トップへ戻る

トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタが北米を中心に販売している高級セダン「アバロン」。2021年モデルがアナウンスされました。今回はこのアバロンについてどんな車なのかをご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


アバロンとは?

《写真提供:response》《撮影 宮崎壮人》トヨタ アバロンハイブリッド(ロサンゼルスモーターショー12)

アバロンとはクラウンよりも大きいビッグサイズのセダンになります。アメリカ合衆国のTMMK:Toyota Motor Manufacturing, Kentucky, Inc.(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ケンタッキー)で製造され、北米向けに販売されています。

初代(1995年~1999年まで)と2代目(2000年~2004年まで)は日本にも輸入され販売されていました。ちなみに、2代目だけプロナードという車名で販売されていたので、覚えている方もいるのではないでしょうか。

3代目(2005年~2012年まで)はアメリカやカナダで販売されていました。このモデルは全長5,000mmを超える大きさで、グレードも増えました。

4代目(2012年~2018年まで販売)は3代目に比べ軽量化されサイズがコンパクトになり、ハイブリッドモデルが追加され、カムリやレクサスESと同じユニットが搭載されていました。

2018年にフルモデルチェンジされたのが、5代目で現行モデルとなります。TNGA思想に基づくGA-Kプラットフォームをベースに造られ、ハリアーやカムリなどと共通になり、北米以外では現在は中国でも生産され販売しています。

2021年モデルとして追加されたカスタムグレードXSE Nightshadeモデルは顔が迫力満点となっています。

トヨタの北米戦略車

《写真提供:response》トヨタ・アバロン・ハイブリッド

世界的にも有名な日本の自動車メーカートヨタは、世界を視野に入れビジネスを行っています。

良い車は国を選ばずと言いますが、現実は国によって車に対する法律・道路の環境・要求などが異なります。その地域に合わせ車両を最適化するため、車種の名前は一緒でも中身は全く違うという車両もあり、ユーザーのニーズに合わせ最適な車を提供しています。

日本ではあまり人気のない4ドアセダンですが、海外ではまだまだ人気があります。そこで登場するのがトヨタの北米戦略車「アバロン」となります。北米の方のニーズに合わせ前輪駆動にすることで、広大な室内空間を確保し快適な後席の居住性を誇ります。

上記でも述べた通りクラウンよりも大きいサイズのため、日本特有の入り組んだ道路にはあまり適しておらず、まさに北米戦略車と言えるでしょう。

アバロンの動力性能

《写真提供:response》トヨタ アバロン

パワートレインは北米仕様のカムリと同様となっており、V6モデルのアバロンでは3.5リッターガソリンエンジンから最高出力301hp、最大トルク267lb-ftを発生させ、EPA複合モード燃費は最高で26MPGとなっています。

さらに、直列4気筒 2.5リッターフルハイブリッドでシステム出力215hp、EPA複合モード燃費は最大で44MPGとなります。ハイブリッドのシステムは、プリウスにも搭載されている前輪駆動車向けのTHS IIを改良しています。

2021年のモデルからは、直列4気筒 2.5リッターで最高出力205hp・最大トルク185馬力のエンジンが搭載された全輪駆動(AWD)仕様が追加されています。

アバロンのグレード

アバロンは大きく分けると、ガソリンエンジンとハイブリッドの2つに分けることができます。

●ガソリンエンジンタイプ
XLE・XSEナイトシェード・ツーリング・リミテッドの4つのグレードが用意されています。

●ハイブリッドタイプ
XLEハイブリッド・XSEハイブリッド ・リミテッドハイブリッドの3つのグレードが用意されています。

その他にも専用エアロなどがスポーティなTRDグレードも用意されており、NASCARシリーズ(アメリカのモータースポーツ)の常勝レーシングイメージを与え、若い人たちにもアピールしています。

グロスブラックの精悍なエアロパーツとマットブラックのアルミホイールが装着され、専用チューンのサスペンションでローダウンされたエクステリアのデザインは、フロントとリア両方ともスポーティーで、インテリアのデザインは黒のベースに赤いステッチがアクセントになっています。

