トップへ戻る

電動キックボードのシェアリングサービス、認知度は7割以上も現在の利用率は1割未満【LINEリサーチ調査】

電動キックボードのシェアリングサービス、認知度は7割以上も現在の利用率は1割未満【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、「電動キックボードのシェアリングサービス」について、サービスの展開エリアが多い一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の18~59歳男女を対象に、普及度やこれからの流行がどのようになるのかについての調査を実施し、結果を公開しました。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


「電動キックボードのシェアリングサービス」の現状と認知度

「電動キックボードのシェアリングサービス」とは、「LUUP(ループ)」「BIRD」「SEA-Board」などを代表とする、電動式モーターとバッテリーが取り付けられた電動キックボードを借りられるサービスを指します。アプリなどから予約ができ、街中にあるポート(電動キックボード置き場)から乗ることができます。環境に配慮をした、新たな移動手段としても注目されています。


「電動キックボードのシェアリングサービス」の認知率は、全体で7割台後半でした。男女別で比較すると、男女ともに76%の同率となりました。年代別にみると、30~50代よりも10~20代のほうが若干高い認知率で、最も高いのは10~20代女性で82%となりました。

「知っているし、利用している」という現在利用率は全体で2%、「知っているし、以前利用していたが、いまは利用していない」を含めた利用経験率は全体で4%となっています。
利用経験率、現在利用率ともに10~20代男性の割合がほかの層と比べてやや高く、利用経験率は8%弱でした。

グラフにはありませんが、一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)別にみると、東京都と神奈川県で認知率が高めとなっており、利用経験率も若干高くなっていました。電動キックボードの置き場であるポートの設置数などの影響もあるかもしれません。

現在どのくらいの人が「電動キックボードのシェアリングサービス」を利用していそう?

次に、「電動キックボードのシェアリングサービス」を利用している人が、現在身の回りにどれくらいいると思うかを想像して答えてもらいました。グラフにある流行体感スコアは、100人中どのくらいの人が利用していそうかをスコアとして算出した数値です。

その結果「電動キックボードのシェアリングサービス」の流行体感スコアは全体で「5.0」で、およそ20人に1人が利用しているイメージを持たれていることがわかります。
年代別にみると、男女ともに30~50代よりも10~20代のほうが、やや高めのスコアとなっています。

1年後のどのぐらい普及しそう?

次に、「1年後、自分のまわりでどのくらいの人が利用していると思うか」を想像して答えてもらいました。 グラフにある流行予想スコアは、100人中どのくらいの人が1年後に利用していそうかを算出した数値です。

「電動キックボードのシェアリングサービス」の流行予想スコアは全体で「16.6」で、およそ6人に1人が1年後に利用していそうというイメージ。現在の流行体感から比較すると、1年後には今の3倍以上浸透しているというイメージになります。
男女別にみると、スコアに大きな差はみられませんでした。年代別では、男女ともに30~50代に比べて10~20代のスコアが高くなっています。

グラフにはありませんが、一都三県別にみると、東京都では「4人中1人くらい、利用するだろうと思う」の割合が4割と高く、「ほぼ誰も利用していないだろうと思う」の割合は他県と比べて低くなっていました。

「電動キックボードのシェアリングサービス」を半数くらいの人が利用していそう/ほぼ誰も利用しないであろう、それぞれの意見を紹介します。

■流行予想として「半数くらいの人が利用していそう」と思う人の意見

「楽しそう、細かい移動に便利な気がする」(19歳/男性)

「レンタル自転車より手軽に使えそうだから」(19歳/男性)

「段々と使っているのを見かけることが増えているから」(22歳/女性)

「都内に住んでいるがここ数年でたくさんの乗り場…?のようなところがとても増えていると思うし、購入した友達もいるから」(23歳/男性)

「自転車のようにこがなくてもいいし、免許もいらなくて手軽だから」(33歳/女性)

