トップへ戻る

【早すぎ?】一年で海外のオーナーが手放す車ランキングトップ11

【早すぎ?】一年で海外のオーナーが手放す車ランキングトップ11

中古車情報サイト、「アイシーカーズ・ドットコム」は、2年間で2400万台の新車の販売状況を分析し、購入後、最もリセールされている車を発表しています。 分析したのは2015~2017年に販売された車で、リセール率は、リセール台数を各車の新車販売台数で割ったもので算出。いったいどんな車がランクインしているのでしょうか…。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【早すぎ?】一年で海外オーナーが手放す車ランキングトップ11

海外の中古車情報サイト、「アイシーカーズ・ドットコム」は、2年間で2400万台の新車の販売状況を分析し、購入後、最もリセールされている車を発表しています。

分析したのは2015~2017年に販売された車で、リセール率は、リセール台数を各車の新車販売台数で割ったもので算出されています。

※調査から走行距離が500マイル(約800キロメートル)以上の新車、走行距離4000マイル(約6400キロメートル)以下の中古車は除く

海外(米国)では、いったいどんな車がリセールされているのでしょうか?

下記の情報を参考にまとめてみました。

11位 日産ヴァーサ

10位 スバルWRX

9位 クライスラー200

8位 メルセデス・ベンツ Eクラス

7位 BMW 4シリーズ

6位 BMW X3

5位 ダッジ・ダート

4位 日産ヴァーサ・ノート

3位 メルセデス・ベンツ Cクラス

2位 BMW 5シリーズ

1位 BMW 3シリーズ

BMWとベンツが多い?そのわけはズバリ

ランキングによれば、最もリセールされている車トップ11台のうち6台がメルセデス・ベンツかBMWとなっています。

「えっ!?なんで?ベンツもBMWもいい車じゃない」と思う方も多いかと思います。もちろんどちらもすばらしい高級車です。ただ、この高級車ということがやっかいで、高級車である以上、オーナーの期待も他の車より高くなり、他の車とは違って、簡単には満足できないということが第一に考えられます。

また、ガートナーの自動車アナリストでシニア・リサーチ・ディレクターであるマイク・ラムジー氏によれば、コストも大きな要因の1つであるようで。
「高価な車であるため、購入後の維持費の負担が大きく、すぐに売らざるを得なくなったのだと思う」とコメントしています。

一方、アイシーカーズ・ドットコムのCEO、フォン・リー(Phong Ly)氏は、また別の見解を持っています。

リセール率の高さはメーカーとディーラーの間の意図的なマーケティング戦略によるものと見ています。

ディーラーは新車を代車用に購入し、1年以内に販売します。そのため、オーナーは車を点検などでディーラーに持ち込む際に、代車として貸し出された車で新モデルに触れ、それで、そのメーカーから新車を購入する可能性が上がるのでは、とリー氏は調査結果に述べていました。

最後に

いかがでしたか。貴方はこのランキングに納得?それとも不服???

今回は、海外でのリセール情報を基に作成されたランキングでしたので、日本での調査を行った場合、また違うランキングになりそうですね。

最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。