トップへ戻る

タイヤチェーンとは?選び方やおすすめをご紹介!

タイヤチェーンとは?選び方やおすすめをご紹介!

タイヤチェーンとは冬の積雪路で必要なグリップを得るのに必要なカー用品です。チェーンで連想させる金属製の他にも、ゴムや布などの素材で作られているものがあります。タイヤチェーンにどのような種類があるのか、またおすすめのタイヤチェーンや選び方をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


タイヤチェーンとは?

タイヤチェーン イメージ(AC)

タイヤチェーン イメージ(AC)

タイヤチェーンはタイヤの周りに金属製、もしくは非金属製のチェーン状のものを巻きつけて、グリップ力を確保するカー用品です。

冬にはスタッドレスタイヤを装着することは一般的ですが、タイヤチェーンを持っている方は限られているかもしれません。スタッドレスタイヤも圧雪路では効果を発揮しますが、大雪になるとタイヤチェーンがあると安心してドライブできます。

タイヤチェーンと聞くと、ジャッキを使って装着するというイメージがありますが、ジャッキアップなしでも装着できるものも多くあります。新雪などスタッドレスタイヤでは必要なグリップを確保できないときのために用意しておくのもよいでしょう。

タイヤチェーンの3種類の素材

ISSE『スノーソックス』

ISSE『スノーソックス』

タイヤチェーンには3種類の素材があります。

・金属
・ゴム
・布

着脱のしやすさや使用するシーンに合わせて選ぶと、使いやすく万が一の降雪にも対応できるでしょう。

金属製チェーン

金属製のチェーンであれば、安価でも効果を発揮します。チェーンのデザインとして、はしご状に均等にチェーンが張り巡らされたものと、甲羅のような模様になっている亀甲型があります。金属なので耐久性も高く、サイズが合うのであれば長期的に使えるのが魅力です。

凍結路であっても性能を発揮できるメリットがある一方で、振動が大きくなるというデメリットもあるのが特徴です。アスファルトが出ている路面ではチェーンが切れるおそれがあるので注意しましょう。

ゴム製チェーン

ゴムでできているので、素材が柔らかく振動が少ないのがゴム製のチェーンです。スムーズに取り付けできることや積雪路でも凍結路でも安心して使えることが魅力です。使いやすさからタイヤチェーンとして選択されることが多いです。

しかし金属製チェーンと比較して、高価になってしまうことや収納時に大きなスペースが必要になることがデメリットです。

布製チェーン

簡単に装着できてコンパクトであること、また軽量なことから選択肢が増えている布製チェーン。耐久性やグリップ力に劣るのがデメリットですが、緊急用として持っているとよいでしょう。チェーン規制が出ているエリアでは、布製チェーンでは走行できない可能性もあり、注意が必要です。

おすすめチェーン10選

冬の道路を安心して走るには、チェーンを備えておくことが必要です。急な降雪でも、チェーンを装着して走行できます。しかし多種多様な種類に分けられているので、どのようなチェーンがよいのか分かりにくいと感じることでしょう。おすすめのチェーンをご紹介していきます。

Yeti (イエティ) Snow net (スイス生まれの非金属スノーネット)

Yeti (イエティ) Snow net (スイス生まれの非金属スノーネット) (JASAA認定品) 5288WD

スイスで誕生してから日本で改良を重ねてきたスノーネットは、ラバーネットが採用されており静かに走行できます。雪道やアイスバーンに面した際に、簡単に装着できるので、突然の悪天候でも安心です。サイズ展開も豊富なので、国産車だけでなく輸入車にも対応します。非金属製のチェーンですが、安心のJASAA認定品なので性能の基準も高いです。

weissenfels(バイセンフェルス) 新世代滑り止めデバイスバイスソック

weissenfels(バイセンフェルス) 新世代滑り止めデバイスバイスソック WSK-S80 【適合タイヤサイズ:195/65R15 195/70R14 205/55R16 205/60R15 215/50R16 215/65R14 225/45R17 225/50R16 225/55R15 225/60R14】

