トップへ戻る

ミニバンのキング!エルグランドのグレードや新型情報大公開!

ミニバンのキング!エルグランドのグレードや新型情報大公開!

エルグランドは日産を代表するミニバンであり、トヨタのアルファード/ヴェルファイアに対抗できる数少ない車です。現行モデルは3代目であり、走り出しから高回転域でのスポーティな走りなど、ミニバンクラスでもトップクラスの性能を持っています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産エルグランド 概要・快適性能

安全でエコ!エルグランド!

現行エルグランドは対歩行者や乗員に対する安全性を審査する平成23年度の自動車アセスメントによる新・安全性能総合評価で、最高安全性を意味する★5を獲得しています。

2012年の年次改良(2013年モデル)では従来から選択できるアラウンドビューモニターが進化し、MOD(移動物 検知)機能が付き、周囲に障害物や人をセンサーが検知するとディスプレイと警告音でドライバーに知らせてくれます。

また2.5リッターグレードに限りエコカー減税対象車となっているため、23,000円程度から最高61,000円程度まで減税されます。

特殊な塗装⁉傷ができても安心!

エルグランドはファントムブラック、ブリリアントシルバーの人気色に加え、Highway STAR専用色のインペリアルアンバーとメタルシルバーの全5種類のボディカラーが用意されています。

これら全てのカラーには、細かな磨き傷が時間の経過に伴って自動で修復してくれる特殊なクリア塗装を使うスクラッチシールドが採用されています。

内装色はブラック/ダークベイブラウン、グランドブラック、シルキーベージュに加え、ライダー専用色のブラック/ホワイト、VIP専用色のホワイト・ギャザー付、ブラック・ギャザー付の全6種類から選ぶことができます。

ゆったりできるくつろぎシート!

低重心を売りにしていた先代モデルよりもさらに約10cm低くなっており、1、2列目のどの座席に座ってもゆとりのあるキャビンスペースを体感できるようになっています。

現行エルグランドは8人乗りと7人乗り、さらに最高級グレードのVIPでは4人乗り仕様を選択できます。7人乗り仕様はトリプルオットマンが装備されており、助手席と2列目シートは足を伸ばしてくつろぐことができます。また、2列目シートは背もたれの中間が折れる中折れ機構が採用されているので、肩や腰の負担を軽減してくれます。

ワンタッチオープン!スライドドア

運転席側のスライドドアには、ドアハンドルのボタンを押すことでドアがスライドするワンタッチオートスライドドアが装備されています。また、このボタンはスマートキーと連動しており、アンロック機能に加え全ドアが連動したロック機能が付いています。

荷物を持っているときなどに簡単にバックドアを開閉できるリモコンオートバックドアも装備されており、開ける時はナンバープレート下のボタンで開き、閉める時はバックドア内側についているボタンを押すことで電動で閉まります。

ワンタッチオートスライドドアとリモコンオートバックドア両機能には挟み込み防止機構が付いているので小さいお子様も安全に使用できるようになっています。

日産エルグランド 走行性能・エンジン

これが要のエンジンシステム

エルグランドのエンジンシステムは、チューニングし直したVQ35DEエンジンが搭載されており、低回転域から高回転域までスムーズに回るエンジン特性により、街乗りや高速道路での走行まで爽快な走りを見せてくれます。


加えてECOモードが搭載されていて、不要なエンジン回転数の変動の制御やスムーズ発進アシスト機能などのナビ協調変速機能がエコドライブをサポートしてくれます。
また、便利な4WDシステムがあり、アクセルを踏むと同時に4WDコンピューターが走行状態を判断してくれます。雪道や泥濘など悪路でも難なく走り出すことが出来ます。

燃費もバツグン!

エルグランドのミッションは6速で、エクストロニックCVT-M6を採用し、マニュアルモードを搭載しています。広いギアチェンジと低速域からのロックアップを可能にしたことで優れた燃費性能を実現しています。

新世代エレクトロニックCVT参考画像

JC08モードで低排出ガス車認定を取得しており、可変バルブタイミング、自動無段変速機、充電制御などの採用により燃費向上を実現させCO2排出量の削減をサポートしています。

グレードやオプション装着などによりことなりますが、エコカー減税対象車となっています。
業界のミニバンクラスの中でもトップクラスの燃費の良さに魅力が感じられます。

日産 新世代CVT、効率・性能は「有段ATと同等以上」[動画] | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2011/10/13/163767.html

日産自動車は13日、燃費性能や加速性能を高めたFWD(前輪駆動)用新型変速機「新世代エクストロニックCVT」2機種を発表した。

走りのコンセプト!

エルグランドの走りのコンセプトは、“ダイナミック&ラグジュアリー”でミニバンとは思えないほどの走りが実現されます。最高級ミニバン専用にチューニングされた低重心プラットフォームとFF方式を採用しています。


エンジン位置を極限まで低くし、大容量の燃料タンクは薄型化し、床下へレイアウト変更されています。これにより、低重心とロー&ワイドなプロポーションが完成されました。走行も安定し、横風を受けてもぶれにくく、優雅なドライブが堪能できるようになりました。

足回りにも専用パーツを組み込み、軽量化を図ったストラットやサスペンション、ショックアブソーバーなどで高速走行や悪路の段差などでも快適に乗りこなせます。

エルグランドタイヤのここがすごい!

