目次へ戻る

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。


ロードスターNBとは? ~カスタムしがいのある車という魅力~

ロードスターNBは、完全な名作といってもいいかもしれません。

例えば、まるでネイキッドバイクに乗っているかのような乗り心地です。軽い車体のためアクセルを全開にしなくても加減速がしやすく、オープンカーとしての性能が抜群です。

確かにロードスターNBの加速は、過激さという面でいえば全くありません。しかし、車速は確実に高まりながらアクセル追従性が素直ということが、乗り手との一体感を高めてくれるのです。

トラクションやヨーコントロールの電子制御がまだまだ未発達だった時代にロードスターNBは生まれているのが驚きです、

フロントの応答性を適度に緩くしていながらリアに自由度を与え、車体ががフロントだけではなく、全体で曲がる感覚が強くあります。さらに、トルセンデフの効き具合も絶妙です。

いうなれば、ロードスターNBは運転技術がある人には楽しく、気持ちよく走ることができるのです。この曲がりたがる性質があるロードスターを自分だけの車に仕上げるために、これまで多くの好きものたちは思い思いのセスキットを選び、セッティングしてきたのです。

ロードスターNBという車は、フロントバンパーからエンジンまでカスタムを考えていけば、世界に一台しかない車「ロードスター」を作り上げることができます。

そのため、ロードスターNBはカスタム中心に考えていくことで魅力が増していく車ということもできるでしょう。まずは、ロードスターNBの魅力をカスタムを通して探っていきましょう。

ロードスターNBのエアロ ~おすすめのフロントバンパー~

フロントバンパーなしでエアロを語ることはできません。ロードスターNBの純正バンパーをすべて交換することでロードスターのイメージが劇的に変化します。ロードスターNBの見た目をイメチェンしたいのであれば、間違いなくこれなのです。

目立ち過ぎないフロントバンパー Auto Exe

ロードスターNB後期のエアロを探してみると、レーシーで速そうなものや芸術的なデザインで走り屋が好むようなものなどが多くあります。

そんな中、Auto ExeのCW系のフロントバンパーは、目立ち過ぎないという良さがあります。落ち着いたデザインは、仲間から存在感はあるけど大人の雰囲気でカッコイイと評価を得られることでしょう。

ガレージベリー N-ZEROバンパー・コンプリート

このフロントバンパーは、名前の通りレース使用を目的で作られたものです。フロントの接地感が向上すると、ステアリングから伝わってきて満足することができます。また、デザインもいいため、周囲からの視線が気持ちよく感じることができるでしょう。

ほどよい車高と機能性重視のレーシングスタイルに仕上げることを考えると「ガレージベリー N-ZEROバンパー・コンプリート」はおすすめですので、気になる方は探してみるといいでしょう。

このように、本格的なエアロパーツを装着し、さらにホイール・マフラー・タイヤ交換することでロードスターNBはサーキット走行も視野に入れることが可能です。

もちろん、本格的なレースに出場するには、それなりの覚悟が必要になります。ロードスターNBで何をしていけば自身の満足いく形になるのかを考えていくことがいいのです。

インチアップとホイール

タイヤサイズの変更は、ロードスターNBが走行するときに一番敏感に変化を体感することができるカスタム箇所になります。

タイヤサイズの変更は、ホイール変更が大前提になりますので、ホイールのチョイスから考えていくといいでしょう。

また、タイヤのインチアップは見た目が良くなるだけではないので、メリットやデメリットも簡単に把握した上でドレスアップを考えるのがいいです。

ロードスターNBをインチアップするメリットは主に下記となります。

・見た目が良くなる
・運動性能の向上
・グリップ性能が高くなる
・コーナリング性能の向上

また、ロードスターNBをインチアップするデメリットは下記です。

・乗り心地の悪化
・燃費が悪化
・走行音が大きくなる
・重量が重くなる
・ハンドルが重くなる

また、インチアップする際には注意する点が下記のようにあります。

・正しい空気圧で使用すること
・外径は変わらないようにすること
・車体に干渉しないようにすること
・荷重が下がらないようにすること

基本的にインチアップをするとこのようなメリットとデメリットがあり、キチンと理解せずに安易にホイールとタイヤを交換するとトラブルになることがあります。

例えば、燃費を意識している方がインチアップをすると燃費が下がる原因となり、予想外の結果になることもあり得ます。正しい知識を知った上で、インチアップとホイール・タイヤ交換を考えていきましょう。

