トップへ戻る

人気上位をキープするNシリーズ。噂のN-BOXスラッシュとは?

人気上位をキープするNシリーズ。噂のN-BOXスラッシュとは?

軽自動車販売ランキングでも必ず上位に来るN-BOX。その中のスラッシュについて調べたことをまとめてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


N-BOXスラッシュ概要・走行性能

N-BOXスラッシュの気になる特徴!

全長・全幅に制限ある軽自動車がより広い室内空間、荷室空間を得たいと思うなら、全高を高めるしかないですよね(もちろん、パッケージの工夫はありますが)。そしてそれがハイトワゴン系や、モアスペース系のトレンドとなっています。

そんな中、ホンダはそういった流れに逆行したかのような、モアスペース系の『N-BOX』のルーフを切り取って、全高を110mmも低めた、リヤヒンジドアのチョップトップモデルを作りました。

もともとが広大な室内空間、クラス最大級の後席居住空間を持つN-BOXに新たなる価値を注ぎ込んだ期待作これが、『N-BOXスラッシュ』なんです。

デザイン・ボディーカラー

N-BOXスラッシュは、個性豊かな6つのインテリアデザインを用意しています。
一つ目はダイナースタイル。このスタイルは、アグレッシブで大胆な、アメリカンダイナースタイルです。

その次はトレッキングスタイル。これは文字通り他にも冒険心を刺激するアウトドアスタイルです。
他にも開放感があふれるグライドスタイル、シックなセッションスタイル、シンプルなブライトロッドスタイル、都会的なストリートロッドスタイルなどがあります。

開発のきっかけは、担当デザイナーが描いた、『N-BOX』のルーフを削り低くしたスケッチ。何気なくホワイトボードに貼られたそのスケッチが開発者の興味を引き、実物大のモックアップも完成させた。その後、役員の眼にも止まり、量産されることになったという。

N-BOXスラッシュのテーマは“型破りの軽”。性能や機能性、使い勝手のよさも残しながら“感性に訴える”ことを軸に開発。エクステリア、インテリア、カラーをトータルで捉え、ひとつの世界観と捉えるデザインを目指した。インテリアは“オーディオルーム”をコンセプトに、8.1ch(8スピーカー+1サブウーファー)のサウンドシステムを装備。開発者の自由と遊び心を1台に詰め込んだ。

エンジンシステム・燃費

気になるエンジン回り、燃費ですが、N-BOXスラッシュは、低燃費かつ爽快な走りを実現しました。
優れた燃費性能で、自然吸気のエンジンは24.8km/L~25.8km/Lの燃費。ターボ車は24.0km/L~21.8km/Lという低燃費です。

また、N-BOXスラッシュにはECONスイッチ(ECONモード)を搭載。このモードでは、エンジンやエアコンといった車の全体の動きに対して燃費を優先し、自動で制御してくれる、これがECONモードなんです。

N-BOXスラッシュ車内空間・収納

シートアレンジ

なぜ、こんなにも車内空間が広く感じるのか。その秘密は、「センタータンクレイアウト」というホンダのもつ特許技術にありました。
このセンタータンクレイアウトは、通常は後席の下にある燃料タンクを、前席の下に収納することによって、使える空間が大幅に拡大したという技術のこと。なので、広さはもちろんのことお、多彩なシートアレンジも可能にしています。

また、この技術によって、後席のスペースが広くなりました。さらにリクライニング機構やスライド機構を採用することでより広い空間になります。

シートの倒し方次第で、26インチの自転車や、200cm程度のサーフボードなども収納可能です。

これまで『N-BOX』になかった(現在は設定あり)、後席6:4分割スライド機構は、さまざまなシートアレンジを可能にしてくれる。例えば前席に乗員2人が乗車し、小型犬1頭の場合は小型犬が座った後席左側を前にスライドさせることで、飼い主と犬の距離が縮まり、より安心してドライブを楽しむことができるからだ。

シートに犬を直接乗せる場合は前後席のヘッドレストで固定するハンモック状のペットシートマットSサイズ(1万7280円)がぴったり。前部に肉球デザインのメッシュ窓があり、エアコンの風が届きやすく、前席の飼い主とアイコンタクトできるから快適・安心。ファスナーを開けば、足元にたらして後席6:4分割でファスナーを開くこともできるため(裏面が使える)、大型犬の乗降、汚れていない面に人が座ることも可能だからうれしい。