18インチ車には、225/55R/18のタイヤを、16インチ車には、215/65R/16の専用設計タイヤが設定されています。安定性と走行性を重視した設計となっているため、スムーズな走り出しと快適な乗り心地が体感できます。

18インチ車には切削光輝アルミホイールとダークな輝きを放つグラファイトフィニッシュが設定されており、どちらも高級感溢れるデザインとなっています。

エクステリアで装備されている、外装のメッキパーツと組み合わせればエレガントな外観となり、より輝きを放ってくれます。

日産エルグランド 装備・安全性

スマートルームミラー!

日産エルグランドには、ビークルダイナミクスコントロールにより、滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際の運転操作や車の速度をセンサーで感知し、横滑りを軽減して衝突を回避する技術が搭載されています。

また、小学校付近のスクールゾーンなどで、音声ガイドとディスプレイ表示で安全運転注意を促してくれる安全運転ガイドもあります。そして、スマート・ルームミラーにより、車の後部を映すカメラの映像をフル画面表示し、夜間や地下などの暗い環境であったり、後方座席にたくさんの人が乗車していたり、たくさんの荷物を積んでいたりする場合でも、通常のルームミラーより広い後方の視界を確保することも可能です。

カーナビとドライブレコーダーでばっちり!

カーナビについては、カーウイングスナビゲーションシステムという、カーウイングス会員同士の走行データを活用し、リアルタイムな渋滞情報や交通情報などを高い精度で提供するシステムが装備されており、高精度な最速ルート探索を実現しています。


日産オリジナルナビゲーションMM316D-Wは音声認識がさらに進化しており、全地図更新3年3回無料ということも嬉しいところです。

安全装備として重要なドライブレコーダーも装備しており、400万画素のフルハイビジョンで高画質な記録を行うことが可能で、急な明るさの変化に強い高性能HDRも搭載されています。さらにはその場での映像確認や駐車時の録画も可能です。

こんなものもついています!

標準装備のホイールはダークな輝きを放つグラファイトフィニッシュを採用した18インチアルミホイールとなっています。視界関係ではハロゲンフォグランプ、LEDヘッドランプなどを標準装備しています。


また、運転席周りの標準装備にはステアリングスイッチ、ドアのロック・アンロックやエンジン始動を行うインテリジェントキー、平均車速や航続可能距離などのさまざまな情報が得られるアドバンスドドライブアシストディスプレイなどがあります。

標準装備のオートエアコンでも運転席・助手席・後部座席でそれぞれ独立した温度設定が可能です。

エルグランドの実際のお値段やバリエーションって、、??

日産エルグランドのバリエーションには、通常のエルグランドに加えて、ライダー、ライダーブラックライン、ライダー ハイパフォーマンススペック、そして、最上級グレードのエルグランドVIPがあります。

価格は通常のエルグランドは約321~約583万円となっております。また、ライダーは約379~510万円、ライダーブラックラインは約487~579万円、ライダー ハイパフォーマンススペックは約531~600万円となっております。そして、エルグランドVIPは約616~806万円となっております。

関連する投稿


ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

ミニバンとは?魅力やおすすめ5車種をご紹介!

乗用車として人気のミニバンは、使いやすいことからも多くのドライバーに愛されています。そこで今回は、そんなミニバンについて解説します。ミニバンの魅力や、おすすめのミニバン5種をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

日産の雄、エルグランド!評判はどう?中古車情報も

ミニバンクラスの中では高級ミニバンの元祖とも呼ばれるエルグランドは、トヨタ・アルファードやホンダ・エリシオンと言った車種を登場させるきっかけとなった車です。今回は2020年10月に発売されたエルグランドについて改めて見ていきましょう。


【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

【大人気SUV】日産 新型エクストレイルはどう進化する!?

今年秋のモデルチェンジが噂される日産 エクストレイル。日産のベストセラーSUVがどんな変化を遂げるのか、現在流れている情報をもとに検証していきましょう!


上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

上質なSUV「日産 ムラーノ」その性能や価格は?

2004年から2015年まで国内販売された日産ムラーノ。洗練されたデザインでシティ派SUVの先駆者といった位置付けで発売されていたこの車ですが、なぜ販売終了となってしまったのでしょうか。本記事ではムラーノについて解説していきます。


日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

日産キックスの特徴は?他車との比較を徹底解説

今世界的にもっとも人気の高い自動車のカテゴリーのひとつがSUVです。車内空間や荷室などを広く確保できる実用性の高さと、スポーティな走りを楽しめるという趣味性の高さのバランスの良さが人気の秘密となっているようです。各社が次々とSUVを発売していますが、その中でも大きな話題となっているモデルのひとつが日産のキックスです。今回は日産 キックスとはどういった車なのかを紹介すると共に、ライバルとなるモデルとの比較などを行っていきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。