トップへ戻る

スノータイヤとは?スタッドレスタイヤと違いや特徴

スノータイヤとは?スタッドレスタイヤと違いや特徴

冬用タイヤについて調べているスタッドレスタイヤだけでなく、スノータイヤという言葉があることに気づくかもしれません。スタッドレスタイヤの方がよく耳にするので、スノータイヤとどう違うのか気になるでしょう。この記事ではスノータイヤとスタッドレスタイヤの違いについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スノータイヤとは?

スタッドレスタイヤ『アイスガード6』 オールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スタッドレスタイヤ『アイスガード6』とオールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スノータイヤというのは、一般的にノーマルタイヤ(夏用タイヤ)とは異なるゴム素材を用いて製造されるタイヤで、雪でも優れたトラクションを誇ります。ノーマルタイヤでは、低温の路面ではトラクションがかかりにくくなります。スタッドレスタイヤが登場する以前は、スパイクタイヤが利用されていました。

またスパイクが打ち込まれていないタイヤでも積雪にも対応しているタイヤのことをスノータイヤと呼ばれていました。簡単にいうのであれば、夏用タイヤの溝が深く、積雪路に対してトラクション性能を高めたタイヤのことです。

現在ではスタッドレスタイヤと同義語として扱われており、雪道を走るためのタイヤ全般を指しています。

スパイクタイヤとの違い

RS4アバント スパイクタイヤ

RS4アバント スパイクタイヤ

スパイクタイヤはスノータイヤに金属製の鋲を打ち込んで氷上でもグリップが確保できるようにしたタイヤのことです。積雪路だけでなく、氷上でも強力なグリップが可能なタイヤですが、アスファルト路面を削ってしまう懸念点がありました。

また削られたアスファルトの粉じんが公害となったために使用を抑制する動きがあり、1990年に日本でもスパイクタイヤの使用を禁じる法律が成立して、指定地域の公道において、路面の積雪時や凍結時を除き原則的に使用が禁止されました。

海外のラリーレースなどでは、スパイクタイヤが使用されることもあります。日本においても氷上レースなどでは使用されることがあります。

一部の対策条例の指定地域以外では「スパイクタイヤ使用抑制期間」として、法律が適用されないこともあります。

スタッドレスタイヤとの違い

Winter Sotto Zero Serie 2

Winter Sotto Zero Serie 2

スパイクタイヤはスパイクを打ち込むことで、積雪路でのトラクションを確保していました。しかしスタッドレスタイヤは、トレッド面が工夫されているだけでなく、ゴム材質にも特別な設計が施されており、積雪路や氷上でも一定のグリップを確保しています。

そもそもスタッドというのは、鋲のことです。スタッドがあるスパイクタイヤに対して、スタッドがないスタッドレスタイヤという分類に分けられています。

スタッドレスタイヤはサマータイヤ、もしくはスノータイヤの一部ともいえるでしょう。国産のスタッドレスタイヤであれば、アイスバーンでもグリップするように柔らかめのゴムが使用されています。

スタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤの違いは?

スタッドレスタイヤ『アイスガード6』とオールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スタッドレスタイヤ『アイスガード6』とオールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

オールシーズンタイヤなら1年中同じタイヤを使うことができ、スタッドレスほどの性能でないとしても積雪路でも走行できます。

雪道においては、サマータイヤよりもグリップ力があるので、突然の降雪でも問題ありません。またウェット路面での性能もスタッドレスよりもよいものの、サマータイヤほどの性能ではありません

冬タイヤ規制になっていても走行できるタイヤですが、スタッドレスタイヤほどの能力はないので、無理をしないことが大切です。

タイヤの性能の違いを理解しよう

オールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

オールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スノータイヤやスタッドレスタイヤについて解説してきましたが、そもそもなぜ使い分ける必要があるのでしょうか?