特殊合成繊維を利用した布製のチェーンであるバイセンフェルスは軽量でコンパクトなので、取り付けや取り外しが簡単にできます。緊急時に脱出したいときでも簡単に装着して、必要なトラクションを確保できます。基本的にジャッキアップが不要なので、誰でも装着しやすいです。布製なので、長距離走行には向いていないので、あくまでも緊急用に装備しているとよいでしょう。

AutoSock(オートソック) 「布製タイヤすべり止め」 チェーン規制適合

AutoSock(オートソック) 「布製タイヤすべり止め」 チェーン規制適合 オートソックハイパフォーマンス 正規品 ASK645

オートソックスも布製の緊急用のタイヤチェーンです。チェーン規制に適合しているので、チェーン規制がかかった道路でも使用できます。しかしチェーン規制によっては担当者の認識によって異なるケースがあるのは注意点でしょう。しかし短距離での走行で、緊急用に装備しておくには魅力的なチェーンです。

カーメイト 【正規品】 簡単装着 日本製 JASAA認定 非金属 タイヤチェーン

カーメイト 【正規品】 簡単装着 日本製 JASAA認定 非金属 タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー QE10L 適合:215/45R17 205/55R16(夏) 195/60R16 195/65R15(冬) 205/70R14(夏) QE10L ブラック

国内自動車メーカーの純正品として利用されている信頼の非金属製チェーンです。3か所のロックでスピーディで簡単に装着できます。また108本のスパイクピンが装着されているので、アイスバーンでもしっかりと路面に食いついてくれます。高性能ポリウレタンエラストマーを採用しており、極寒のエリアでも壊れにくいのも魅力です。

HomLead タイヤチェーン 防災応急 雪チェーン

タイヤチェーン 防災応急 雪チェーン 雪道 悪路 滑り止め ジャッキアップ不要 簡単取付 サイズ調節可能 8本 非金属 165-265mm対応

緊急時に役立つ非金属製のチェーンです。重たい金属チェーンであれば、ジャッキアップが不要でもタイヤに巻きつけるのが大変な作業です。しかしタイヤに縛り付けて装着するタイプのチェーンなので、誰でも簡単に装着できます。165~265mmまで様々なタイヤに装着できるのも魅力です。

KIYOYO 金属性 タイヤチェー亀甲型 9mm 2本分

KIYOYO 金属性 タイヤチェー亀甲型 9mm 2本分 カーチェーン スノーチェーン ジャッキアップ不要 簡単装着 簡単取付 TUV/GS規格認証 185R15 195/70R15 205/65R15 205/60R16等 KN-90

耐久性の高い金属製のチェーンですが、車を動かさなくても簡単装着できるのが魅力。ジャッキアップも不要なチェーンなので、女性でも簡単に装着できます。亀甲型のチェーンなので、横滑りに強い作りになっており、静寂性も高いので乗り心地もよいのが魅力です。専用ケースや作業用の手袋までセットになっています。

コムテック タイヤチェーン

コムテック タイヤチェーン 高性能金属製ジャッキアップ不要取付簡単 コンパクト収納スピーディア SX-108

金属製のチェーンでジャッキアップが不要な設計になっています。ワイヤーケーブルをタイヤの裏に回して、テンションチェーンをストッパーにかけると固定できます。金属製チェーンで専用のケースに入っているので、コンパクトに収納できるのも魅力です。

エフ・イー・シー(FEC)

エフ・イー・シー(FEC) タイヤチェーン エコメッシュ2 FB14 FB14

非金属製のチェーンで、簡単に取り付けられるのが特徴です。車を移動させたり、ジャッキアップさせたりする必要はありません。マカロニピンを使用しているので、凍結路でもしっかりとグリップします。JASSA認定の非金属チェーンですが、比較的安価に購入できるので、非金属製チェーンでもコスパがよいものを探している方におすすめです。

