目次へ戻る

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

新型ステップワゴンのベストチョイスを考えてみたら意外にも・・・

マイナーチェンジされた新型ステップワゴンは、スパーダに待望のハイブリッド車が設定されたり、「ホンダセンシング」が全車標準装備になったりと、話題満載の改良になりました。となると、ステップワゴンを選ぶとしたら、ベストチョイスは話題のスパーダハイブリッドでしょうか?それとも・・・


新型ステップワゴンのグレード構成はこうなっている

SPADA・Cool Spirit Honda SENSING

ステップワゴンは標準車と上級装備のスパーダに分かれます。この2車は装備の違いだけではなく、フロントグリルを始めとするデザインに大きな違いがあります。

フロントがシンプルな標準車と、「いかつい顔」で迫力のあるスパーダですが、最近は、トヨタのヴォクシーや日産のセレナハイウェイスターも含めミニバン全体でこの「いかつい顔」が主流となっており、、ステップワゴンでもスパーダが全体の7割ほどを占めています。

今回新たに加わったグレードがハイブリッドですが、「SPORT HYBRID i-MMD」が採用されたこのハイブリッド車はスパーダのFFのみに搭載されます。

標準車かスパーダか、あるいは1.5Lターボかハイブリッドか。そして、それぞれに装備に応じて「B」「G」「G・EX」が用意され、1.5L車には4WD車と「Moduloモデューロ X 」「スパーダ・Cool Spirit」が設定されています。

標準車のベストチョイスグレードは「G・Honda SENSING」で決まり!

G・Honda SENSING

ステップワゴンはベースグレードでも「Honda SENSING」が装備され、ステップワゴンならではの機能である、3列目分割床下格納シート”マジックシート”や大容量ラゲッジアンダースペースなども備えています。しかし、「B・Honda SENSING」にはステップワゴン最大の特徴である”わくわくゲート”の設定がないのが欠点。

わくわくゲートはぜひ欲しい

わくわくゲート

せっかくステップワゴンを選ぶ以上は”わくわくゲート”は必須アイテム。そこで、ベースグレードに上級装備を追加したグレードの「G・Honda SENSING」には、”わくわくゲート”が装備されます。

その他にも”両側パワースライドドア”を始め、IRカット〈遮熱〉/UVカット機能付 フロントガラスやインテリアイルミネーション、スマートキーシステムやロールサンシェイドなどもプラスされ、「B・Honda SENSING」より205,200円 高くなりますが、さらに約20万円も高い「スパーダHYBRID G・EX HondaSENSING」を選ばなくても十分。

しがって標準車のベストチョイスグレードは「G・Honda SENSING」ということで良いでしょう。

スパーダのベストチョイスグレードはハイブリッドじゃない!

スパーダ・Cool Spirit・Honda SENSING

スパーダ・Cool Spirit・Honda SENSING

標準車に対して、割高でもスタイリッシュに決めたいならスパーダでしょう!しかし、べースグレードの「「スパーダ・Honda SENSING」でも標準車とは価格で約40万円の差があるので、ここは慎重にならざるを得ません。

最低限、標準車のベストチョイスグレードの「G・Honda SENSING」の装備は抑えるとなると、「スパーダ・Cool Spirit・Honda SENSING」になります。さらに17インチアルミホイールや、ダーククロームメッキ・フロントグリル、ブラック コンビシート& 専用インテリアとなり、価格も「スパーダ・Honda SENSING」に対して198,720円アップに抑えられ、1.5Lターボ車にするなら一押しのグレードなのです。

ハイブリッドは本当に必要なのか?考えてみよう

スパーダ・Cool Spirit・Honda SENSING

問題は、モーターによるハイパワーとクラストップの低燃費を誇る、ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」搭載車を選ぶかどうか。「Cool Spirit・Honda SENSING」に対して、同等装備の「スパーダ HYBRID G・Honda SENSING」は約35万円高となると考えどころ。