■流行予想として「ほぼ誰も利用しないであろう」と思う人の意見

「電動キックボードを利用している人は、現在若者が大半であり、上の世代の人々には定着しないと思うから」(25歳/男性)

「荷物を持っていたりすると使いにくいし、自転車よりハードルが高そうなイメージがあります」(29歳/女性)

「周りで使っている人がいない。都心部にしかないから」(33歳/男性)

「1年以上前から知っているが、この1年乗らなかった。危険性を指摘する声も増えている気がする。周りもそうではないかと考えた」(38歳/女性)

「シェアサイクルの方が便利だと思うから。あと、細かい交通ルールも知らないから」(44歳/男性)

今後「電動キックボードのシェアリングサービス」を利用してみたい?

次に、今後の利用の意向について回答してもらったところ、利用意向がない人の割合(「あまり利用してみたいと思わない」「まったく利用してみたいと思わない」の合計)は全体で57%となっており、男性と比べて女性の割合が高めでした。

一方、利用意向がある人の割合(「ぜひ利用してみたいと思う」「機会があれば利用してみたいと思う」の合計)は全体で30%となりました。 男女別にみると、女性と比べて男性の割合が高めです。年代別では、男女ともに10~20代のほうが30~50代よりも利用意向がある人の割合が高くなっていました。前のグラフでも10~20代男性は、ほかの層と比べて利用経験率、現在利用率ともに高めでした。

「電動キックボードのシェアリングサービス」の利用意向がある人/ない人、それぞれの意見を紹介します。

■「利用意向あり」の人の意見

「乗っている人を見ると便利で楽しそうだと思うから」(20歳/女性)

「旅行先とかで気軽にできるのがあれば利用すると思うから」(26歳/男性)

「自転車のシェアリングはよく利用するので、キックボードも機会があれば利用したい」(28歳/男性)

「設置場所が増え、目的地付近にも返却できるスポットができてきているため」(28歳/女性)

「通勤ルートなどちょうどいいところにステーションができれば利用すると思う」(39歳/男性)

■「利用意向なし」の人の意見

「利用に大したメリットを感じないから。キックボードを使うくらいなら公共交通機関を使うと思う」(19歳/男性)

「歩いたほうが健康的だしキックボードに乗るくらいなら自転車でよいと思う」(33歳/男性)

「交通ルールなど不安な面もあり、また荷物を載せて移動するには適していないと感じるため」(36歳/女性)

「おばさんが乗っているとちょっと恥ずかしい。若者が利用するイメージがある」(47歳/女性)

「自転車、電車移動で十分だし、危険だから。ヘルメットもかぶる必要がなく、あのスピードは怖すぎる」(49歳/女性)

「電動キックボードのシェアリングサービス」は今より3倍以上伸びる!?

ここまでの主な数値をまとめてみました。2024年1月17日時点での「電動キックボードのシェアリングサービス」の認知率は76%、現在利用率は2%でした。

流行体感としては、“およそ20人に1人が利用している”イメージを持たれているようです。そして、今から1年後には、現在の3倍以上にあたる“およそ6人に1人くらいが利用していそう”というイメージを持たれています。

男女年代別にみると、利用意向は女性よりも男性のほうがやや高く、男女ともに10~20代のほうが高くなっていました。
また、流行体感スコアと1年後の流行予想スコアでは、男女ともに30~50代に比べて10~20代のほうがやや高くなりました。


街中で気軽に乗れる「電動キックボードのシェアリングサービス」は、全体で7割超の人が認知しているものの、現在利用している人は少数のようです。「こがずに乗れて便利そう」「旅先などで乗ってみたい」などの前向きな意見がみられる一方で、「荷物があると乗りづらそう」「若者が乗るイメージ」「ハードルが高い」といった声もあがりました。安全面を懸念する声も多くみられ、交通ルールの浸透も課題となっていそうですが、「電動キックボードのシェアリングサービス」がどのように広がっていくのか注目です。