SCC Japan SS755 トラック・バス用SSケーブルチェーン

SCC Japan SS755 トラック・バス用SSケーブルチェーン(タイヤチェーン) システムスナップ

コンパクトに収納できる金属製チェーンです。梯子型のチェーンで、バスやトラックなどに使用できるチェーンです。トラックなどを運転しているときの大雪に備えて装備できるチェーンです。

SOFT99 ( ソフト99 ) タイヤチェーン KK-43

SOFT99 ( ソフト99 ) タイヤチェーン KK-41 救急隊ネット 非金属チェーン SOF-KK-41

車を移動させずに装着できるタイヤチェーン。ウレタンエラストマーを採用しており、軽くて振動も少ない乗り心地になっています。一部装着できないタイヤがありますが、タイヤの裏側で装着する必要もなく、簡単に使える魅力的なチェーンです。

タイヤチェーンの選び方

カーメイト・バイアスロン・セルフィット

カーメイト・バイアスロン・セルフィット

タイヤチェーンの選び方を見ていきましょう。

タイヤのサイズをチェックする

まずは検討しているタイヤチェーンが、愛車のタイヤサイズに適合しているか確認しましょう。サイズが合っていないならば、性能が発揮できないだけでなく、通常の走行もできない可能性があります。タイヤにフィットするサイズが展開されているか確認しましょう。

装着方法を確認する

また簡単に装着できるかも、確認しておきたいポイントです。以前のタイヤチェーンは、車を移動させて装着したり、ジャッキアップが必要でした。しかしジャッキアップ不要なタイヤチェーンも多く販売されているので、簡単に装着できるものを選びましょう。

JASAA(ジャサ)認定されているものを選ぶ

「一般社団法人日本自動車交通安全用品協会」の通称であるJASSAが認定しているものを選ぶと安心です。非金属製のタイヤチェーンには、収納ケースに認定マークが記されているので、安心して利用するためにマークがあるものを選びましょう。

まとめ

雪道を走行する機会があるなら、万が一に備えてタイヤチェーンを常備しておきたいものです。ジャッキアップが不要だったり、車の移動も必要なく装着できるものも多いので、女性も簡単に装着できるでしょう。性能だけでなく、無理なく装着できる重さかどうかも考慮して、チェーン選びをすると雪道でも難なく装着できるでしょう。

雪道でも備えを十分にして、安全にドライブしましょう。

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


タイヤチェーンはどう選ぶ?使い方やおすすめアイテムを紹介!

タイヤチェーンはどう選ぶ?使い方やおすすめアイテムを紹介!

冬場の運転をより安全なものとするためのアイテムが、タイヤチェーンです。しかし、どう選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、使い方や選び方についてご紹介します。


オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

近年注目が高まっているのがオールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤほどの雪道での性能はないですが、履き替えずに雪道に対応できる性能が特徴となっています。今回は冬用タイヤとして定番のスタッドレスタイヤとの違いや各メーカーの特徴をご紹介します。


スノータイヤとは?スタッドレスタイヤと違いや特徴

スノータイヤとは?スタッドレスタイヤと違いや特徴

冬用タイヤについて調べているスタッドレスタイヤだけでなく、スノータイヤという言葉があることに気づくかもしれません。スタッドレスタイヤの方がよく耳にするので、スノータイヤとどう違うのか気になるでしょう。この記事ではスノータイヤとスタッドレスタイヤの違いについてご紹介します。


タイヤの寿命はいつまで?年数・走行距離は?

タイヤの寿命はいつまで?年数・走行距離は?

車を所有している方ならタイヤ交換をしたことがあるかもしれません。そこで気になるのが、タイヤの寿命はどれくらいなのかということです。今回は、タイヤの寿命、耐用年数について説明します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。