トップへ戻る

【新型車】カローラとクラウンの受注状況と魅力の分析!

【新型車】カローラとクラウンの受注状況と魅力の分析!

6月26日にトヨタの国民車とも言える2台新型カローラ スポーツと新型クラウンが発売されました。トヨタはこの2台の受注状況を発表し、両車ともかなり好調な立ち上がりとなっているようです。新型車カローラ スポーツと新型クラウンについて分析してみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

6月26日にトヨタの国民車とも言える2台新型カローラ スポーツと新型クラウンが発売されました

トヨタはこの2台の受注状況を発表し、両車ともかなり好調な立ち上がりとなっているようです。

新型クラウンに関しては筆者も非常に興味があり2Lターボのガソリンモデルと2.5Lのハイブリットモデルを試乗車が入ってすぐに試乗しまして非常に完成度の高さを感じました。

新型車カローラ スポーツと新型クラウンの受注状況やそれぞの車種について分析してみました。

新型車カローラ スポーツ受注状況

まずは新型車カローラ スポーツの受注状況から。
6月26日の発売から1カ月にあたる7月25日時点で約9,200台と好調な立ち上がりを記録しているそうです。

参考月販目標台数が2,300台ですが、受注台数は約9,200台と目標の4倍の売上は幸先いいスタートと言えますね!

トヨタによると主な好評点は

・「LINEマイカーアカウント」「オペレーターサービス」をはじめとしたコネクティッドサービス
・スポーティなエクステリアデザインと上質感を追求したインテリア
・TNGAプラットフォームやサスペンションの進化により実現した、上質な走りと乗り心地
・自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」の全車標準装備

だそうです。

筆者としては、スポーティーな若者受けするデザインと上級セグメント並の装備、質感、走行性能が評価されたんじゃないかなと思います。

欧州ではトヨタ・オーリスのワゴンタイプとして発表されていたのでどうせならカローラではなく新しい名前の新型車として出してほしかった気もしますが、トヨタとしてはカローラに対して強い思い入れがあり、今回のカローラスポーツでカローラを昔のような人気車にしたいという思いが強かったのかなと感じます。

カローラのCMでは若手俳優・菅田将暉さんと中条あやみさんを採用しトヨタのマーケティング的にはフレッシュさと若者層にアピールしたいという意図を感じました。

車自体の出来も非常に高そうですし、今後町中でも見かけるようになってきたらもっと人気がでる可能性もあるんじゃないかと思います。

日本自動車販売協会連合会が発表した2018年7月の乗用車ブランド通称名別順位では前年比151%で4位の9,986台を記録しています。
久々に普通車の売り上げランキング1位を狙える可能性もあるではと筆者は考えます。

カローラスポーツ インテリジェントMT搭載モデル

カローラスポーツですが、ATだけでなく8月2日から6速マニュアルトランスミッション(6速MT)搭載車を追加モデルとして販売を開始しました。

発売当初からMTモデルの発売は発表されていて筆者は楽しみにしておりました。

カローラスポーツのMTモデルですが、変速・発進操作をアシストするインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)が採用されています

iMTでは、コンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて、最適なエンジン回転数になるよう制御を行ってくれます。

スムーズな発進をサポートするとともに、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、走行中の滑らかな変速までアシストしてくれるのでMTモデル初心者でも扱いやすいですね。

変速ショックが無いのはMT好きには少し物足りないかもしれませんが、筆者的には絶滅寸前のMTモデルに一石を投じるトヨタからのテクニカルな回答として楽しみな一台ですね。

10年以上もマニュアルモデルは運転していませんが、久々に乗ってみたいなあと思える一台かなと思いました。
もし機会があればiMTモデル試乗してみたいですね!

