トップへ戻る

スズキ新型「ジムニー5ドア」がインドで発売! 価格は?日本での発売はある?

スズキ新型「ジムニー5ドア」がインドで発売! 価格は?日本での発売はある?

スズキのインド子会社であるマルチ・スズキは、同社の高級ブランド「NEXA」から、2023年6月7日に新型「ジムニー5ドア」を発売しました。ついに発売となったジムニー5ドアですが、現地での価格はどのぐらいなのでしょうか。また、日本での発売はあるのでしょうか。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


新型ジムニー5ドアがインドで正式発売!

《画像提供:Response》〈photo by Suzuki〉スズキ・ジムニー 5ドア(インド仕様)

スズキのインド子会社「マルチ・スズキ」は一部の高額車両を別ブランドであるNEXAから販売しています。そのNEXAより2023年6月7日に、ついに発売となったのが新型ジムニー5ドアです。

スズキのコンパクト本格4WDであるジムニーシリーズには、軽自動車のジムニーと普通車のジムニーシエラ(国外では軽自動車規格がなくこちらがジムニーとして展開される)の2種類がありますが、うちジムニーシエラを5ドア化したのが新型ジムニー5ドアです。

2023年1月12日にインドで世界初公開された新型ジムニー5ドアですが、3ドアのシエラでは利便性が限られ、ユーザーを限定してしまうことから日本でも登場前からその導入を望む声が多く聞かれました。

そんな新型ジムニー5ドアのサイズは、全長3,985mm×全幅1,645mm×全高1,720mmで、ホイールベースは2590mmと、3ドアのジムニーシエラに対し、全長は435mm、ホイールベースは340mmほど延長されていますが、全長は4m以下に収まっておりその取扱のしやすさはそこまで変化はなさそうです。

ジムニーといえば気になるのが走破性能ですが、アプローチアングルが36度、ランプブレークオーバーアングルが24度、デパーチャーアングルが50度、最低地上高が210mmに設定されており、ジムニーシエラと比べると、ランプブレークオーバーアングルがわずかに少なくなっているくらいで、ほとんど変化がありません。

エクステリアは、延長されたボディに後部ドアが追加され5ドアとなっている点以外にも、メッキパーツ付きの5連スロットルグリルが装備され少し豪華な雰囲気になっています。

《画像提供:Response》〈photo by Suzuki〉スズキ・ジムニー 5ドア(インド仕様)

インテリアでは、一部専用内装が施されるほか、ホイールベースが延長されている分、後部座席が広くなっているうえ、専用のリアシートも装備されますが、全幅は3ドア同様で4人乗りの設定自体は変わっていません。

《画像提供:Response》〈photo by Suzuki〉スズキ・ジムニー 5ドア(インド仕様)

エンジンは、最高出力104.8馬力で、最大トルク134.2Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒エンジンが採用され、トランスミッションは、5速MTか4速ATを選べます。

新型ジムニー5ドアの価格は約220万円!日本での発売はある?

ジムニー5ドアの価格は、127万4,000ルピー(2023年6月現在 日本円で約220万円)と発表されており、日本のジムニーシエラが約186万円から販売されているので、40万円弱の金額差があります。

また日本にはない、金属製の外装保護パーツや、アウトドア用品などの純正オプションが多数あり、カスタムを楽しめそうです。

前述の通り、日本でも導入を望む声が多く聞かれる新型ジムニー5ドアなだけに、気になるのが日本導入時期ですが、今のところ発表はなく不明のままです。

一方6月15日には特許庁の意匠公報に新型ジムニー5ドアの日本仕様と思わしき画像がアップロードされたと報じられ、その期待感が一気に高まってきました。

スズキが新型ジムニー5ドアをいつ導入してくれるのか、スズキからの発表が待たれます。

2023年~2024年 新車情報はこちら

関連する投稿


スズキ新型「フロンクス」発表!コンパクトで上質な「クーペSUV」が日本導入

スズキ新型「フロンクス」発表!コンパクトで上質な「クーペSUV」が日本導入

スズキは2024年7月1日、新型コンパクトSUV「フロンクス」の先行情報を公開しました。同車は2024年秋ごろ、日本国内での発売を予定しているモデルです。


進化した”軽SUV” スズキ新型「ハスラー」発表! タフでワイルドな“新仕様車”も登場

進化した”軽SUV” スズキ新型「ハスラー」発表! タフでワイルドな“新仕様車”も登場

スズキは2024年5月24日に、軽SUVの「ハスラー」の新たな一部改良モデルを発表。同時に新たな特別仕様車「ハスラー タフワイルド」も設定し、同日より発売しています。


