トップへ戻る

メルセデス・ベンツ新型「AMG GLC 63 S E PERFORMANC」誕生!最高出力680馬力&直4+モーター

メルセデス・ベンツ新型「AMG GLC 63 S E PERFORMANC」誕生!最高出力680馬力&直4+モーター

メルセデス・ベンツは、2024年2月15日、新型「AMG GLC 63 S E PERFORMANC」を発表。全国のメルセデス・ベンツ正規販売店にて、同日販売を開始しました。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


680馬力の「GLC」最強モデル登場

《画像提供:Response》〈写真提供:メルセデス・ベンツ日本〉メルセデスAMG GLC63S Eパフォーマンス

メルセデス・ベンツ「GLC」は、プレミアムミドルサイズSUV 。2015年にデビューし、2020年と2021年ではメルセデス・ベンツの中でベストセラーSUVモデルとなり、全世界での累計販売台数260万台を誇るなど、メルセデスの中核をなすSUVの一つです。

現行モデルとなる2代目GLCは、2023年3月に誕生。伸びやかで美しいシルエットの中にスポーティかつ洗練された要素を取り入れたエクステリアと、リアルウッドトリムやカーボンファイバートリムを採用した質感の高いインテリアを併せ持つSUVとして全面改良されました。

また、ダイナミックなドライビング特性、サポートの精度を高めた安全運転支援システム、縦型の大型メディアディスプレイを搭載。また、直感的な行先案内が可能なARナビゲーション、片側100万画素以上を誇るDIGITALライトによる効果的な夜間の視界確保や、良好な取り回しや優れたハンドリングを実現するリア・アクスルステアリングなど、フラッグシップモデルである「Sクラス」譲りの最新技術を多数採用しています。

2024年2月15日、そんなGLCに、新たなハイパフォーマンスモデルでPHEV(プラグインハイブリッド)モデルとなる「AMG GLC 63 S E PERFORMANC」が追加され、同日より発売されました。

《画像提供:Response》〈写真提供:メルセデス・ベンツ日本〉メルセデスAMG GLC63S Eパフォーマンス

AMG GLC 63 S E PERFORMANCでは、エクステリアに専用のパーツを付与。フロントでは、ハイグロスクロームの縦ルーバーを備えたAMG専用フロントグリル、フロントスポイラーリップを採用し、AMG のパフォーマンスモデルであることを明確に主張します。

サイドは、通常のGLCから全長を30mm伸長し、フロントフェンダーにGLC 63 S E専用の「TURBO E PERFORMANCE」サイドエンブレムが入るほか、21インチAMGアルミホイールを採用しています。

また、ホイールアーチは先代モデルのブラックからボディ同色となり、都会的なエクステリアを演出。リアエンドには、パフォーマンスハイブリッドを示す赤く縁取られた「GLC 63 S」のエンブレム、ボディ同色のAMGスポイラーリップ、マットブラックのコントラストが鮮烈なリアエプロン、2つの台形のデュアルテールパイプが採用され、スポーティな印象を引き立てます。

インテリアでは、グリップが太く上質なナッパレザーを使ったAMGパフォーマンスステアリングを採用し、ステアリングを離さずにメニューやMBUXの各機能を操作できるマルチファンクションステアリング機能はもちろん、AMG専用のドライブコントロールスイッチを標準装備しています。

シートはサポート性に優れ、サーキットでのスポーツ走行時も安定したドライビングポジションを維持できる一方で、ロングドライブでも疲れにくい快適性も兼ね備えた、AMG専用ナッパレザースポーツシートを標準装備。また、ホールド性を高め、電動調整機能を備えたAMGパフォーマンスシートをオプションで選択可能です。

《画像提供:Response》〈写真提供:メルセデス・ベンツ日本〉メルセデスAMG GLC63S Eパフォーマンス

パワートレインは、2.0リッター直列4気筒ターボエンジンに交流同期モーターとAMG 自社開発の高性能バッテリー(6.1kWh)、これにAMGのパフォーマンス志向連続トルク可変配分四輪駆動システムの4MATIC+を組み合わせたもので、システム出力680ps、最大システムトルク1,020N・mという強大なパワーを発揮します。これにより、大きめなSUVながら0-100km/h 加速は3.5 秒としています。

組み合わせるトランスミッションは、「AMGスピードシフト MCT(9速オートマチックトランスミッション)」。トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを搭載し、ダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現しています。

先進安全装備には、「アクティブステアリングアシスト」、「アクティブエマージェンシーストップアシスト」、「アクティブレーンキーピングアシスト」など、一般道での安全運転支援はもちろんのこと、高速道路での運転支援機能なども搭載され、ドライバーにかかる負担を大きく軽減するシステムが搭載されます。

価格は1,780万円。ハンドル位置は右のみです。

新車購入なら自動車ローンがおすすめ

新車購入なら自動車ローンがおすすめです。大きなメリットは、一括払いの重圧を感じず、お財布にやさしく車を手に入れられること。さらに、金利が低い場合、他の支払方法よりも賢い選択となることもあります。

自動車ローンを利用して車を購入する場合、まずはローン会社の比較が大切です。金利や手数料、審査のスピードなど、自分に合った会社を見つけましょう。

自動車ローン申込ランキング

こちらの記事もおすすめ

関連するキーワード


メルセデス ベンツ GLC

最新の投稿


日産 新型軽商用バン「クリッパーバン/リオ」を発表! 新色やCVT、新たな4WD追加

日産 新型軽商用バン「クリッパーバン/リオ」を発表! 新色やCVT、新たな4WD追加

日産自動車株式会社(日産)は3月26日、「NV100クリッパー」、「NV100クリッパー リオ」の一部改良モデルを発表。「クリッパー バン」、「クリッパー リオ」へと車名を変更し、同日より発売しました。


【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年3月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落としランキングに大きな影響を与えていましたが、出荷の再開により、ミラが少し順位を取り戻しました。しかし同車以外は未だランキングには戻っていません。また、これまでランキングに姿を見せなかったクルマもこの隙にランクインしています。


2024年GWの新幹線混雑日は後半の連休に!帰省ラッシュは5/3、Uターンラッシュは5/5・5/6がピーク

2024年GWの新幹線混雑日は後半の連休に!帰省ラッシュは5/3、Uターンラッシュは5/5・5/6がピーク

JR各社(東日本旅客鉄道株式会社、東海旅客鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、九州旅客鉄道株式会社)より、2024年ゴールデンウィーク(GW)期間(2024年4月26日から5月6日の11日間)の4月11日時点の指定席予約状況が発表されました。2024年ゴールデンウィーク(GW)の新幹線はいつ混雑するのでしょうか。また昨年より利用者は増えるのでしょうか。


【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年3月の新車販売台数ランキングによると、これまでは1月から首位をキープしているトヨタ「カローラ」が今回も1位となったほか、日産「ノート」が引き続き3位で好調な様子。また、ホンダ「フリード」や日産「セレナ」も上昇し2月に続き、トヨタ車の牙城を崩しています。


「オートモビルカウンシル2024」チケット購入方法から開催概要まで解説!

「オートモビルカウンシル2024」チケット購入方法から開催概要まで解説!

「オートモビルカウンシル」は、ヘリテージカーの魅力を楽しむ、大人なモーターショーです。今回は、オートモビルカウンシル2024の開催概要やチケット購入方法、前回の開催で注目された車たちをまとめました。


ブログ 始め方 新車情報 GW 渋滞予測 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 副業 年賀状 安い