トップへ戻る

福祉車両だって最新型が欲しい! トヨタ編

福祉車両だって最新型が欲しい! トヨタ編

福祉車両とはいえ、「愛車」であることに変わりはありません。利用する人も最新の人気モデルが欲しいのです。そこで、今回は車種が最も多いトヨタの福祉車両シリーズ「ウェルキャブ」の中から、最新機種に絞ってご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


カローラアクシオ/フィルダーの福祉車両

10月11日にマイナーチェンジされたカローラシリーズは、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)を新たに設定。また、「Toyota Safety Sense C」を全車に標準装備するなど、安全装備の充実が重点的に行われ、デザインにおいてもフロントグリルを中心に意匠を変更し、よりスタイリッシュに進化しています。

同時に福祉車両ウェルキャブシリーズも同様の改良を受け、マイナーチェンジされました。仕様はアクシオ、フォルダーともに「助手席回転スライドシート車“Aタイプ”」と「助手席回転スライドシート車“Bタイプ”」の2タイプを設定しています。

助手席回転スライドシート車“Aタイプ”は、助手席が手動で回転し、車外へスライド、助手席が手動で回転するタイプで、車への乗降時に足腰に若干負担を感じている方に非常に役立つ仕様です。障がい者だけではなく、お年寄りなどにも役立つ機構です。

助手席回転スライドシート車“Bタイプ”は、助手席回転スライドシートに加えて、電動式の手動車いす用収納装置が装備されています。トランクルームに付属のアームを利用して車いすを釣り上げることができ、介助者の疲労を軽減できます。

1.5L、ハイブリッドともに「G」グレードがベースとなっており、価格は、アクシオの助手席回転スライドシート車“Aタイプ”が1,887,840円から。助手席回転スライドシート車“Bタイプ”が1,828,000円から。フィルダーが同1,975,320円、1,944,000円からとなっています。“Bタイプ”の方が安いのは、消費税非課税になるからです

プリウスα(アルファ)の福祉車両

S(5人乗り)助手席リフトアップシート車“Bタイプ”

11月21日に一部改良され、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備したプリウスα(アルファ)にも、ウェルキャブシリーズが設定されています。

プリウスαのウェルキャブには、「助手席リフトアップシート車」と「フレンドマチック取付用専用車」が設定されます。

「助手席リフトアップシート車」には、電動で助手席が回転し、車外へスライドダウンする「助手席リフトアップシート車Aタイプ」と、Aタイプに加えて、手動車いす用収納装置(電動式)を標準装備。30kgまでの手動車いすを吊り上げ、容易に積み下ろしができる「Bタイプ」があります。

また、手の力が弱い方が自分で運転する「フレンドマチック取付用専用車」には、“タイプⅠ”と“タイプⅡ”」が設定されます。

プリウスαのウェルキャブは、「助手席リフトアップシート車」と「フレンドマチック取付用専用車」は、5人乗り7人乗りそれぞれの、SとS“ツーリングセレクション”がベースとなります。

フレンドマチック取付用専用車 タイプⅠ&タイプⅡ 標準装備

・専用パワーステアリング(車速感応式)
ベース車に比べて発進・低速時のステアリング操作力を35~50%軽減しています。
・バックドアストラップ
車いすに座ったまま、バックドアを閉める方向に引き寄せることができます。
・助手席前倒し機構&操作ストラップ
操作ストラップを引き上げれば助手席の背もたれが前に倒れ、折りたたんだ車いすを出し入れする際に便利です。

専用パワーステアリング(車速感応式)

タイプⅡ 標準装備

タイプⅡにはタイプ1の装備に加えて、車いすからの移乗をスムーズにするため、シート昇降機能を備え、ポジション調整も容易な、リモコン式専用運転席パワーシートを標準装備しています。

助手席リフトアップシート車“Aタイプ”が2,792,000円、“Bタイプ”が2,865,000から。
フレンドマチック取付用専用車 タイプⅠが2,754,000円から、タイプⅡが2,891,000円からとなります。

ヴォクシー、ノア、エスクァイアの福祉車両

ヴォクシー ウェルキャブ 車いす仕様車“タイプⅢ”(電動ウェルチェア+ワンタッチ固定仕様)

電動ウェルチェア/手動ウェルチェア

ヴォクシー、ノア、エスクァイアのウェルキャブに、車いす仕様車“タイプⅢ”(電動ウェルチェア+ワンタッチ固定仕様)を設定し12月25日に発売します。

電動ウェルチェア

「タイプⅢ」では、従来の「タイプⅡ(手動ウェルチェア)」を電動化すりるにより、介助者による負担を大幅に軽減、また手元のジョイスティックの操作により、自走が可能となっています。さらに、ワンタッチ固定装置により、車いす乗降時のスイッチ操作などを減らすことで、車いすの固定・解除手順を簡略化し、介助者の負担を軽減しています。

価格は、ヴォクシー/ノアが「2.0X」ベースで3,554,000 円。エスクァイアは「Xi」がベースとなり3,747,000 円となります。

まとめ

日産では「ライフケアビークル」、ダイハツが「フレンドシップ」など、すべてのメーカーで、トヨタと同じような仕様をラインナップしています。今回ご紹介したトヨタのウェルキャブシリーズには自ら運転するタイプがあります。高齢化社会を迎えた現在、これらの装備と、「Toyota Safety Sense P」などの運転者支援システムが加わることで、体に障がいがあったり体力が弱まっていたとしても、安全に運転することが出来る車種が増えることが期待されます。

関連する投稿


トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタの定番モデルの名前を冠する人気ステーションワゴンのカローラフィールダーについて紹介します。スタイルングや走行性能、車内空間の広さなどを解説すると同時に、ライバルとなるステーションワゴンをピックアップして比較します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。


トヨタ ヴォクシーとは?迫力満点のマスクに反して優等生な実力

トヨタ ヴォクシーとは?迫力満点のマスクに反して優等生な実力

いくつかのモデルをラインナップしているトヨタのミニバンの中でも特に高い人気を誇っているトヨタのヴォクシーについてご紹介します。単体のモデルとしての魅力や特徴について紹介すると共に3兄弟とも呼ばれるノア、エスクァイアとの比較なども行います。


トヨタ ノアとは?ファミリー層に大人気のミニバンの魅力に迫る

トヨタ ノアとは?ファミリー層に大人気のミニバンの魅力に迫る

トヨタでは数多くのミニバンがラインナップされていますが、中でも特に高い人気をあつめるスタンダードモデルがノアです。ここではノアの特徴や魅力、そして兄弟モデルにあたる他のミニバンとの比較なども行います。


ミニバンとは?様々なミニバンを紹介!

ミニバンとは?様々なミニバンを紹介!

ミニバンと言っても、いろいろなタイプが存在しています。トヨタのアルファードや日産のエルグランドと言った比較的大型なタイプから、シエンタのようなコンパクトミニバンまで。ミニバンを探している人向けに、本記事ではおすすめのミニバンを紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。