トップへ戻る

トヨタ ウィッシュ 詳細情報一覧

トヨタ ウィッシュ 詳細情報一覧

トヨタ自動車は、『ウィッシュ』を一部改良し、5月7日に発売した。 今回の一部改良では、CVTの改良により、1.8リットル・2WD車で16.0km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現。さらに、フロントドアガラスに紫外線を約99%カットするスーパーUVカットガラス(撥水機能付)を採用し、快適性を向上した。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


概要・走行性能

概要・特徴

ウィッシュは“Smart Multi Player”WISHという開発テーマで使い勝手と走りやすさを兼ね備えたコンパクトミニバンです。場所を選ばすそれぞれのライフスタイルにマッチしたデザインは男女問わず気に入るのではないでしょうか。

内装はアレンジのしやすい3列シートでラゲージスペースも広く取られています。また車内の各所に収納スペースが配備され、ここまでの使い勝手はまさに、「女性が使いやすく思い、運転が好きになるクルマ」であることに間違いないでしょう。

デザイン・ボディーカラー

ウィッシュはマイナーチェンジをしたあと、ボディサイズは変わっていませんが一見エスティマと見間違えるほどのボディサイズに見え、それがより一層存在感を感じさせるデザインとなりました。

フロント回りのデザインは薄型のフロントフリルやヘッドライトが特徴で、これがスタイリッシュなフォルムを感じさせています。カラーは全部で8色で、メタリックを配色しているせいか非常にカッコ良く高級感さえ感じるデザインに仕上がっています。

エンジンシステム

ウィッシュには1.8L 2ZR-FAEエンジンと2.0L 3ZR-FAEエンジンの2つのガソリンエンジンタイプが用意されています。また、マニュアル感覚のシフト操作が楽しめる7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを採用しているので運転好きには嬉しい機能です。

さらにCVTスポーツモード/エコドライブモード/ダイナミックスポーツモードなど多彩なモードが搭載されています。CVTスポーツモードは、CVT制御によりエンジン回転数を高く維持し、減速中のエンジンブレーキ効果とともに、再加速時のレスポンスを高め、より安全でスポーティなドライビングを楽しめます。

エコドライブモードは空調とアクセル特性を燃費重視にし、実用燃費を向上させます。ダイナミックスポーツモードCVTスポーツモードによる制御に加え、TRC、EPSも同時に制御しハンドリングもよりスポーティに楽しめます。

燃費(JC08モード)

燃費(JC08モード)ガソリンエンジン燃費 環境性能・エコカー減税ガソリンエンジン燃費は、1.8L 2ZR-FAEエンジンの2WDで16.0km/L、4WDで14.4/L、2.0L 3ZR-FAEエンジンで14.4km/Lとなっています。

環境性能・エコカー減税の部分では、「平成27年度燃費基準」をクリアし、国内最高水準の「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を国土交通省より取得しており、環境性能も非常に高くエコカー減税の対象にもなっています。

車内空間

搭乗人数・室内空間

室内空間についてですが、搭乗人数最大6人の車内は、大人が6人乗っても充分ゆとりがあり、運転席のみならず後部座席からも見晴らしが良く、どの席に座っても窮屈に感じることなくお車での移動が可能です。

また、シートの肌質はなめらかで極上の肌触り。長時間の運転や、車内でお休みになる際ものんびりとリラックスして過ごすことが出来ます。

シート

ウィッシュはシートアレンジが多彩に出来てバリエーションも豊富です。なかでも運転に疲れた時のリラックスモードは、自宅のソファでくつろいでいるかのような車という事を忘れるぐらいゆっくり出来ます。

簡単な操作でフラット状態に出来るセカンドシート/ダブルフォールディング機構はとても便利。折りたたんでテーブルに出来るので、お食事なども安定した状態で取ることが可能です。また、6席ウォークスルーはキャプテンシートを採用することにより、サードシートへの移動もらくらく出来ちゃいます。広々とした室内空間が特徴のウィッシュならではの車内生活が満喫出来ます。

