トップへ戻る

クラスを超えた高級感。トヨタ エスクァイアの 詳細情報一覧

クラスを超えた高級感。トヨタ エスクァイアの 詳細情報一覧

トヨタの5ナンバーミニバン、ヴォクシー/ノアは2014年1月にフルモデルチェンジを受け、3世代目にバトンタッチ。そこに3番目の兄弟としてエスクァイアが加わった。エスクァイアは「クラスを超えた高級感」を志向する。居住性や使い勝手はそのままに、豪華できらびやかな意匠をまとった「新上級コンパクトキャブワゴン」を目指した。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


概要・走行性能

概要・特徴

エスクァイアは、ヴォクシー・ノアと兄弟車種ですが、さらに高級感があり、ワンランク上のミドルサイズミニバンです。フロントマスクを見るとそれをますます感じられますが、ボディが長いので高級過ぎずシックにまとまっている印象です。

尚、特別仕様車は、黒で統一された室内と漆黒調フロントグリルとスモークメッキによってより高級で大人の為の一台となっていて高級感を際立たせたい方には特別仕様車をオススメします。

デザイン・ボディーカラー

ラグジュアリーできらびやかな意匠をまとったデザインは街中でも存在感を誇るデザインです。カラーは全部で7色あり、どれを選んでも高級感を保ちつつ様々な表情を見せてくれます。決してシックすぎず、若い年齢の方は手を出しづらいという訳ではないので、どの年代の方でも充分乗りこなせます。

さらに洗車などによる細かいすり傷を自己修復するセルフリストアリングコートを全カラーに採用しているのでせっかくの高級感を損なわず新車時の光沢とカラーを長い期間保持することに貢献してくれます。

エンジンシステム

エスクァイアは2L直4とスーパーCVT-iを組み合わせたガソリンモデルと、1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドモデルの2種類があります。ハイブリッド車にはハイブリッドシステムインジケーターが搭載されており、リアルタイムでハイブリッドシステムの出力やエネルギーの回収状況を測ることができ、エコ運転も自然に身につきます。

一方ガソリンエンジン車もアイドリングストップ機能などエコ運転に貢献し燃費も非常に良くなっています。いずれのタイプも車体の長さを感じない軽快な走りが堪能でき、走行性能が優れた車種となっています。

燃費(JC08モード)

燃費については、ガソリンエンジン燃費は16.0km/L、ハイブリッド燃費は、23.8km/Lという低燃費を実現。また、環境性能・エコカー減税についてですが、エコカー減税は対象となっています。また、エスクァイアには下記の3つの走行モードがあり、シーンに合わせて選ぶことが出来ます。

1.EVドライブモードエンジンを停止してモーターのみの静かな走行が可能になります。2.エコドライブモードアクセル操作に対する駆動力を穏やかにし燃費をより向上させます。3.パワーモードアクセル操作に対するレスポンスが鋭くなりパワフルな走行が楽しめます。上記3つのモードを選ぶことによってエコドライブが可能となります。

車内空間

搭乗人数・室内空間

室内空間は外装同様にシックで落ち着きのある雰囲気ですが、とにかく広いの一言。車の中とは思えないぐらいまるで自宅のリビングにいるかのような錯覚に陥ってしまうほどです。さらに、搭乗人数に応じてシートを動かせば少数でも多人数でも多彩な使い方が可能です。

また、天井にはツインムーンルーフが設置してあるので昼は日光を浴びながら車内を明るくし、夜は星空を見上げながらのドライブとその時の気分によって普段とは違った室内空間が演出できるのもまた魅力的です。静粛性も高く、揺れもさほど感じずこ移動のストレスをあまり感じずにのんびりと過ごせることでしょう。

シート

シート材質は合成皮革を使用。艶やかで深みのあるシートは乗った瞬間にそれとわかる上質な空間を演出してくれます。また、シートアレンジは覚えるのが大変なほどさまざまなパターンのアレンジが可能で、セカンドシートはロングスライドが出来るので、後部座席のお子様のケアが出来るような形にしたり、運転に疲れゆっくりしたい時などはシートをフラットにして非常にリラックス出来ます。