もともと、1.5L直噴VTECターボは、常用域で2.4Lエンジン並みのトルクを発生するミニバンに最適なパワーユニット。
ここはハイブリッドではなく、こちらを選ぶのが正解と考えても間違いないはず。よって、スパーダのベストチョイスグレードは「Cool Spirit・Honda SENSING」ということになります。

まとめ

ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」

勝手にベストチョイスしてみましたが、言いたかったたことは一つ、本当にステップワゴンンにハイブリッドが必要なのかということです。販売政策上、ハイブリッドがないと売れないというのは事実ですが、それは低燃費であるということと、販売価格がかなり抑えられて買いやすいからということです。

今回ステップワゴンスパーダに加わったハイブリッド車は、オデッセイと同じ「SPORT HYBRID i-MMD」。これはファミリーカーであるステップワゴンにはどう考えてもオーバースペックであり、1.5Lターボ車に対して高すぎ。

スパーダであっても、そのスタイリッシュになったエクステリアなら、ハイブリッドでなくても十分に満足できるのです。もし、ハイブリッド車をどうしてもというのであれば、オデッセイやヴェルファイアなども含めて検討されるといいでしょう。

ステップワゴン/ステップワゴンスパーダ 価格表

SPADA HYBRID G・EX Honda SENSING

ステップワゴン メーカー希望小売価格(消費税込)

B・Honda SENSING    FF 2,455,920円 4WD 2,715,120円
G・Honda SENSING    FF 2,661,120円 4WD 2,661,120円
G・EX Honda SENSING   FF 2,661,120円  4WD 2,898,720円

ステップワゴンスパーダ メーカー希望小売価格(消費税込)

スパーダ・Honda SENSING         FF 2,852,280円  4WD 3,089,880円
スパーダ・Cool Spirit・Honda SENSING    FF 3,051,000円  4WD 3,245,400円
スパーダ HYBRID B・Honda SENSING    FF 3,300,480円
スパーダ HYBRID G・Honda SENSING    FF 3,350,160円
スパーダHYBRID G・EX HondaSENSING   FF 3,559,680円

Modulo X・Honda SENSING         FF 3,665,000円

関連する投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


なにその車名カッコイイ!響きがカッコイイ車名厳選20選!~国産車編~

なにその車名カッコイイ!響きがカッコイイ車名厳選20選!~国産車編~

貴方は、「その名前カッコイイな」と思ってしまった車の名前はありますか?本記事では、その響きが!由来が!なんだかわからんが!カッコイイ!というカッコイイ車の名前をまとめました。カッコイイ車名・車種名に興味があるという人も、興味がないという人ぜひこの記事を読んでみてください!思わず調べてしまうこと間違いなし!由来も解説!


2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

2019年後半に欧州登場予定のホンダのアーバンEVコンセプト。ホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカーです。今もこれからも大注目のアーバンEVコンセプトについて、今現在わかっている情報を改めて本記事ではまとめています。未来的…なのに少しどこかレトロで懐かしい…そんなアーバンEVコンセプトの魅力に迫ります!


【最新版】2018年上半期に発売された新型車(国産車)&新車 振り返り

【最新版】2018年上半期に発売された新型車(国産車)&新車 振り返り

2018年も気づけばもう6月。早いもので、もう折り返し地点にきていますね。本記事では2018年上半期(1月~6月)にかけて発売された主な国産の新型車・新車を車メーカー・ブランド別にまとめています。いったいどんな車が2018年上半期に発売されたのでしょうか。貴方の好きな車の名前はありますか?


ホンダのSUV!新型CR-V ホームページで先行公開!発売は2018夏

ホンダのSUV!新型CR-V ホームページで先行公開!発売は2018夏

ホンダが、6月8日より公式ホームページにて、新型CR-Vを先行公開しました。情報が八お用され次第、随時更新していきます。


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。