目次へ戻る

【これが軽のベストチョイスだ!】 2017最新版

【これが軽のベストチョイスだ!】 2017最新版

2017年は例年にも増してフルモデルチェンジが多く、軽自動車はますます活気をおびていました。しかも、N-BOXやワゴンRなど、各クラスをリードする人気車種が多かったのも2017年の特徴です。では、それらの新型を中心に、軽自動車のベストチョイスを選出してみました。


軽ハイトールワゴン部門 ホンダN-BOX

ホンダN-BOX

このクラスはN-BOXがベストチョイスであることに、疑問を挟む余地はないでしょう。なによりも発売以来、大ヒットモデルであった前モデルを上回る販売実績をあげていることが、ユーザーがもっとも選んだ車種という証明にもなります。

ベストチョイスの理由としては、クラストップの室内空間とシートアレンジなどの使い勝手をさらに進化させたことと、全タイプに先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備したことがあげられます。そのため、
エントリー価格が上昇したり、スタイリングに変化が少ない、といった欠点を補って余りある魅力があります。

次点 スズキスペーシア

スズキスペーシア

安全装備、室内の広さと使い勝手、個性的なデザイン、低燃費、そして安全装備もN-BOXを上回る新型スペーシアですが、2017年のギリギリの登場のため評価が定まらなかったための次点です。月日がたったのち、「N-BOXより良いぞ!」となる期待も込めています。

軽トールワゴン部門 スズキワゴンR

スズキワゴンR

次点 ホンダN-ONE

ホンダN-ONE

12月に入ってマイナーチェンジされたN-ONEは、同じホンダの「Nシリーズ」であっても、N-BOXの好調さの陰に隠れたモデル。

しかし、その愛くるしく個性的なデザインと高い質感のインテリアはベストチョスに匹敵することを、「スタンダード」「セレクト」「プレミアム」「RS」という4つの世界観を表現したタイプを設定したマイナーチェンジで改めて気づかされました。しかし、「Honda SENSING」の設定がないという決定的な問題もあって次点。

軽ハッチバック部門 ダイハツミライース

ダイハツミライース

ライバルのアルトに遅れること約1年半でのフルモデルチェンジとなった、低燃費モデルの先駆け「ミライース」ですが、37.0㎞/Lのアルトに低燃費性能で競争を仕掛けることなく、質感と乗り心地の向上を追求しました「RS」や「ワークス」などをラインナップして、若者層も取り込もうとするアルトとは真逆の戦略です。

そのため、軽の本質である「低燃費・低価格」に加え、「こだわり・安心・品質 」をも追求、女性や高齢者、地方の客層を中心に「日常生活のパートナー」としての軽自動車の姿を追求しています。そのために、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を同車で初めて採用するなど、普通車に変わらぬ機能を持たせました。

この、女性や高齢者ユーザーが多い軽自動車だからこそ、安全装備を充実させるという以後気は、その後のN-BOXやスペーシアなども追随し、もはや軽自動車は普通車以上に安全性能が充実するようになります。

軽商用車部門 ダイハツハイゼットカーゴ

ダイハツ ハイゼットカーゴ

2017年は軽商用車にも革新的な動きがありました。なんと軽商用車の「ハイゼット カーゴ」にも、衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」が設定されたのです。これまでも、4ナンバー貨物車に自動ブレーキが採用され始めてきましたが、ついに軽バンにも最新の安全装備が付くようになったのです。

「ハイゼット カーゴ」に代表される軽バンは、日本中の運送業やサービス業、そして小売業や農業などあらゆる業種で活躍しています。また、地方における日常の足としても多い車種であり、高齢ドライバーが多いのも特徴です。その走行距離も乗用車より圧倒的に多く、安全装備の必要性は一番多いのにかかわらず、後回しにされていたのが現状です。

