目次へ戻る

【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

【大阪モーターサイクルショー2017】ホンダブースで話題だった4台!

2017年3月18日から20日までの3連休に開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。こちらの記事では大阪モーターサイクルショーのホンダブースにて出展された車両の情報をピックアップしまとめています。


【大阪モーターサイクルショー2017】3月18日~20日に開催

2017年3月18日~20日の3連休に、インテックス大阪1号館および2号館で開催された『第33回 大阪モーターサイクルショー2017』。過去最大規模であると同時に、3連休の開催となり、多くの来場者で賑わいました。

こちらの記事は、大阪モーターサイクルショーにて出展されたホンダの車両をピックアップし紹介しています。

発売が待ち遠しい! CBR250RR

ホンダブースで注目を浴びたのは、新開発の250cc水冷直列2気筒エンジンを搭載した『CBR250RR』。

インドネシアですでに発売がスタートしており、クラスを超えた装備内容がすでにバイクファンの間で話題となっています。

上下2段からなるLEDコンビネーション・ヘッドライトのフロントマスクをはじめとした、スピード感あふれる外装は目をひくもので、倒立フロントフォークやアルミ鍛造スイングアーム、クラス初のスロットルバイワイヤシステム、ラップタイマーを搭載するフルデジタルメーターなど「スーパースポーツ」と呼ぶに相応しい一台です。

ライディングモードも備わっており、ライダーは「コンフォート、スタンダード、スポーツ」の3段階を状況や好みによって選べます。

昨今250ccスポーツバイクは大人気で、各メーカーが覇権を握ろうと凌ぎを削っていますが、上級モデルに匹敵する装備内容とアグレシッブなスタイルのこのCBR250RRが国内発売されることになれば、インパクトは非常に大きいでしょう。

早速のレーシング仕様!CBR250RRレースベース車

こちらも注目を集めた1台。HRC(ホンダ・レーシング)が市販を予定している『CBR250RRレースベース車』です。

CBR250RRレースベース車は、HRCサービスショップにて完成車をコンプリートすることを前提に、HRCからHRCサービスショップへ提供されます。

サーキットで不要なヘッドライトやストップランプ、ウインカーなどは省略され、ECUやハーネスはレース専用品です。

速度リミッターも外されており、そのままレースへの参戦が可能です。

直列2気筒エンジンを搭載する新型『CBR250RR』は、公道バージョンもまだ国内では販売をスタートしていませんが、早くもHRCのレースベース車がお披露目されました。

CBR250RRの発売が目前に迫っていることは間違いないでしょう。

新型CBR250RRもCBR250RRレースベース車も価格等仕様詳細はまだ未定です。いずれも3月24~26日東京モーターサイクルショーでも披露される予定となっています。

異彩のビッグスクーター!X-ADV

ホンダブースで異彩を放っていたのは、昨秋のEICMA2016(イタリア・ミラノショー)で初披露したニューモデルの『X-ADV』。

エンジンはNC750系の水冷SOHC4バルブ直列2気筒745cc。

マニュアルトランスミッションの構造をそのままに、クラッチとシフト操作を自動化した「DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)」が組み込まれ、イージーライディングが楽しめます。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足周りは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされていて、フロント17、リア15インチのサイズ。

ストロークの長い41mmカートリッジ式倒立フォークやリアサスペンション、U字断面のアルミ製スイングアームが与えられている足周りは、ワイヤースポーク式のホイールがセットされていて、フロント17、リア15インチのサイズ。

メーターまわりもラリーマシンのような雰囲気で、ハンドルはテーパーアルミバー。

少しくらいならダートも行ける雰囲気が面白い1台です。公式プロモーションビデオでもオフロードを元気よく走っているので、実際のダートライディングがいまから楽しみです。

ヘッドライトをはじめとした灯火類はLED式で、エッジの効いたスタイルといいすべてが近未来的。ウインドスクリーンは5段階で調整可能で、高速道路のクルージングも快適なはず。