N-BOXスラッシュ装備・安全性

運転支援

サイドビューサポートミラー(内側)「ピタ駐ミラー」と呼ばれる

駐車が苦手な方のためにも、見づらい所を見やすく。という思いのもと、搭載された死角を減らす「ピタ駐ミラー」が搭載されています。

このミラーがあれば、運転席に座った状態で左側の後輪、前輪が確認でき、幅寄せや縦列駐車の際に役立ちます。死角になりやすい、左側のタイヤや、バックするときに見えづらい後方部の視野などが確認できます。

安全装備

N-BOXスラッシュは、安全面でも優れています。

N-BOXスラッシュのボディは、衝突実験を繰り返して完成させたボディです。
衝突時の衝撃を制御してくれるホンダ独自の衝突安全技術である「G-CON」を搭載。
これで、他の相手の車両、歩行者に与えるダメージを軽減してくれるんです。

「あんしんパッケージ」としてメーカーオプションについているシティブレ―キアクティブシステムは、前方に障害物があったり、前方車両と衝突しそうになった際の回避、軽減を自動ブレーキにてサポートしてくれます。

「あんしんパッケージ」は、このシティブレーキシステムの他に、「前席用i-サイドエアバッグシステム」「サイドカーテンエアバッグシステム」がセットになっています。

バリエーション・価格

気になる、N-BOXスラッシュのグレードはXとGの2つ。
Gは、スタンダードなモデル。FFは1,320,000円で、4WDが1,450,000円です。
カラーバリエーションは3色になっています。

G・Lパッケージは、便利な装備が充実したオススメのモデルです。
FFが、1,360,000円、4WDが1,490,000円。ピンクやサーフブルーなどカラフルな色も用意されています。

他にも、Gには、G・Lインテリアカラーパッケージや、G・ターボLパッケージ、G・ターボインテリアカラーパッケージなどがあります。

そして、Xは、X、X・ターボパッケージ、の2種類です。
Xは、FFが1,600,000円、4WDが1,730,000円となっています。
そして、X・ターボパッケージはFFが1,710,000円、4WDが1,840,000円となっています。

N-BOX スラッシュ、実際に乗ってみた感想は?

それでは、気になるN-BOXスラッシュの走りっぷりはどうなのでしょうか。
レスポンスの試乗記を調べてみました。

実際の走りは…。カッコ良すぎるエクステリア&インテリアに負けない資質、アメリカンな気分にひたれる!? 心地よさの持ち主だったそうです。

走りだせば、まずは軽やかかつ静かでスムーズな出足~中間加速が印象的。多くのNAエンジンの軽自動車の場合、発進時に3気筒特有のノイズ、バイブレーションが発生しがちだが、そのあたりは見事に封じ込まれ、とにかくスイスイ軽やかに、静かに走るイメージ。

乗り心地も文句なしで、段差の乗り越えをタンタンといなし、荒れた路面でも不快な突き上げ感は皆無に近いとのこと。それこそ下手な1.5リットル級のコンパクトカーやハイブリッドカーよりグッドな快適感とのことです。

スラッシュは、N-BOXに対してルーフ高を100mm低め、チョップトップモデルお約束の10mmのローダウンを施したことで重心がどーんと(40mm)下がった結果、足回りを固めずに済むから乗り心地が向上するのは当然とも言えますが、さらにリヤダンパーを大径化するなどして、軽自動車最上級と言える夢のように上質で快適な乗り味を実現したと言えます。



大人気のNシリーズ。悩んでいるなら、N-BOXスラッシュはどうでしょうか。

そんなN-BOXスラッシュの走りっぷりは、カッコ良すぎるエクステリア&インテリアに負けない資質、アメリカンな気分にひたれる!? 心地よさの持ち主だった。

走りだせば、まずは軽やかかつ静かでスムーズな出足~中間加速が印象的。多くのNAエンジンの軽自動車の場合、発進時に3気筒特有のノイズ、バイブレーションが発生しがちだが、そのあたりは見事に封じ込まれ、とにかくスイスイ軽やかに、静かに走るイメージだ。

乗り心地も文句なしである。段差の乗り越えをタンタンといなし、荒れた路面でも不快な突き上げ感は皆無に近い。それこそ下手な1.5リットル級のコンパクトカーやハイブリッドカーよりグッドな快適感の持ち主なのである。

そう、N-BOXに対してルーフ高を100mm低め、チョップトップモデルお約束の10mmのローダウンを施したことで重心がどーんと(40mm)下がった結果、足回りを固めずに済むから乗り心地が向上するのは当然とも言えるが、さらにリヤダンパーを大径化するなどして、軽自動車最上級と言える夢のように上質で快適な乗り味を実現したわけだ。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。