マフラー交換の効果 ~JASMAの基準を満たしているかの確認~

車好きであればマフラーの交換を考えたことがある方も多くいるかと思います。マフラーを交換することができれば、音量を変えることができサウンドを轟かせながら走行することや、パワー特性も変わり、可能になるためおすすめなのです。

しかし、ロードスターNBのカスタムにおいてマフラーの交換は、非常に敏感な部分となります。例えば、レース場で走ることに特化するのであれば、マフラーから排出するサウンドすらも楽しむことができますが、市街地の走行では、車のマフラーカスタムも法律で規制されていることも多くあるからです。

マフラー交換を考えているのであれば、日本自動車スポーツマフラー協会(JASMA)に定められた基準を満たしているマフラーでなければいけないことを把握しておきましょう。

マフラーについてはさまざまな規定がありますので、社外マフラーを購入する際には、JASMA認定品であるかどうかの確認も含めて、マフラー交換についてお店に相談することがいいです。

ロードスターNB ~ハードトップとソフトトップ~

最近では耳にすることはあまりないのですが、1970~1990年代にかけてハードトップはひとつのジャンルを築いてきました。そもそもハードトップ=「硬い屋根」という意味ですが、これはソフトトップ=「柔らかい屋根」の対義語として登場しています。

これに由来して、オープンカーではソフトトップ=「幌」と呼び、ハードトップ=「スチール製の屋根」と呼ぶことがあります。

また、ハードトップを被せたようなスタイル=「ハードトップ」と呼ぶようになったり、幌を被っているように見えながら実はハードトップ=「革張りのレザートップ」というものも流行っていた時代もありました。

また、ロードスターNBというは、そもそも先代の人気となったNAを引き継ぐ形で登場したものです。

1998年にロードスターNBが登場し、先代モデルNAからデザインが大きく変更していますが、基本は同一(プラットフォーム・パワートレーンなど)となっているため、互換パーツが多くあるモデルです。

ロードスターNBの特徴としては、NAと設計を共有化しているためオプション設定の脱着式ハードトップがNBにも装着可能となっています。

ロードスターNBは、走行性能もNAの特徴があるのですがエンジンの吹き上がりの滑らかさや、ブレーキの利き具合が強力になっていることで、さらに質が向上させています。

ロードスターNBの魅力は、バリエーションが豊富であることです。例えば、NAに近い乗り味といわれている1.6Lから、1.8Lのターボモデルまで豊富な点でしょう。

また、オープンカーの場合「屋根は仕方なく締めるものだ」とよくいわれています。しかし、ソフトトップは見た目において重要で、車の外装の面積を大きく占めるものとなるため、車の印象を左右するものです。

ロードスターNBのソフトトップの場合も同じであり、ソフトトップは経年劣化による傷みが避けられない消耗部品となるため、交換するとそれなりの費用(10~15万円程度)がかかります。

このように、ロードスターの特徴は「オープンカー」であるとことです。晴れた日には、ハードトップあるいはソフトトップの屋根を開けることで開放感を味わうことができるのが最大の魅力です。しかし、さきほど記載したようにソフトトップは劣化するため注意しましょう。

もしソフトトップの劣化が気になるようであれば、メーカー純正でハードトップが用意されているので、そちらを検討するといいでしょう。ハードトップは、ソフトトップよりも頑丈なため劣化などの心配がなくなります。

ロードスターNAとNBの違い ~ヘッドライトの変更~

ロードスターNBの特徴として、ヘッドライトがリトラクタブルから固定式に変わったことがあげられます。顔を表現するものは、人も車も同じで「目元」となり、デザインのアクセントとして前照灯=「ヘッドライト」が重要な役割なので、大切なことです。

前期型はマルチリフレクター主体の二灯式で、後期型はプロジェクター併用の三眼式となっていますが、当時は賛否両論(否定派が大半)あったヘッドライトの変更でした。

このモチーフは、NAロードスターのポジションライトからきているのですが、NA当時から「目を与えたかった」と構想されたものが、固定ヘッドライトとして採用されたデザインなのです。

ヘッドライトの水滴を垂らしたようなデザインとなっており「丸目異形」と呼ばれています。しかし、なぜこのヘッドライトのデザインに異論が多かったのかというと、リトラクタブルヘッドライトの廃止と同時に、「どこかで見たことあるようなデザイン」という要因があったからです。

