目次へ戻る

【注意必須】覆面パトカーの見分け方!多い車種や特徴を細部に渡って紹介

【注意必須】覆面パトカーの見分け方!多い車種や特徴を細部に渡って紹介

覆面パトカーの車種や特徴、様々な見分け方を紹介しています。交通ルールを守る大切さを改めて確認し、これから年末年始に向けてのドライブや帰省、旅行といった楽しいひと時にトラブルが起きないように心がけましょう。


覆面パトカーってどんなもの?2種類ある?

TVのドキュメンタリー番組や刑事ものドラマで見ることの多い覆面パトカーですが、そもそもどういったものか説明できる人は実は多くはありません。

そこで最初に「覆面パトカー」とはどのようなパトカーなのか説明します。

街中でもよく見る、白と黒の二色のものは「制服パトカー」と呼ばれ、基本的に交通の取締活動で使用されます。

一方で、街中で一般車と同じ見た目のパトカーを「覆面パトカー」と呼んでいます。

この覆面パトカーはさらに二種類に分けることができます。
一つは、「機動捜査車両」と呼ばれるものです。

刑事が使うもので、犯人を追いかけたり、現場に向かうパトカーです。
わかりやすいもので言うと、刑事ものドラマで見かける一般車と同じ見た目のパトカーです。


もう一つが「交通取り締まり専用覆面パトカー」と呼ばれるものです。
車に乗っていて一般の方がお世話になる可能性があるのが、このパトカーです。

というのも、こちらは交通違反や速度制限を超えている車両を取り締まるのが主な仕事となっていますので車を運転される人全てが対象になるからです。

今回の記事ではこの「交通取り締まり専用覆面パトカー」について書いていきたいと思います。

覆面パトカーの見分け方

ここではまず覆面パトカーの主な見分け方を説明していきます。
いくつかポイントがありますので、そのポイントごとに項目を分けて説明していきます。

覆面パトカーには特定の車種が多い!

まずはトヨタ クラウンです。
クラウンアスリート(200系)や210系クラウンが特に多いようです。
色は白、黒、シルバーと目立たない色が多いようです。

トヨタ クラウンが使われているのには理由があります。
スピード違反を追いかけて、捕まえたりする必要があるのでエンジンが大きいものがいいと言う理由等はあります。

ですが大きな理由は別にあります。


日本のパトカーの歴史で1955年に初代クラウンができ、パトカーに採用されたということ。
そのため、規定条件にはトヨタ クラウンが最も合っているのです。

そもそも覆面パトカーを決めるためには規定条件があり、それを満たした各自動車メーカーの車のみが採用車種となり、覆面パトカーに使われます。

基本的にこの規定条件が非常に細かく決まっています。
規定条件を満たす車種が少ないというのもありますが、ここをクリアできる車種でないと覆面パトカーとして使用することができないのです。

ちなみにこの規定条件ですが、どういったものかと言うと、
車のボディサイズ、ドアの数、ピラーの有無など沢山あるそうです。

規定条件を満たす車種が少なく、かつ警察庁が使ってくれるのだから各自動車メーカー作った方が売り上げはよくあるのでは?と考えた人が多いと思います。
規定条件を満たした車を作るのには開発コストが高くついて結局得ではないそうです。

そのため、トヨタ以外のメーカーからの入札が減ってクラウンが最も使われているということです。


そんな中でも、規定条件は時代と共に少しずつ変わっていきます。

二つ目の車種はスバル レガシィです。

スバル レガシィB4は2013年から覆面パトカーとして初採用されています。
色はやはりトヨタ クラウンと同じで白、黒、シルバーと目立たない色が多いようです。

三つ目は日産 スカイライン。
こちらはトヨタ クラウンやスバル レガシィと比べると使用されている台数は少ないようです。

他にもトヨタ マークXも使われています。
ちなみにスポーティセダンで四人乗りのものが多いという共通点もあります。

これら以外の車種では地方では日産 セドリックが使われていることもあるようです。

また刑事が使用する、捜査用覆面パトカーもセダンタイプが多いようです。
しかし、最近は軽自動車、ミニバン、コンパクトカー、ハッチバックと使用されている車種が増えているため、「この車種だから覆面パトカーだ」と言える事はかなり少なくなりました。

