目次へ戻る

トヨタ RAV4のスペック、価格やデザインは?詳細情報一覧

トヨタ RAV4のスペック、価格やデザインは?詳細情報一覧

トヨタで生産されているクロスオーバーSUVで、現在は日本では販売しておらずヨーロッパを中心に販売されている世界戦略車です。国内の販売が終了した今でも人気は根強く、世界中に愛されているSUVとなっています。価格やスペック、評価などについてまとめて掲載しています。


トヨタ RAV4 概要

現在は海外で新型が誕生し販売されているトヨタ RAV4。初代RAV4は5ナンバーサイズのコンパクトSUVとして登場しましたが、海外のニーズに合わせるようにモデルチェンジをし、さらに外観、内装の質感などすべて一新されました。

トヨタ RAV4  基本スペック

トヨタ RAV4はLE、XLE、XLE Hybridの3車種があります。それぞれのスペックをご紹介します。

 
RAV4 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)83.5(in.)×72.6(in.)×67.1(in.)(ホイールベース:104.7(in.))
車両重量(lb.)LE3455
XLE3485
XLE Hybrid3925
燃料タンク容量(gal.)LE15.9
XLE15.9
XLE Hybrid14.8
最大乗車定員5~7名
トランスミッションLE6-speed Electronically Controlled automatic Transmission with intelligence (ECT-i)
XLE6-speed Electronically Controlled automatic Transmission with intelligence (ECT-i)
XLE HybridCVT
エンジンLE2.5-Liter 4-Cylinder DOHC 16-Valve with Dual VVT-i
XLE2.5-Liter 4-Cylinder DOHC 16-Valve with Dual VVT-i
XLE Hybrid2.5-Liter 4-Cylinder DOHC 16-Valve with VVT-i
駆動方式LEFWD
XLEFWD
XLE HybridAWD-i

トヨタ RAV4 燃費

燃費について調べてみましたが、米トヨタでの公式な燃費の発表や資料を見つける事は出来ませんでしたが、ガソリン車を上回るパワーと燃費を実現しているという事のようです。欧州では初公開と同時に、欧州仕様の環境性能は公表RAV4ハイブリッドの欧州複合モード燃費は20.4km/リットル、CO2排出量は115g/kmとなっているようです。

トヨタは、「クラスをリードする燃費性能」と発表していました。ハイブリッドシステムは、2.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、モーターを組み合わせたもので、トランスミッションは「eCVT」。駆動方式は、通常走行ではFFを基本に、必要な時だけ4WDに切り替わる「AWD-i」を採用しています。

【ニューヨークモーターショー15】トヨタ RAV4 にハイブリッド…小型SUVセグメントで唯一 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2015/04/13/248912.html

4月2日、ニューヨークモーターショー15で、『RAV4ハイブリッド』を初公開したトヨタ。その狙いは、米国市場でのハイブリッドラインナップを、さらに強化することにある。

トヨタ RAV4 エクステリア/カラー

外観は、シャープな印象になりフロントマスクを中心に大きく変更されました。
グリルや大きな開口部が特徴のバンパー、LEDヘッドライトなどで、表情を一新されました。耐久性のあるオーバーフェンダーやロッカーパネルガードが採用されており、SUVらしくよりアクティブな仕様となっています。

トヨタ RAV4 インテリア

リアは、テールゲートやバンパーのデザインも新しくなりました。サイドでは、ロッカーパネルや18インチのブラックアルミホイールなど、ボディ全体が一新され、スタイリッシュかつアクティブなデザインになりました。



ボディカラーはブルー系、モノトーン系、レッド系を軸に13色と豊富にあり用意されています。ルビーフレアパールやブリザードパールなど高級感のある美しいカラーリングになっています。

インテリアにはSUVとしてアクティブな場所で最適な機能が搭載されています。一つ目は運転席側の助手席側でエアコンが独立しており、気温や湿度が変わりやすい自然の中でもそれぞれ体の変化に合わせて快適に過ごす事ができます。

特徴的かつ機能的なのは荷室サイドレバーです。一般的には後部座席からレバーをもって荷室側に倒しますが、荷室側からシートを倒すことができるので、大きな荷物の出し入れなどにとても役立つ機能です。

フロントシートはSOFTEX-trimmedシートを採用し、寒い日でも快適に過ごす事ができ汚れに強く掃除も簡単です。8インチの大型ディスプレイもあり機器のコントロールや情報が確認しやすくなっています。

トヨタ RAV4 安全装備

トヨタ RAV4にはToyota Safety Sense P(トヨタセーフティ・センスP)が採用されています。


自動ブレーキ(プリクラッシュセーフシステム)、車線はみ出しアラート(レーンディパーチャーアラート)、自動ハイビーム(オートマチックハイビーム)、追従ドライブ支援機能(レーダークルーズコントロール、この4つの機能が搭載されています。

自動ブレーキは異なる2つのセンサー(単眼カメラ、ミリ波レーダー)を用いることにより、幅広い速度行きで歩行者や障害物との衝突回避をサポートします。車線はみ出しアラートは単眼カメラで左右の車線を常に確認しています。ウインカーを出していない時に車線からはみ出しそうになると警報とメーターディスプレイに表示され、ステアリング制御が働いて、操作をサポートします。

自動ハイビームは速度がおよそ30km/hでヘッドライトの上下が自動で切り替わり、暗い道でも歩行者をいち早く確認することが出来ます。追従ドライブ支援機能は速度を設定し車間距離を一定に保って走行する機能です。高速道路などの渋滞などの運転が楽になります。


他に、バーズアイ・ビュー・モニターも搭載され駐車操作の安全性も高めてくれます。

トヨタ RAV4 新車価格

トヨタ RAV4の新車価格は以下の通りです。国内では新車販売されていないので表記はUSドルでの価格です。

 
RAV4 新車価格
新車価格LE$ 24,410
XLE$ 25,500
XLE Hybrid$ 29,030

トヨタ RAV4 中古車価格

中古車価格は2015年以降の年式のもので、およそ150万円~230万円となっています。旧型のモデルが好きな方は30万円台からあるようなのでぜひ参考にしてください。

トヨタ RAV4 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S147/

トヨタ RAV4の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

トヨタ RAV4をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?現在は海外で飛躍をとげているトヨタ RAV4。日本で新型が販売されていないのが残念ですね。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 RAV4 SUV

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバーは2月13日、『レンジローバー スポーツ』(Land Rover Range Rover Sport)に新開発の直列6気筒エンジン+48Vマイルドハイブリッドを搭載する高性能グレード、「HST」を欧州で発表しました。このHSTはどのようなスペックになっているのでしょうか。


【シカゴモーターショー2019】トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード登場

【シカゴモーターショー2019】トヨタ RAV4 新型にTRDオフロード登場

トヨタ自動車の米国部門は、シカゴモーターショー2019に、新型にて『RAV4』(Toyota RAV4)の「TRDオフロード」を初公開しました。このRAV4TRDオフロードは、日本市場にも今春復活導入される予定の新型RAV4をベースに、オフロード性能を高めたグレードになります。大注目のRAV4のグレード、最新情報をまとめました。


【初披露】トヨタのハイエース 世界向けの新シリーズを発表!

【初披露】トヨタのハイエース 世界向けの新シリーズを発表!

トヨタ自動車は2月18日、『ハイエース』の海外向け新シリーズをフィリピンで世界初公開しました。 自動車市場が拡大し続ける新興国・地域では、物流に加えて、観光用ミニバス、乗合バス等の乗客輸送の需要が拡大。ハイエースの新シリーズは、このような多様なニーズに柔軟に対応するために開発されています。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。