目次へ戻る

BMW X5のスペック、価格、評価は?中古は300万~でも検討可?

BMW X5のスペック、価格、評価は?中古は300万~でも検討可?

BMW X5は高級SUVのさきがけとして誕生しました。日本でも特に人気がある、あこがれの高級車BMW X5についての燃費、価格(新車・中古車)、スペックや評価などについて詳細をまとめて掲載しています。


BMW X5 概要

BMW X5はドイツの自動車メーカーBMWの高級SUVです。BMWはSUVではなく、SAV(Sports Activity Vehicle)として商標登録しています。BMW X5はBMW5シリーズをベースになっており、BMW5シリーズの部品が多く使われています。2007年に2代目のモデルになり、現在の3代目モデルは2013年に発売されました。

X5 xDrive35d、X5 xDrive35i、X5 xDrive40e iPerformance、X5 xDrive50iの4つのベースモデルがあり全13モデルのラインナップになっています。アダプティブLEDヘッドライトやロント・エンドなどスポーティかつエレガントなエクステリアになっています。革新的なテクノロジーにより、快適性や安全性が進化し、オンロードはもちろんですが、オフロードでもより快適なドライブを楽しむことができます。
2018年には4代目モデルが発売される事が予想されています。

BMW X5  基本スペック

BMW X5のX5 xDrive35dのスペックをまとめました。

 
X5 xDrive35d スペック表
駆動方式電子制御AWDシステム
ボディサイズ(全長×全幅×全高)【X5 xDrive35d SE】【X5 xDrive35d】【X5 xDrive35d xLine】4910x1940x1760
【X5 xDrive35d M Sport】4910x1985x1760(ホイールベースmm:2935)
車両重量【X5 xDrive35d SE】【X5 xDrive35d】【X5 xDrive35d xLine】:2200 kg
【X5 xDrive35d M Sport】2210 kg
最大乗車定員【X5 xDrive35d SE】【X5 xDrive35d】5名
【X5 xDrive35d xLine】【X5 xDrive35d M Sport】5~7名
燃費JC08モード:14.0km/L
エンジン種類直列6気筒DOHCディーゼル
トランスミッション電子制御前進8速A/T
総排気量2,992cc
最高出力[kW/rpm]190〔258〕/4000
最大トルク[Nm/rpm]560〔57.1〕/1500-3000
燃料タンク容量85L

BMW X5 燃費

BMW X5にはECOPROモードが搭載されており、ドライバーの走行に応じて、燃費消費量を最大20%減らすことができます。エンジンレスポンスやシフトタイミングの最適化やアクセルペダルから離すとアイドリング状態で惰性走行するなど燃費向上の工夫がなされています。

また、より良いエコドライブを行うため、オンボードコンピュータにアクセルワークのアドバイスや燃費向上のアドバイスが表示されます。X5 xDrive35dは、JC08モード走行燃費率km / L:14.0、実燃費は10.32となっています。

BMW X5 (ディーゼル)の燃費 - e燃費

https://e-nenpi.com/enenpi/carname/2083

BMW X5 (ディーゼル)の燃費一覧。全国のオーナーからの給油情報を元にした実燃費が分かります。クルマの乗り方によっても燃費は大きく異なります。車レビューも参考になります。

BMW X5 エクステリア/カラー

エクステリアは、エアロダイナミクスを採用しており、フロントからリヤまで流れるような美しさと機能性を兼ね備えています。他にも、フロントのキドニーグリルとヘッドライトが一つの大きいパーツのようなデザインでワイドに見せています。

カラーバリエーションは全11色で、ソリッドカラー2色アルビンホワイトⅢ、ブラックⅡ。


別途93,000円のオプションでメタリックカラー9色ブラックサファイア、カーボンブラック、ソフィストグレーブリリアントエフェクト、スペースグレー、グレイシャーシルバー、ミネラルシルバー,ミネラルホワイト、スパークリングブラウン、インペリアルブルーブリリアントエフェクトから選択することが出来ます。ただし、カーボンブラックはM Sportタイプのみとなっています。

BMW X5 インテリア

高級車らしくレザーや照明など高級感のあるインテリアになっています。インパネやダッシュボードもモダンなデザインになっており、照明は3色、9つのパターンで楽しめるLEDアンビエントライトが搭載されています。