小回りが利く、改造がしやすいといったことからミニバンやコンパクトカー、軽自動車などの覆面パトカーは、現在は捜査用で使用されています。

ですが、捜査用覆面パトカーは捜査がメインで、交通違反を取り締まらないとはいえ、スピード違反や交通違反が見つかった場合は、当然見過ごしてもらえるわけではないのでルールを遵守した走行をしましょう。

覆面パトカーのナンバーの特徴

警察は管轄の県内での取り締まりが基本です。

つまり、走行している車が走行地域以外のナンバーをつけているようであれば、覆面パトカーではありません。

例えば、神奈川県や静岡県で「札幌」、「八王子」といったナンバーの車でトヨタ クラウンだとしても覆面パトカーではないのです。

この見分け方は簡単です。
逆を言えば、走行地域とナンバーの地域が一緒でしたら覆面パトカーという可能性はあります。

他には、地名の横の三桁の最初の数字が「8」の車は覆面パトカーの可能性が高いです。
覆面パトカーは以前は特殊改造車扱いになるため、「8」をつけなくてはいけないとされていました。

しかし現在は覆面パトカーが一般車と同じ扱いで「3」や「5」となりました。
そのため「8」じゃないから大丈夫という気持ちではなく、常に注意してください。
「3」や「5」だから大丈夫というのはもう過去の話です。

その他の見分け方 細かい部分に注意してみると意外と沢山の見分け方が

車の車種やナンバー意外の外見での見分け方も載せておきます。

①バックミラーが二つ存在している。

通常は運転手が確認できればいいので、一つしかバックミラーはつかないです。

しかし、覆面パトカーの場合は運転席側も助手席側も両者が周囲をいつでもチェックして、取り締まることができるようにするために二つつけられています。

②車の後部にエンブレムがついていない。

覆面パトカーには車体後部に付いているグレード名のエンブレムが無いことが多いです。

クラウンの場合です、市販されているものは車体後部の右にグレード名のエンブレムがついています。
後ろからしか見分けられませんが、わかりやすい方法です。

③車体がキレイに保たれている。

全てのパトカー始め、警察庁の車、バイクは必ず毎日洗車されています。

なので、汚れている覆面パトカーは存在しないと考えてもらっても過言ではありません。
怪しい車を見つけて、その車がキレイな場合は覆面パトカーかもと思ってください。

④車の屋根にパトカーランプ(赤色灯)を収納している凹みがある。

覆面パトカーの屋根には必ずパトカーランプを格納している凹みが存在しています。

運転手が確認するのは危ないので絶対やめてください。事故の元になりかねません。
助手席の人に確認してもらうなどで、覆面パトカーを見分ける一つに指標としてくらいでこれは考えておいてください。

⑤走行速度や交通ルールをしっかり守って走っている。

基本的に交通違反で取り締まる車がない時、覆面パトカーは走行車線を速度を守って走っています。
三車線の道路では一番左のレーンを走っていることが多いです。

交通違反車を追いかけて、制限速度を超えて走る時、パトカーランプを付け、緊急走行表示を他の車に示さなくてはいけないというルールがあります。

逆にこれがないと事故になる恐れもありますし、他の車にどいてもらう必要があるからです。

ただ、取り締まる車を探すためのパトロール中やそういった車がいない場合は、必ず制限速度を守って走っています。

走行車線をで速度制限を守り、一番左のレーンで走っているトヨタ クラウンやスバル レガシィといった覆面パトカーによくある車種は要注意です。

⑥専用のアンテナを搭載している

警察の車は無線をのせています。
そのため、専用のアンテナを着けています。

そのアンテナは屋根に付いていることが多いので、そういった車は覆面パトカーの可能性が高いです。

ちなみにそういった無線用のアンテナは一般の車で着いていることはほぼなく、車の下の方についていることが多いです。

⑦ヘルメットや帽子を被り、制服を着ている二人組の車

覆面パトカーは二人一組で行動しています。
運転手と速度違反を計測する人が別のためです。

また警察官のため、制服を着てヘルメットや帽子の着用は必須です。

ですので、二人組で横に並んだ時や追い抜くときには注意しましょう。
上記が該当したら覆面パトカーです。

⑧周囲がおとなしく走っている

高速道路で、周りの車がおとなしく走っていることを感じたことは一度くらいはあると思います。
この場合、先頭を走っているのがトヨタ クラウンやスバル レガシィで覆面パトカーの可能性が高いです。

捕まってしまった場合はどうなるの・・・?

