目次へ戻る

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

《APOLLO NEWS SERVICE》 マツダ ロードスター 次期型 スクープ 予想CG

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。

ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!

マツダの人気車! ロードスターとは

《APOLLO NEWS SERVICE》 マツダ ロードスター 次期型 スクープ 予想CG

マツダの「ロードスター」は1989年に初代がデビューしました。

当時のマツダ5チャンネル体制における「ユーノス店」第一弾モデルとして、『ユーノス ロードスター』の名称で発売されています。

その後1996年に「ユーノス」は消滅し、1998年に登場した第2世代では、『マツダ ロードスター』としてデビュー。

2005年にはプラットフォームを刷新した第3世代(NC型)が登場。2015年に現行モデルである第4世代(ND型)へと継承されています。

ユーノス・ロードスター

知ってる?ユーノス ロードスターは意外なヒット?

1989年当時、マツダはトヨタや日産といった国内自動車メーカーと同じく、グローバル化の流れの中、世界トップを目指す販売拡大路線を辿っていました。その中で、想定購買層により販売店を変える、「マツダ5チャンネル化」の戦略を採っていました。5つのブランドをマツダ内で持ち、中でも「ユーノス」というブランドは高級路線を意図して創設されました。その高級イメージの尖兵として送り出されたのが、ロードスターなのです。

しかし、その後の展開は皆様御存知の通り、バブル崩壊からの不景気も手伝って、「ユーノス」ブランドは大ゴケ、高級ブランドの構築は失敗しました。拡大路線は経営悪化を招き、フォード傘下へと下り再建への道を目指す事となりました。そしてユーノス・ロードスターは1998年のフルモデルチェンジ時にその呼称を「マツダ・ロードスター」へと変更しました。

マツダ ロードスター次期型 早ければ2022年にも登場か?

《APOLLO NEWS SERVICE》 マツダ ロードスター 次期型 スクープ 予想CG

第5世代となるマツダのロードスター次期型は2025年と予想されていましたが、最新情報によると、早ければ2022年にも登場する可能性があるとのこと。

兄弟サイトであるSpyder7スクープ班の次期型の予想CGからは現行デザインを継承しつつ、随所に鼓動デザインを取り入れ、ボンネットはスラントデザインに変更されています。

またシャープかつ伸びやかさを強調、サイドはシンプルながらタイヤ部分にふくらみを持たせたグラマラスなシルエットに。グリルは多少はばを持たせ、迫力アップ。ライトデザインは下側に段差を取り入れ立体的なものに仕上げられています。

マツダ ロードスター次期型 より軽量化が進み、カーボンファイバーも多用か

次期型では、カーボンファイバーを多用し、ボディサイズはそのままにさらなる軽量化が図り、現行モデルの990kgから920kg程度まで絞られます。

また、パワートレインで注目したいのは、2018年にデビュー果たした「SKYACTIV-X」エンジンの搭載です。

しかし、第5世代では1.5リットル直列3気筒、あるいは1.2リットル直列3気筒エンジンへのダウンサイジングが噂されており、2.0リットルのSKYACTIVE-Xの進化系が注目されています。

次期型登場が2025年まで伸びるようなら、次世代「SKYACTIV」の搭載も予想されるとみられています。

噂されているEVやプラグインハイブリッドは今のところ情報はないですが、今後設定があるかもしれませんので、続報を待ちましょう。

最後に

本記事では、マツダの名車ともいえる、ロードスターの次期型に関する最新情報をお届けいたしました。

マツダの最新情報が気になるという方は、下記記事も合わせてどうぞ。

関連する投稿


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


日産 フェアレディZ|NISMO仕様やスペック、新車・中古価格まとめ

日産 フェアレディZ|NISMO仕様やスペック、新車・中古価格まとめ

日産を代表する2シータースポーツクーペのフェアレディZ。歴史ある「Z」から、現行モデルの「Z34」について様々なグレードやスペック、新車や中古車価格、カスタムなどをまとめました。


マツダのフラッグシップモデル!アテンザワゴンの魅力とは

マツダのフラッグシップモデル!アテンザワゴンの魅力とは

発売から6年が経ち、そして2018年には大幅なマイナーチェンジによってさらに熟成へと進歩を遂げたマツダのフラッグシップモデルアテンザ。あえてフルモデルチェンジをせず作り上げた内外装のデザインの完成度、そしてガソリンエンジンとディーゼルエンジンの特性や違いに至るまでマツダのこだわり抜いたアテンザの魅力をお伝えします。


マツダ プレマシーの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価ほか

マツダ プレマシーの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価ほか

マツダ・プレマシーは2018年までマツダが製造販売していたミニバンです。 乗り心地とスポーティなハンドリングの質感等のバランスが良く、その走りは高く評価されていました。本記事ではそんなプレマシーについて改めてご紹介していきます。


スカイアクティブ Xは革新的なエンジン!その驚くべき技術とは?

スカイアクティブ Xは革新的なエンジン!その驚くべき技術とは?

スカイアクティブ Xはマツダが開発した新しい技術を搭載したエンジン。マツダは、新型エンジンによってより環境に優しいエンジンを搭載したモデルを発表していますが、新型アクセラに搭載されるスカイアクティブ Xもその一つです。この記事では、スカイアクティブ Xの技術や特徴を解説します。


最新の投稿


令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日まで、最大で10日間の大型連休となります。ゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。【4月25日更新】


行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。