トップへ戻る

スノータイヤとは?スタッドレスタイヤと違いや特徴

スノータイヤとは?スタッドレスタイヤと違いや特徴

冬用タイヤについて調べているスタッドレスタイヤだけでなく、スノータイヤという言葉があることに気づくかもしれません。スタッドレスタイヤの方がよく耳にするので、スノータイヤとどう違うのか気になるでしょう。この記事ではスノータイヤとスタッドレスタイヤの違いについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スノータイヤとは?

スタッドレスタイヤ『アイスガード6』 オールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スタッドレスタイヤ『アイスガード6』とオールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スノータイヤというのは、一般的にノーマルタイヤ(夏用タイヤ)とは異なるゴム素材を用いて製造されるタイヤで、雪でも優れたトラクションを誇ります。ノーマルタイヤでは、低温の路面ではトラクションがかかりにくくなります。スタッドレスタイヤが登場する以前は、スパイクタイヤが利用されていました。

またスパイクが打ち込まれていないタイヤでも積雪にも対応しているタイヤのことをスノータイヤと呼ばれていました。簡単にいうのであれば、夏用タイヤの溝が深く、積雪路に対してトラクション性能を高めたタイヤのことです。

現在ではスタッドレスタイヤと同義語として扱われており、雪道を走るためのタイヤ全般を指しています。

スパイクタイヤとの違い

RS4アバント スパイクタイヤ

RS4アバント スパイクタイヤ

スパイクタイヤはスノータイヤに金属製の鋲を打ち込んで氷上でもグリップが確保できるようにしたタイヤのことです。積雪路だけでなく、氷上でも強力なグリップが可能なタイヤですが、アスファルト路面を削ってしまう懸念点がありました。

また削られたアスファルトの粉じんが公害となったために使用を抑制する動きがあり、1990年に日本でもスパイクタイヤの使用を禁じる法律が成立して、指定地域の公道において、路面の積雪時や凍結時を除き原則的に使用が禁止されました。

海外のラリーレースなどでは、スパイクタイヤが使用されることもあります。日本においても氷上レースなどでは使用されることがあります。

一部の対策条例の指定地域以外では「スパイクタイヤ使用抑制期間」として、法律が適用されないこともあります。

スタッドレスタイヤとの違い

Winter Sotto Zero Serie 2

Winter Sotto Zero Serie 2

スパイクタイヤはスパイクを打ち込むことで、積雪路でのトラクションを確保していました。しかしスタッドレスタイヤは、トレッド面が工夫されているだけでなく、ゴム材質にも特別な設計が施されており、積雪路や氷上でも一定のグリップを確保しています。

そもそもスタッドというのは、鋲のことです。スタッドがあるスパイクタイヤに対して、スタッドがないスタッドレスタイヤという分類に分けられています。

スタッドレスタイヤはサマータイヤ、もしくはスノータイヤの一部ともいえるでしょう。国産のスタッドレスタイヤであれば、アイスバーンでもグリップするように柔らかめのゴムが使用されています。

スタッドレスタイヤとオールシーズンタイヤの違いは?

スタッドレスタイヤ『アイスガード6』とオールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スタッドレスタイヤ『アイスガード6』とオールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

オールシーズンタイヤなら1年中同じタイヤを使うことができ、スタッドレスほどの性能でないとしても積雪路でも走行できます。

雪道においては、サマータイヤよりもグリップ力があるので、突然の降雪でも問題ありません。またウェット路面での性能もスタッドレスよりもよいものの、サマータイヤほどの性能ではありません

冬タイヤ規制になっていても走行できるタイヤですが、スタッドレスタイヤほどの能力はないので、無理をしないことが大切です。

タイヤの性能の違いを理解しよう

オールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

オールシーズンタイヤ『ブルーアース4S』

スノータイヤやスタッドレスタイヤについて解説してきましたが、そもそもなぜ使い分ける必要があるのでしょうか?

雪が積もっているかだけにかかわらず、サマータイヤは低温ではグリップ力が確保できません。低温になってしまうと、ゴムが硬くなってしまうので、ドライ路面でもグリップしません。それに対して欧州で一般的なウィンタータイヤになると、低温でもゴムが硬くなりにくくなっており、グリップの低下を避けられます。

さらに日本でも広く使われているスタッドレスタイヤなら、低温でもゴムがしなやかなので、氷上でも制動距離が短くなります。逆に路面温度が高くなってしまうと、サマータイヤのようなグリップは得られません。

スタッドレスタイヤとウィンタータイヤの中間の性能といえるのが、近年注目を集めているオールシーズンタイヤです。1年中同じタイヤを装着していても問題がなく、スタッドレスを保管するスペースがない方でも使いやすいです。

スタッドレスタイヤも性能が異なる

スタッドレスタイヤは同じような性能に見えますが、ゴムの種類によっても性能が異なります。たとえば、スタッドレスタイヤが採用しているゴムには、「吸水」と「撥水」の2つの種類があります。

