トップへ戻る

【軽自動車販売台数ランキング】ホンダ「N-BOX」が再び1位に!? ダイハツ車も大きく復活!2024年6月に売れた軽自動車とは

【軽自動車販売台数ランキング】ホンダ「N-BOX」が再び1位に!? ダイハツ車も大きく復活!2024年6月に売れた軽自動車とは

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年6月新車販売台数ランキングによると、その順位に大きな変化はありませんでしたが、5月で長年1位を守り続けてきたホンダ「N-BOX」が遂に陥落し、2022年5月以来、2年ぶりの首位交代となっていましたが、6月ではその地位を奪還。再び1位に返り咲きました。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


2024年6月はどんな軽自動車が売れた?

《画像提供:Response》〈写真撮影:高木啓〉ホンダ N-VAN e:

2024年6月は、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKワゴン」「デリカミニ」、日産の「ルークス」「デイズ」の一部改良モデルが発表されました。また、ホンダの軽商用EV「N-VAN e:」が発表されましたが、どれもランキングに大きな影響を与えることはなさそうです。

一方5月は、2年ぶりの首位交代を果たしたスズキ スペーシアでしたが、ホンダ「N-BOX」が奮戦し再び首位に躍り出たようです。2024年5月の軽自動車販売台数ランキングを確認しましょう。

再び王座に返り咲くホンダ「N-BOX」

《画像提供:Response》〈写真撮影:中村孝仁〉ホンダ N-BOX カスタム

2024年5月のランキングでは、2022年5月から2年間、首位を守り続けてきたホンダ「N-BOX」がその立場をスズキ「スペーシア」に明け渡しましたが、6月では首位を再び取り戻し、1位に返り咲きました。

販売台数は16,803台と膨大ですが、前年比は89.7%と相変わらず厳しい状況が続きます。一方首位を奪還されてしまったスペーシアの販売台数は12,425台と、N-BOXに大きく届かないものの、前年比は140.4%と堅調です。

2023年10月にフルモデルチェンジしたN-BOXと、その一ヶ月後の同年11月にフルモデルチェンジしたスペーシア。今後もこの戦いから目が離せません。

3位はダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」。4月では12位でしたが5月に一気に浮上し、引き続きこの立場を守っています。不正問題を完全に払拭し、かつての勢いを取り戻しているといえるでしょう。しかしそれでも前年比は34.7%と引き続き低調で、今後の展開が注目されます。

4位にはスズキ「ワゴンR」を下し、スズキ「ハスラー」がランクイン。直近では一部改良や特別仕様車の追加も行われた同車ですが、前年比も143.4%と好調で今後もこの勢いを保つことでしょう。6位には引き続き「アルト」がランクイン。前年比は100.2%と横ばいです。

続いて7位には9位から上昇した日産「ルークス」。前年比は93.9%となんともいえない状況。続く8位日産の「デイズ」ですが、こちらは前年比151%と好調で、ともに直近で一部改良による商品力向上が図られていますが、明暗を分けています。

11位には、ランク圏外から復帰したダイハツ「ムーヴ」が登場。また、15位から13位に順位を上げたダイハツ「タフト」もランクインしました。ダイハツ車が少しづつ復活している様子が見られますが、前年比はムーブで14.6%、タフトで31.3%と厳しい状況が続きます。

ダイハツ復帰でランクを落とす車たち

撮影 宮崎壮人》 ダイハツ タント 新型

スペーシアのOEMモデルであり、本来売れ線とは思えないマツダ「フレアワゴン」は、4月までOEM車で唯一ランクインする異端ぶりを見せましたが、5月で消滅、引き続き6月でも姿を消しており、やはりダイハツ不在のため、上がっていただけだったようです。

また、下落が続いていた三菱「デリカミニ/eK」でしたが先月同様10位に収まっており、立場が固まってきたのかもしれません。前年比は217.8%と相変わらず強力で、今後の展開が期待されます。

9位には8位から下落したダイハツ「ミラ」がランクイン。前年比も57.3%と厳しい状況で、かつての勢いを取り戻すには、今後も苦戦が強いられるかもしれません。

また、5月では11位にランクインしたスズキ「ジムニー」、14位だったスズキ「エブリイワゴン」、12位だったホンダ「N-WGN」もダイハツの復調に合わせ少しずつランクダウンしており、前年同月比も好調とはいえない状況です。

5月に引き続き、勢いを取り戻しつつあるダイハツ車に少しづつ押し出される形で、ランクダウンしていく車が多く見られました。

再び1位に返り咲いたホンダ「N-BOX」…このまま首位を守れるか

《画像提供:Response》〈写真撮影:諸星陽一〉スズキ スペーシアカスタム XSターボ

ここ数ヶ月、ダイハツの不正問題が終焉を迎え、少しずつその勢いを取り戻しつつあるダイハツ車。まだまだ前年同月比は厳しい状況ですが、だからこそ完全復帰の際には、更にランキングに影響をあたえることでしょう。

一方、これに押し出される形で、これまで勢いのあった車たちが少しずつランクを下げています。これらの商品改良など、奮戦が期待されます。

また、不動の王座N-BOXが再び首位に返り咲きましたが、前述の通り前年比は厳しい状態。対して前年比好調のスペーシアがまた再び “最も売れている車”の地位を取り戻すこともあるかもしれません。