調査概要

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の18~59歳の男女を対象
実施時期:2024年1月17日~2024年1月19日
有効回収数:2,110サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック
※表/グラフ中の数字は小数第一位または第二位を四捨五入しているため、合計しても100%にならなかったり、同じパーセンテージでも見え方が異なったりする場合があります

出典元:LINEリサーチ

引用:https://lineresearch-platform.blog.jp/archives/44289164.html

※詳細については出典元の企業にお問い合わせください。

こちらの記事もおすすめ

関連するキーワード


電動キックボード

関連する投稿


電動キックボードについてどう思う?便利だと思う反面、約6割が利用に消極的 【ウェブギフト調査】

電動キックボードについてどう思う?便利だと思う反面、約6割が利用に消極的 【ウェブギフト調査】

株式会社ウェブギフトは同社が運営する「オフィスギフト」にて、電動キックボードに関するアンケート調査を実施し、結果を公開しました。


電動キックボードが免許不要に!7月からの法改正で変わること、法改正対応のおすすめ商品を紹介

電動キックボードが免許不要に!7月からの法改正で変わること、法改正対応のおすすめ商品を紹介

都市部の移動手段として近年注目を集めている電動キックボード。2023年7月からの道路交通法改正により、電動キックボードの運用が一部変更されます。この記事では、電動キックボードの法改正で変わることや飲酒運転をはじめとした罰則などについて詳しく解説。改正される道路交通法対応の電動キックボードのおすすめも紹介します。


最新の投稿


日産 新型軽商用バン「クリッパーバン/リオ」を発表! 新色やCVT、新たな4WD追加

日産 新型軽商用バン「クリッパーバン/リオ」を発表! 新色やCVT、新たな4WD追加

日産自動車株式会社(日産)は3月26日、「NV100クリッパー」、「NV100クリッパー リオ」の一部改良モデルを発表。「クリッパー バン」、「クリッパー リオ」へと車名を変更し、同日より発売しました。


【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

【軽自動車販売台数ランキング】やっぱり“日本一売れてる”のはホンダ「N-BOX」!? 肉薄したスズキの「スペーシア」どうなったのか

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年3月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落としランキングに大きな影響を与えていましたが、出荷の再開により、ミラが少し順位を取り戻しました。しかし同車以外は未だランキングには戻っていません。また、これまでランキングに姿を見せなかったクルマもこの隙にランクインしています。


2024年GWの新幹線混雑日は後半の連休に!帰省ラッシュは5/3、Uターンラッシュは5/5・5/6がピーク

2024年GWの新幹線混雑日は後半の連休に!帰省ラッシュは5/3、Uターンラッシュは5/5・5/6がピーク

JR各社(東日本旅客鉄道株式会社、東海旅客鉄道株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、九州旅客鉄道株式会社)より、2024年ゴールデンウィーク(GW)期間(2024年4月26日から5月6日の11日間)の4月11日時点の指定席予約状況が発表されました。2024年ゴールデンウィーク(GW)の新幹線はいつ混雑するのでしょうか。また昨年より利用者は増えるのでしょうか。


【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

【新車販売台数ランキング】日本一売れてる“普通車”はトヨタ「カローラ」!? 日産「ノート」&ホンダ「フリード」も大健闘

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年3月の新車販売台数ランキングによると、これまでは1月から首位をキープしているトヨタ「カローラ」が今回も1位となったほか、日産「ノート」が引き続き3位で好調な様子。また、ホンダ「フリード」や日産「セレナ」も上昇し2月に続き、トヨタ車の牙城を崩しています。


「オートモビルカウンシル2024」チケット購入方法から開催概要まで解説!

「オートモビルカウンシル2024」チケット購入方法から開催概要まで解説!

「オートモビルカウンシル」は、ヘリテージカーの魅力を楽しむ、大人なモーターショーです。今回は、オートモビルカウンシル2024の開催概要やチケット購入方法、前回の開催で注目された車たちをまとめました。


ブログ 始め方 新車情報 GW 渋滞予測 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 副業 年賀状 安い