しかし、「ハイゼット カーゴ」に最新の「スマートアシストⅢ」が設定されたことにより、ライバルが追随するのは時間の問題。このダイハツの英断は2017年度でもっとも評価されるべきであり、「カーオブザイヤー」を受賞しても不思議ではないはず。

まとめ

スペーシア全方位モニター用カメラ

2017年は各クラスとも安全性能が注目され、あ新しく登場する軽自動車には最新の安全装備が必ず装備され、その機能も普通車同様どころか、それ以上となりつつあり、今もっとも安全な車種は最新の軽自動車であるといっても言い過ぎではない状況となっています。

機能を向上させれば販売にもプラスに働き、不十分であれば販売に響くという市場の要望にどう応えていくのか?低燃費による0.1㎞/L単位の競争よりも、命に係わる安全性能の競争に、ユーザーの目が注がれています。

関連する投稿


【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

【2018年版】120万円出せば購入できる!!!オススメの新車まとめ

できるだけ安くで、でも良い新車を買いたい!絶対妥協はイヤ!という人に読んでいただきたい第2弾。本記事では120万円出せば購入できるオススメの新車をまとめています。


【2018年版】100万円以下で購入できる!!!オススメの新車

【2018年版】100万円以下で購入できる!!!オススメの新車

安くで、新車を買いたい!でも100万円以下なんて難しい?いえいえそんなことありません!本記事では100万円以下でも新車で購入できる車をまとめています。


純正ドライブレコーダーもあおり運転対策で後方監視の時代!ホンダがリア専用ドラレコ発売!

純正ドライブレコーダーもあおり運転対策で後方監視の時代!ホンダがリア専用ドラレコ発売!

ホンダの純正用品を開発するホンダアクセスからリア専用ドライブレコーダーが発売されました。新型「CR-V」の発売に合わせて発表した「ドライブレコーダー(リア用)」ですがホンダ車19機種に適用を拡大し、全国のホンダカーズで販売を開始したそうです。詳しく紹介します。


ワゴンRとワゴンRスティングレーにお得で個性的な25周年記念の特別仕様車が登場!!

ワゴンRとワゴンRスティングレーにお得で個性的な25周年記念の特別仕様車が登場!!

スズキは軽乗用車「ワゴンR」の1993年の発売から25周年を記念して、ワゴンR、ワゴンRスティングレーに特別仕様車「25周年記念車」を設定して、9月10日より発売します。特別仕様車「25周年記念車」やスズキの人気ロングセラーモデルワゴンR・ワゴンRスティングレーについて詳しく見ていきましょう


【話題】軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・デメリットは?

【話題】軽自動車の白ナンバー取得方法 一覧!料金・手続方法・デメリットは?

2017年4月1日、道路運送車両法施行規則等が一部改正され、図柄入りナンバーが導入されました。軽自動車も白ナンバーにできるということで話題になっているラグビーワールドカップ、東京オリンピックの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーについての概要から手続き方法や、料金、またメリット・デメリットに関してを紹介しています。


最新の投稿


【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

【続々登場】カッコイイ!プレミアムな最先端EVカーまとめ 発売日・価格ほか

EVはデザインがいまいち!?いえいえそれはもう過去のお話です。各メーカーが、続々とカッコイイ・プレミアムなEVカーを発表・発売しています。本記事ではそんな最新のプレミアムなEVカーをまとめました。価格は?日本発売日は?スペックは?


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月22日更新】


【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

【F1】第18戦 アメリカGP フェラーリのライコネンが5年ぶりの優勝!

F1アメリカGPの決勝レースが21日、テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われました。結果は、キミ・ライコネン(フェラーリ)が2013年の開幕戦以来5年ぶりの優勝を飾ることになりました。


【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

【東京オートサロン2019】開催は1月11日~13日!【先取り】

カスタムトレンドをけん引している東京オートサロン。東京オートサロン2019が1月11日~13日、幕張メッセにて開催されます。2019年のオートサロンはどんな内容になるのでしょうか。オートサロンを先取りです。


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。