目次へ戻る

「わくわくゲート」のついたミニバン!ホンダステップワゴン

「わくわくゲート」のついたミニバン!ホンダステップワゴン

ママに人気のミニバンと言えばステップワゴン!わくわくゲートがついているので、乗り降りがさらに楽しくなっています。収納スペースが車内の所々に設置されているので快適に過ごすことも可能です。また、安全装備も充実しているため安心して運転ができます。


ステップワゴン 概要・走行性能

ホンダステップワゴンは本田技研工業が生産と販売を行なっているミニバン型の乗用車です。特に最新モデルでは、リアの部分にわくわくゲートが搭載されるなどユニークなつくりとなっている車です。この車の魅力を紹介します。

概要・特徴

ホンダのステップワゴンは、子育て中のママに人気のある車です。

特にリアの開口部には、たちにも横にも開くわくわくゲートが搭載されているので、買い物の時には縦に開き、ラッゲージスペースに大量の荷物を積むことができます。子供の送迎の際には、わくわくゲートを横に開くことで安全な子供の乗り降りを実現しています。

室内空間についても、リアシートからフロントシートにかけてウオークスルーとなっていますので、後部のドアから車に乗っても、車の中で快適に移動できます。

この車は、子育て中のママさんたちが実際に使用してみて、他のママにも推薦したいと思える投票を行なった結果、「マザーズセレクション大賞 2016」を受賞した家族のミニバンと言えます。

デザイン・ボディーカラー

ホンダのステップワゴンは、正面から受ける風を車体の下の中央へ導くことで、空気の流れる軸を作りリフトバランスを最適化した機能的デザインが採用されています。このデザインにより、直進安定性やコーナーリング時の旋回性能を大幅に向上させています。

専用サスペンションを搭載し、道路のつなぎ目などのギャップや、路面の凸凹なども見事に吸収し快適な乗り心地も実現しています。思い描いた走行ラインをトレースしてくれますので、運転が上手くなったような気分にしてくれます。また、思い通りに走れますので運転の楽しさを思い出させてくれるでしょう。

7色のボディーカラーが用意されていて、自分好みの色を選択することができ様々な演出ができます。

走行性能

ステップワゴンには、パワフルなターボエンジンが搭載されています。
たとえ8人乗ったとしてもスムーズな発進と力強い加速を体験することができます。その上、パワフルさと燃費の良さを実現していて、ガソリン車トップレベルである17キロメートル/リットルを実現しています。

リアルタイムAWD方式を採用していますので、コーナーリング時にもロールが少なく安定したコーナーリングが可能です。4輪でしっかりと路面を捉えますので、雪道などの滑りやすい路面も安心して走行できます。リアルタイムAWDでは、各種センサーが搭載され、路面状況や車両の走行状態に応じて、2WDと4WDを自動的に切り替えますので、燃費を損なうこともありません。

ステップワゴン 車内空間・快適性能

ステップワゴンは本田技研工業を代表するミニバンです。1996年から販売が開始されていますが、常に最新機能を搭載し、最新モデルでは「わくわくゲート」というユニークなドアが追加され使い勝手の良い車となっています。では、ステップワゴンの車内空間や快適性能についてご紹介しましょう。

搭乗人数・シート

ステップワゴンは3列シートが採用され、7~8人乗りの車となっています。
最後部座席からフロントシートまでウオークスルーとなっていますので、後部の「わくわくゲート」から乗り降りしたとしても、車内を自由に移動することができます。

運転席の横には大型のナビゲーションシステムを搭載することもでき、操作がしやすいです。

シートにはプライムスムースというしっとりとした質感の素材が使用されていますので、上質な室内を演出しながら、汚れやシワにも強い高い機能性を得ることができます。

インテリア

ステップワゴンは5ナンバーサイズをキープしながら、室内長3,220mm、室内高1,425mmの大きなスペースを確保しています。これは、ホンダ独自のテクノロジーにて低床を実現しているためです。

室内の雰囲気にもこだわり設計があり、間接照明のインテリアイルミネーションを採用することで夜も和やかな気持ちで運転ができます。

シートの後ろには、ドリンクホルダー付きのシートバックテーブルをつけられますので車の中で軽食を取ることもできます。

外の日差しが眩しい時には、日差しを和らげるロールサンシェイドもついていますので、車内でお昼寝をするのにもぴったりです。

ラゲッジスペース

ステップワゴンには多彩な収納があります。各席にはドリンクホルダーやスマホなどを入れるのに便利なシートバックアッパーポケット、コンビニフックなどがあります。

車の最後部のラゲッジスペースは、床が取り外せる構造となっていて、取り外すと大容量ラゲッジアンダースペースが登場します。そのため、ゴルフバッグなど背の高い荷物を搭載する時にもそのまま縦に置くことができます。