アバロンの装備

《写真提供:response》トヨタ アバロン 新型、最新セーフティセンス標準

バックガイドモニター付きバックカメラ・リアクロストラフィック警告機能付きブラインドスポットモニター・自動ハイビームが標準で装備されています。

最新のADAS(先進運転支援システム)を採用しており、トヨタ・セーフティセンスPの最新のバージョンになります。プリコリジョンシステム(歩行者検知機能付き)をはじめ、ステアリングアシスト付きレーン逸脱警告・全速度域対応のダイナミックレーダークルーズコントロールがセットされています。

オプションで、リアクロストラフィックブレーキシステム・インテリジェントクリアランスソナー・パノラマビューモニターなどを装備することができます。

アバロンのエクステリア、エクステリア

アバロンのエクステリア

トヨタ アバロン 新型

トヨタ アバロン 新型

5代目のボディサイズは、全長4,975mm×全幅1,850mm×全高1,420~1,440mm、ホイールベースは2,870mmとなり、クラウンよりも長く幅広いサイズとなります。

釣り目のヘッドライトと、広く大きく張り出したフロントグリルが特徴で、視線を集めるデザインとなっています。グレードによってグリルのデザインは変わりXLEとリミテッドが横ライン基調でワイド感のあるデザインなのに対し、XSEとツーリング、それにTRDではメッシュ基調でスポーティなデザインとなっています。

アバロンのインテリア

《写真提供:response》トヨタ アバロン、新型のハイブリッド

インテリアのデザインはブラックを基調にしておりこだわりが感じられ実用性を重視しています。さらにヤマハ製の本木目トリムが用意されるなど、北米トヨタにおけるフラッグシップ車らしい上質な印象です。

その大きいサイズを活かし後部座席の足元の空間は余裕があり、まさにアメリカンセダンで日本車なのに異国情緒すら感じることができます。

シート表皮もグレードごとに性格分けされており、スポーティなXSEやツーリング、TRDでは滑りにくいウルトラスエードが用いられるのに対し、リミテッドでは高級感のあるコニャック色のレザーシートが用意されます。

シンプルで品があり高級感のある車内空間はゆっくりと落ち着け、短距離はもちろん長距離のドライブも楽しむことができるしょう。

アバロンは日本でも購入できる?購入する際の注意点は?

《写真提供:response》トヨタの最上級セダン、アバロン

アバロンを日本で購入するには2通りの方法があります。1つは日本の中古車市場にある車両を購入する方法ですが、数が少なく見つけること自体が難しいといえるでしょう。

もう1つは、並行輸入という方法になります。この方法は正規代理店とは別のルートで車両を輸入することになります。簡単に説明すると専門業者に依頼し、海外で車両を購入し輸入してもらう形になります。

しかし、正規代理店とは違うので注意が必要な点があります。

メンテナンスの手間がかかる

車検・定期検査・故障の際に専門の業者が必要となり、修復する箇所のパーツが国内になければパーツを輸入することになり、さらにお金と時間が掛かってしまいます。

購入先の国でリコールが出ても、情報が日本に入ってこない可能性があり、リコールに気づかずに乗り続けるといった最悪の事態も考えられます。

任意保険は一苦労

事例が無く保険料自体を決めるのが難しく、インターネットで申し込もうとしても並行輸入車の設定自体が無い場合があります。

引き受けてくれる会社が仮にあったとしても、同等の車両に比べ割高になる可能性があります。

オドメーターの巻き戻し

日本では考えられないことで、ごく一部ですが海外ではオドメーターを平気で巻き戻す業者がいると言われており、表示よりも遥かに上回っている距離を走行している可能性があります。

一般道を走行するための手続きが多い

車に対する法律は国によって異なります。

正規に輸入された車両は日本で走行できるように改造・最適化・登録をしてから販売されていますが、並行輸入車は専門業者に改造・最適化・登録を全て依頼することになり、費用が100万円近くするとも言われています。

納車まで時間がかかる

並行輸入車は一般的には依頼があってから作業を始めるので、納車までに時間が掛かるという問題があります。

アバロンの中古車価格

XLE:210万円台からとなっています。
XL:140万円台からとなっています。

中古車市場に出回っている数が少なく、中古車情報自体があまりありません。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2021年3月現在)

response中古車はこちら

まとめ

《写真提供:response》トヨタ アバロン

日本では販売されておらず、トヨタの北米戦略車として北米などで販売されています。クラウンよりも大きく車内はゆったりしており高級感があります。

環境に配慮したハイブリッドモデルやスポーツモデルもあり、自分の好みに合った1台が見つかるでしょう。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。