トップへ戻る

ジャガー新型コンパクトSUV!E-PACE受注開始!価格・性能・ボディサイズ

ジャガー新型コンパクトSUV!E-PACE受注開始!価格・性能・ボディサイズ

ジャガーの新型コンパクトSUV・E-PACEが2月22日より受注を開始しました。新型E-PACEは『F-PACE』に続く、ジャガーSUVモデルの第2弾です。F-PACEよりもサイズが小さく、日本向きな一台になりそうな予感…!ジャガーの新型SUV・E-PACEについて見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ジャガーの新型コンパクトSUV!E-PACEが受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガーの新型コンパクトSUV『E-PACE』を日本市場に導入、2月22日より受注を開始しています。

ジャガー 新型E-PACEとは?

ジャガー 新型E-PACE

新型E-PACEは『F-PACE』に続く、ジャガーSUVモデルの第2弾です。

スポーツカーである『F-TYPE』からインスピレーションを得たエクステリアデザインとパフォーマンスに、広々とした室内空間、コネクティビティを兼ね備え、ドライビング性能と実用性を両立した一台になっています。

F-PACE

ジャガー 新型E-PACE ライバルはBMW X1ほか

ジャガー 新型E-PACE、ボディサイズは、全長4410mm、全幅1900mm、全高1650mmと、F-PACEに比べ、それぞれ330mm、35mm、15mmコンパクトな小型SUVになっています。

そのため、BMW『X1』やアウディ『Q3』のライバル車として注目されています。

ジャガー 新型E-PACE エクステリア

エクステリアは、ダイナミックなフロントグリルやヘッドランプ、ロングホイールベース&ショートオーバーハングなど、F-TYPEからインスピレーションを得たデザインを採用しました。

一方、リアウィンドウ上のスポイラーと一体化したルーフラインは、E-PACEならではのクーペスタイルを表現していますね。

サイドにプレスラインを入れたことでグラマラスながらも引き締まったボディ感になっている点も注目です。

ジャガー 新型E-PACE インテリア

また、10.2インチタッチスクリーンのインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」には通信機能を新たに導入しました。

スマートフォンアプリを介して、エアコンの操作、車両から離れた場所でドアのロックや解除、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことが可能になりました。

ジャガー 新型E-PACE パワートレインは?

E-PACEの日本市場モデルのエンジンラインアップはというと、最大出力180馬力/最大トルク430Nmの2リットル直列4気筒ディーゼルターボと、最大出力300馬力/最大トルク400Nmの2リットル直列4気筒ガソリンターボ、249馬力/365Nmの2リットル直列4気筒ガソリンターボの計3タイプ。

いずれのエンジンにもジャガー初となる9速オートマチックトランスミッションが組み合わされます。また全グレードが四輪駆動仕様になります。

ジャガー 新型E-PACE 新車価格は451万円から

ラインアップは、2018年モデルのみの展開となる限定グレード「ファーストエディション」を含む、全24機種を展開とのこと。

新車価格は451万円から764万円です。

ジャガージャパンが語る!E-PACEの展望とは

ジャガー・ランドローバー・ジャパンの若林敬一マーケティング・広報部ディレクターは、E-PACEの発表会で「ジャガーと聞くと、『高いんじゃないか』とか、『ちょっとでかいんじゃないか』とか、あるいは『もっと年上の人が乗るんじゃないのか』と思われる方が結構いる。しかしそれは違う」と語りました。

30代~40代をターゲットに、新規顧客の開拓を試みる

ジャガー・ランドローバー・ジャパン 若林敬一 マーケティング・広報部ディレクター

というのも「ジャガーはルマンを過去7回優勝したスポーツカーメーカー。そして若さを持った躍動感という、生き物のような、ジャガーのような、しなやかなクルマを造っている」からだと若林ディレクターは説明。

その上で「このE-PACEで新しい顧客層を開拓したいと思っている。具体的には30代~40代、世帯年収でみても1000万円以下の方を6割くらい獲得したい。そして今までジャガーは男性のイメージがちょっと強かったが、E-PACEでは女性も4割くらい獲っていきたいと考えている。おそらくそうした方々に気に入って頂けるクルマだと思っている」と、ジャガー初のコンパクトSUVであるE-PACEの具体的なターゲットユーザーを示した。

従来のジャガーとは異なるユーザー層を開拓すべく、マーケティング活動もこれまでとは異なる手法で行うという。若林ディレクターは「E-PACEをいろいろなイベントに使っていこうと考えている。大阪、東京、名古屋などでイベントを行っていく予定。E-PACEが当たるキャンペーンも実施して、新しいジャガーのファン層を獲得していきたい」と締めくくった。

E-PACEは、日本市場向きの一台

ジャガー・ランドローバー・ジャパン マグナス・ハンソン 社長

「F-PACEに続く新たなモデルである『E-PACE』を、我々はベイビー・ジャガーと呼んでいる。ベイビー・ジャガーには2つの意味がある。まずサイズがコンパクトであること、次に新たに誕生したジャガーということだ」と新型E-PACEを紹介した。

さらに「F-PACEの登場でジャガーブランドはSUV市場に参入し、成功を納めた。E-PACEはコンパクトパフォーマンスSUVとして、またスポーツカーとしての運転性能と実用性を兼ね備え、日本市場にピッタリ。E-PACEもF-PACEと同様に成功し、多くのお客様をジャガーにお迎えできると確信している」と強調した。

E-PACEで、ジャガーは新たな顧客開拓ができるのでしょうか?楽しみですね。

最後に

本記事では、ジャガーの新型E-PACEについてご紹介しました。

2月22日から受注開始とのことで、道路を走っているE-PACEが見られる日はそう遠くないかも!?

関連するキーワード


ジャガー 車種情報 SUV

関連する投稿


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

【新型車情報】新型エクリプスクロスが大人気! 走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。