目次へ戻る

ミニバンのキング!エルグランドのグレードや新型情報大公開!

ミニバンのキング!エルグランドのグレードや新型情報大公開!

エルグランドは日産を代表するミニバンであり、トヨタのアルファード/ヴェルファイアに対抗できる数少ない車です。現行モデルは3代目であり、走り出しから高回転域でのスポーティな走りなど、ミニバンクラスでもトップクラスの性能を持っています。


日産エルグランド 概要・快適性能

安全でエコ!エルグランド!

現行エルグランドは対歩行者や乗員に対する安全性を審査する平成23年度の自動車アセスメントによる新・安全性能総合評価で、最高安全性を意味する★5を獲得しています。

2012年の年次改良(2013年モデル)では従来から選択できるアラウンドビューモニターが進化し、MOD(移動物 検知)機能が付き、周囲に障害物や人をセンサーが検知するとディスプレイと警告音でドライバーに知らせてくれます。

また2.5リッターグレードに限りエコカー減税対象車となっているため、23,000円程度から最高61,000円程度まで減税されます。

特殊な塗装⁉傷ができても安心!

エルグランドはファントムブラック、ブリリアントシルバーの人気色に加え、Highway STAR専用色のインペリアルアンバーとメタルシルバーの全5種類のボディカラーが用意されています。

これら全てのカラーには、細かな磨き傷が時間の経過に伴って自動で修復してくれる特殊なクリア塗装を使うスクラッチシールドが採用されています。

内装色はブラック/ダークベイブラウン、グランドブラック、シルキーベージュに加え、ライダー専用色のブラック/ホワイト、VIP専用色のホワイト・ギャザー付、ブラック・ギャザー付の全6種類から選ぶことができます。

ゆったりできるくつろぎシート!

低重心を売りにしていた先代モデルよりもさらに約10cm低くなっており、1、2列目のどの座席に座ってもゆとりのあるキャビンスペースを体感できるようになっています。

現行エルグランドは8人乗りと7人乗り、さらに最高級グレードのVIPでは4人乗り仕様を選択できます。7人乗り仕様はトリプルオットマンが装備されており、助手席と2列目シートは足を伸ばしてくつろぐことができます。また、2列目シートは背もたれの中間が折れる中折れ機構が採用されているので、肩や腰の負担を軽減してくれます。

ワンタッチオープン!スライドドア

運転席側のスライドドアには、ドアハンドルのボタンを押すことでドアがスライドするワンタッチオートスライドドアが装備されています。また、このボタンはスマートキーと連動しており、アンロック機能に加え全ドアが連動したロック機能が付いています。

荷物を持っているときなどに簡単にバックドアを開閉できるリモコンオートバックドアも装備されており、開ける時はナンバープレート下のボタンで開き、閉める時はバックドア内側についているボタンを押すことで電動で閉まります。

ワンタッチオートスライドドアとリモコンオートバックドア両機能には挟み込み防止機構が付いているので小さいお子様も安全に使用できるようになっています。

日産エルグランド 走行性能・エンジン

これが要のエンジンシステム

エルグランドのエンジンシステムは、チューニングし直したVQ35DEエンジンが搭載されており、低回転域から高回転域までスムーズに回るエンジン特性により、街乗りや高速道路での走行まで爽快な走りを見せてくれます。


加えてECOモードが搭載されていて、不要なエンジン回転数の変動の制御やスムーズ発進アシスト機能などのナビ協調変速機能がエコドライブをサポートしてくれます。
また、便利な4WDシステムがあり、アクセルを踏むと同時に4WDコンピューターが走行状態を判断してくれます。雪道や泥濘など悪路でも難なく走り出すことが出来ます。

燃費もバツグン!

エルグランドのミッションは6速で、エクストロニックCVT-M6を採用し、マニュアルモードを搭載しています。広いギアチェンジと低速域からのロックアップを可能にしたことで優れた燃費性能を実現しています。

新世代エレクトロニックCVT参考画像

JC08モードで低排出ガス車認定を取得しており、可変バルブタイミング、自動無段変速機、充電制御などの採用により燃費向上を実現させCO2排出量の削減をサポートしています。

グレードやオプション装着などによりことなりますが、エコカー減税対象車となっています。
業界のミニバンクラスの中でもトップクラスの燃費の良さに魅力が感じられます。

日産 新世代CVT、効率・性能は「有段ATと同等以上」[動画] | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2011/10/13/163767.html

日産自動車は13日、燃費性能や加速性能を高めたFWD(前輪駆動)用新型変速機「新世代エクストロニックCVT」2機種を発表した。

走りのコンセプト!

