トップへ戻る

【これが軽のベストチョイスだ!】 2017最新版

【これが軽のベストチョイスだ!】 2017最新版

2017年は例年にも増してフルモデルチェンジが多く、軽自動車はますます活気をおびていました。しかも、N-BOXやワゴンRなど、各クラスをリードする人気車種が多かったのも2017年の特徴です。では、それらの新型を中心に、軽自動車のベストチョイスを選出してみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


軽ハイトールワゴン部門 ホンダN-BOX

ホンダN-BOX

このクラスはN-BOXがベストチョイスであることに、疑問を挟む余地はないでしょう。なによりも発売以来、大ヒットモデルであった前モデルを上回る販売実績をあげていることが、ユーザーがもっとも選んだ車種という証明にもなります。

ベストチョイスの理由としては、クラストップの室内空間とシートアレンジなどの使い勝手をさらに進化させたことと、全タイプに先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備したことがあげられます。そのため、
エントリー価格が上昇したり、スタイリングに変化が少ない、といった欠点を補って余りある魅力があります。

次点 スズキスペーシア

スズキスペーシア

安全装備、室内の広さと使い勝手、個性的なデザイン、低燃費、そして安全装備もN-BOXを上回る新型スペーシアですが、2017年のギリギリの登場のため評価が定まらなかったための次点です。月日がたったのち、「N-BOXより良いぞ!」となる期待も込めています。

軽トールワゴン部門 スズキワゴンR

スズキワゴンR

次点 ホンダN-ONE

ホンダN-ONE

12月に入ってマイナーチェンジされたN-ONEは、同じホンダの「Nシリーズ」であっても、N-BOXの好調さの陰に隠れたモデル。

しかし、その愛くるしく個性的なデザインと高い質感のインテリアはベストチョスに匹敵することを、「スタンダード」「セレクト」「プレミアム」「RS」という4つの世界観を表現したタイプを設定したマイナーチェンジで改めて気づかされました。しかし、「Honda SENSING」の設定がないという決定的な問題もあって次点。

軽ハッチバック部門 ダイハツミライース

ダイハツミライース

ライバルのアルトに遅れること約1年半でのフルモデルチェンジとなった、低燃費モデルの先駆け「ミライース」ですが、37.0㎞/Lのアルトに低燃費性能で競争を仕掛けることなく、質感と乗り心地の向上を追求しました「RS」や「ワークス」などをラインナップして、若者層も取り込もうとするアルトとは真逆の戦略です。

そのため、軽の本質である「低燃費・低価格」に加え、「こだわり・安心・品質 」をも追求、女性や高齢者、地方の客層を中心に「日常生活のパートナー」としての軽自動車の姿を追求しています。そのために、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を同車で初めて採用するなど、普通車に変わらぬ機能を持たせました。

この、女性や高齢者ユーザーが多い軽自動車だからこそ、安全装備を充実させるという以後気は、その後のN-BOXやスペーシアなども追随し、もはや軽自動車は普通車以上に安全性能が充実するようになります。

軽商用車部門 ダイハツハイゼットカーゴ

ダイハツ ハイゼットカーゴ

2017年は軽商用車にも革新的な動きがありました。なんと軽商用車の「ハイゼット カーゴ」にも、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が設定されたのです。これまでも、4ナンバー貨物車に自動ブレーキが採用され始めてきましたが、ついに軽バンにも最新の安全装備が付くようになったのです。

「ハイゼット カーゴ」に代表される軽バンは、日本中の運送業やサービス業、そして小売業や農業などあらゆる業種で活躍しています。また、地方における日常の足としても多い車種であり、高齢ドライバーが多いのも特徴です。その走行距離も乗用車より圧倒的に多く、安全装備の必要性は一番多いのにかかわらず、後回しにされていたのが現状です。

しかし、「ハイゼット カーゴ」に最新の「スマートアシストⅢ」が設定されたことにより、ライバルが追随するのは時間の問題。このダイハツの英断は2017年度でもっとも評価されるべきであり、「カーオブザイヤー」を受賞しても不思議ではないはず。

まとめ

スペーシア全方位モニター用カメラ

2017年は各クラスとも安全性能が注目され、あ新しく登場する軽自動車には最新の安全装備が必ず装備され、その機能も普通車同様どころか、それ以上となりつつあり、今もっとも安全な車種は最新の軽自動車であるといっても言い過ぎではない状況となっています。

機能を向上させれば販売にもプラスに働き、不十分であれば販売に響くという市場の要望にどう応えていくのか?低燃費による0.1㎞/L単位の競争よりも、命に係わる安全性能の競争に、ユーザーの目が注がれています。

関連する投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

【今が買い】人気の中古軽自動車 最新狙い目5選を徹底調査!

自動車の価格は業界全体で上昇し続けており、装備テンコ盛りのハイト系に人気が集中していることもあってか、最近は軽自動車でもコミコミ200万円突破!というケースも少なくない現代。そこでおすすめなのが、いわゆる「不人気車」の中古車です。種類豊富な軽自動車だけに、魅力があるのに流れに乗れなかった、値落ち率がかなり高いコスパ最強の中古軽自動車をまとめてみました。


ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダの軽スポーツ「S660」の魅力に迫る!グレードや価格は?

ホンダが世に送り出した軽自動車のスポーツカー、S660。 軽自動車の枠を飛び越えたこのスポーツカーは高い実力を持ちながら、街乗りもこなせるマルチな車です。今回はホンダのS660についてご紹介します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。