目次へ戻る

【おすすめ10選】子育てママ必見!ママチャリまとめ

【おすすめ10選】子育てママ必見!ママチャリまとめ

ママチャリは通称「シティサイクル」と呼ばれ、日本の自転車の中で最も一般的でよく見かける日常生活用自転車です。子育てに家事、それに旦那の世話までとても忙しい「ママさん」は、今日も夕飯を買いにママチャリに乗って行くのか? 今回は、おすすめのママチャリを10選紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ママチャリとは?

2010年男性向けのママチャリ

※2010年男性向けのママチャリを発表。

何故、ママチャリと呼ばれるようになったのかというと、主に主婦が愛用していることから自然と名付けられました。実際は主婦が乗るだけでなく、学生さんにとって通学手段の一つとして活用されていることから、家から学校や駅までの間の交通手段の一つとして活用されています。

今では本来の用途のほか、耐久レースというものが存在しています。また、はるか海のかなたのイギリス・ロンドンでも通勤手段としても活用されていることから、ママチャリは世界でも知られた存在です。

ママチャリの選び方

さっそく、ママチャリを選んでみましょう。選び方としては以下の通りです。

・使用用途を定める
→主婦ならば買い物メイン、学生さんならばカバンが搭載できるようかごを大きくするなど使用用途を考えます。

・素材は錆に強いものを選ぶ
→長期使用を前提としていますので、錆に強い素材にこだわることをおすすめします。

・低重心構造の自転車を選ぶ
→荷物を載せて運ぶことを前提とするため、重心が低い構造であることが重要です。

それでは、ママチャリの【おすすめ10選】を紹介します。

1:My Pallas 折畳シティサイクル 26インチ M-507

折り畳みができることが最大の特徴です。持ち運びがしやすいという利点があるため、通常の買い物のほか、自動車や電車などで運び、出先でも使えます。アウトドア志向の方にとってはありがたい存在で、日常生活だけでなく避暑地への旅や里帰りなどでも使えます。行動範囲が広がる自転車です。

・商品名:折畳シティサイクル 26インチ M-507
・メーカー:My Pallas

折畳シティサイクル 26インチ M-507

2:21Technology CTA266 シティサイクル 26インチ

ごく一般的なスタイルの自転車ですが、フィット感抜群のハンドルや六段ギア、疲れを感じさせないサドルは日常生活において快適な乗り心地を提供してくれます。

21Technology CTA266のライトは暗くなると自動的に点灯し、ライト内部で発電を行うためペダルをこぐときの重さを感じることなく、ストレスフリーで自転車を楽しめます。

・商品名:CTA266 シティサイクル 26インチ
・メーカー:21Technology

CTA266 シティサイクル 26インチ

3:マイパラス シティサイクル26インチ 折畳機能付AZ-509FD

折り畳み式の自転車ですが、ライトが自動的に点灯することが特徴です。こちらも日常生活から旅先でのサイクリングと行動範囲が広くなるだけでなく、折り畳み式の構造を活かして室内での保管ができるというメリットがあります。

・商品名:マイパラス シティサイクル26インチ 折畳機能付/AZ-509FD
・メーカー: My Pallas

マイパラス シティサイクル26インチ 折畳機能付/AZ-509FD

4:ママチャリ ブラック 26インチ 6段ギア サントラスト

特徴は前面のかごで、縦29センチ×横幅35センチ×高さ24センチです。学生さんはカバンを、主婦の方はエコバッグや買い物袋などを乗せることができ、こぼれることなく安心して乗れるのが特徴です。リング錠を標準装備していますので、盗難のリスクは減りますが念のため鍵をもう一つ用意しておくとよいでしょう。

・商品名:ママチャリ ブラック 26インチ 6段ギア サントラスト
・メーカー:dixhuit

ママチャリ ブラック 26インチ 6段ギア サントラスト

5:21Technology MC266 折りたたみママチャリ 26インチ

折り畳み式ママチャリですが、ドレスガードを装備している為、ロングスカートの巻き込み事故のリスクを軽減することができます。ロングスカートを穿く方も、安心して自転車に乗れます。

・商品名:MC266 折りたたみママチャリ 26インチ
・メーカー:21Technology

MC266 折りたたみママチャリ 26インチ

6:voldy.collection 26インチ折りたたみシティサイクル

折り畳み式自転車です。フロントバスケットの搭載で快適に通学や買い物をできます。自転車保管用のカバー併用をお勧めしたいです。折り畳み式だと組み立てが必要となりますが、シンプルな構造のため難しい技術を要しません。