東北以北などで路面が凍結することが多い場合には、摩擦熱で溶けた水を溝に溜め込む吸水タイプのゴムのタイヤがよいでしょう。

しかし凍結する路面がほとんどなく、積雪も数日しかないのであれば、路面を引っ搔いてグリップを得る撥水タイプのタイヤがよいでしょう。

またどこに住んでいるかにかかわらず、スキー場に行くことが多いのであれば、アイスバーンに強いスタッドレスタイヤを装着すると安心して運転できます。

オールシーズンタイヤは夏・冬寄りがある

日本において、オールシーズンタイヤはまだ広く浸透しているとはいえません。種類がたくさんあり、豊富な選択肢から好みのものを選択できるわけではないので、スノータイヤとして使えるのか、雪道性能を確認する必要があります。

オールシーズンタイヤであっても、雪道に強みがあるのか、舗装路上での性能に強みがあるのかなどの違いがあるので、雪が多い地方に住んでいるならよく確認しておきましょう。

スノータイヤの見分け方

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤ

一般的になっているスタッドレスタイヤなら、トレッド面が複雑になっており、彫りも深いです。またサイドウォールに「STUDLESS」と表記されているので、わかりやすいでしょう。

また積雪路に対応したタイヤであれば、沼地と積雪路を意味している「M&S」もしくは「M+S」の表記があります。スタッドレスタイヤであればすぐに見た目で分かりますが、見た目で分かりにくいのであれば、サイドウォールの部分に上記の表記があるか見ておきましょう。

結局冬のシーズンは何を使えばよいの?

グッドイヤー オールシーズンタイヤ試乗会

グッドイヤー オールシーズンタイヤ試乗会

結局のところ、冬にはどのタイヤを使うのがよいでしょう。積雪や凍結が頻繁にあるなら、スタッドレスタイヤ、一年中使う方が便利であれば、オールシーズンタイヤがよいでしょう。

圧雪路ならスタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤは同じような性能に見えますが、ゴムの種類によっても性能が異なります。たとえば、スタッドレスタイヤが採用しているゴムには、「吸水」と「撥水」の2つの種類があります。

東北以北などで路面が凍結することが多い場合には、摩擦熱で溶けた水を溝に溜め込む吸水タイプのゴムのタイヤがよいでしょう。

しかし凍結する路面がほとんどなく、積雪も数日しかないのであれば、路面を引っ搔いてグリップを得る撥水タイプのタイヤがよいでしょう。

またどこに住んでいるかにかかわらず、スキー場に行くことが多いのであれば、アイスバーンに強いスタッドレスタイヤを装着すると安心して運転できます。走行する機会が多い道路の状況を考えて、スタッドレスタイヤ選びをしましょう。

一年中使うならオールシーズンタイヤ

一方で1年間の中で、ほとんど雪が降らないのであれば、オールシーズンタイヤが選択できます。都心部であれば、雪が降ることはほとんどないと考えられます。また幹線道路であれば、積雪があっても数日で溶けるでしょう。

凍結路も道全体が凍結しているよりも、部分的な凍結にとどまるようなエリアでは、ドライ路面やウェット性能が優れているオールシーズンタイヤの方がよいでしょう。

スノータイヤの性能を考慮しよう

雪道での使用を考えると、スノータイヤをどうするのかご紹介してきました。現在では、スノータイヤという言葉はほとんどスタッドレスタイヤのことを指しています。

オールシーズンタイヤなどを選択できますが、性能が異なるので使用環境に合わせて選択するとよいでしょう。1年中装着できるオールシーズンタイヤでも、積雪路に強いものを選択すれば、突発的な積雪に対応できるので安心です。

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


タイヤチェーンはどう選ぶ?使い方やおすすめアイテムを紹介!

タイヤチェーンはどう選ぶ?使い方やおすすめアイテムを紹介!

冬場の運転をより安全なものとするためのアイテムが、タイヤチェーンです。しかし、どう選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、使い方や選び方についてご紹介します。


オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

近年注目が高まっているのがオールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤほどの雪道での性能はないですが、履き替えずに雪道に対応できる性能が特徴となっています。今回は冬用タイヤとして定番のスタッドレスタイヤとの違いや各メーカーの特徴をご紹介します。


雪対策でできることは?雪道の危険性と運転の注意点

雪対策でできることは?雪道の危険性と運転の注意点

雪対策は、積雪量にかかわりなく施しておく必要があります。雪が降ることがほとんどない地域では、少しの降雪があるだけで交通渋滞が発生したり、車を動かすことができなくなることもあるからです。雪道を運転することにはどのような危険が潜んでいるのか理解して、雪対策が大切です。この記事では、雪対策として講じておきたいポイントをご紹介します。


タイヤチェーンとは?選び方やおすすめをご紹介!

タイヤチェーンとは?選び方やおすすめをご紹介!

タイヤチェーンとは冬の積雪路で必要なグリップを得るのに必要なカー用品です。チェーンで連想させる金属製の他にも、ゴムや布などの素材で作られているものがあります。タイヤチェーンにどのような種類があるのか、またおすすめのタイヤチェーンや選び方をご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。