目次へ戻る

【表で解説】スピード違反。超過速度毎の点数と罰金額は?逮捕事例も

【表で解説】スピード違反。超過速度毎の点数と罰金額は?逮捕事例も

日ごろ、車やバイクを運転する方は気を付けなくてはいけないのが「スピード違反」。スピード違反は最も取締りされる件数が多い交通違反の1つとなっています。もし、スピード違反で捕まってしまった場合の点数は何点?罰金はいくら?何キロオーバーしたら免停になる?などの疑問点を詳しく説明していきたいと思います。


道路交通法における「スピード違反」とは?

スピード違反とは正式な交通違反を“速度超過”といいます。

法定速度で規制された速度を上回ることとされており、重大な事故につながることも多いので道路交通法によって厳しく制限されています。

スピード違反になる定義は2つで「道路交通法第22条」と「道路交通法施行例 第11条」に記載されています。

第二十二条 車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他の道路においては政令で定める最高速度をこえる速度で進行してはならない。


第十一条 法第二十二条第一項の政令で定める最高速度(以下この条、次条及び第二十七条において「最高速度」という。)のうち、自動車及び原動機付自転車が高速自動車国道の本線車道(第二十七条の二に規定する本線車道を除く。次条第三項において同じ。)以外の道路を通行する場合の最高速度は、自動車にあつては六十キロメートル毎時、原動機付自転車にあつては三十キロメートル毎時とする。

道路交通違反ではスピード違反についてこのように定められています。

普通車の一般道の法定速度は60kmですが、40kmや50kmに規制されている道路もあります。
そのため理解はされていると思いますが『60kmまでならスピードを出してOK』と認識しないようにしましょう。

また、原付バイクの場合は標識の有無に関わらず法定速度は30kmとなっています。スピードを出そうと思えば60km前後までは簡単にスピードが出てしまうので注意が必要です。

【スピード違反点数別】反則金・罰金はいくら?

スピード違反で取締りを受けた場合、反則金、罰金、懲役の3つの中からいずれかの罰を受けなくてはなりません。

反則金と罰金は同じと思っている方も少なくないと思いますが、明確な違いがあります。

まず、反則金と罰金の違いを説明するにあたって「交通反則通告制度」についてを簡単に説明します。

「交通反則通告制度」とは、違反点数が6点未満の軽微な交通違反の手続きを簡略化する制度です。

軽微なものでも刑事罰として手続きを進めることは可能ですが、軽微な交通違反のすべてを裁判所で裁判を起こしていては、裁判所や警察などの行政機関がパンクしてしまいます。

そのような事態を避けるために、軽微な交通違反には「交通反則通告制度」によって行政上の手続きを簡略化し、行政だけでなくドライバーの負担も軽減しているのです。

反則金は行政処分

反則金は交通反則通告制度によって、軽微な違反に課せられる行政処分になります。

課せられた反則金は行政上において秩序罰であるため、罰金のような刑事罰と異なるため「前科」がつくことはありません。

反則金は、スピード違反を犯した際に警察から渡される「納付書・領収証書」に記載があるため郵便局や銀行の窓口にて現金の一括払いのみで支払いをします。

罰金は刑事処分

軽微な違反に課せられる反則金の支払いと違い、6点以上の重い交通違反に対して課せられる刑事罰を罰金刑になります。

罰金を伴う重大な交通違反を犯してしまった場合「告知書(通称:赤切符)」が当事者に渡されます。
赤切符を切られると罰金か懲役刑になるため、当事者には「前科」が付きます。

反則金と罰金の違いについて、詳細はこちらの記事にてご覧下さい。

スピード違反点数別の反則金・罰金一覧【一般道路・高速道路】

スピード違反での反則金や罰金は、速度超過によって変わってきます。

罰金の場合は、裁判官が判決によって罰則を決めるため予め罰金額が決まっているわけではありません。反則金は超過速度によって金額が変わります。

 
【一般道】スピード違反(速度超過)の反則金(罰金)と点数一覧
超過速度違反点数反則金罰金
15km未満1点9,000円-
15~20km未満1点12,000円-
20~25km未満2点15,000円-
25~30km未満3点18,000円-
30~50km未満6点-最大10万円※6~8万円が相場
50km以上12点-最大10万円※6~8万円が相場
 
【高速道路】スピード違反(速度超過)の反則金(罰金)と点数一覧
超過速度違反点数反則金罰金
15km未満1点9,000円-
15~20km未満1点12,000円-
20~25km未満2点15,000円-
25~30km未満3点18,000円-
30~35km未満3点25,000円-
35~40km未満3点35,000円-
40~50km未満6点-簡易裁判所で罰金決定
50km以上12点-簡易裁判所で罰金決定

スピード違反に対する刑事罰は?

