トップへ戻る

いざという時大活躍!車のパンク修理キットおすすめ5選

いざという時大活躍!車のパンク修理キットおすすめ5選

タイヤの付いている市販の車などには、必ずついて回るパンクというトラブルがあります。パンクすると車が動かせなくなってしまう場合もあるほか、必ず修理が必要になってきますが、その際、緊急措置としてご自身で出来る修理に必要なパンク修理キットのご紹介をしていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


パンクとは?

パンク修理

パンク修理

車を運転していてタイヤがパンクし、走行不能になる状態は何らかの原因でタイヤが裂けたり、穴が開いて空気が抜けることを言います。

原因として考えられるのは、ガラスや釘などがタイヤに刺さったり、ひび割れがあったり、バルブが壊れていた時などにゆっくりと空気が抜けていく、「スローパンク=スローパンクチャー」があります。

また、「バースト=破裂」と言われる状態で破裂により一気に空気が抜けてしまう場合です。

原因としては、劣化・空気圧が不適正・スリップサインがでているままの走行・縁石への接触などがあります。いきなりパンクすると、ハンドルやブレーキが制御不能となり事故を引き起こす要因となることもあります。

パンクした際にそのまま走行を続けてしまうと、ホイールで走行するのと同じ状態になるため、ホイールへの負担が大きくなるほか、パンクしたタイヤが熱を持って発火することで車両火災につながるおそれもあり、修理や費用などが大変なことになる可能性が高くなります。

パンクした時の対応

パンク修理キット

パンク修理キット

対応としては、バーストの場合は大きな音と共にハンドルやブレーキなどが制御できなくなることですぐに分かります。

それ以外の場合は車体がふらついたり、ハンドルが重くなったり、走行中に音がしたりなどがあり、異変を感じたら慌てずに安全な場所へ移動して停車します。

そして、タイヤの状態を確認しますが、釘や異物が刺さっていた場合はすぐに抜いてはいけません。空気が一辺に抜けてしまいその後は走行が不能になってしまううえに、破損している場所がわからなくなってしまい、修理が大変なことになります。

確認後の対応としては、近くのカーショップやガソリンスタンドなどへ持ち込み、タイヤ交換や修理をお願いしましょう。また、保険会社のロードサービスやJAFなどを利用することでトラブルに対応してくれますので、事前に契約や準備をしておくと便利となります。

また、スペアタイヤを積んでいる場合は、自分で交換することも対応の一つです。タイヤ交換の際には安全な場所を選び、作業中の事故などが起こるリスクを避けることが重要となります。応急的な処置として修理キットなどを使い修理することも可能です。

いざという時のパンク修理

ここでは、パンク修理キットの使用方法をざっくりとご紹介します。

①パンクしている所を探しましょう。

②残っているタイヤ内の空気を抜きます。

③修理剤
すべての空気が抜けたら、修理剤を流し込みます。空気を入れる口へチューブを取り付けて、修理剤を全部流し入れます。(全量を入れないと補修ができないことがあります。)

④空気を入れる
キットに入っているエアーコンプレッサーで、適正な空気圧になるまで空気を送り入れます。その後、数キロ車を走行させてタイヤを安定させます。

⑤修理を依頼
走行し安定したのち、再度 空気圧を計測し問題がないのを確認したら修理工場や専門の業者へ持ち込み、きちんと修理をしてもらいましょう。あくまで、修理キットは応急的処置となります。

パンク修理キットは万能ではない

修理キットはどのような場合でも使用できるわけではありません。修理キットで対応不可な範囲で言えば、ホイールの損傷であったり、タイヤの側面を破損した場合などが挙げられます。

例えば、凹凸のある縁石や岩などで側面を擦ってしまった場合などは、修理キットでは修理ができません。さらにトレッド面の穴の大きさが数mm以上など大きくなっているときは、使用不可となります。

また、応急的な処置となるので、修理キットを使用した場合は修理剤を流し込んでいることもあり、本対応の際にタイヤの交換が必要となります。

常にクルマに常備しておきたい修理キットですが使用期限があり、約2~6年で定期的な交換が必須となります。(特にエアーコンプレッサーとセットになっている物は液体などの交換が必要です。)また、種類や車種によって使用期限が異なります。

他にも修理剤を流し込むことでホイールなどについてしまった修理剤を落とすために手間と時間・費用が必要となります。

【人気・おすすめのパンク修理キット】自分でパンク修理をするタイプ2選!