スズキ新型「キャリイ」発表! 先進安全装備や走破性を強化し、お洒落なブルーカラーを追加

スズキ新型「キャリイ」発表! 先進安全装備や走破性を強化し、お洒落なブルーカラーを追加

スズキは2024年4月19日、軽トラック「キャリイ」および「スーパーキャリイ」「キャリイ特装車」の新たな一部改良モデルを発表。同日より発売を開始しています。


スズキ新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表!ターボやCVT搭載車、お洒落な新色を追加設定

スズキ新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表!ターボやCVT搭載車、お洒落な新色を追加設定

スズキは、2024年2月27日、軽商用車「エブリイ」、軽乗用車「エブリイワゴン」、福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」の一部改良モデルを発表しました。エブリイ、エブリイワゴンは発表同日より、エブリイ 車いす移動車、エブリイワゴン 車いす移動車は3月21日より発売されます。


【2024年】コンパクトSUV 人気おすすめ5選!街乗りからアウトドアまで多様なシーンで活躍

【2024年】コンパクトSUV 人気おすすめ5選!街乗りからアウトドアまで多様なシーンで活躍

ボディサイズが小さく扱いやすい「コンパクトSUV」。5ドアハッチバックに代わるモデルとして、現在その市場を伸ばしているジャンルですが、それだけに各メーカーから多くの車種が展開されています。今回はそんなコンパクトSUVの中から、おすすめの車種を5台紹介します。


最新の投稿


マツダ新型「CX-30」発表!丁度いいサイズのクロスオーバーSUV…安全機能など強化

マツダ新型「CX-30」発表!丁度いいサイズのクロスオーバーSUV…安全機能など強化

マツダは2024年7月18日、クロスオーバーSUV「MAZDA CX-30 (マツダ シーエックスサーティ)」の一部改良モデルを発表しました。発表同日より、販売が開始されています。


安全性能強化した日産のコンパクトミニバン/商用バン 新型「NV200バネット」発表!

安全性能強化した日産のコンパクトミニバン/商用バン 新型「NV200バネット」発表!

日産は2024年7月19日、商用バン/ワゴンの「NV200バネット」の一部改良モデルを発表。5〜7人乗りを用意する乗用仕様のワゴンは同日より、4ナンバーの商用仕様のバンは8月上旬より発売する予定です。


ホンダ新型「CR-V」発表!2年ぶり復活の「6代目」が遂に日本導入

ホンダ新型「CR-V」発表!2年ぶり復活の「6代目」が遂に日本導入

2024年7月18日、ホンダは新型燃料電池車「CR-V e:FCEV(シーアールブイ イーエフシーイーブイ)」を正式発表。翌日19日より、販売を開始しました。


【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2024年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインアップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」の開催概要と、展示が予定されている注目技術

「人とくるまのテクノロジー展 2024 NAGOYA」の開催概要と、展示が予定されている注目技術

自動車技術をメインとした展示会である「人とくるまのテクノロジー展」。2024年は横浜と名古屋で開催されます。今回は名古屋開催について、開催概要や展示が予定されている注目技術をピックアップしました。


ブログ 始め方 | 新車情報 | カーリース おすすめ | 原付 おすすめ | ブログ 始め方 | 副業 | 光回線 おすすめ |
ポケットWi-Fi おすすめ | WiMAX おすすめ | VPN おすすめ | オンライン英会話 おすすめ |
オンライン英会話 安い | オンライン英会話 初心者 | 英会話アプリ | 格安SIM | フリーランスエージェント |
ファクタリング 即日 | ファクタリング 非対面 | 年賀状 安い | お盆 渋滞予測 2024