トップへ戻る

タイヤの寿命はいつまで?年数・走行距離は?

タイヤの寿命はいつまで?年数・走行距離は?

車を所有している方ならタイヤ交換をしたことがあるかもしれません。そこで気になるのが、タイヤの寿命はどれくらいなのかということです。今回は、タイヤの寿命、耐用年数について説明します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


タイヤの役割は走るだけではない

ネクセンタイヤ Nブルー 4シーズン

ネクセンタイヤ Nブルー 4シーズン

そもそもタイヤがなければクルマは動くことも止まることもできないわけですが、それ以外の役割も含めどのようなものがあるのでしょうか?

一つ目は、「動く・止まる」=「発進・加速・減速・ブレーキ」の力を路面に伝え、機能(駆動機能・制動機能)させます。これによって、「動く・止まる」ことが可能になります。さらに、タイヤによってこの働きが大きく変わってきます。

二つ目は、進路変更する(曲がる)・直進(真っ直ぐを保つ)際にハンドル操作によって、行きたい方向へクルマを導きます。(進路保持機能)

三つ目は、ゴムや空気の弾力によって衝撃を和らげます(緩衛機能)。路面の凹凸などからくる衝撃をクッションのように吸収し、快適な乗り心地を可能にします。

最後に、荷重を支える機能(荷重支持機能)はクルマの重さはもちろんのこと、乗っている人や荷物などの重さを支えています。

このようにタイヤは、走ることにとどまらずクルマにとって大きな役割をもっている大事なパーツと言えるでしょう。

タイヤの耐用年数

タイヤの耐用年数

タイヤの耐用年数

ほとんどの工業製品には、保証期間や推奨される使用年数が記載されていますが、タイヤの場合にはそれが記載されていません。その理由としては、使用する頻度や方法、天候状況(季節や環境・暑さや寒さ)などにより、それぞれの寿命が異なるためです。

このことから耐用年数はそれぞれ異なるため、目安としての年数と使用状況や保管状況にあわせて検討し、点検やオーナーズマニュアルなどに記載されている内容なども確認したうえで、耐用年数をはかることが重要です。

タイヤの寿命

寿命をはかるためのチェックポイントとしては、一番に溝とスリップサインを確認し把握することです。公道では、溝の深さが1.6mm以下になってしまうと使用が禁止されているため、交換することが義務となっています。(道路運送車両法)

また、サイドウォールに刻まれている△のマークが示す部分には、溝が減った時に表面に現れるスリップサインと呼ばれるチェック機能があるので、その部分をチェックします。残りの溝が2mmになってスリップサインに近づくと排水がうまくできなくなるため、サインに到達する前に交換しましょう。

サイドウォールには、製造年週が刻印されていますので交換時期をはかる目安として確認しておきましょう。例えば、数字が「4620」とした場合「46=46週目(11月)」となり、「20=2020年」を指します。

また、それ以外にも保管状況などによって未使用であっても、その使用できる期間が違ってきます。溝がちゃんと残っていたとしても、タイヤは化学製品であるため時間が経過すると共に劣化していきます。

表面上は、使用可能な状態だったとしても保管状況によって、(屋根の有無・日当たりなど)内部は劣化(ひび割れやゴムなどの劣化)が進んでいることが考えられます。反対に倉庫などできちんと保管されている場合は、経過年数にもよりますが、寿命を延ばすことが可能となります。

走行距離にするとどれくらい?

一般的にタイヤは走行距離に換算すると、40,000kmの距離に耐えることができると言われています。あくまで、目安ですが1mmの摩耗がおこるのは5,000kmの走行とされています。

例えば、新品タイヤの溝は約8mmとすると32,000kmほどで1.6mmの溝になります。ただし、前述したように使用方法(急発進・急ブレーキなど)や、環境(季節や天候)などにより摩耗の程度が異なります。

タイヤの種類で寿命も変わる

プリウスに装着 スレッドタイヤ ICE NAVI 6

プリウスに装着 スレッドタイヤ ICE NAVI 6

種類といっても車種や車体の重さによっても変わってきますし、季節ごとに種類も異なります。大きく分けて3種類に分けることができます。一般的に多く使用されている夏用タイヤ、冬用タイヤ、オールシーズンタイヤとなります。

