目次へ戻る

【アライメント調整とは】掛かる料金・時間からDIYでの調整方法を解説

【アライメント調整とは】掛かる料金・時間からDIYでの調整方法を解説

こちらの記事ではタイヤのアライメント調整について、そもそもアライメントとは何なのかの説明から、アライメント調整のメリットと必要性、DIYでの調整方法と業者に依頼する場合に掛かる料金や時間について、また事故を起こしてしまった場合の調整についての説明をしています。


アライメントとは?

アライメントは、車の車輪の向き、角度、方向などをきちんと揃える事を指します。アライメントの構成要素にはトー角、キャンバー角、キャスター角、キングピン角があり、クルマによって規定値が決まっています。

通常アライメントを行う場合は、トー角、キャンバー角、キャスター角の3つの角度を調整して、アライメントします。

それらを規定値に収めることによって、歪みや違和感がなく走行することが出来て、車本来の走りを引き出すことが可能です。また「ホイール・アライメント」「四輪アライメント」などとも呼ばれます。

キャンバー角とは?

車を正面から見たときのタイヤの傾きを指します。タイヤ上部が外側に傾くこと(逆八の字)をポジティブキャンバーと呼び、タイヤ上部が内側に傾くこと(八の字)をネガティブキャンバーと呼びます。

傾きすぎるとタイヤの内側もしくは外側だけが、減っていきます。またコーナリングや直進性に影響を及ぼします。

トー角とは?

車を上部から見たときにタイヤがどちらを向いているかを表すのが、トー角です。前方が狭くなっていることをトーイン、前方が広くなっていることをトーアウトと言います。

キャンバー角と同じく、直進性やコーナリングに影響する部分になります。市販車ではトーゼロからややトーインが主流です。

キャスター角とは?

車を側面から見たときのキングピン軸の角度の事を、キャスター角と言います。キャスター角は、操舵輪にのみ存在する角度であり、角度を付けることで直進安定性を保つ役目を果たします。

角度を後方に付けるとプラスキャスター、前方に傾けるとマイナスキャスターといいます。ハンドルを回したあとで手を離すと、ハンドルが勝手にまっすぐに戻ろうとするのは、このキャスター角が付いているからです。

アライメント調整をするメリットと必要性

アライメントを調整するメリットとは一体何なのでしょうか?メリットと必要性の項目に分けて説明していきます。

メリット

・燃費が上がる
・タイヤの偏摩耗がなくなる
・車の操縦性をあげる

必要性

車本来の性能を活かし、直進安定性や旋回性を保つためにアライメントをしてタイヤの向き、あらゆる角度を適正に調整する必要があります。

車は普通に走っているだけでも、経年劣化や、パーツの劣化によって僅かにアライメントにズレが生じることがあります。ハンドルを少し曲げないとまっすぐ走らない車は、事故の原因や運転ストレスの増加を引き起こします。

なので少しでも違和感があれば、アライメントを行うことをおすすめします。

アライメント調整をするタイミングは?

普通に車に乗っていると中々アライメントを調整するタイミングはありませんが、調整すべきタイミングとはいつなのでしょうか?以下が具体的な例です。

■縁石にタイヤを強く接触させた
■足回りの部品を交換したとき(車高調など)
■事故をしてしまったとき
■3年以上乗ってる場合(過去一度もアライメントをしたことがない場合)
■ハンドルを少し曲げないと直進しない場合
■タイヤが偏摩耗しているとき

このような場合は、アライメントが必要になります。縁石に強く接触したり、事故をしたり、足回りの部品を交換した場合は、なぜアライメントがおかしくなったのか、自分でも気がつきやすいです。

しかし普通に乗っているだけでも、足回り部品のヨレが原因でアライメントは、多少ズレていきます。タイヤの偏摩耗も日頃からよく気にしていないと、気がつかない場合も多いのではないでしょうか?

なので、3年~5年の周期で定期的にアライメントをすることをおすすめします。

アライメント調整をする方法と料金・時間

アライメント調整は基本どのようにして行うのか、説明していきます。店で行う場合は、アライメントテスターと言う機械をタイヤに装着して、車正面にカメラを設置して、それぞれの角度はどのようになっているか、データをモニターで見ることが可能です。

この機械によって細かな数値を、データとして見れるため、アライメントがしやすくなるのですが、DIYでのアライメント調整が可能なのか知りたい方も多いと思います。

次の項目では、DIYでのアライメント調整が可能なのか?とアライメント調整を店でやった場合にかかる料金などを説明して行きます。

DIYでのアライメント調整

トー角、キャンバー角、キャスター角の知識があり、どこの部分を調整すれば角度が変わるのかを理解していれば、アライメントテスターが無くても、DIYでアライメント調整が可能です。

ただし肉眼のみで確認して調整しようとすると、アライメントは確実に狂ってしまうので、「糸」「水準器」「錘」を使用します。

【DIYアライメントの手順】

1.タイヤの空気を4つ均一に揃える
2.キャンバー角を水準器で確認する
3.左右のタイヤのキャンバー角を揃える
4.測定をしようとするホイールの中心に糸を付けた錘を垂らします
5.ホイールの上部ディスク面と糸の距離をノギス等で計ります。
6.ホイール上部の距離が広い場合は、ポジティブキャンパー
 ホイール上部の距離が短い場合は、ネガティブキャンパーとなります
7.もし左右差があれば、この時点で調整をします。一般車はゼロキャンバーが望ましい設定です。
8.トー角を確認するため前後のホイール間に糸を張ります。このとき直接ホイールに糸を張るとボディと干渉する可能性があるので、パイプやスチール缶などをホイールに付け、その上に糸を張ります。