エルグランドの走りのコンセプトは、“ダイナミック&ラグジュアリー”でミニバンとは思えないほどの走りが実現されます。最高級ミニバン専用にチューニングされた低重心プラットフォームとFF方式を採用しています。


エンジン位置を極限まで低くし、大容量の燃料タンクは薄型化し、床下へレイアウト変更されています。これにより、低重心とロー&ワイドなプロポーションが完成されました。走行も安定し、横風を受けてもぶれにくく、優雅なドライブが堪能できるようになりました。

足回りにも専用パーツを組み込み、軽量化を図ったストラットやサスペンション、ショックアブソーバーなどで高速走行や悪路の段差などでも快適に乗りこなせます。

エルグランドタイヤのここがすごい!

18インチ車には、225/55R/18のタイヤを、16インチ車には、215/65R/16の専用設計タイヤが設定されています。安定性と走行性を重視した設計となっているため、スムーズな走り出しと快適な乗り心地が体感できます。

18インチ車には切削光輝アルミホイールとダークな輝きを放つグラファイトフィニッシュが設定されており、どちらも高級感溢れるデザインとなっています。

エクステリアで装備されている、外装のメッキパーツと組み合わせればエレガントな外観となり、より輝きを放ってくれます。

日産エルグランド 装備・安全性

スマートルームミラー!

日産エルグランドには、ビークルダイナミクスコントロールにより、滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際の運転操作や車の速度をセンサーで感知し、横滑りを軽減して衝突を回避する技術が搭載されています。

また、小学校付近のスクールゾーンなどで、音声ガイドとディスプレイ表示で安全運転注意を促してくれる安全運転ガイドもあります。そして、スマート・ルームミラーにより、車の後部を映すカメラの映像をフル画面表示し、夜間や地下などの暗い環境であったり、後方座席にたくさんの人が乗車していたり、たくさんの荷物を積んでいたりする場合でも、通常のルームミラーより広い後方の視界を確保することも可能です。

カーナビとドライブレコーダーでばっちり!

カーナビについては、カーウイングスナビゲーションシステムという、カーウイングス会員同士の走行データを活用し、リアルタイムな渋滞情報や交通情報などを高い精度で提供するシステムが装備されており、高精度な最速ルート探索を実現しています。


日産オリジナルナビゲーションMM316D-Wは音声認識がさらに進化しており、全地図更新3年3回無料ということも嬉しいところです。

安全装備として重要なドライブレコーダーも装備しており、400万画素のフルハイビジョンで高画質な記録を行うことが可能で、急な明るさの変化に強い高性能HDRも搭載されています。さらにはその場での映像確認や駐車時の録画も可能です。

こんなものもついています!

標準装備のホイールはダークな輝きを放つグラファイトフィニッシュを採用した18インチアルミホイールとなっています。視界関係ではハロゲンフォグランプ、LEDヘッドランプなどを標準装備しています。


また、運転席周りの標準装備にはステアリングスイッチ、ドアのロック・アンロックやエンジン始動を行うインテリジェントキー、平均車速や航続可能距離などのさまざまな情報が得られるアドバンスドドライブアシストディスプレイなどがあります。

標準装備のオートエアコンでも運転席・助手席・後部座席でそれぞれ独立した温度設定が可能です。

エルグランドの実際のお値段やバリエーションって、、??

日産エルグランドのバリエーションには、通常のエルグランドに加えて、ライダー、ライダーブラックライン、ライダー ハイパフォーマンススペック、そして、最上級グレードのエルグランドVIPがあります。

価格は通常のエルグランドは約321~約583万円となっております。また、ライダーは約379~510万円、ライダーブラックラインは約487~579万円、ライダー ハイパフォーマンススペックは約531~600万円となっております。そして、エルグランドVIPは約616~806万円となっております。

関連する投稿


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


100万円以下で購入できる!日産の中古車5選

100万円以下で購入できる!日産の中古車5選

日産といえば「技術の日産」といわれるほど、日本だけではなく世界に誇れるメーカーだったということをご存知でしょうか。今回は、日産とはどんな車メーカーなのかということを通し、100万円以下で購入できる現行の中古日産車の車種をまとめましたので、見ていきましょう。


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車 TOP10 5位~1位!

さて、2019年上半期に発売された新型車の中から、筆者的ベスト10を選ぶ本記事!残すところベスト5のみとなりました。いよいよ話題の新型車が登場します。7月に多くの新型車が登場しますが、それに先行して6月までにも各メーカーの主力級の新型車が登場しているんですよ。1位ははたしてどの車なのでしょうか。まずは5位からです。


【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10  10位~6位

【2019上半期】本音で語る!2019年に買うべき新型車TOP10 10位~6位

2019年も多くの新型車が登場し、自動車市場を刺激しています。そこで、筆者が考える上半期に発表・発売された国産車の普通車、軽自動車のフルモデルチェンジからマイナーチェンジ、そしてお買い得な特別仕様の中から今年買うべき新型車のベスト10をご紹介します。まずは10位から6位!とはいえ、順位はあまり気にせず楽しんでくださいね。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。