2024年6月 軽自動車 車種名別順位

順位 前月順位 ブランド通称名 メーカー 台数 前年比
1(↑) 2 N-BOX ホンダ 16,803 89.7
2(↓) 1 スペーシア スズキ 12,425 140.4
3(ー)  3 タント ダイハツ 11,933 34.7
4(↑) 5 ハスラー スズキ 7,641 143.4
5(↓) 4 ワゴンR スズキ 6,905 111.6
6(ー) 6 アルト スズキ 5,716 100.2
7(↑) 9 ルークス 日産 4,370 93.9
8(↓) 7 デイズ 日産 4,068 151.0
9(↓) 8 ミラ ダイハツ 3,918 57.3
10(ー) 10 デリカミニ/eK 三菱 3,685 217.8
11(↑) ムーヴ ダイハツ 3,622 14.6
12(↓) 11 ジムニー スズキ 3,477 101.5
13(↑) 15 タフト ダイハツ 3,299 31.3
14(↓) 12 N-WGN ホンダ 3,197 84.4
15(↓) 14 エブリイワゴン スズキ 1,905 86.7
出典:https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/tushosoku

2024年~2025年 新車情報はこちら

2024年5月のランキングはこちら

新車購入前には試乗がおすすめ!ネットでいつでも試乗予約

気になる車を見つけたら「楽天Car試乗」。複数の国産・輸入車メーカーから希望の車種を選び、ネットでいつでも試乗予約できます。

事前予約なので、待ち時間なく試乗でき、試乗後にはそのまま販売店で購入相談も可能!さらに成約後には楽天ポイントも貯まります。

試乗できる車をチェック

関連する投稿


【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインアップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2024年】スライドドア軽自動車の現行モデル一覧!人気車続々

【2024年】スライドドア軽自動車の現行モデル一覧!人気車続々

自動車保有台数における軽自動車の比率は年々高まっており、街なかで軽自動車を見かける比率も高くなってきています。ボディのサイズや排気量に一定の制限がある軽自動車は日本にしか存在しない規格ですが、近年では普通車並みにゆとりのある室内を持つ“スーパーハイトワゴン”と呼ばれるスライドドアモデルは特に人気で、軽自動車の販売において主力となっています。この記事では、そんな最新のスライドドア軽自動車の現行全車種をまとめて紹介します。


【新車販売台数ランキング】不正問題がランキングに影響!? 1位がカローラに変化!ランドクルーザーも好調に

【新車販売台数ランキング】不正問題がランキングに影響!? 1位がカローラに変化!ランドクルーザーも好調に

自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した2024年6月の新車販売台数ランキングによると、4月からトヨタ「カローラ」首位を奪ったトヨタ「ヤリス」でしたが、2位へ降格したほか、ダイハツのOEM車トヨタ「ルーミー」がさらに勢いを取り戻し、5位まで復活しました。さらに、トヨタ「ランドクルーザーW」も25位から一気に12位となるなど、入れ替わりの激しい展開となりました。


ホンダ新型「N-VAN e:」発表!商用から個人ユースまで使える幅広いラインアップ

ホンダ新型「N-VAN e:」発表!商用から個人ユースまで使える幅広いラインアップ

ホンダは2024年6月13日、新型軽商用EV車「N-VAN e:(エヌバン イー)」を発表。10月10日に発売開始する予定です。


【軽自動車販売台数ランキング】遂に「日本一売れている車」が変わった!絶対王者ホンダ「N-BOX」を退けたのはあの車!

【軽自動車販売台数ランキング】遂に「日本一売れている車」が変わった!絶対王者ホンダ「N-BOX」を退けたのはあの車!

全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した2024年5月新車販売台数ランキングによると、1月にダイハツの不正問題による出荷停止の影響で「タント」「ミラ」「ムーブ」などダイハツ車が一気に順位を落としていましたが、出荷の再開により勢いを取り戻したほか、長年1位を守り続けてきたホンダ「N-BOX」が遂に陥落。2022年5月以来、2年ぶりの首位交代となった模様です。


最新の投稿


マツダ新型「CX-30」発表!丁度いいサイズのクロスオーバーSUV…安全機能など強化

マツダ新型「CX-30」発表!丁度いいサイズのクロスオーバーSUV…安全機能など強化

マツダは2024年7月18日、クロスオーバーSUV「MAZDA CX-30 (マツダ シーエックスサーティ)」の一部改良モデルを発表しました。発表同日より、販売が開始されています。


安全性能強化した日産のコンパクトミニバン/商用バン 新型「NV200バネット」発表!

安全性能強化した日産のコンパクトミニバン/商用バン 新型「NV200バネット」発表!

日産は2024年7月19日、商用バン/ワゴンの「NV200バネット」の一部改良モデルを発表。5〜7人乗りを用意する乗用仕様のワゴンは同日より、4ナンバーの商用仕様のバンは8月上旬より発売する予定です。


ホンダ新型「CR-V」発表!2年ぶり復活の「6代目」が遂に日本導入

ホンダ新型「CR-V」発表!2年ぶり復活の「6代目」が遂に日本導入

2024年7月18日、ホンダは新型燃料電池車「CR-V e:FCEV(シーアールブイ イーエフシーイーブイ)」を正式発表。翌日19日より、販売を開始しました。


【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインアップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」の開催概要と、展示が予定されている注目技術

「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」の開催概要と、展示が予定されている注目技術

自動車技術をメインとした展示会である「人とくるまのテクノロジー展」。2024年は横浜と名古屋で開催されます。今回は名古屋開催について、開催概要や展示が予定されている注目技術をピックアップしました。


ブログ 始め方 | 新車情報 | カーリース おすすめ | 原付 おすすめ | ブログ 始め方 | 副業 | 光回線 おすすめ |
ポケットWi-Fi おすすめ | WiMAX おすすめ | VPN おすすめ | オンライン英会話 おすすめ |
オンライン英会話 安い | オンライン英会話 初心者 | 英会話アプリ | 格安SIM | フリーランスエージェント |
ファクタリング 即日 | ファクタリング 非対面 | 年賀状 安い | お盆 渋滞予測 2024