快適性能

ゆとりある室内のウィッシュにはより快適に過ごすための機能が盛りだくさん。スマートエントリー&スタートシステムは、スマートキーを携帯し、ドアハンドルを握るだけで解錠、そしてドアハンドルのセンサーにタッチするだけで施錠が出来ます。バックドアもバックドアハンドルについているボタンを軽く押すだけで、ドアロックの解錠・施錠ができます。

また、ブレーキを踏みながらエンジンスイッチを押すだけでエンジンが始動する非常に便利な機能です。そして、電動チルト&スライドムーンルーフは室内に爽やかな風と光を届けてくれます。挟み込み防止機能も採用しているので安全に気持ち良く利用する事が出来ます。

ラゲッジスペース

ラゲージルームは乗客人数や荷物の量、大きさによってフレキシブルにスペースをアレンジ出来るのでかなり便利なのではないでしょうか。サードシートもワンタッチで簡単にフラットに出来るので、その状態にすることによりかなりの荷物を載せることが出来ます。

大きいものや長いものなども入れられ、お出かけやお買い物で買い過ぎてしまった場合など非常に助かります。また、ラゲージボックスも備わっているので、雨の日などで濡れてしまったものをしまったり、小物を整理してしまうのに最適です。人を乗せることだけでなく荷物もしっかり載せられるので、荷物に対するストレスも軽減出来ます。

運転支援・安全性・装備

運転支援・運転のしやすさ

大きな三角窓でスリムなフロントピラーにより広い視野を確保でき、初めてハンドルを握る方も運転に慣れた方も安心して運転が出来ます。そして快適に運転をするために、チルト&テレスコピックステアリング、運転席シート上下アジャスター、10mm単位で細かく調整ができるシートスライドなどを採用し自分に適したドライビングポジションを設定できます。

また、スイッチ操作により40km~100km/hの間で定速走行ができるクルーズコントロールを採用。これによりロングドライブも快適にサポートしてくれます。

安全装備

ウィッシュは事故を未然に防ぐ予防安全に対する意識も高いです。EBD付ABSは走行状況に応じてブレーキを制御してくれ、さらにVSC&TRCを搭載し、雨や雪など滑りやすい路面などで横滑りが発生してしまったときにブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールし車両の安定性を確保してくれます。

そのほかにもLEDヘッドランプで歩行者や他の車へ自身の存在を表し事故を未然に防ぐサポートをしてくれます。衝突安全については、SRSエアバッグシステムを搭載し、後部座席までしっかり衝撃を最小限に抑えてくれます。

歩行者の安全にも配慮し、歩行者障害軽減ボディ構造によって少しでも歩行者に与える障害を軽減します。生活するうえで起こりうるさまざまな状況を想定し、安全について配慮がされています。

バリエーション・価格

ウィッシュの価格は190万円台~210万円台で、特別仕様車で250万円台となっています。各パッケージとグレードによって、標準装備等が異なりますが運転のしやすさ快適さに大きな差はありません。

ワンランク上の内装でより贅沢な空間を希望する場合は特別仕様車を選ぶと満足度がかなり増します。各パッケージとグレードによって、標準装備等が異なりますが運転のしやすさ快適さに大きな差はありません。

試乗記(伝聞形式)

ウィッシュを試乗した方の感想を見てみたいと思います。運転してみた感想としては、「重心高が低い分だけ走りのバランスが良く、背の高いミニバンとは異なる走りの感覚(松下氏)」重心が高いと不安定になりがちなミニバンですが、それとは一線を画した走りが堪能出来そうです。

また、「安全装備の充実度も高い(松下氏)」これはドライバーや乗車される方にも安心な意見です。もしもの事を考えた時にこの安心感があると運転する際の気持ちも違ってきます。

そして、運転席ではなく後部座席については、「3列目席でも前方見晴らし性は抜群(青山氏)」というように、お連れの方も一緒に楽しみながらドライブが出来るのではないでしょうか。実際に試してみる価値のある一台です。

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。