シートアレンジをしなくても、大きなトランクケースも二つ程度なら積むことができますし、三列目のシートを格納すればトランクケースも5個くらい入る容量があります。

車内空間

ステップワゴンの二列目のシートは、キャプテンシートとベンチシートを選ぶことができます。キャプテンシートを選べば、一人がけのシートとなりますのでゆっくりとくつろげます。ベンチシートを選択した場合は、二列目シートに3人まで座ることが可能です。

特にベンチシートを選択した場合は、シートアレンジを行うことで、広いフラットスペースを作り出すことができますので、車内で仮眠をしたい時などにも有効活用できます。
キャプテンシートを選んだ場合は、三列目シートから一列目シートまでのウオークスルーが可能となります。

ステップワゴン 装備・安全性

ステップワゴンは本田技研工業が開発し販売しているミニバン型の乗用車です。1996年から販売されているステップワゴンは、その当時珍しくFFレイアウトのボンネットタイプとして開発された車です。ステップワゴンの装備や安全性についてご紹介しましょう。

予防安全性

ステップワゴンには、予防安全機能として、ホンダ独自開発のホンダ センシングが搭載されています。これは様々な視点で運転を支援するもので、前走車や対向車歩行者との衝突を回避する自動ブレーキ機能や適切な車間距離を自動的に保つアクティブクルーズコントロール機能、車線内を走行できるようにステアリング操作を自動的に支援する車線維持支援システムなどがあります。

また、車輪のロックを防ぐABSや旋回時の横滑りを抑制するVSA機能も搭載されています。
これらの安全機能を搭載することで、自動車アセスメントの予防安全性能評価にて最高ランクのASV+を獲得しています。

衝突安全性

ステップワゴンは、強い骨格を持っている車です。各所に軽量で強度に優れた素材を使用することで、衝突時には乗員の保護性能に貢献してくれています。

衝突時には、素早く、長く、優しく膨らむホンダ独自のエアバックを搭載し、どんな体格の人でも衝突の衝撃から体を守ってくれます。助手席には新規開発の内圧保持タイプのエアバックを採用しています。

この安全性能は高く評価され、平成27年度自動車アセスメントの新・安全性能総合評価にてJNCAPファイブスター賞を獲得しています。

装備

ステップワゴンでは、純正アクセサリーとしてオートサイドステップの用意があります。この装備を取り付けると、子供などでも車の乗り降りがとても楽に行えるようになります。

シートを温めるシートヒーターをつけることができますので、寒い時でも腰から温めてくれます。

リアエンターテインメントシステムとして、大画面9インチディスプレイを取り付けることができますので、後部座席ではDVDビデオなどを楽しむことができ、ロングドライブなどでも子供が退屈することもないでしょう。

試乗記

ステップワゴンは、ダウンサイジングを意識して設計された車です。1.5リットルの小排気量エンジンにターボチャージャーを組み合わせることで、1.7トンもある車両をスムーズに加速させてくれます。

ステップワゴンの位置する地位は、ノアやヴォクシーなどの強力なライバル車がありますが、ホンダはダウンサイジングターボを投入することで、ライバル車に負けない走りを獲得しています。

この車は、フラット感がありミニバンとは思えない快適な乗り心地を実現しています。ハンドリング特性もよく、ワインディングなどでも思い通りの走行ラインにて走ることができると評されています。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

【オートカラーアウォード2018】今年の受賞はホンダのN-VAN

日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。 2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝きました。またトヨタ『JPN TAXI』には特別賞が授与されています。


軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

ホンダの軽トラック「アクティ・トラック」に、タイプ「TOWN」をベースにホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を11月9日から発売しました。ダイハツがハイゼットトラックに農業女子向けに設定した仕様など、最近の軽トラはオシャレ度が高いのでまとめて紹介していきます。


【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

【ロサンゼルスモーターショー2018】CR-Vの兄貴分!ホンダ パスポート 新型

ホンダの米国部門は、米国で開催したロサンゼルスモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『パスポート』(Honda Passport)を初公開しました。このパスポート、CR-Vの兄貴分ともいえるSUVなんです。


【カッコカワイイ】四角くてかくかくしたキュービックな車たち

【カッコカワイイ】四角くてかくかくしたキュービックな車たち

セダンも、クーペも、みんな違ってみんないいけど、やっぱり僕は私はかくかくした四角い車が好きだ!そんな人はいませんか?本記事ではそんな貴方のために、新車で購入できる四角い車をまとめてみました。思わず欲しくなってしまうこと間違いなし!


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。