もしも走行中、スピード違反で捕まってしまった場合は超過速度に応じた点数がつき、罰金の支払い、違反金の支払いが課せられます。速度に応じて点数も違反金も異なります。

加点される点数によっては免停~免許取消しになることもあります。

前歴なしで、一般道路で30㎞以上のスピード違反の場合は一発で免停となります。

ただ、免停になってもすぐその場で運転できないとかではなく、捕まった日はそのまま運転して帰ることができます。

後日送られてくる書類に記載してある運転免許停止処分者講習、あるいは出頭して免許証を預けた日からです。

罰金も一般道路では9,000円~18,000円、高速道路でも9,000~25,000円と速度によって異なります。

ただ、40~50㎞以上は簡易裁判所での罰金決定で10万円ほどになることもあります。

いずれにせよ捕まって良いことは何一つないので注意してください。

まとめ

意外と細かい部分を注意してみれば覆面パトカーを見分けることはできると思います。
特に車種とナンバーだけでもしっかり予防できるはずです。

ただ、見分けられるようになったとしても、交通違反をしてしまっては取り締まられるだけでなく、事故の原因にもなります。
捕まった場合の怖さもわかったと思うので、ムリな運転は必ずやめて下さい。

これから特に年末年始に向かって、様々な行事で車を運転する機会は多くなりやすい時期です。
しっかり交通ルールを守り、覆面パトカーのお世話になることなく、快適なカーライフを過ごしていきましょう。

関連する投稿


「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

警察庁から全国の警察に「あおり運転」に対し罰則を強化する新対応が発表されました。こちらの記事では新対応に伴う罰則強化に関連する情報と、あおり運転への対処として高まるドライブレコーダー需要に関する調査結果、そしておすすめのドライブレコーダーや対策方法を合わせて掲載しています。


【信号のない横断歩道】3年連続 9割超のルール無視。違反時の罰則は?

【信号のない横断歩道】3年連続 9割超のルール無視。違反時の罰則は?

2017年6月より、JAFが「信号機のない横断歩道における実態アンケート調査」を実施していました。「横断歩道」に関する道交法・ルールを再度知っていただくと共に、関連するデータ等を記事にしています。2016年から2018年8月の全国の信号の無い横断歩道での一時停止率についても掲載しています。


【表で解説】スピード違反。超過速度毎の点数と罰金額は?逮捕事例も

【表で解説】スピード違反。超過速度毎の点数と罰金額は?逮捕事例も

日ごろ、車やバイクを運転する方は気を付けなくてはいけないのが「スピード違反」。スピード違反は最も取締りされる件数が多い交通違反の1つとなっています。もし、スピード違反で捕まってしまった場合の点数は何点?罰金はいくら?何キロオーバーしたら免停になる?などの疑問点を詳しく説明していきたいと思います。


免停になる違反点数と停止期間、講習の内容 総まとめ!

免停になる違反点数と停止期間、講習の内容 総まとめ!

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止となってしまいます。免許停止となる点数は?免停期間は?免停講習はどのようなことするのか?など免停に対して良くある疑問を分かりやすくまとめて掲載しています。。免停になってしまった場合どうなるのかをこちらの記事でご紹介したいと思います。


【必ず必要】交通事故証明書の発行・申請方法を解説!

【必ず必要】交通事故証明書の発行・申請方法を解説!

万が一交通事故を起してしまった場合、どのような手続きが必要か分かっている方も多くは無いと思います。本記事では、そもそもの交通事故証明書とは何なのか。んまた、その後の証明書の発行方法、申請方法等をまとめて掲載しています。


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】