主に雪が降った場合などは夏用タイヤでは性能が追いつかないため、冬用タイヤやオールシーズンタイヤに取り替える必要があります。また、それぞれのタイヤには原材料や素材の違いなどにより性能や特徴が違うため、寿命にも差がでてくるのは当然と言えます。

スタッドレスタイヤ

雪が降る地域では、生活必需品として過言ではないほど使用されているスタッドレスタイヤですが、どのような特徴があるかというと、凍結した路面や雪道を安全に走るために開発されたスノータイヤになります。

低温でも硬化しないように柔らかい素材が使われており、それによってトレッド面が凍結した路面や雪をグリップするために役に立っています。耐久性は近年上がってはきてはいますが、夏タイヤに比べると耐久性は低いと言えます。

寿命としては、一般的に3年ほどが目安とされていますが、凍結や雪の山道などで多く使用する際は2年ほどで交換することをお勧めします。

ノーマルタイヤ

一般的に使用されているノーマルタイヤ(夏タイヤ)の寿命と言われているのは、期間としては3~5年とされており、走行距離に関しては30,000~50,000kmと言われています。

しかし急発進、急ブレーキ、急ハンドルなど必要以上に負担をかけることで、摩耗、寿命を短くしてしまいます。

また、適正な空気圧に調整されていないなどの場合も、偏った摩耗やサイドウォールの劣化を招き寿命を短くする原因となります。

オールシーズンタイヤ

このタイヤの特徴としては、その名の通り1年を通して使用できるものになります。乾いた路面・濡れた路面・多少の積雪路面まで安全に走行することが可能となります。

夏用・冬用に特化した専用のタイヤと比べると多少性能的には劣ることもありますが、シーズンごとに交換する必要がないことから便利だという点で人気があります。

寿命に関しては、ノーマルタイヤと同じと考えて問題ありません。ただし、交換する時期は、雪がない春~秋の場合、夏用と同じスリップサインが出た場合に交換すれば問題ありません。雪道の場合はスタッドレスと同じように、残溝が5mm程度まで達した時に交換する必要があります。

用途で違うタイヤの寿命

グッドイヤー エフィシエントグリップ コンフォート ノーマルタイヤ

グッドイヤー エフィシエントグリップ コンフォート ノーマルタイヤ

クルマにはそのボディタイプによってタイヤが異なります。乗用車は、セダン、ワゴン、ミニバン、コンパクト、スポーツ、SUV、軽自動車などがありますが、それぞれのタイプによって走りに特徴があるため特徴に合ったタイヤを装着します。

また、タイヤの種類によってその寿命も違いますのでそれぞれの特徴を把握し、チェックポイントを変える必要があるでしょう。

F1のタイヤの寿命は数十分?

市販用とは違いF1のタイヤの寿命は明らかに違います。レースの最中に何度も交換をするのは、それだけ寿命が短いためだということです。

一般的なタイヤとの違いは、摩擦によって熱が発生することでタイヤがドロドロに溶け、粘質化したものが路面に張り付いて摩擦力を発生させます。

この強い粘質により急な加減速やコーナリングが可能となります。そのためタイヤの摩耗がひどくなり、一般的なタイヤに比べると寿命が極端に短くなります。

タイヤローテーションで寿命は延びる

タイヤを修理してローテーション

タイヤを修理してローテーション

寿命を延ばす方法として、前輪と後輪のタイヤを交換することで可能となります。タイヤは同じ位置につけたままで走行していると、摩耗に偏りが出てきます。タイヤをローテーションし、偏りを均一化することで寿命を延ばすことにつながります。

目安は5,000kmで同一サイズのスペアタイヤがある場合は、それも含めてローテーションしましょう。

まとめ

フォルクスワーゲン Tクロス

フォルクスワーゲン Tクロス

タイヤの寿命をきちんと知り、点検や交換で安心・安全な運転が可能となります。さらに、寿命を少しでも長く保つためには、急発進・急ブレーキなど負担のかかる運転を避けることが大切なポイントといえるでしょう。

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。