ウォークスルー(7人乗り)に関してもガソリンエンジン車はもちろん、ハイブリッド車もセンターコンソールトレイを200mmと低くしているので問題なく可能です。乗る人数や休憩される時など、用途に応じて色々な顔を持つところも大きな特徴の一つでもあります。

ドア・乗降性

車の乗り降りに関しては、低床フロアを設置するなど今までのミニバンよりも非常にスムーズに出来ます。ドア横には、お子様用に乗り降りを助けるチャイルドグリップや、大人も掴みやすく大型アシストグリップを付けるなどお子様からお年寄りまで安全に乗降が可能です。

また、パワースライドドアの開口部のスライドが805mmと広くワンタッチで開閉も出来るため、小さいお子さんやペットを抱えたままの乗り降りも楽に出来ます。

ラゲッジスペース

ラゲージスペースもかなり広々として使いやすく、荷物を運ぶ際にはラゲージモード・ビッグラゲージモードというシートの形にすると非常に便利です。ラゲージモードではサードシートを跳ね上げると充分なスペースが確保出来るのでスーツケースなどを収納する際に便利です。

さらに、ビッグラゲージモードというのがあり、ラゲージモードからセカンドシートを前にスライドさせると後部座席全般がラゲージスペースになり自転車などもそのまま積めます。広い開口部で出し入れもしやすいので、アクティブな方にはピッタリです。また、床下収納もたっぷりあるので、こちらも併せて活用するとかなりの荷物を運ぶことが出来ます。

運転支援・安全性・装備

安全装備(Toyota Safety Sense C)

エスクァイアには研究を重ねた先進技術の安全装備が備え付けられています。

■プリクラッシュセーフティシステム進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出し、衝突が予測される場合には警報を発して回避操を促してくれます。その際ブレーキを踏むと強力なアシストが作動し、仮にブレーキが踏めなくても自動ブレーキが作動します。

■オートマチックハイビーム夜間の歩行者などをいち早く発見出来るようハイビームとロービームを自動で切り替えてくれます。切り替え忘れを防いでくれるので非常に便利です。

■先行車発進告知機能渋滞や信号待ちなどで先行車に続いて停止し、先行車の発信に気付かない場合にブザーとディスプレイでお知らせをしてくれます。上記が主な安全装備ですが、これ以外にももちろん安全に対する配慮は多くされています。

運転支援・予防安全・衝突安全

予防安全としてレーダークルーズコントロールという機能が搭載されており、ミリ波レーダーセンサーからの情報により先行車を認識し、適切な車間距離を保ちながら追従走行をサポートしてくれます。また、万が一の為の衝突安全については、7個のエアバッグシステムを搭載し、サードシートまでしっかり守ってくれます。

外部には歩行者の安全も配慮し、歩行者障害軽減ボディによって少しでも歩行者に与える障害を軽減します。様々な状況を想定し、車内にも車外にも安全に配慮されているので安心です。

バリエーション・価格

エスクァイアの価格についてですが、ガソリンエンジン車で260万円台~280万円台、ハイブリッド車で310万円台~330万円となっております。各パッケージとグレードの価格は兄弟車種のヴォクシーやノアよりも若干高い設定ですが、内装や外装の豪華さ高級感、細かい装備品などを考えるとむしろお得感が得られるかもしれません。

試乗記(伝聞形式)

さて、実際に試乗した方の感想はどうなのでしょうか。まず意見として多かったのが室内空間・内装についてです。「インテリアはぎらぎらとしたところはなく、色味を抑えたシックなまとめ方。(岩貞氏)」「広大な後席居住空間の贅沢さは、それこそ『クラウンマジェスタ』をも圧倒する(青山氏)」と、贅沢な空間でありながらギラつかず落ち着いた大人の雰囲気といったところでしょうか。

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。