雪が積もっているかだけにかかわらず、サマータイヤは低温ではグリップ力が確保できません。低温になってしまうと、ゴムが硬くなってしまうので、ドライ路面でもグリップしません。それに対して欧州で一般的なウィンタータイヤになると、低温でもゴムが硬くなりにくくなっており、グリップの低下を避けられます。

さらに日本でも広く使われているスタッドレスタイヤなら、低温でもゴムがしなやかなので、氷上でも制動距離が短くなります。逆に路面温度が高くなってしまうと、サマータイヤのようなグリップは得られません。

スタッドレスタイヤとウィンタータイヤの中間の性能といえるのが、近年注目を集めているオールシーズンタイヤです。1年中同じタイヤを装着していても問題がなく、スタッドレスを保管するスペースがない方でも使いやすいです。

スタッドレスタイヤも性能が異なる

スタッドレスタイヤは同じような性能に見えますが、ゴムの種類によっても性能が異なります。たとえば、スタッドレスタイヤが採用しているゴムには、「吸水」と「撥水」の2つの種類があります。

東北以北などで路面が凍結することが多い場合には、摩擦熱で溶けた水を溝に溜め込む吸水タイプのゴムのタイヤがよいでしょう。

しかし凍結する路面がほとんどなく、積雪も数日しかないのであれば、路面を引っ搔いてグリップを得る撥水タイプのタイヤがよいでしょう。

またどこに住んでいるかにかかわらず、スキー場に行くことが多いのであれば、アイスバーンに強いスタッドレスタイヤを装着すると安心して運転できます。

オールシーズンタイヤは夏・冬寄りがある

日本において、オールシーズンタイヤはまだ広く浸透しているとはいえません。種類がたくさんあり、豊富な選択肢から好みのものを選択できるわけではないので、スノータイヤとして使えるのか、雪道性能を確認する必要があります。

オールシーズンタイヤであっても、雪道に強みがあるのか、舗装路上での性能に強みがあるのかなどの違いがあるので、雪が多い地方に住んでいるならよく確認しておきましょう。

スノータイヤの見分け方

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

一般的になっているスタッドレスタイヤなら、トレッド面が複雑になっており、彫りも深いです。またサイドウォールに「STUDLESS」と表記されているので、わかりやすいでしょう。

また積雪路に対応したタイヤであれば、沼地と積雪路を意味している「M&S」もしくは「M+S」の表記があります。スタッドレスタイヤであればすぐに見た目で分かりますが、見た目で分かりにくいのであれば、サイドウォールの部分に上記の表記があるか見ておきましょう。

結局冬のシーズンは何を使えばよいの?

グッドイヤー オールシーズンタイヤ試乗会

グッドイヤー オールシーズンタイヤ試乗会

結局のところ、冬にはどのタイヤを使うのがよいでしょう。積雪や凍結が頻繁にあるなら、スタッドレスタイヤ、一年中使う方が便利であれば、オールシーズンタイヤがよいでしょう。

圧雪路ならスタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤは同じような性能に見えますが、ゴムの種類によっても性能が異なります。たとえば、スタッドレスタイヤが採用しているゴムには、「吸水」と「撥水」の2つの種類があります。

東北以北などで路面が凍結することが多い場合には、摩擦熱で溶けた水を溝に溜め込む吸水タイプのゴムのタイヤがよいでしょう。

しかし凍結する路面がほとんどなく、積雪も数日しかないのであれば、路面を引っ搔いてグリップを得る撥水タイプのタイヤがよいでしょう。

またどこに住んでいるかにかかわらず、スキー場に行くことが多いのであれば、アイスバーンに強いスタッドレスタイヤを装着すると安心して運転できます。走行する機会が多い道路の状況を考えて、スタッドレスタイヤ選びをしましょう。

一年中使うならオールシーズンタイヤ

一方で1年間の中で、ほとんど雪が降らないのであれば、オールシーズンタイヤが選択できます。都心部であれば、雪が降ることはほとんどないと考えられます。また幹線道路であれば、積雪があっても数日で溶けるでしょう。

