トップへ戻る

世界でも人気なトヨタのミニバン!新しくなったヴォクシーまとめ

世界でも人気なトヨタのミニバン!新しくなったヴォクシーまとめ

日本で大人気なトヨタのミニバン。実は世界でも人気ってご存知でしたか?世界でも人気のアルファードやヴェルファイアに続き、ヴォクシーが投入されることになりました。7月にはマイナーチェンジをおこなったヴォクシー。今回は改めて、ヴォクシーの基本情報、スペックについてまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタのミニバンは世界でも人気!!

トヨタから販売されている大人気ミニバン、『アルファード/ヴェルファイア』。

実は、ジャカルタでも大人気モデルなんです。

人気の理由としては、室内が広いことや、トヨタ『イノーバ』(アセアン地域向けMPVでトラックと共用のラダーフレーム使った構造)など、現地向けに作られたMPVに比して乗り心地がいいこと、スライドドア&低床フロアで乗り降りがしやすいこと、そしてラグジュアリーな内装と電動スライドドアなど上級装備が充実していることなど、乗用車として考えた場合にアドバンテージが大きい、などが挙げられます。

トヨタの次の一手。ヴォクシー投入!!

ジャカルタでも勢いに乗っているトヨタが次に打った手は、ヴォクシーの導入です。
アルファードやヴェルファイアよりも一回り小さいミニバン、ヴォクシー。

日本でいう5ナンバーボックス型ミニバンも、アルファード/ヴェルファイアに比べると少数ではありますが、ジャカルタの街でも見られます。

本記事ではそんな、世界も注目するトヨタのミニバン、ヴォクシーについてまとめています。

ヴォクシー、2017年7月に改良新型が登場

ヴォクシーは、2017年7月に改良新型が登場しました。

ヴォクシーは、『ノア』『エスクァイア』といったミニバン3車種と共にマイナーチェンジ。7月3日より販売を開始しています。

今回のマイナーチェンジでは、各モデルの個性をより際立たせたエクステリアへと意匠変更されました。

Bi-Beam LEDヘッドランプ(オートレべリング機能付)と面発光のLEDクリアランスランプの採用や、フロントグリルとリヤコンビネーションランプの意匠変更などにより、ヴォクシーはスポーティさを、より高めたスタイルへと進化しました。

トヨタ ヴォクシー 基本情報

ヴォクシー

ノア

ヴォクシー、ノア、エスクァイア…違いを簡単に知りたい!

ヴォクシーと言えば、トヨタの大人気ミニバンの一つです。

ヴォクシー、ノア、エスクァイア、同じミドルクラスの兄弟車です。

イメージとしては、ヴォクシーはデザインが若者向けでスタイリッシュなデザイン。ノアは、どちらかというとファミリー向けです。

ノアとヴォクシーに関してはそこまで性能に大きな違いもないので、特にこだわらないのであれば、外観で好きな方を選ぶといいでしょう。

一方、エスクァイアは?と言うと、その二車よりも上世代向けの車、と言えますね。

フロントマスクは、少しアルファードにも似ていますね。


エスクァイア

アルファード

トヨタ ヴォクシー スペック

■参考:ハイブリッド車・V
全長×全幅×全高:4,695×1,695×1,825(mm)
ホイールベース :1,825(mm)
乗車定員 :7名
車両重量 :1,620kg
エンジン最高出力 :73kW(99ps)/5,200rpm
エンジン最大トルク:142Nm(14.5kgf・m)/4,000rpm
JC08モード燃費:23.8km/L

トヨタ ヴォクシー エクステリア

ヴォクシーは、中身ももちろんですが、見た目も、存在感があって、思わず惹きつけられますよね。
この、気になるデザインについて、トヨタ自動車デザイン部の永長和久グループ長は、トヨタ『ヴォクシー』『ノア』の特徴は、“ハコデザイン”であると話します。

「ライトはもちろん、グリルを含むディテールはすべて縦基調で表現しています。実は敢えてハコらしく、重々しい印象を表現しているんです。さらに、今回のモデルチェンジではベルトラインを上げ、ボディパネルを大きく見せることで、重々しい印象を強調しています」

トヨタ ヴォクシー インテリア

新しくなったヴォクシー。

なんと室内高は、1,400mm。小さなお子さんであれば、室内でも立つことも可能です。
また、運転席も低床になり、乗り降りがより楽になりました。

8人乗りのセカンドシートには、580mmのロングスライドが可能な6:4分割チップアップシートを採用しています。

後方へスライドさせることで、足をゆったり伸ばして座れます。まさにこれぞミニバン。とも言える広さを実現しています。

トヨタ ヴォクシー グレード別価格・中古価格


■ヴォクシー、グレード別価格
HYBRID ZS:3,269,160円〜
HYBRID V:3,142,800円〜
HYBRID X :3,014,280円〜
ZS:2,745,360円〜
V:2,756,160円〜
X: 2,466,720円〜


■ヴォクシー、中古価格
年式や、グレード、状態などにも左右されますが、200万~300万円前後で購入できます。

トヨタ ヴォクシー 口コミ・評価・評価

今迄、軽自動車を乗っていたのですが燃費が軽にしては良くなくだいたい11〜13で良くて14とかでした。今回大きいクルマが欲しく前からヴォクシーがいいなと思っていたので思い切って買い換えました。心配していた燃費ですが周りの人達に聞くとだいたい10とかだったのでそれくらいかなと思っていましたが、実際乗ってみてリッター12くらいなので、思ったより良く大変満足しています。

65との比較ですが、ロールが減り運転しやすいです。走行1000キロでの実燃費は、市街地メインで15キロ前後ですね。エコモード&アクセルコントロールを注意してこの燃費なので、当たり車ではないようですね。
追伸
アクセルコントロールを間違ってたようです。
オンオフのメリハリを意識したら、軽く17キロ越えました。
速く車速を乗せて、流れに遅れない程度にオフオンの繰り返しがコツみたいですね。

納車日に城南宮にて安全祈願ギリギリセーフやった。10年ぶりのワゴン車です。エスティマからBbからの新型VOXYです。大事に乗ります。ちなみにBbは20万キロはしりました。

大きい車なので、燃費の部分がネックになることが多いようです。

※口コミはすべてe燃費から引用

本記事では、トヨタの大人気ミニバン、ヴォクシーについてご紹介しました。

ファミリーはもちろん、大人数で遊びに行くときなどなにかと重宝するミニバン。アルファードやヴェルファイアほど大きくなくていい!という貴方には、ぴったりの一台ですよ。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。