広いメットインスペースがシート下にあり、ビッグスクーターならではの利便性も魅力。国内発売も間近なようです。

レブル250が復活!BMXモチーフのコンセプトモデル

「レブル250」というバイクを皆様はご存知でしょうか。レーサーレプリカ全盛期の1985年に発売された250ccのアメリカンです。

1985年発売当初のホンダ・レブル

2000年以降は日本での販売をしていませんでしたが、北米仕様のレブル(CMX250)は、30年以上にわたり、販売をされているロングセラーモデルです。

そのレブルが復活したのです。今回展示されたレブルはBMXをモチーフとしたコンセプトモデル。

新しいスタイルで、よりアクティブでフリーダムな楽しみ方を提案しています。

こちらが、カスタムモデルのベースとなっている新型レブル。昔のレブルは並列2気筒エンジンを搭載していましたが、新型で水冷単気筒となっています。

発売時期と価格は未定だが、車体色はブラック、シルバー、イエローが予想されています。

カスタムの自由度も非常に高い1台なので、今回出展されたスタイルコンセプトモデルのように、自分好みにカスタムしてみてはいかがでしょか。

関連する投稿


【日本発売は12月】レクサスRXが3列シート・7人乗りに!新型RX L登場!

【日本発売は12月】レクサスRXが3列シート・7人乗りに!新型RX L登場!

レクサスRX新型の3列シートロングバージョンとなるRX Lがロサンゼルスモーターショー2017にて世界初公開されました。日本発売は12月。7人乗りの3列シートRX Lが見られるのももう間もなくです!全長×全幅、ホイールベースなどの現時点で判明しているスペックから、価格予想他、最新画像までRX Lの速報をお届けします。


【ロサンゼルスモーターショー2017】最新情報!出展車・日程まとめ

【ロサンゼルスモーターショー2017】最新情報!出展車・日程まとめ

ロサンゼルスモーターショー2017が12月1日より開催されます。このモーターショーでは毎年多くの新型車が出展されます。外国車はもちろんですが、日本車もたくさん出展されますよ!今回は、ロサンゼルスモーターショー2017で出展されると噂される車種を紹介します。【11月30 日更新】


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


【1月12日~14日開催】東京オートサロン2018 関連情報まとめ

【1月12日~14日開催】東京オートサロン2018 関連情報まとめ

東京オートサロン2018はもうすぐです。本記事では東京オートサロン2018関連の情報をまとめています。開催場所・開催概要・チケット料金・開催日程・来場者数予測など。随時更新します。【11月9日更新】


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


最新の投稿


年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

年末年始|車で遠出する人必見!動画で見るスタッドレスタイヤの必要性

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)が、 雪道におけるノーマルタイヤやスタッドレスタイヤの走行テスト結果を動画で公開しました。年末年始、ご家族や友人と楽しいドライブのために雪道でのタイヤによる走行性能の違いをチェックしましょう。


【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

【速報】トヨタのFRHVスポーツ、まさかの2019年市販化か!?

トヨタが2017年の東京モーターショーでワールドプレミアした、FRハイブリッドスポーツカー『GR ハイブリッドスポーツ コンセプト』。2019年にも市販化される可能性があるというレポートが欧州から届きました。最新情報をお届けいたします!!


愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

愛車が空を飛ぶ時代!?空飛ぶ車 2018年にキット発売へ 価格は1350万

漫画や映画や小説などでたびたび登場する、空飛ぶ車…。夢のような話が2018年にはかなうかもしれません。米国オレゴン州に本拠を置くサムソンモーターズは2018年に空飛ぶ車、サムソン『スイッチブレード』を発売する計画を発表しました。


10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

10台中の4台が日本車!アメリカ10ベストエンジン2018発表

ベストジーニストやベストカー、ベストファーザーなど「ベスト〇〇」は数ありますが、車好きのみなさんは、優秀なエンジンを選ぶ「10ベストエンジン」なるものがあることをご存知でしょうか。もちろん日本車・国産車のエンジンもベスト10に入っていましたよ!!


【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

【アンケート】年末年始の長距離ドライブ。世間の動向を見る。

三井ダイレクト損害保険株式会社は、年末年始(2017年12月22日~2018年1月3日)に高速道路を利用して長距離移動をする、もしくはする予定がある18歳~69歳の男女1,000人へ「年末年始の長距離移動」に関するアンケート調査を行いました。その結果からみえた2017年末の動向を見てみましょう。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング