目次へ戻る

【新型車】カローラとクラウンの受注状況と魅力の分析!

【新型車】カローラとクラウンの受注状況と魅力の分析!

6月26日にトヨタの国民車とも言える2台新型カローラ スポーツと新型クラウンが発売されました。トヨタはこの2台の受注状況を発表し、両車ともかなり好調な立ち上がりとなっているようです。新型車カローラ スポーツと新型クラウンについて分析してみました。


はじめに

6月26日にトヨタの国民車とも言える2台新型カローラ スポーツと新型クラウンが発売されました

トヨタはこの2台の受注状況を発表し、両車ともかなり好調な立ち上がりとなっているようです。

新型クラウンに関しては筆者も非常に興味があり2Lターボのガソリンモデルと2.5Lのハイブリットモデルを試乗車が入ってすぐに試乗しまして非常に完成度の高さを感じました。

新型車カローラ スポーツと新型クラウンの受注状況やそれぞの車種について分析してみました。

新型車カローラ スポーツ受注状況

まずは新型車カローラ スポーツの受注状況から。
6月26日の発売から1カ月にあたる7月25日時点で約9,200台と好調な立ち上がりを記録しているそうです。

参考月販目標台数が2,300台ですが、受注台数は約9,200台と目標の4倍の売上は幸先いいスタートと言えますね!

トヨタによると主な好評点は

・「LINEマイカーアカウント」「オペレーターサービス」をはじめとしたコネクティッドサービス
・スポーティなエクステリアデザインと上質感を追求したインテリア
・TNGAプラットフォームやサスペンションの進化により実現した、上質な走りと乗り心地
・自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」の全車標準装備

だそうです。

筆者としては、スポーティーな若者受けするデザインと上級セグメント並の装備、質感、走行性能が評価されたんじゃないかなと思います。

欧州ではトヨタ・オーリスのワゴンタイプとして発表されていたのでどうせならカローラではなく新しい名前の新型車として出してほしかった気もしますが、トヨタとしてはカローラに対して強い思い入れがあり、今回のカローラスポーツでカローラを昔のような人気車にしたいという思いが強かったのかなと感じます。

カローラのCMでは若手俳優・菅田将暉さんと中条あやみさんを採用しトヨタのマーケティング的にはフレッシュさと若者層にアピールしたいという意図を感じました。

車自体の出来も非常に高そうですし、今後町中でも見かけるようになってきたらもっと人気がでる可能性もあるんじゃないかと思います。

日本自動車販売協会連合会が発表した2018年7月の乗用車ブランド通称名別順位では前年比151%で4位の9,986台を記録しています。
久々に普通車の売り上げランキング1位を狙える可能性もあるではと筆者は考えます。

カローラスポーツ インテリジェントMT搭載モデル

カローラスポーツですが、ATだけでなく8月2日から6速マニュアルトランスミッション(6速MT)搭載車を追加モデルとして販売を開始しました。

発売当初からMTモデルの発売は発表されていて筆者は楽しみにしておりました。

カローラスポーツのMTモデルですが、変速・発進操作をアシストするインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)が採用されています

iMTでは、コンピューターがドライバーのクラッチ、シフト操作にあわせて、最適なエンジン回転数になるよう制御を行ってくれます。

スムーズな発進をサポートするとともに、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択すると、走行中の滑らかな変速までアシストしてくれるのでMTモデル初心者でも扱いやすいですね。

変速ショックが無いのはMT好きには少し物足りないかもしれませんが、筆者的には絶滅寸前のMTモデルに一石を投じるトヨタからのテクニカルな回答として楽しみな一台ですね。

10年以上もマニュアルモデルは運転していませんが、久々に乗ってみたいなあと思える一台かなと思いました。
もし機会があればiMTモデル試乗してみたいですね!

新型クラウン 受注状況

続いてはフルモデルチェンジされた15代目新型クラウンの受注状況です。

6月26日の発売から1カ月にあたる7月25日時点で約30,000台、月販目標が4,500台なので約7倍の受注台数はカローラ以上に好調な立ち上がりと言えますね。

トヨタによる主な好評点は
・伸びやかで流麗なサイドシルエットや、低重心でスポーティな外観デザイン
・正確でシャープなハンドリングと目線のぶれない走行安定性、上質な乗り心地
・「LINEマイカーアカウント」「オペレーターサービス」をはじめとしたコネクティッドサービス
・自転車や夜間の歩行者検知が可能な、最新の「Toyota Safety Sense」をはじめとする先進の予防安全技術

だそうです。

日本自動車販売協会連合会が発表した2018年7月の乗用車ブランド通称名別順位では新型クラウンは前年比333%で10位の7,225台を記録しています。
この価格帯でトップ10は非常に優秀ですね!
今後もトップ10圏内の常連となる気がします。

2.5リッターのハイブリットモデルと2リッターのガソリンモデルのスポーティグレードのAdvanceを試乗しましたが、出来の良さに正直かなり驚きました。

クラウンらしいのは2.5リッターの方で、2リッターのガソリンモデルはよりスポーティな走りができ走り好きにはガソリンモデルの方をおすすめしますが、クラウンらしい素性の良さををより感じられるのは2.5リッターモデルかなと感じます。

デザイン的にもトヨタとしてはかなり冒険してきたなという印象で非常にスポーティで素直にカッコいいと感じました。

ネックは価格ぐらいですね。2リッターのガソリンモデルも2.5リッターのハイブリットモデルも乗り出し価格はAdvanceRSで大体650万円くらいでした。

2.5リッターは納期も長く3ヶ月以上納車まで掛かるそうです。
2.5リッターモデルは法人の購入も多いので人気が集中しているんでしょうね。
2リッターモデルは1ヶ月掛からず納車が可能とのことでした。

出たばかりの人気車種なので値引きなどももちろんなく、私が見積もりしてもらったトヨタディーラーではフロアマット(約7万)のサービスくらいでした。
急いで買う必要がないのなら新車効果の無くなる1年後くらいが値引きもあり購入するにはベストの時期かなと思います。

さいごに

トヨタの代表モデルカローラとクラウン価格帯やセグメントは違いますが、
今回両車ともかなり魅力的なパッケージングで出したきたなあと感じました。

両モデルともLINEやネットを利用したコネクティッドサービスを充実させてきたのも特徴的だなあと感じました。

最新の「Toyota Safety Sense」の予防安全技術を全車標準装備してきたのも好印象です。

クラウンは国内専用車ですが、このデザイン、出来なら海外で発売しても面白いのではないかと感じました。

トヨタの魂のこもった2台の新型車皆さんも一度試乗されてみてはいかがでしょうか!

関連する投稿


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

トヨタ プリウス4WDの実力、そして気になる評価は?

大幅マイナーチェンジでどう変わった? 2015年12月9日に発売されたトヨタ プリウス4WDをトヨタ自動車は2018年12月17日に大規模マイナーチェンジしました。発売から丸三年を経過したプリウス4WDはどう変わったのか、一緒に見て行きましょう!


トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタの代表的な車種「プリウス」のモデルチェンジの特徴や歴史、中古車価格ほか

トヨタのヒット車種「プリウス」は、幾度となく進化を遂げてきました。最近のモデルでは、個性的なフロントフェイスが採用されユーザーからの指示離れも目立ってきており、ライバル車が次々に進化していくこともあり売り上げや人気は低迷してます。今回の記事では、燃費性能や走行性能に優れている「プリウス」の特徴や歴史を各モデルごとに詳しく解説していきます。


トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。