収納ボックスや、ドア・ポケット、インテリアトリム、ドアトリム、バニティミラー、フロントとリヤの足元およびルーフライニング、フロントシートのバックレストに付いています。また、ラゲッジルームは620ℓ~1870ℓまで拡大できるので大容量の荷物を積めるので、買い物だけではく、キャンプなどのアクティブなシチュエーションでも機能を発揮します。

BMW X5 安全装備

BMWには「ドライビング・アシスト・プラス」が搭載されています。走行中の事故につながる操作を軽減させ、より快適なドライブをサポートし、自動運転に近い快適性を実現しています。 衝突の危険を察知すると、「前車接近警告機能」により、表示とアラーム音の2段階で警告します。歩行者や障害物など衝突が避けられないと判断すると、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」が自動的にブレーキがかかります。

他にも車線はみ出しを防止するレーン・ディパーチャー・ウォーニングや渋滞時などに自動で前方の車に車間距離をとって付いていくアクティブ・クルーズ・コントロールも搭載されています。

BMW X5 新車価格

  <
BMW X5 新車価格
新車価格【X5 xDrive35d SE】8,960,000円
【X5 xDrive35d】9,190,000円
【X5 xDrive35d xLine】9,680,000円
【X5 xDrive35d M Sport】9,830,000円
【X5 xDrive35i】8,960,000円
【X5 xDrive35i xLine】9,450,000円
【X5 xDrive35i M Sport】9,600,000円
【X5 xDrive40e iPerformance】9,680,000円
【X5 xDrive40e iPerformance xLine】10,340,000円
【X5 xDrive40e iPerformance M Sport】10,330,000円
【X5 xDrive50i】11,890,000円
【X5 xDrive50i xLine】12,840,000円
【X5 xDrive50i M Sport】13,110,000円

BMW X5 中古車価格

新車じゃ高く手が出ないという方、中古車価格は現行モデルで600万円台~900万円台となっています。2013年式まで遡れば300万円台でも検討は可能となっているため、気になる方は下記リンクより中古車情報が確認可能となっていますので、是非チェックしてみてください。

BMW X5 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/assistance/usedcar/search/BM/S026/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/GER/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

BMW X5の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

BMW X5 の評価

x5はデカイです。320dと比較してスピードは遅く感じますが車高が高く乗りやすいです。燃費は320dに大きく引けをとり10km/L位です。

燃費は他の車種に比べると劣るようですが、車高が高く運転しやすいようです。

走行用のリチウムイオン電池は9.0kWhの容量があり、最長では31kmまでの距離を電気だけで走れる。高速道路に入っても電池の残量とアクセルワークによってEV走行が続き、120km/hまでをEV走行でカバーする。ヨーロッパのPHEVらしく高速でも使えるのだ。

ただ、今回の試乗で箱根の山道を元気良く走らせたら、割とすぐに電池を使い切ってしまう印象だった。重量ボディのX5を負荷のかかる状態で走らせたら、これもやむを得ないのだろう。

「eDrive」のスイッチによってPHEVとしての走行モードが選択できる。電気での走りを中心に自在な走りを実現するオートeドライブが中心で、マックスeドライブやセーブモードなどがある。ほかも通常のBMW車と同じようにコンフォートやスポーツ、エコプロなどの走行モードの選択が可能だ。

またBMW X5は2015年9月にPHEV(PHV)モデルを登場させています。
(該当グレード:xDrive40e iPerformance,xLine,M Sport)

2012年にはBMW初となるクリーンディーゼルも設定。BMW X5はパワートレーンに関しても先を読んでいるモデルといえます。

まとめ

BMW X5をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?BMWの上質なエクステリアやインテリア、革新的な性能兼ね備えたモデルでした。SUV車の購入をご検討されている方はぜひ一度BMW販売店でご覧ください。

BMW に関するオススメの記事

【BMWのスピーカー交換】価格帯別 & 絶対おすすめのブランドは…?

http://matome.response.jp/articles/928

BMWのスピーカー交換を検討中の方向けに、価格帯別でのおすすめブランドと、知っておいて損はないおすすめのブランドの紹介をしています。また、BMWの純正スピーカーの特徴や、カーオーディオショップの選び方や紹介に至るまで、スピーカー交換を検討、若しくは「BMWの音質」が気になってる方向けの情報を詳しく紹介しています。

関連するキーワード


BMW SUV

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。