうケースも見受けられています。

【2021年最新】ドライブの味方!おすすめ渋滞回避アプリ5選

《画像提供:Response 》日本道路交通情報センター(JARTIC) 渋滞予想 画面イメージ

スムーズにドライブを終えて、目的地を存分に楽しむためにも、ぜひ利用していきたいのが渋滞回避アプリです。

連休など交通集中が見込まれる時期に混雑状況を確認するのに役立つだけでなく、普段から突発的に発生する渋滞をチェックできるので、高速道路を利用される際には一度チェックしておいて損はないでしょう。

おすすめの渋滞回避アプリを5個厳選しましたので、特徴も含めて詳しくご紹介していきます。

Yahoo!カーナビ:無料でプローブ情報から混雑予報まで対応

《画像提供:Response 》Yahoo!カーナビ 画面イメージ

ポータルサイトとしておなじみのヤフー株式会社が提供しているのが「Yahoo!カーナビ」です。基本的なナビ機能の利用に料金は不要ですが、JARTIC(公益財団法人日本道路交通情報センター)による交通情報の表示には、登録無料のYahoo! JAPAN IDでのログインが必要となります。

一度Yahoo! JAPAN IDでログインすれば、その渋滞情報の充実っぷりはもはや車載ナビを思わせるほど。現在発生している車線規制などの規制情報や渋滞情報を見やすく表示してくれるだけでなく、Yahoo!カーナビを利用している人の実際の移動実績をもとにした「プローブ情報」などにも対応しているので、主要幹線道路だけでなく、より広い範囲での混雑状況が確認できます。

渋滞予測情報を考慮したルート案内も可能なので、前もって混雑を避けるルートを計画しておくこともでき、使い勝手も車載ナビに見劣りしません。

さらに、コロナ禍の現代において嬉しいのが、商業・行楽施設やその周辺の混雑情報が事前に確認できる「混雑予報」機能。お出かけ前にサッとチェックしておくことが可能です。

Google マップ:圧倒的混雑情報量!細かな道まで分かっちゃう

《画像提供:Response 》三菱 エクリプスクロス Apple CarPlayを利用してGoogleマップナビを表示

徒歩移動や乗換案内アプリとしても利用している方も多いGoogle マップですが、ドライバーにも嬉しい機能が満載。

アップデートが重ねられたこともあり、案内表示などはカーナビの使い勝手そのものですし、代替ルートの所要時間差など、ドライバーが知りたい情報をすぐに確認できるようなレイアウトが見やすいですね。

Google マップの強みは、無料で利用できるGoogle独自の交通情報でしょう。幹線道路だけでなくより幅広い道でも混雑情報が表示されますし、現在の混在状況だけでなく過去の混雑実績データも組み合わせて到着予定時刻が計算されるので、所要時間も実態に近いケースが多いようです。

また近年、日本でもユーザーが渋滞や交通事故、交通取り締まりなどをマップ上にレポートできる機能が導入されており、リアルタイムでの情報共有がさらに進んでいます。

ナビとしては、混雑回避の抜け道としてやや細めな道を案内することもあるなど、やや気遣いに欠ける印象もあります。慣れない地域で利用する際は、少し気をつけておきたい部分です。

ドラぷら:渋滞予報士さんの渋滞予測でハレバレドライブ

《画像提供:Response 》ドラぷらアプリ

東日本地域の高速道路を管理するNEXCO東日本が運営している高速道路情報サイト「ドラぷら E-NEXCO ドライブプラザ」のアプリ版となるのが「ドラぷら」アプリ。Webサイト上でも高速料金や渋滞情報などが便利に検索できますが、アプリならではの手軽さがうれしいところです。

ナビ機能はないものの、アプリを起動していると渋滞多発箇所やスピードの出し過ぎに注意しておきたい箇所などで注意喚起をしてくれるなど、より安心感のある高速道路でのドライブに貢献してくれます。

また、予報的中率がなんと80%というNEXCO東日本の「渋滞予報士」による渋滞予測情報が確認でき、1時間ごとの渋滞の流れの予測を見やすい表示でチェックすることができます。NEXCO東日本の渋滞予報士さんではありますが、NEXCO東日本・中日本・西日本が管轄する道路上の渋滞予測情報がチェックできるので、全国で便利に使えますね。

残念ながらアプリ内でのVICS情報の表示には対応していないので、交通情報サイト「ドラとら(ドライブトラフィック)」のVICS情報と組み合わせて利用すると、より渋滞情報を確実にチェックできることでしょう。

ドライブサポーター by NAVITIME:検索しやすさ・見やすさに注目

NAVITIMEドライブサポーター 画面イメージ

乗り換えや徒歩案内などに対応した総合ナビアプリ「NAVITIME」と異なり、カーナビとしての機能に特化しているのが「ドライブサポーター」です。

ドライブサポーターは、スポット検索やルート検索、ライブカメラ情報、取締情報の表示などが無料で利用できるものの、音声案内などのカーナビ機能や渋滞予測も含めた道路交通情報の利用には月額料金が必要な「プレミアムコース」などへの登録が必要な点は注意しておきたいところです。

有料会員となると、その機能性は抜群。渋滞予測や駐車場の満空情報、ガソリンスタンドの価格情報などが確認できるだけでなく、ルート案内中のオービス通知機能も備えるなど、ドライブの安心感を全面的にバックアップしてくれます。

細かな部分ですが、ルート検索時に細い道を回避する設定ができたり、目的地に左折で到着できるので進入しやすい「横付け検索」機能など、ドライバーとしてありがたい細かな気遣いが満載なのも、カーナビアプリの老舗であるNAVITIMEならではの機能性です。

会員料金は月額料金での支払いのほか、より割安な6ヶ月料金や年額料金での支払いも可能。有料会員機能を体験できる無料お試し期間も設定されているので、一度使ってみてから判断することも可能です。

moviLink:トヨタのスマホナビ、渋滞情報が新鮮!