確かにNAの顔はシンプルであり、まるでスーパーカーから受け継いだDNAというロマンがあったデザインです。そこから、どこかで見たことのあるようなデザイン=顔になってしまった反動というのはとても大きかったといえます。

しかし、当時の評価はさておいて一流のデザイナーが競い合って勝ち残ったデザインです。改めていまロードスターNBを眺めてみると、現在でも通用するヘッドライトであり、古臭くないカッコイイ顔といえるのではないでしょうか。

ロードスターNBのスペックと燃費 ~思っているほど悪くはない~

ロードスターはそれぞれの世代によって燃費が変わり、現行型にいたってはスカイアクティブなどの新しい技術が盛り込まれているため、燃費がいいです。

ロードスターNBの燃費については、カタログ燃費上では11.2~14.8㎞/Lとなっています。しかし、実燃費がそれほど落ちるというわけではなく10.38~14.22㎞/Lという結果となっており、近年では珍しくカタログ燃費と実燃費が近い数値を出しています。

NA、NB型の前期に至っては、ガソリンもレギュラー仕様のため、型が古いから燃費が悪いというわけではないのです。

◎ロードスターNBの代表的なスペック

ボディサイズ全長3,955㎜ × 全幅1,680㎜ × 全高1,235㎜
ホイールベース2,265mm
車両重量1,010kg
エンジン仕様・型式B6-ZE 直列4気筒DOHC 16バルブ
排気量1,597cc
最高出力125pc/6,500rpm
最高トルク14.5kgm/5,000rpm
トランスミッション5MT
駆動方式FR

世界基準のロードスターNBの魅力

ロードスターNBのスタイルを見て分かる通り、NAからヘッドライトを変更しボディラインにコークボトルのようなうねりで躍動感を持たせた「ビッグマイナーチェンジ版」といってもいい車です。

基本的にロードスターNBは、初代の発展型です。ボディ剛性が高められ、途中で吸気バルブタイミングを採用したことによりエンジンの吹き上がりも鋭くなりました。さらに、リアウインドウのガラス化や、スペアタイヤの廃止など実用面でも進化している魅力的な車です。

NAからNB型のロードスターに変わったことで見た目に大きな変化があり、一般的にはリトラクタブルヘッドライトの廃止と特別仕様のドアノブの廃止により落胆の声がありましたが、NBは決してNAに劣っているわけではありません。

そのことはロードスターが2000年に、生産累計53万1,890台を達成したことからも伺えます。

2人乗り小型オープンスポーツカーで「世界で最も生産された車」としてギネスブックの認定も受けていることからも、国内・海外でもロードスターの人気は不動のものとなっているといってもいいでしょう。

まとめ

結局のところ、どの世代のロードスターを選択するのかは本人のこだわり次第となります。このモデルが好きという型があれば、迷わずその型を選択するといいのです。ロードスターNBの結論としては、ライトウェイトスポーツカーの完成形ということがいえますし、走行性能でNAを勝り、軽快感でNCに勝るという一面はとてもバランスのとれている車といえるでしょう。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


貴重!少なくなったFR車のメリット、デメリットや注意点などをご紹介

貴重!少なくなったFR車のメリット、デメリットや注意点などをご紹介

自動車の基本であり続けたフロントエンジン・リアドライブ(以降、FR)という形態のFR車ですが、現在では少数派になっています。その理由と、現在新車で購入できるFR車と中古で安く買うことができるFR車について、また、FR車のメリット・デメリットについてもお伝えします。


100万円以下で購入できる!マツダの中古車5選

100万円以下で購入できる!マツダの中古車5選

日本の自動車メーカーの中でも「マツダ」というメーカーは、他の自動車メーカーにはない独特な特徴をもっており、近年では世界に通用する車のデザイン性で話題に上がった事もありますね。今回は、そんなマツダの歴史やルーツ、車の特徴を通し、100万円以下で購入できる中古のマツダ車を5選紹介します。


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年ももう下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!【8月6日更新】


トヨタの人気スポーツカー 86(ハチロク)中古車価格まとめ

トヨタの人気スポーツカー 86(ハチロク)中古車価格まとめ

トヨタの人気スポーツカー 86(ハチロク)ですが、新車では買えないという人も多いかもしれませんね。本記事ではそんな方向けに、中古車情報をまとめています。


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】