トップへ戻る

ホンダ「レジェンド」のレジェンドなところ!

ホンダ「レジェンド」のレジェンドなところ!

ホンダ史上初のV6エンジンを搭載するなど、ホンダのフラッグシップサルーンとしての使命を与えられて生み出されたレジェンド。一時期は生産を中止してはいたものの、2015年2月に再び復活を遂げました。ホンダのレジェンドには多くの装備と共に安全性が高い走行を実現してくれる特徴があります。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レジェンド快適性能・車内空間

レジェンドの特徴といえば?

海外仕様のアキュラRLXと大きく異なるのは、そのおもてなし装備と言えるでしょう。後部座席に大切なお客様や家族を乗せる機会が多いことを想定し、後部座席にエアコンやオーディオなどが操作できるリモコンを設置しています。

米国のハイエンドオーディオメーカーであるkrell社と共同開発したkrellオーディオの採用により、0.01db単位で煮詰められた明瞭かつ力強いサウンドを車内で楽しむ事が出来ます。まさにホンダのフラッグシップサルーンに相応しい装備であると言えるでしょう。

米国のハイエンドオーディオメーカーであるkrell社と共同開発したkrellオーディオの採用により、0.01db単位で煮詰められた明瞭かつ力強いサウンドを車内で楽しむ事が出来ます。まさにホンダのフラッグシップサルーンに相応しい装備であると言えるでしょう。


エレクトリックギアセレクターは人間の感覚にぴったりとフィットするよう、直感的な操作が可能になっています。センターに設置されたボタンをDに入れる場合は進行方向に向かって押す、Rに入れる場合は手前に引く、といった具合になっています。

きらきら光る!ジュエルアイヘッドライト

レジェンドには白、黒、銀、灰、赤、ベージュのボディ6色が設定されています。そのどれもがホンダのフラッグシップサルーンに相応しいと言える高級感が漂っています。


外観で特に目を引くのは、宝石がいくつも並べられたような美しさを放つヘッドライトでしょう。ジュエルアイヘッドライトと名付けられたこのヘッドライトはLEDを採用し、外側四灯のロービームに磨き上げられた肉厚の導光体レンズを装備し、さらに上下で独立の配光とすることによって煌びやかさを演出しています。

昼間でもこの美しさを引き立たせる為に、直接光を照射するのではなくリフレクターで複雑に反射させることによって非点灯時でも豊かな表情を見せてくれます。
また、主たる光源とは別に装備されたブルーのアクセサリーランプによって、夕暮れ時にも個性を発揮します。

こだわりのシート

厳選された本革を使用したレザーインテリアの採用は内装そのものに洗練された精悍さと高級感を与えました。これは主にステアリングやシートなどの人間が触れるインターフェースに用いられ、その肌触りは非常に上質な仕上がりとなっています。


内張りなど人間が普段触れない部分には、本革の風合いを生かして成型したのちに、ミシンによる手作業で斜めのステッチが施されるリアルステッチソフトパッドが使用されています。工業製品である自動車はコストダウンの為にこの辺りの装備は簡略化されがちですが、このような所にもホンダのこだわりが見え隠れしますね。

シートは欧州ライクな固めの本革シートです。不快な固さではなく、むしろ重厚さを感じさせるものであり、長距離運転を想定した構造と言えます。ロングドライブも疲れず快適に過ごせるでしょう。

レジェンド 燃費・走行性能

オンザレールが味わえる!走行性能

レジェンドを評価するにあたって何より特徴的であると言えるのが、その心臓部に世界初3つのモーターを搭載している事です。SPORT HYBRID SH-AWDと名付けられたこのシステムは、ハイブリッドシステムを後輪にも1つずつ搭載、独立に制御する事により、オンザレール感覚の気持ちの良いハンドリングを実現しています。

SPORTモードのスイッチを押せば、レスポンス重視の設定に切り替わり、積極的なモーターアシストの介入によって旋回・加速において俊敏な走りを見せてくれます。

SPORTモードのスイッチを押せば、レスポンス重視の設定に切り替わり、積極的なモーターアシストの介入によって旋回・加速において俊敏な走りを見せてくれます。

SPORTモードのスイッチを押せば、レスポンス重視の設定に切り替わり、積極的なモーターアシストの介入によって旋回・加速において俊敏な走りを見せてくれます。

そして、リアクティブフォースペダルの採用により、加速時は踏み込む量に連れてペダルがどんどん重くなり、車と一体化したかのようなフィーリングを得る事ができます。高速巡行時にはペダルの踏み込みすぎを抑え、省燃費走行にも一役買います。

アジャイルハンドリングアシストでラクラク!

ホンダのフラッグシップサルーンとして、当然に運転アシスト機能や安全機能といったデバイスも非常に充実しています。

旋回開始時にセンサーがヨーモーメントの大きさを検知し、介入が必要と判断された場合には、ハンドリング操作方向の内側の車輪に軽い制動力を与えることによって姿勢を安定させるという、アジャイルハンドリングシステムが搭載されています。


安全装備としては、ブラインドスポットインフォメーションにより、並行して走行する自動車を自動的に検知する事によって安全に車線変更が出来るという工夫が為されています。また、パーキング等からバックで出庫する際は、ピラーなどに隠れて左右から接近する車両に気づきにくい事があります。レジェンドに搭載された後退出庫サポート機能はこんな時に威力を発揮するでしょう。

試乗記を調べてみた!