(参考)TCスマホナビ

2021年3月に提供開始されたばかりの最新ナビアプリが、トヨタコネクティッドが提供する「moviLink」です。先行してトヨタ自動車が提供していた「TCスマホナビ」がサービス終了しており、後継ナビアプリという位置付けとなっています。

トヨタ車に標準装備が進むディスプレイオーディオに「SmartDeviceLink(スマートデバイスリンク)」で連携させて表示させることが可能なナビアプリではあるのですが、もちろんスマホ単体で利用することも可能なので、お乗りの車のメーカーを問わず使うことができます。

肝心の渋滞情報は会員登録等なく利用することが可能で、VICSによる情報だけでなく、公式には発表がないもののトヨタ独自の渋滞情報「Tプローブコミュニケーション交通情報」も組み合わせて活用している様子。これによって、車載ナビ同等の渋滞情報表示ができるほか、現在の渋滞情報を考慮したルート案内も可能となっています。

細い道を回避したり、県境をアナウンスで教えてくれたりと、車載ナビ同等の使い勝手を実現しているのはトヨタのナビならでは。ユニークな機能としては、水素ステーションを地図表示できる機能もあるので、燃料電池車などをご利用の方でも安心して使うことができます。

現状では、他アプリと比べると地図表示が質素な印象なのと、都市部以外では渋滞情報があまり充実していない印象もあります。まだまだ新しいアプリということもあり、機能が随時追加されているので、これからの成長にも期待がかかりますね。

まとめ

渋滞 イメージ

渋滞回避アプリを5種類ご紹介してきました。これらのアプリを活用すれば、渋滞予測情報を確認したり、発生した渋滞の情報を素早く察知することができ、スムーズなドライブを実現するのにきっと役立つはずです。

旅行や帰省などによる混雑がやや緩和されているコロナ禍の高速道路ではありますが、それでも数十kmにおよぶ渋滞も発生しています。余裕のあるルート計画とともに、これらの渋滞回避アプリを活用して、スムーズで安全な運転を心がけたいところですね。

よくある質問

渋滞回避アプリって、利用料金はかかるの?

利用するアプリによっても異なり、会員登録等の必要なく情報が確認できるものもあれば、有料会員のみにより高度な情報を提供しているものもあります。どんな情報を知りたいのかによって、どのアプリがあなたにぴったりなのかを注意して確認しておきたいところですね。

交通事故や故障車がなければ渋滞は起こらないんでしょ?

交通事故などで車線規制や通行止めとなることでももちろん渋滞は発生しますが、それ以外にも交通量が一定以上に集中すると起こる「交通集中渋滞」も数多く発生しています。交通集中による渋滞は、起こりやすいスポットが特定されているので、ルート上の混雑予測を事前に確認しておくことで回避できるかもしれません。

高速・一般道「GW 渋滞回避」の正解は? 無料カーナビアプリ3種を試す

https://www.businessinsider.jp/post-166784

今年のゴールデンウィークもいよいよ後半。渋滞のピークは3日や5日と予想されている。最新の道路とリアルタイムの渋滞情報あわかるスマートフォンのカーナ...

「10キロ渋滞」ってどういう意味? GWの渋滞予想も紹介 |自動車保険関連ニュース|オリコン顧客満足度ランキング

https://life.oricon.co.jp/rank_insurance/news/2089679/

「10キロ渋滞」ってどういう意味? 渋滞の度合いを表す際は、「東名高速道路上り、大和トンネル付近10キロの渋滞」などと表現するのが一般的。しかし、この「キロ」とは何の距離のことを指しているのだろう。また、その渋滞を通過するまでにはどれ...

よくあるご質問-交通|NEXCO 西日本の高速道路・交通情報 渋滞・通行止め情報

https://www.w-nexco.co.jp/faq/09/

NEXCO西日本、西日本高速道路、よくあるご質問「交通」のご案内です。

Yahoo!カーナビ - 高品質なスマホカーナビ

https://carnavi.yahoo.co.jp/promo/

最新の地図と丁寧な案内で、あなたを目的地までお連れします。

iPhone・Android向け「ドラぷらアプリ」 | ドラぷら(NEXCO東日本)

https://www.driveplaza.com/dorapura_app/

iPhone・Android向け「ドラぷらアプリ」をダウンロードいただけます。全国の高速道路・サービスエリア情報サイト「ドラぷら」は、NEXCO東日本が運営しています。ドライブ旅行やお車でのお出かけの、楽しい思い出作りを演出します。

NAVITIMEドライブサポーター | カーナビアプリの決定版 渋滞/オービス/取締も

https://products.navitime.co.jp/service/drive/

あなたのスマホをカーナビにするアプリ! 渋滞考慮やオービスにも対応。交差点イラスト表示など、市販のカーナビと同等のナビゲーション機能を搭載。

ナビアプリmoviLink(モビリンク)|FAQ| 始まったばかりの新しいカーナビアプリ

https://www.toyotaconnected.co.jp/movilink/faq/

ナビアプリmoviLinkについてお客さまから多く寄せられているご質問をまとめました

最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。