以上でアライメントは完了しますが、注意点があります。工程8の時前後の車軸の幅(トレッド)が同じだとは限りません。前が1450、後が1460の場合、片側5mmの差が生まれるので、後輪には、5mm長めのパイプやスチール缶をセットしなくてはなりません。

先にアライメントしたい車の、寸法を入手しておきましょう。

アライメント調整に掛かる料金・工賃・時間

アライメントを店舗で行った際に掛かる料金は以下の通りとなっています。見て分かる通り駆動輪の違いや、車の種類、地域によって料金が異なります。以下の料金は一例です。

 
※料金の一例
価格タイヤ交換工賃+アライメント点検
<フロント左右トーイン調整込み>
アライメント点検のみ
<フロント左右トーイン調整込み>
軽自動車¥9,800¥12,800
FF¥11,800¥14,800
FR¥11,800¥14,800
4WD¥13,800¥16,800
外車¥15,800¥18,800

おおよそアライメントのみの調整は2万円前後が相場です。

ホイールアライメント測定に要する時間はおおよそ30分~
ホイールアライメント調整に要する時間はおおよそ2時間~

となっています。ホイールアライメントは、時間がかかる作業のため、どの店舗であっても予約してからの作業が基本となります。

事故後のアライメント調整について

普通に乗っているだけでも、アライメントはズレが生じるものです。事故した場合はほとんどの確率で、アライメントの調整がバラバラになってしまいます。

果たして事故してしまった後でもアライメント調整して、元に戻すのは可能なのでしょうか?この項目では事故車のアライメント調整について詳しく説明していきます。

事故車のアライメント

事故の範囲にもよりますが、アライメント調整で出来る範囲には限界があります。軽度の事故でアライメント調整範囲内であれば、しっかりと調整が出来ますが、フレームまで曲がってしまうような大きな事故の場合は、ほとんど不可能と考えた方が良いです。

また事故をしたとしても、アライメントのズレには気がつかないケースもあり、数値にしてみないと分からないこともあります。事故した後は念のためアライメント計測を受けて、必要であれば調整を受けるようにしてください。

最近の車は、アライメント調整が出来ない車も存在します。またトー角のみの調整が可能なものなど、車種によって様々です。一度店舗で確認して見ましょう。

アライメントとサイドスリップ調整の違い

サイドスリップ調整は、アライメントをする上でも良く出てくるワードですが、アライメント調整との違いはどこにあるのか、難しいところです。この項目ではサイドスリップ調整の違いについて、詳しく説明していきます。

サイドスリップ調整とは?

簡単に説明すると、トー角を調整して、車をまっすぐ走るように調整することを言います。

サイドスリップ調整は車検項目にも入っていて、横滑りの量を計測します。1m走り左右5mm以内のサイドスリップ量が車検クリアの基準です。

相互の違いについて

アライメントは、トー角、キャンバー角、キャスター角、キングピン角など複数の要素の調整の事を指します。サイドスリップ調整はトー角のみの調整なので、調整する項目の違いによるものです。

サイドスリップだけ調整しても、他の角度がズレていれば、タイヤが偏摩耗したり、ハンドルが重かったりします。必要に応じての調整が肝心です。

まとめ

今回の記事では、アライメント調整について詳しく説明しました。アライメントは複数の項目の角度調整を行う事だと分かっていただけたと思います。

専門的な調整になるので、知識がなければ、自分での調整は難しいですが、DIYで行うことも可能です。

※しかしながら、自分では難しいと思ったら、専門家の方の手を借りるのが大切です!くれぐれも無理はしないでくださいね

事故や強い衝撃があると、アライメントがバラバラになってしまうことが多くあり、何もない場合でも、気がつかずにがズレていることもありますので、定期的なチェックをおすすめします。

関連するキーワード


タイヤ DIY メンテナンス

関連する投稿


排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

普通車を運転している方にとって「排気ブレーキ」というワードには馴染みが無いかと思います。排気ブレーキとはトラックやバスなど、主に車両重量3.5トン以上の車に装備されている補助ブレーキの1つです。 この記事では排気ブレーキの仕組みや構造、使い方などをご紹介しております。


【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

【クランクシャフト】エンジンの重要パーツ クランクシャフトを解説!

「クランクシャフト」は、車を動かすために重要なパーツです。 エンジン内のピストン運動は、このクランクシャフトを通し回転エネルギーに変換され、車は推進力を得る事ができます。 この記事では、クランクシャフトに関する構造や担っている役割、起こりうるトラブルなどを説明しています。


【初心者向け】車のバッテリー上がりの対処法とバッテリー交換の方法まとめ

【初心者向け】車のバッテリー上がりの対処法とバッテリー交換の方法まとめ

急にきて困ってしまう。それが車のバッテリー上がり。車のバッテリーが上がってしまった際の対処法をまとめています。また、もしバッテリーを交換するとなった際に、初心者の方でも安全に行える対処法についても解説していきます。


【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

雨の日のドライブにワイパーを使っても、スジになっていたり、ビビり音がすると既にワイパーの交換時期が過ぎているのかもしれません。 見落としがちなのワイパーブレードの交換。今回は、ワイパーブレードの種類から交換方法と外し方、寿命の見分け方や交換時期についての説明と、おすすめのワイパーブレードの紹介を合わせて掲載しています。


最新の投稿


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。