目次へ戻る

トヨタ RAV4のスペック、価格やデザインは?詳細情報一覧

トヨタ RAV4のスペック、価格やデザインは?詳細情報一覧

トヨタで生産されているクロスオーバーSUVで、現在は日本では販売しておらずヨーロッパを中心に販売されている世界戦略車です。国内の販売が終了した今でも人気は根強く、世界中に愛されているSUVとなっています。価格やスペック、評価などについてまとめて掲載しています。


トヨタ RAV4 概要

現在は海外で新型が誕生し販売されているトヨタ RAV4。初代RAV4は5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして登場しましたが、海外のニーズに合わせるようにモデルチェンジをし、さらに外観、内装の質感などすべて一新されました。

トヨタ RAV4  基本スペック

トヨタ RAV4はLE、XLE、XLE Hybridの3車種があります。それぞれのスペックをご紹介します。

 
RAV4 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)83.5(in.)×72.6(in.)×67.1(in.)(ホイールベース:104.7(in.))
車両重量(lb.)LE3455
XLE3485
XLE Hybrid3925
燃料タンク容量(gal.)LE15.9
XLE15.9
XLE Hybrid14.8
最大乗車定員5~7名
トランスミッションLE6-speed Electronically Controlled automatic Transmission with intelligence (ECT-i)
XLE6-speed Electronically Controlled automatic Transmission with intelligence (ECT-i)
XLE HybridCVT
エンジンLE2.5-Liter 4-Cylinder DOHC 16-Valve with Dual VVT-i
XLE2.5-Liter 4-Cylinder DOHC 16-Valve with Dual VVT-i
XLE Hybrid2.5-Liter 4-Cylinder DOHC 16-Valve with VVT-i
駆動方式LEFWD
XLEFWD
XLE HybridAWD-i

トヨタ RAV4 燃費

燃費について調べてみましたが、米トヨタでの公式な燃費の発表や資料を見つける事は出来ませんでしたが、ガソリン車を上回るパワーと燃費を実現しているという事のようです。欧州では初公開と同時に、欧州仕様の環境性能は公表RAV4ハイブリッドの欧州複合モード燃費は20.4km/リットル、CO2排出量は115g/kmとなっているようです。

トヨタは、「クラスをリードする燃費性能」と発表していました。ハイブリッドシステムは、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせたもので、トランスミッションは「eCVT」。駆動方式は、通常走行ではFFを基本に、必要な時だけ4WDに切り替わる「AWD-i」を採用しています。

【ニューヨークモーターショー15】トヨタ RAV4 にハイブリッド…小型SUVセグメントで唯一 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2015/04/13/248912.html

4月2日、ニューヨークモーターショー15で、『RAV4ハイブリッド』を初公開したトヨタ。その狙いは、米国市場でのハイブリッドラインナップを、さらに強化することにある。

トヨタ RAV4 エクステリア/カラー

外観は、シャープな印象になりフロントマスクを中心に大きく変更されました。
グリルや大きな開口部が特徴のバンパー、LEDヘッドライトなどで、表情を一新されました。耐久性のあるオーバーフェンダーやロッカーパネルガードが採用されており、SUVらしくよりアクティブな仕様となっています。

トヨタ RAV4 インテリア

リアは、テールゲートやバンパーのデザインも新しくなりました。サイドでは、ロッカーパネルや18インチのブラックアルミホイールなど、ボディ全体が一新され、スタイリッシュかつアクティブなデザインになりました。



ボディカラーはブルー系、モノトーン系、レッド系を軸に13色と豊富にあり用意されています。ルビーフレアパールやブリザードパールなど高級感のある美しいカラーリングになっています。

インテリアにはSUVとしてアクティブな場所で最適な機能が搭載されています。一つ目は運転席側の助手席側でエアコンが独立しており、気温や湿度が変わりやすい自然の中でもそれぞれ体の変化に合わせて快適に過ごす事ができます。

特徴的かつ機能的なのは荷室サイドレバーです。一般的には後部座席からレバーをもって荷室側に倒しますが、荷室側からシートを倒すことができるので、大きな荷物の出し入れなどにとても役立つ機能です。

フロントシートはSOFTEX-trimmedシートを採用し、寒い日でも快適に過ごす事ができ汚れに強く掃除も簡単です。8インチの大型ディスプレイもあり機器のコントロールや情報が確認しやすくなっています。

トヨタ RAV4 安全装備

トヨタ RAV4にはToyota Safety Sense P(トヨタセーフティ・センスP)が採用されています。


自動ブレーキ(プリクラッシュセーフシステム)、車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)、自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)、追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール、この4つの機能が搭載されています。

自動ブレーキは異なる2つのセンサー(単眼カメラ、ミリ波レーダー)を用いることにより、幅広い速度行きで歩行者や障害物との衝突回避をサポートします。車線はみ出しアラートは単眼カメラで左右の車線を常に確認しています。ウインカーを出していない時に車線からはみ出しそうになると警報とメーターディスプレイに表示され、ステアリング制御が働いて、操作をサポートします。

自動ハイビームは速度がおよそ30km/hでヘッドライトの上下が自動で切り替わり、暗い道でも歩行者をいち早く確認することが出来ます。追従ドライブ支援機能は速度を設定し車間距離を一定に保って走行する機能です。高速道路などの渋滞などの運転が楽になります。


他に、バーズアイ・ビュー・モニターも搭載され駐車操作の安全性も高めてくれます。

トヨタ RAV4 新車価格

トヨタ RAV4の新車価格は以下の通りです。国内では新車販売されていないので表記はUSドルでの価格です。

 
RAV4 新車価格
新車価格LE$ 24,410
XLE$ 25,500
XLE Hybrid$ 29,030

トヨタ RAV4 中古車価格

中古車価格は2015年以降の年式のもので、およそ150万円~230万円となっています。旧型のモデルが好きな方は30万円台からあるようなのでぜひ参考にしてください。

トヨタ RAV4 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S147/

トヨタ RAV4の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

トヨタ RAV4をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?現在は海外で飛躍をとげているトヨタ RAV4。日本で新型が販売されていないのが残念ですね。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 RAV4 SUV

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

貴方はTNGAという言葉を聞いたことがありますか。TNGAとは、トヨタの新しい車つくりの思想で、この思想の元に開発されているのが、TNGAという新しいプラットフォームです。いわば、車の屋台骨というわけですね。このTNGAが採用されているトヨタの車種をまとめてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

スズキのスペーシアに SUV風のスペーシアギア登場!発売は12月

人気の軽ハイトワゴン、スズキのスペーシアに、SUV風が登場する!?という情報が飛び込んできました。クロスオーバーSUVな装いの、その名も「スペーシア ギア」。本記事ではスペーシアギアの今明らかになっている最新情報をまとめています。


開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

米国のロサンゼルスにて、ロサンゼルスモータ-ショー2018が開催されます。一般デーの開催日程は11月30日~12月9日(現地時間)。トヨタ・ホンダなど自動車メーカー30社が出展予定のこのショー。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。【12月4日更新】


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。