目次へ戻る

【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

2017年3月18日から20日までの3連休に開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。こちらの記事では大阪モーターサイクルショーのホンダブースにて出展された車両の情報をピックアップしまとめています。


【大阪モーターサイクルショー2017】3月18日~20日に開催

2017年3月18日~20日の3連休に、インテックス大阪1号館および2号館で開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。過去最大規模であると同時に、3連休の開催となり、多くの来場者で賑わいました。

こちらの記事は、大阪モーターサイクルショーにて出展されたホンダの車両をピックアップし紹介しています。

発売が待ち遠しい! CBR250RR

ホンダブースで注目を浴びたのは、新開発の250cc水冷直列2気筒エンジンを搭載した『CBR250RR』。

インドネシアですでに発売がスタートしており、クラスを超えた装備内容がすでにバイクファンの間で話題となっています。

上下2段からなるLEDコンビネーション・ヘッドライトのフロントマスクをはじめとした、スピード感あふれる外装は目をひくもので、倒立フロントフォークやアルミ鍛造スイングアーム、クラス初のスロットルバイワイヤシステム、ラップタイマーを搭載するフルデジタルメーターなど「スーパースポーツ」と呼ぶに相応しい一台です。

ライディングモードも備わっており、ライダーは「コンフォート、スタンダード、スポーツ」の3段階を状況や好みによって選べます。

昨今250ccスポーツバイクは大人気で、各メーカーが覇権を握ろうと凌ぎを削っていますが、上級モデルに匹敵する装備内容とアグレシッブなスタイルのこのCBR250RRが国内発売されることになれば、インパクトは非常に大きいでしょう。

早速のレーシング仕様!CBR250RRレースベース車

こちらも注目を集めた1台。HRC(ホンダ・レーシング)が市販を予定している『CBR250RRレースベース車』です。

CBR250RRレースベース車は、HRCサービスショップにて完成車をコンプリートすることを前提に、HRCからHRCサービスショップへ提供されます。

サーキットで不要なヘッドライトやストップランプ、ウインカーなどは省略され、ECUやハーネスはレース専用品です。

速度リミッターも外されており、そのままレースへの参戦が可能です。

直列2気筒エンジンを搭載する新型『CBR250RR』は、公道バージョンもまだ国内では販売をスタートしていませんが、早くもHRCのレースベース車がお披露目されました。

CBR250RRの発売が目前に迫っていることは間違いないでしょう。

新型CBR250RRもCBR250RRレースベース車も価格等仕様詳細はまだ未定です。いずれも3月24~26日東京モーターサイクルショーでも披露される予定となっています。

異彩のビッグスクーター!X-ADV

ホンダブースで異彩を放っていたのは、昨秋のEICMA2016(イタリア・ミラノショー)で初披露したニューモデルの『X-ADV』。

エンジンはNC750系の水冷SOHC4バルブ直列2気筒745cc。

マニュアルトランスミッションの構造をそのままに、クラッチとシフト操作を自動化した「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」が組み込まれ、イージーライディングが楽しめます。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足周りは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされていて、フロント17、リア15インチのサイズ。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足周りは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされていて、フロント17、リア15インチのサイズ。

メーターまわりもラリーマシンのような雰囲気で、ハンドルはテーパーアルミバー。

少しくらいならダートも行ける雰囲気が面白い1台です。公式プロモーションビデオでもオフロードを元気よく走っているので、実際のダートライディングがいまから楽しみです。

ヘッドライトをはじめとした灯火類はLED式で、エッジの効いたスタイルといいすべてが近未来的。ウインドスクリーンは5段階で調整可能で、高速道路のクルージングも快適なはず。

広いメットインスペースがシート下にあり、ビッグスクーターならではの利便性も魅力。国内発売も間近なようです。

レブル250が復活!BMXモチーフのコンセプトモデル

「レブル250」というバイクを皆様はご存知でしょうか。レーサーレプリカ全盛期の1985年に発売された250ccのアメリカンです。

1985年発売当初のホンダ・レブル

2000年以降は日本での販売をしていませんでしたが、北米仕様のレブル(CMX250)は、30年以上にわたり、販売をされているロングセラーモデルです。

そのレブルが復活したのです。今回展示されたレブルはBMXをモチーフとしたコンセプトモデル。

新しいスタイルで、よりアクティブでフリーダムな楽しみ方を提案しています。

こちらが、カスタムモデルのベースとなっている新型レブル。昔のレブルは並列2気筒エンジンを搭載していましたが、新型で水冷単気筒となっています。

発売時期と価格は未定だが、車体色はブラック、シルバー、イエローが予想されています。

カスタムの自由度も非常に高い1台なので、今回出展されたスタイルコンセプトモデルのように、自分好みにカスタムしてみてはいかがでしょか。

関連する投稿


【画像あり】2018年最新、ホンダ スーパーカブC125が9月14日に発売

【画像あり】2018年最新、ホンダ スーパーカブC125が9月14日に発売

2018年で60周年を迎える、ホンダ「スーパーカブ」の最新モデル「スーパーカブ C125」が9月14日に発売されることが発表されました。本記事では、発表された「スーパーカブ C125」の画像と共に最新モデルをご紹介します。


東京ビッグサイト周辺の駐車場情報 19選!アクセス 移動時間も紹介

東京ビッグサイト周辺の駐車場情報 19選!アクセス 移動時間も紹介

東京モーターショーや東京おもちゃショーなど様々なイベントが開催される東京ビッグサイト。こちらの記事では車で東京ビッグサイトまで行くという方のために、周辺の駐車場情報をビッグサイトまでの移動手段(徒歩か電車か)や、徒歩でかかる時間、駐車場の混雑に関連する情報をお届けしています。


【パリモーターショー2018】今年で120周年! 最新情報

【パリモーターショー2018】今年で120周年! 最新情報

今年で120周年を迎える世界最古のモーターショー。それがパリモーターショーです。すでに、パリモーターショー2018の概要が発表されました。今年は名称も“ル・モンディアル・ド・ロートモービル”から、“ル・モンディアル”へと変えるとともに、大きく構成等を変更しての開催となります。新型車情報やワールドプレミア他随時更新。


【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

【フォトレポート】「TRIUMPH RIOT 7th」富士北麓にオールドトライアンフが集結

2018年5月20日に山梨県・富士北麓駐車場で開催された、オールドトライアンフが集結するミーティングイベント「TRIUMPH RIOT 7th」(トライアンフライオット)の様子をフォトレポートで紹介します。


ヴェヌーシア?イゾア?日本人の知らない北京の日本車たち

ヴェヌーシア?イゾア?日本人の知らない北京の日本車たち

海外で販売される日本車には、日本国内では販売されない車種も多くあります。北京モーターショーでは、特に中国専用車種が多く見られ、日本の自動車メーカーからも多くの中国専用車種が多く見られました。そこで、我々が知らないそれらの日本の自動車メーカーが出展した中国専用車種をご紹介してみましょう。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!