新型クラウン 受注状況

続いてはフルモデルチェンジされた15代目新型クラウンの受注状況です。

6月26日の発売から1カ月にあたる7月25日時点で約30,000台、月販目標が4,500台なので約7倍の受注台数はカローラ以上に好調な立ち上がりと言えますね。

トヨタによる主な好評点は
・伸びやかで流麗なサイドシルエットや、低重心でスポーティな外観デザイン
・正確でシャープなハンドリングと目線のぶれない走行安定性、上質な乗り心地
・「LINEマイカーアカウント」「オペレーターサービス」をはじめとしたコネクティッドサービス
・自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」をはじめとする先進の予防安全技術

だそうです。

日本自動車販売協会連合会が発表した2018年7月の乗用車ブランド通称名別順位では新型クラウンは前年比333%で10位の7,225台を記録しています。
この価格帯でトップ10は非常に優秀ですね!
今後もトップ10圏内の常連となる気がします。

2.5リッターのハイブリットモデルと2リッターのガソリンモデルのスポーティグレードのAdvanceを試乗しましたが、出来の良さに正直かなり驚きました。

クラウンらしいのは2.5リッターの方で、2リッターのガソリンモデルはよりスポーティな走りができ走り好きにはガソリンモデルの方をおすすめしますが、クラウンらしい素性の良さををより感じられるのは2.5リッターモデルかなと感じます。

デザイン的にもトヨタとしてはかなり冒険してきたなという印象で非常にスポーティで素直にカッコいいと感じました。

ネックは価格ぐらいですね。2リッターのガソリンモデルも2.5リッターのハイブリットモデルも乗り出し価格はAdvanceRSで大体650万円くらいでした。

2.5リッターは納期も長く3ヶ月以上納車まで掛かるそうです。
2.5リッターモデルは法人の購入も多いので人気が集中しているんでしょうね。
2リッターモデルは1ヶ月掛からず納車が可能とのことでした。

出たばかりの人気車種なので値引きなどももちろんなく、私が見積もりしてもらったトヨタディーラーではフロアマット(約7万)のサービスくらいでした。
急いで買う必要がないのなら新車効果の無くなる1年後くらいが値引きもあり購入するにはベストの時期かなと思います。

さいごに

トヨタの代表モデルカローラとクラウン価格帯やセグメントは違いますが、
今回両車ともかなり魅力的なパッケージングで出したきたなあと感じました。

両モデルともLINEやネットを利用したコネクティッドサービスを充実させてきたのも特徴的だなあと感じました。

最新の「Toyota Safety Sense」の予防安全技術を全車標準装備してきたのも好印象です。

クラウンは国内専用車ですが、このデザイン、出来なら海外で発売しても面白いのではないかと感じました。

トヨタの魂のこもった2台の新型車皆さんも一度試乗されてみてはいかがでしょうか!

関連する投稿


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

トヨタ シエンタ|グレードから最新情報までを徹底解説!

魅力的な設計で実用性が高く、ファミリー層から一人乗りまで、幅広いドライバーに人気のシエンタ。今回は、シエンタの特徴や機能、グレードの解説から、最新情報をご紹介します。


トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

トヨタの名車・2000GTは中古で買える?

1967年から1970年のわずか3年間のみ生産されたトヨタ2000GTは、あまり知られてはいませんがヤマハ発動機との共同開発された車です。販売台数も337台(2M-B型・2,253cc、9台試作は含まず)と、その数の少なさで幻の車とも呼ばれているようです。今回はこのトヨタ2000GTについて説明します。


【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

【クロカンSUV】トヨタ「FJクルーザー」その魅力に迫る!

トヨタの製造販売していたクロカンSUV、FJクルーザーは、国内での販売以前に2006年に北米で2008年にはメキシコ・中国で発売された後、2010年に国内販売がなされた車です。2018年の製造販売終了まで殆ど形を変えず販売されていました。今回はこのFJクルーザーについて見ていきます。気になる日本復活はあるのでしょうか。


なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

なぜ、トヨタ アルファードは売れるのか?その秘密に迫る!

アルファード! 豪華でカッコよくて、いつかは乗ってみたいクルマですよね。 大ヒットしているアルファード、なぜそんなに売れるのかを探ってみました!


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。