凍結路も道全体が凍結しているよりも、部分的な凍結にとどまるようなエリアでは、ドライ路面やウェット性能が優れているオールシーズンタイヤの方がよいでしょう。

スノータイヤの性能を考慮しよう

雪道での使用を考えると、スノータイヤをどうするのかご紹介してきました。現在では、スノータイヤという言葉はほとんどスタッドレスタイヤのことを指しています。

オールシーズンタイヤなどを選択できますが、性能が異なるので使用環境に合わせて選択するとよいでしょう。1年中装着できるオールシーズンタイヤでも、積雪路に強いものを選択すれば、突発的な積雪に対応できるので安心です。

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

【中古スタッドレスタイヤ】安い・安全・安心三拍子揃う中古タイヤを探せ!見逃せない4項目とは

冬のドライブで安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤ。しかし、タイヤは4本セットでは意外と高く、購入には二の足を踏んでしまう方もいらっしゃるのでは。しかし、新品をお探しの方でも一度チェックしておきたいのが、お買い得な中古タイヤの世界です。スタッドレスタイヤは使われる期間が限られることもあるので、中古在庫も豊富。安心な中古スタッドレス選びの基準をご紹介します。


【スタッドレスタイヤの保管方法】横置き縦置き?ショップ任せ?正しい保管方法で長持ちさせよう!

【スタッドレスタイヤの保管方法】横置き縦置き?ショップ任せ?正しい保管方法で長持ちさせよう!

冬のドライブに安心感をもたらしてくれるスタッドレスタイヤですが、春が来るとサマータイヤに履き替えて、スタッドレスは保管する方がほとんどでしょう。春夏秋と長期間にわたって保管されるスタッドレス、保管中に劣化が進んでしまうと、冬が来るまでの間にダメになっていたなんてことも!この記事でご紹介する適切な保管方法と、保管明けのチェック項目を覚えておきましょう。


【スタッドレスタイヤをレンタル】旅行や帰省?スタッドレスはレンタルが賢いかも!

【スタッドレスタイヤをレンタル】旅行や帰省?スタッドレスはレンタルが賢いかも!

重たい・デカい・手が汚れる、と、タイヤの取り扱いは面倒が重なるもの。冬期間のドライブの安心感を支えるスタッドレスタイヤですが、積雪の少ない地方にお住まいなら、スタッドレスが役立つ機会は一年に数回程度かもしれませんね。近頃、わざわざスタッドレスを購入せずに、レンタルで必要な時だけ使用するという選択肢を選択する方も増えている様子です。注意点などもまとめてご紹介していきます。


【スタッドレスタイヤの交換時期】いつ交換がベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

【スタッドレスタイヤの交換時期】いつ交換がベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

愛車のタイヤをサマータイヤとスタッドレスタイヤで季節ごとに履き替えている方も多いです。しかし、多くの人に馴染みのあるサマータイヤと「冬専用」のスタッドレスタイヤとでは、寿命の判断基準が異なることは知っていましたか。また、普段はしまってあるスタッドレス、保管方法によっては劣化を加速させてしまっているかも。この記事で、スタッドレスについて詳しくなってしまいましょう。


【タイヤの交換時期】交換目安の年数や走行距離、状態まとめ!寿命タイヤの怖い話も

【タイヤの交換時期】交換目安の年数や走行距離、状態まとめ!寿命タイヤの怖い話も

自動車が安全に走行するのに欠かせないのが正常な状態のタイヤ。タイヤは使用に伴ってすり減っていくなど劣化が進みますので、交換が必須の部品です。とは言っても、どの状態が正常で、どの状態が寿命なのかがちょっぴり分かりにくい気がしていませんか? 実はタイヤは、パッと見でも状態が分かるように作られているので、車に詳しくない方でも寿命の判断が可能です。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。