目次へ戻る

三菱 ekワゴン/ekカスタム デザイン、走行性能、安全性能など詳細を説明!

三菱 ekワゴン/ekカスタム デザイン、走行性能、安全性能など詳細を説明!

三菱eKワゴン/eKカスタムはドライビングの楽しさを教えてくれる、多種多様な機能性やデザイン性を備えていて、魅力的なクルマに仕上がっている。今回は そんなekワゴン/ekカスタムについてまとめた。


三菱eKワゴン/eKカスタムはどんな車?

主な特徴

三菱eKワゴン/eKカスタムは走行性能だけではなく、環境にも優しいエコ機能をいろいろ備えている。例えば、コーストストップ機能付のオートストップ&ゴーによって、クルマの減速時(約13km/h以下)からエンジンを停止させ、燃費の無駄な消費を抑制している。

同時にアシストバッテリーを自動的に作動させることで、減速時に生じるエネルギーを回生させ発電。それをさらに電装品に供給してエネルギーのエコドライブ化を実現しているのだ。また効率的な運転をドライバーに促すために、ECOドライブアシストを採用。走行状態を教える4枚の葉のゲージを、メーター内に表示する。

綺麗なデザインとエクステリアカラー

「ダイナミックシールド」のコンセプトの下に、精悍なフロントデザインを誇る三菱eKワゴン/eKカスタム。そのボディーカラーも全6色をそろえ、豊富なバリエーションが人々を惹きつけそうだ。最小回転半径4.4mを実現するコンパクトなフォルムは、狭い路地裏の道を走る場合や、Uターンをする際にはとても快適で便利だ。

単にデザイン性だけにとどまらない、スマートな機能がこのクルマにはあるのだ。この他にも、繊細なデザインでありながらも質実剛健なアルミホイールが、路面にしっかりフィットするタイヤまでもパワフルに見せてくれる。

優れたエンジンシステムINVECS-Ⅲ!

三菱eKワゴン/eKカスタムの走行性能の決め手は、やはりエンジンシステム。3B20 MIVEC DOHC 12バルブ インタークーラーターボチャージャー、あるいは3B20 MIVEC DOHC 12バルブを2WD・4WDの両タイプに搭載。軽自動車であることを忘れさせる最大出力や最大トルクによって、パワフルで軽やかなフットワークを実現する。さらにINVECS-Ⅲ CVTを採用することで変速ショックのないシームレスな加速性と、ムラのない走行性を可能にしている。

燃費はどうなのか

21.8km/L~25.8km/Lの低燃費を実現した三菱eKワゴン/eKカスタムは、エコカー減税車。環境にやさしいクルマの証だ。さらに、タコメーター付ハイコントラストメーターの中央に設置したマルチインフォメーションディスプレイによって、アイドリングストップ時間や平均燃費、航続可能距離など、効率的でエコな運転をドライバーに意識付ける。

高速道路などでの単調な長距離走行の場合には、クルーズコントロールの使用が快適で便利だ。予めセットした一定速度(約40km/h~約100km/h)で走行してくれるので、ドライバーはアクセルペダルを踏み続ける必要はない。

三菱eKワゴン/eKカスタムの車内空間を紹介!

寒い日に温めてくれるシートがすごい!!

三菱eKワゴン/eKカスタムには、ドライバーの快適な運転をサポートする機能や装備が充実している。まず運転席シー三菱eKワゴン/eKカスタム車内空間・収納トヒーターが座面を素早く温めるため、寒い冬場でもストレスなくスムーズなドライビングを可能にする。

リアヒーターダクトによって、後部座席の足元まで温風を送ることができるため、搭乗人数4名の車内をしっかりと温めることができるのだ。そのうえ、ヒーテッドドアミラーが曇りや霜になったミラーもクリアな状態にしてくれるので、寒暖差の激しい季節でも安心だ。

シートアレンジも楽々にできる

車内の快適性や収納性に優れた三菱eKワゴン/eKカスタムを支えるのが、そのアレンジ自在なリヤシートだ。独立した片側リヤシートなので、一方だけのシートを折りたたんで荷台にしながら3人乗車も可能。シチュエーションに合わせて柔軟なシートアレンジができるのだ。

また、背もたれの前倒しに連動してシートが沈むワンタッチフォールディング機構によって、ラゲッジスペースをフラット化が可能。荷台に凹凸が少ないので、大きめの荷物や傾斜の難しい貴重品などでも安心して積み込める。またバックドア側からも操作ができるので、車外からでもスムーズだ。

ラゲッジスペースもアレンジできて使い易い

三菱eKワゴン/eKカスタムのリヤシートは前後170mmスライドができるうえ、積み込む荷物の大きさや量に合わせてラゲッジスペースをフレキシブルに可変できる。またシートは単にスライドできるだけはなく、背もたれを前倒しにすると同時にリヤシートも沈み込むのでフラットな荷室を実現。

ラゲッジスペースの収納性をより一層高めている。この他にも、スマートフォンや携帯電話などを置くのに便利なセンターオープントレイや、シューズや小物類などを入れるのに便利なシートアンダートレイなど、かしこく収納できるアイテムが充実しているのだ。

運転手には嬉しい快適さ!!

