トップへ戻る

売れに売れてる「ジムニー」は本当に買うべきなのか?

売れに売れてる「ジムニー」は本当に買うべきなのか?

新しもの好きもオッチョコチョイも、愛すべきクルマ好きであることは確かであり、メーカーもこれらの人たちのおかげで商売ができているのは否定できない。でも、行き過ぎた幻想を与えすぎてはいけないとの思いから、せっかくのフィーバーに水をかけてみたいと思う。今回は、スズキの新型「ジムニー」だ。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


流行に過敏すぎるオッチョコチョイに警告

新型「ジムニー」が売れている。

納車まで半年とか一年といわれるほどの熱狂ぶりだ。従来型の「ジムニー」ユーザーや、オフロード大好きのマニアが新型「ジムニー」に飛びつくのはわかる。

新型「ジムニー」が、ちまたに溢れるクロスオーバーという、カッコだけの軟派なSUVではないことを良く知っている人たちである。問題は、かつてのSUVブームで「パジェロ」に飛びついたような、流行に過敏すぎるオッチョコチョイなのだ。

かく言う私も新型「ジムニー」が好きだし欲しい。

いや、何十年も前から一度は所有したいと思っていた。その気持ちは今でも変わらないし、新型になった今では前にも増している。けど、私が買わなかったのはなぜか?

私が新型ジムニーを買わない(買えない)理由

軽自動車なのは問題ない。最近の軽自動車は広いし快適だ。しかし、新型「ジムニー」は違う。

はっきりいって狭い。前席はともかく、後席はありえないくらいの狭さだ。これは常にたたんで、荷室として使うべき代物でしかない。しかも、ドアが2枚しかないことを忘れてはいけない。では荷室はどうかというと、これまた狭い。

後席もまともに収納出来ないし、フロアも高くて重いものを乗せるのも苦労しそうだ。

新型「ジムニー」のパワーユニットは変わったが、燃費は軽自動車の平均値を大きく下回る。
WLTCモードではあるが、4AT車では13.2㎞/L(5MT車は16.2㎞/L)でしかない。これは4WD車だSUVだという理由はあるにしても日常使いではありえない。エクストレイルの2.0L車でも15.0㎞/Lなのだから。

だから何だ、と「ジムニー」乗りに言われそうだが、一家に一台のファミリーカーとしては使えない。だから買えないのだ。勢いで買おうものなら家族の大ブーイングを覚悟しなければならない。

そして、どんなに「ジムニー」の良さを力説しても、誰もいっしょに乗ってくれなくなる。そうなれば家庭崩壊だ。したがって、家庭持ちはマツダロードスターと同様に、手を出してはいけない車種の筆頭といえる。

新型ジムニーを買うべき理由

どんな人がかえるのだろうか?きままな一人暮らしの人、もしくは2台目を所有できる人だろうか。とにかくうらやましい。

そして、若い人には是非、新型「ジムニー」に乗ってもらいたい。何しろ面白いのである。いくら若者のクルマ離れを止めようとして、スポーツカーを出したものの、クルマに興味を持ち始めた若者は皆無だ。速く走れても、どこでそんなに早く走るんだ?と、見透かされたからである。カッコイイデザインも、老人のノスタルジアでしかなかった。

だが、 新型「ジムニー」はアイテムとして、ギアとして最高なのである。天気が悪くても、熱くても寒くても気軽に移動できるし、どこか行きたくなる。最近頻繁におこる異常気象であっても、普通の乗用車よりずっと頼りになる。運転に多少自信がなくても、自動ブレーキを始めとする安全装備も充実しているから安心だ。

悪路の走破性能は、自動ブレーキと同じで、万が一の時たよりになるぐらいで特に気にしないでいい。スマホにも使ってないけど役に立つ機能があるように。そう、新型「ジムニー」はスマホと同じくらい使える道具なのだ。

買えなくてもあきらめないで!Bプランがある!

ハスラータフワイルド

新型「ジムニー」目当てでスズキのお店に行っても、結局あきらめて変えることはない。スズキには「ハスラー」という軽SUVがあるのです。中は広くて、燃費だって「ジムニー」の2倍以上走るし、これなら家族は反対しないはず。そこで、グレードだけは任せてもらう事にすればいい。「ハスラー」には最近、男心をくすぐるハードな特別仕様車が出ている。「タフワイルド」だ。

スズキが、新型「ジムニー」が欲しいけど、様々な理由で買えない人のために用意してくれたBプランである(だと思う)。”カワイサ”が目立つハスラーだが、ちょっとした意匠の変更と、ボディカラーによって、見違えるほどのワイルド感をかもし出している。特に黒塗りのスチールホイールがいい。これひとつで魅力倍増だ。

ハスラー・タフワイルド
メーカー希望小売り価格:1,487,160円から
室内長:2,160mm
JC08モード燃費率:32.0㎞/L(4WD車30.4㎞/L)

新型ジムニー
メーカー希望小売り価格:1,458,000円から
室内長:1,795mm
WLTCモード燃費率:4AT車13.2㎞/L、5MT車16.2㎞/L

まとめ


貴方は勢いで新型「ジムニー」買いますか?それとも現実的なBプランである「ハスラー・タフワイルド」にしますか?それにしても新型「ジムニー」を買える人がうらやましい。

買いたくても買えない私たちは、その願望がかなう事を願いつつ、新型「ジムニー」を見るたびに嫉妬して生きていくしかないのだ。

関連するキーワード


ジムニー スズキ 車種情報

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードはなぜ売れない?メリットや新型車情報を解説

スズキのエスクードは売り上げがそれほど振るわないモデルではありますが、数多くの魅力を備えています。秋口には新型車が出るという情報もあり、今後に期待が持てるでしょう。そこで今回は、スズキのエスクードの魅力をご紹介します。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンが乗りづらいって本当?グレードや人気色について解説!

スズキ ラパンは非常にかわいい軽自動車です。しかし、一部ではラパンは乗りづらいという声もあります。そこで今回は、スズキ ラパンのグレードや人気色、乗りづらいと言われている理由についてご紹介します。


スズキ エブリイ|商用車のベストセラーカーを徹底解剖!中古車相場も!

スズキ エブリイ|商用車のベストセラーカーを徹底解剖!中古車相場も!

毎日必ず見かける車といえば軽バンです。そしてその中でも最も多く見るのがスズキのエブリイではないでしょうか。そこで、安くて小回りがきく働く人の強い味方「エブリイ」を徹底解剖します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。