車でのスピード違反(速度超過)は原則的に道路交通法違反となり、6カ月以下の懲役または10万円以下の罰金の刑事罰を受けることになります。

ただ、冒頭でも説明させて頂いたとおり、軽微な違反については交通反則通告制度に基づいて刑事罰として裁かれないことがほとんどです。

しかし、下記の場合は刑事罰として逮捕される例となります。

 スピード違反以外にも交通違反を起こしている場合
 スピード違反で取締りを受けた際に無免許だった
 アルコール反応が出た

また、スピード違反の停止命令を受けているのに逃走した場合や速度超過があまりにも超過している場合は略式裁判とならずに検察が公判請求を行い刑事処分とされ懲役刑になる可能性があります。

記憶に新しい事例としては、2018年3月1日、東京都国立市の中央自動車道で法定速度を135kmも上回る、時速235kmで逮捕されたという事件もありました。

スピード違反で免許停止になるのは時速何km超過から?

一般道路では30km以上、高速道路では40km以上の速度超過からが一発免停となります。
しかし、これは「前歴なし」の方のみ当てはまります。

3年以内に他の交通違反を起こして点数が加算されている場合は、上記のスピード超過以下でも免許停止になる可能性があります。

免停(免許停止処分)については下記の記事にて詳しく紹介しています。

最後に

スピード違反は、交通違反の中でも取締りが多いため普段から車を運転する方は特に気を付ける必要があります。

また、スピード違反は他の交通違反よりも反則金が高くなっています。
そして、罰金刑になった場合も5万~10万円の支払いを命じられることがあります。

ここまで反則金や罰金が高額な理由は、重大(生死に関わる)な事故につながる可能性が高いからです。

高い反則金や罰金を払うのを回避するだけでなく、事故防止のためにもスピードの出し過ぎには注意し安全運転を心がけましょう。

関連するキーワード


交通ルール・マナー

関連する投稿


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


最低限抑えておきたい自転車の交通ルール&マナー|違反時の罰則・罰金について

最低限抑えておきたい自転車の交通ルール&マナー|違反時の罰則・罰金について

子供から大人まで、幅広く多くの人が乗っている自転車。ですが、意外と知られていないのが自転車の交通ルールです。自転車の交通ルールを守らなかったことにより死亡事故に繋がるような事例もあります。こちらの記事では最低限抑えておくべき自転車の交通ルールと違反時の罰則、また交通マナーに関してをまとめて掲載しています。


【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

シートベルトは後部座席にも着用義務があります。こちらの記違ではシートベルトを着用しなかった場合の違反点数、違反金・罰金とシートベルトの着用が免除される事例等をまとめて掲載しています。また、シートベルトに関連するカー用品・カーアクセサリーの紹介も掲載しています。


【免停】免許停止になる違反点数と停止期間・講習の内容 総まとめ

【免停】免許停止になる違反点数と停止期間・講習の内容 総まとめ

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止となってしまいます。免許停止となる点数は?免停期間は?免停講習はどのようなことするのか?など免停に対して良くある疑問を分かりやすくまとめて掲載しています。。免停になってしまった場合どうなるのかをこちらの記事でご紹介したいと思います。


【駐車禁止違反】罰金・懲役・点数は?罰則の全てをわかりやすく解説

【駐車禁止違反】罰金・懲役・点数は?罰則の全てをわかりやすく解説

こちらの記事では駐車禁止違反(駐禁)について、違反をしてしまった際の反則金・罰金、違反点数などの罰則内容から、駐車禁止のステッカーを貼られてしまった場合、どうすれば良いのか等の対処方法、駐禁の際の反則金の支払いについてや、違反をしてしまった場合はすぐに出頭すべきか否か等をまとめて掲載しています。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。