修理キットの中でも、自分でパンク修理をするタイプの人気商品をご紹介します。

1. DAYTONA(デイトナ) パンク修理キット 電動エアポンプ付

この商品の特徴としては電動のエアーポンプが付いており、楽々エアーが補充できます。また、縦180×横130×高さ80mmととってもコンパクトです。

収納ケース付きで持ち運びに便利なサイズとなっていますので、常備しても邪魔になりません。バイクのツーリングなどにもおススメになります。

電動エアーポンプ付 DAYTONA(デイトナ)

2. メルテック パンク修理キット

こちらは、チューブレスタイヤ専用でバイク・乗用車・4WDまで修理が可能となっています。

セットの内容は工具が中心となっており、インサートドライバー、ラバースティック、スクリュードライバー、ラバーセメント、チョークなど、自分で簡単に修理ができるような物が揃っています。

収納ケースにすべて収まるサイズで、コンパクトとなっており持ち運びにも便利です。

メルテック パンク修理キット

【人気・おすすめのパンク修理キット】修理剤を注入するタイプ3選!

1. スリーボンド 瞬間パンク修理剤 タイヤパンドーC

瞬間という名の示す通り、修理をしながらエアーが注入できます。ジャッキや工具を使う必要がないためその場ですぐにパンク修理が可能となります。

タイヤやチューブを傷つけることがありません。また、スプレー缶タイプとなっており、見た目は小さい消火器のような形状です。クルマに1つ載せておくだけで、急なパンクにも安心することができます。

スリーボンド スリーボンド 瞬間パンク修理剤

2. SLIME パンク修理キット スマートリペア(手動タイプ)

特徴はその使い方にあり、シーラント剤をタイヤ内に注入しエアーを充填します。シーラント剤がタイヤの遠心力によって内部に広がり、パンクした箇所に張り付いて直していきます。

シーラント剤を注入するだけなので、タイヤを外す必要がなく簡単に修理が可能となっています。また、シーラント剤は無害で簡単に水洗いができます。

SLIME スライム 50036(補修剤と空気圧計付コンプレッサーのセット)

3. ホルツ タイヤウェルド

こちらはホルツの商品となります。

液体ゴムとガスによって穴を塞ぎ、タイヤのパンクの修理をすることができます。ジャッキアップも不要なので、手軽にパンク修理が可能です。

ホルツ パンク修理剤 タイヤウェルド (中) (軽自動車~1300ccまで) Holts MH762

必ずディーラーか修理業者で修理する

タイヤ修理

タイヤ修理

修理キットやスペアタイヤはどちらも最高速度が定められている場合があり、あくまで応急的な処置となるため、使用後は速やかにきちんとした対応が必要です。修理を依頼する業者としては、正規のディーラーや車用品の専門店、整備工場などへ持ち込んで依頼しましょう。

その際に修理期間や費用などの見積などを出してもらうなど確認をしておきましょう。

さらに、修理期間については代車が必要な場合などがあるため、依頼した業者で代車が準備してもらえるのか、レンタカーなどで自分で準備しなければならないのか、なども確認が必要となります。

まとめ

パンク応急修理キット

パンク応急修理キット

いつどこで起こるか分からないタイヤのパンクですが、事前にスペアタイヤや修理キットなどの準備や確認をしておくことで、慌てずに対応が可能となります。どちらも使用期限などがあるため、定期的な確認と交換をしておきましょう。

パンクの修理を行った後は、必ず本対応をすることを忘れないように心掛けてください。

関連するキーワード


メンテナンス タイヤ 修理

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。