・商品名:26インチ折りたたみシティサイクル
・メーカー:voldy.collection

26インチ折りたたみシティサイクル

7:サントラスト スソ

ママチャリの定番である籠・ライト・鍵を標準装備しています。一般的な自転車は購入した方が一部組み立てをお願いしてもらうのが普通ですが、この自転車では最初から組み立ててあります。購入してからすぐ使えるのがメリットです。

・商品名:スソ
・メーカー:サントラスト

シンプルな自転車 シルバー 26インチ サントラスト スソ

8: Pallas シティサイクル26インチ M-508

Pallas シティサイクル26インチ M-508は特徴は安全面です。ダイヤル・サドルの二重ロック機構の採用と反射シールが付属され、前者は自転車盗難のリスク低下に、後者は夜間に自転車をこぐとき、ライトの反射をしてくれます。ドライバーに存在を認識してもらえるので、安全です。

・商品名:シティサイクル26インチ M-508
・メーカー:Pallas

Pallas シティサイクル26インチ M-508

9:My Pallas シティサイクル26インチ M-509 PRINTEMPS

折り畳み機能+オートライトシステムを搭載していることから、安心してセッティングができます。また、ライトの点灯でペダルをこぐのが重くなる、という現象を解消してくれるので、こぐときの「重さ」を感じにくくなっています。

・商品名:シティサイクル26インチ M-509 PRINTEMPS
・メーカー:My Pallas

My Pallas シティサイクル26インチ M-509 PRINTEMPS

10:suntrust 自転車 ママチャリ 26インチ ブラック

自転車をこぐときに一番の難所が坂道です。坂道では電気式自転車だと軽々と越えられるのですが、通常タイプの自転車ではペダルとギアの重さの関係で難所となり、自転車を降りてから上るのが一般的でした。ギア比を改良することにより、坂道での自転車こぎの負担が軽くなっています。

・商品名:自転車 ママチャリ 26インチ ブラック
・メーカー:suntrust

suntrust 自転車 ママチャリ 26インチ ブラック

まとめ

2019年のママチャリ4時間耐久レース

※2019年のママチャリ4時間耐久レースの写真です。

以上、ママチャリについて紹介しましたが子育て真っ最中のママさんにとっては、ありがたい存在でもありお買い物を中心に活躍する自転車です。今は折り畳み式やギア比の改良などから、以前よりも使い勝手がよくなっていることが、これからの新たなスタイルです。

関連するキーワード


自転車

関連する投稿


【おすすめ10選】初心者必見!ロードバイクのすすめ

【おすすめ10選】初心者必見!ロードバイクのすすめ

街中で風を切って颯爽と走り抜けるスマートな自転車に乗った人を目にして、自分も自転車で走ってみたい!と思った事はないでしょうか?数ある自転車の中でも、一体感を感じられる走りに特化した自転車が「ロードバイク」です。今回は、ロードバイク初心者の方向けにお勧めモデルもご紹介しますので、是非参考にしてください。


【おすすめ10選】「ミニベロ」の価格や機能を徹底比較!

【おすすめ10選】「ミニベロ」の価格や機能を徹底比較!

地球にやさしく、お財布にも優しい自転車での移動。自転車には様々な種類がありますが、中でも、今静かなブームになっているのが、ミニベロと呼ばれる自転車です。これから自転車を買おうという方に向けて、今回は通勤・通学にも、お買い物にも遊びにも、一緒にお出かけしたくなるかわいくておしゃれなミニベロを一挙紹介します。


最低限抑えておきたい自転車の交通ルール&マナー|違反時の罰則・罰金について

最低限抑えておきたい自転車の交通ルール&マナー|違反時の罰則・罰金について

子供から大人まで、幅広く多くの人が乗っている自転車。ですが、意外と知られていないのが自転車の交通ルールです。自転車の交通ルールを守らなかったことにより死亡事故に繋がるような事例もあります。こちらの記事では最低限抑えておくべき自転車の交通ルールと違反時の罰則、また交通マナーに関してをまとめて掲載しています。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


【パンク知らず】空気充填不要のタイヤ!車も自転車もエアレス!?

【パンク知らず】空気充填不要のタイヤ!車も自転車もエアレス!?

自転車でこぎだそうとした時、感じる違和感。タイヤに空気が入っていない、ってことありますよね。これから出かけようとしているときに、空気の抜けている自転車ほどイラつくものはありません。そんな方々に朗報です!実はタイヤも日々進化していたってこと、ご存知でしたか?他、エアレスコンセプトタイヤ・ノアイアについてもまとめました。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。