固めのシートに腰掛けると、標準体型の男性であれば手広さすら感じてしまうほどのゆとりがありそうです。システム出力382psを発生する心臓部は、モーターの特性も相まってスムーズかつ力強い加速を余裕をもって実現しており、車重の重さを感じさせないようです。

このようなサルーンであれば当然に後席の乗り心地も気になるものです。競合車種であるクラウンの後席と比較すると一回りゆったりとしているということです。しかし、純正採用の19インチタイヤの特性か足回りは若干固めに感じられるそうです。


重厚感のある乗り心地と言えば聞こえは良いのでしょうが、快適さを追求するのであればタイヤのチョイスには少し気を配るほうが良いかもしれません。SH-AWDの採用によるオン・ザ・レール感覚のハンドリングは病みつきになるとの事です。

レジェンド 装備・安全性

予防安全性能にはこんなものも!

レジェンドには安全運転支援システムであるHonda sencingが搭載されているため、より安全性の高い走行を実現しています。

ホンダセンシング 技術説明会

搭載されている機能の一つであるハイビームサポートシステムは、専用のカメラによって対向車や前を走る車のライトを検知します。検知していない時はハイビームですが、検知するとロービームになる為、切り替え操作の頻度を少なくすることが可能です。

また、運転に集中しつつ様々な情報が運転の視線上に表示されるヘッドアップディスプレイも搭載されています。少ない視線の移動で道路状況や最高速度などを表示してくれます。

【ホンダの安全技術】ミリ波レーダーと単眼カメラで歩行者検知を実現 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2014/10/25/235861.html

ホンダは10月24日、11月に発表を予定している新型『レジェンド』にホンダセンシングと名付けた新たな安全運転支援システムを搭載すると発表した。

衝突安全に一工夫!

万が一歩行者との衝突事故を起こしたとしても、ポップアップフードシステムによってフロントフードをすぐに10cmほど持ち上げて空間を確保する為、歩行者への頭部衝撃を和らげます。

事故の衝撃は車内にも来るものですが、車内にいる人を守る為に7つのエアバッグをも搭載しています。このエアバッグは前席はもちろん後部座席に座っている人までも包むように展開される為、より被害を低減させることが出来ます。

そしてレジェンドは徹底された衝突安全設計ボディとなっており、様々な衝撃を低減させる設計です。

ホンダ、ポップアップフードシステムを実用化 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2008/09/04/113342.html

ホンダは、歩行者との衝突時にボンネットフードを持ち上げてエンジンルーム内の空間を確保し、歩行者の頭部への衝撃を低減する「ポップアップフードシステム」を実用化した。9月5日発売の新型『レジェンド』にホンダの国内販売モデルとして初めて搭載した。

標準装備でわかる!レジェンドのすごさ!

レジェンドには走行をより安全かつ快適なものにする為に様々な標準装備があります。
まず、エレクトリックギアセレクターは指一本で様々なシフト操作を可能にします。

また、マルチインフォメーションディスプレイによって走行に必要な情報を表示してくれる為、より快適な走行を実現してくれるでしょう。

マルチインフォメーションディスプレイ参考画像

さらに窓ガラスは遮音機能つきガラスとなっていることから、外部からの音を遮断してくれるので車内を静かな空間にしてくれます。静かな走行によって運転中の集中が妨げられにくくなります。

バリエーションと価格とお支払いの仕方!

レジェンドのハイブリッド車を購入する場合には36回払い、60回払いのクレジット、残価設定型クレジットでの36回払いか60回払いの4つのプランがあります。


注目モデルのレジェンドのお支払い金額が約714万円だった場合、一般的なクレジットの36回払いだと約20万円、60回払いの場合では約12万円ほどの価格になります。

対して残価設定型クレジットの36回払いの場合で約14万円、60回払いだと約10万円といった価格になります。オプションにも様々なバリエーションがある為、追加するオプションによって価格が変動するので注意しましょう。

関連する投稿


【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

【最新情報】ホンダの新型N-ONEを知りたい!中古車情報も!

ホンダは2020年11月にフルモデルチェンジによって2代目ととなった新型「N-ONE(エヌ・ワン)」を発売しました。見たところあまり変わっていないように見える新型ですが、実は中身はプラットフォームを含めて一新されているのです。なぜ、このようなフルモデルチェンジをしたのでしょうか?その理由と中古車情報もご紹介します。


クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

クルマ好きのための、ワガママセカンドカー選び3選!

はーい!クルマ好きで、クルマ選びにはついついワガママになってしまう人、集合!セカンドカーが必要になったら、「軽自動車買えばいいんじゃね!?」って言われてしまいますよね。でも、軽自動車だと我慢できない自分がいたり・・・。クルマ好きでも納得できるセカンドカーって、どんなクルマがあるのか、一緒に見ていきましょう!


【EK9】シビック タイプR|伝説の初代タイプRの実像に迫る!

【EK9】シビック タイプR|伝説の初代タイプRの実像に迫る!

クルマ好きは、クルマを型式で呼ぶ事がよくあります。型式でクルマを呼ぶ事で、そのクルマの何代目のどんなモデルなのか、すぐにわかるからです。ホンダファンの間では、「EK9」という型式には、特別な意味があります。では、詳しく見ていきましょう。


N-WGNとN-WGNカスタムって何が違うの?詳しく比較してみた!

N-WGNとN-WGNカスタムって何が違うの?詳しく比較してみた!

ホンダのNシリーズは現在4車種発売されています。N-BOX・N-WGN・N-ONE・N-VANです。それぞれが個性的で魅力溢れる車です。その中で今回は一番新しいN-WGNとN-WGNカスタムをご紹介します。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。