三菱eKワゴン/eKカスタムには、乗る方の快適性を考えた充実の機能や性能がある。IRカット/UVカットガラスは紫外線や赤外線をしっかり遮断してくれるため、夏場の暑い季節やお肌のケアを気にする方には欠かせない機能の1つだ。さらに駐車スペースに後ろからクルマを入れるのが苦手な方も、マルチアラウンドモニターがあれば大丈夫だ。

ルームミラーに映るバックモニターがスマートな駐車を導いてくれるのだ。タッチパネルオートエアコンはその名の通り、パネルにタッチするだけで車内の空調や温度の調整が可能。ドライブしながらでもストレスを感じさせないような造りになっているのだ。

三菱eKワゴン/eKカスタムの様々な装備を紹介!

衝突安全性能はどうなの?

三菱eKワゴン/eKカスタムの衝突安全機能の1つに、FCM-Cityがある。これは低速で走行している際に、前方車両との衝突危険性を察知するとアラーム音が鳴り、自動ブレーキで衝突を回避する優れものだ。

また同時にエマージェンシーストップシグナルシステムも作動するため、自動的にハザードランプが高速点滅。これにより後続車へ瞬時に異常を知らせ、衝突防止を促すのだ。三菱eKワゴン/eKカスタムには誤発進抑制機能も備えている。例えばお年寄りなどがアクセル・ブレーキを踏み間違えても、衝突被害のリスクを最小限に抑えることが可能だ。

”オートマチックハイビーム”搭載!

オートマチックハイビームは、安全性能を追求した三菱eKワゴン/eKカスタムならではの機能だ。先行車や対向車のランプの明るさだけでなく、街路灯など道路周辺の明るさまでも検知して、自動的にハイビームとロービームを切り替えてくれる。

これならば夜間でも安心して遠方まで目視できるとともに、今までの手動によるライトの点灯消灯の煩わしさから解放される。またカーブなどで車両が横滑りを起こすと、アクティブスタビリティコントロールが働いて横滑りを抑制すると同時に、車両も安定化させる。これも安全性を重視する三菱eKワゴン/eKカスタムならではの機能なのだ。

”ヒルスタートアシスト”などの支援機能が最高!

三菱eKワゴン/eKカスタムは、安全で快適な運転のための支援システムも充実している。ドライバーの座席から広くて見易い視界もその1つ。とても単純なことでありながら、最も基本的で大切な運転支援の機能と言えるだろう。ヒルスタートアシストはブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる瞬間に、ブレーキを自動的に最大2秒間キープする便利な機能だ。もう坂道発進などの際に、車の後退を気にして余計にアクセルを踏む必要はなくなるだろう。

三菱eKワゴン/eKカスタムは、大切なクルマを盗難から守ってくれるイモビライザーも採用。車両に登録されたキー以外ではエンジン始動ができないので、不正キーからの盗難を防止します。

この車種はバリエーションも豊富!!!

三菱eKワゴン/eKカスタムは燃費性能をはじめ、安全装備、内装や外装、そして価格帯までも幅広いバリエーションをそろえている。M 2WDはオーソドックスな装備ながらも、安全性や環境性能にも優れたベーシックマシンで、お手頃な価格でお求めできるようになっている。

G(Safety Package) 2WDは先進の予防安全技術を使用した、快適で安全な装備が充実。1つ上をゆく満足度の高いグレードだ。T(Safety Package) 2WDは充実の安全機能や快適装備に加え、ターボエンジンやデザイン性にも優れた最上級グレードでどなたにも満足できるハイエンドマシーンとされている。

関連する投稿


【スクープ】三菱のパジェロスポーツ改良新型 日本導入はある?

【スクープ】三菱のパジェロスポーツ改良新型 日本導入はある?

三菱自動車の世界戦略SUV、『パジェロスポーツ』改良新型プロトタイプを、北欧で兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えました。果たして日本導入はあるのでしょうか。


【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

【1位は堂々のあの車】2018年軽自動車販売台数ランキング(車名別)はこうなった!

全国軽自動車協会連合会は1月10日、2018年(1~12月)の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)を発表しました。ホンダ『N-BOX』が過去最高の24万1870台(前年比10.7%増)を販売し、4年連続トップとなっています。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


日産デイズ/三菱 eKワゴン新型 ワールドプレミアは2019年3月か

日産デイズ/三菱 eKワゴン新型 ワールドプレミアは2019年3月か

日産と三菱の合併会社「NMKV」が開発し、兄弟モデルとして発売されている軽自動車『デイズ』『デイズハイウェイスター』、及び『eKワゴン』『eKカスタム』ですが、2019年春頃に新型が発表される予定です。いったいどんな点が新しくなったのでしょうか。


最新の投稿


BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWは1月16日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)を本国で発表しました。現行7シリーズがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けています。最新情報をお届けいたします!


マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

トヨタのSUV、RAV4。このRAV4ハイブリッド新型がこの春欧州にて発売されます。さらにトヨタは、RAV4ハイブリッド新型の燃費も発表しました。2019年春に日本でも発売されるとあって今大注目のRAV4。本記事では欧州仕様のRAV4ハイブリッド新型のハイブリッド性能に焦点を当てました。


車のハンドルロック。原因や解除方法を解説|盗難防止グッズも紹介

車のハンドルロック。原因や解除方法を解説|盗難防止グッズも紹介

車の盗難防止のための機能であるハンドルロック。ですが、意図せずロックが掛かってしまい、ハンドルが動かせず慌ててしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなハンドルロックが掛かってしまった時の対処方法・解除方法についての紹介と、機能とは別に盗難防止アイテムの紹介を合わせて行っています。