トップへ戻る

タイヤチェーンはどう選ぶ?使い方やおすすめアイテムを紹介!

タイヤチェーンはどう選ぶ?使い方やおすすめアイテムを紹介!

冬場の運転をより安全なものとするためのアイテムが、タイヤチェーンです。しかし、どう選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、使い方や選び方についてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


タイヤチェーンとは

タイヤチェーンを装着したタイヤ

タイヤチェーンって何?

冬の路面はとても滑りやすく、運転には危険が伴います。雪が積もっている時はもちろんのこと、一見すると普段通りの道路であっても凍結しているというケースも少なくありません。

路面状況が悪い時は運転しないに越したことはありませんが、すでに自動車は私達現代人にとって欠かすことのできない移動手段となっています。そのため路面が凍結していたり、積雪していたりする状況でも運転しなければならないというケースは少なくありません。

そんな冬の運転において欠かせないのがタイヤチェーンです。ある程度積雪している状況であっても、タイヤチェーンを装着することによって比較的安全に走行することができるといわれています。

とはいえ、あまり使用する機会がないという方にとってはタイヤチェーンがどのような役割を担っていて、どんなシーンで効果を発揮してくれるのかわからないというケースも多いようです。ここではまず、タイヤチェーンの役割やスタッドレスタイヤとの違いなどについて詳しくご紹介します。

タイヤチェーンの役割

タイヤチェーンの役割は、「凍結した路面や雪の上でもしっかりと地面をグリップして走行を安定させる」というものです。通常のタイヤのままでは凍結した路面や積雪した地面の上で十分にグリップすることができませんので、普段通り走行することは難しいですし、思うようにブレーキもきかないでしょう。

場合によってスリップする恐れもありますが、タイヤチェーンを装着することによってこのような問題を解決することができるといわれています。

タイヤチェーンにはいくつかの種類があり、ひとつは雪道や凍結した道路でもスリップしにくく、安定した走行ができる一方で、積雪のない道路での走行には適していない金属タイプです。

もうひとつが容易に取り付けをすることができて、積雪のない道路でもある程度走行可能な非金属タイプのものです。いずれにしても装着することによって、雪道や凍結した道路での走行性能や安全性を高めることができるといわれています。

スタッドレスタイヤとの違い

雪道や凍結した道路を走行するための装備として、タイヤチェーンと並んで広く使用されているのがスタッドレスタイヤです。

スタッドレスタイヤもまた雪道や凍結した道路でも比較的安定した走行が可能なタイヤであり、通常の状態の道路であっても走行できます。そのため、冬場になるとノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに交換しているという方も多いでしょう。

スタッドレスタイヤとタイヤチェーンの用途は近く、いずれでも雪道などでの走行がしやすくなります。しかし、スタッドレスタイヤがあればチェーンは不要というわけではありません。

近年のスタッドレスタイヤは性能が良くなってはいますが、やはり雪道や凍結した道路への対応力はチェーンの方が上だといわれています。そのため、道路状況によってはスタッドレスタイヤでは安全な走行ができず、タイヤチェーンを装着しなければならなくなるというケースも少なくありません。

そのため、雪の多い地域などではスタッドレスタイヤをはいていても、いざという時のためにチェーンも車に積んでおくというケースも多いようです。

そもそもノーマルタイヤでは雪道を走行することは難しいため、ノーマルタイヤにチェーンを巻くことは想定外の天候に対する応急処置となります。雪道や凍結した道路を走行することになることが事前にわかっているのであれば、スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤなどに交換しておくようにしましょう。その上でタイヤチェーンを用意しておくとより安心です。

タイヤチェーンが必要となるシーン

前述の通り、雪道や凍結した道路を走行する際にはタイヤチェーンが必要です。わずかな積雪であってもノーマルタイヤではスリップなどのリスクがありますので、スタッドレスタイヤに交換するかチェーンを装着する必要があります。

突然の天候不良などによって急激に積雪した場合は、一般道でもチェーン規制が出されることがあります。この場合、ノーマルタイヤのままでは走行することができませんので、必ずチェーンが必要となります。

普段はあまり雪が降らない地域であっても、近年では天候が変化しやすくなっていますので突然の雪に見舞われることがあります。そのため、いざという時のためにタイヤチェーンを車に積んでおくと安心です。

タイヤチェーンの選び方

冬のタイヤ

どうやって選べばいい?

タイヤチェーンにもさまざまな種類のものがあり、どのように選べばいいのかわからないという方も多いようです。

そこで、ここではタイヤチェーンの選び方をご紹介します。これから購入を検討している方は参考にしてみてください。

タイヤチェーンの種類

先ほども少し触れましたが、タイヤチェーンには金属製と非金属製の2種類があります。金属製のものはコンパクトに収納できるものが多いので、いざという時のために車に積んでおくといった用途の場合は金属製のものがおすすめです。

逆に、非金属製のものは収納時のサイズは大きめになってしまいますが、装着はとても簡単です。中にはワンタッチで装着できるものもありますので、使用頻度が高い方におすすめです。

同じ素材のチェーンであっても形状などによって性能は異なりますので、用途や使用頻度などに合わせて選ぶようにしましょう。

取り付け方法をチェック

チェーンによって取り付け方法も異なります。チェーンは急な天候の悪化などによって急遽取り付けるというケースも多いことから、取り付けやすさもとても重要なポイントとなります。そのため、チェーンを選ぶ際には取り付け方法もしっかりとチェックしておくようにしましょう。

チェーンによってはジャッキアップなどが不要で、1人でもすぐに取り付けが可能なものもあります。チェーンをあまり使用したことがないという方は、できるだけ簡単に取り付けできるものを選ぶことをおすすめします。

加えて、購入したら説明書などを読んで取り付け方を確認しておくことも大切です。できれば一度実際にタイヤに取り付けてみて、手順や脱着にかかる時間などを確認しておくといざという時にもスムーズに対応できるでしょう。

収納時のサイズも重要

タイヤチェーンを常時取り付けたまま使用するというケースはあまりありません。車内に収納しておくというケースも多いことから、収納時のサイズも選び方のポイントとなります。

前述の通り金属タイプのチェーンはコンパクトに収納することができますので、車内のスペースが限られているといった方におすすめです。加えて、専用の収納ケースのサイズなども購入前に確認しておきましょう。

タイヤチェーンのおすすめ5選!

選び方のポイントをチェックしましたので、ここから具体的におすすめのタイヤチェーンをピックアップします。

同時にそれぞれの特徴などについてもご紹介しますので、チェーン選びの参考にしてみてください。

1. カーメイト バイアスロンクイックイージー

非金属タイプながらコンパクトに収納することのできる便利なタイヤチェーンです。しっかりとしたスパイクが取り付けられていますので、地面をキャッチしてくれるのみでなく耐久性も抜群です。スパイクは全体にバランス良く配置されていますので、横滑りにも強く、雪道に慣れていない方でも比較的安心です。

取り付けについては3カ所でロックする方式をとっていますので、わずかな力でしっかりとタイヤを締め付けることができます。取り外しも簡単ですので、チェーン脱着のストレスを大幅に軽減してくれます。いざという時の備えとしてはもちろんのこと、日常の中でチェーンを使用する機会が多いという方にもおすすめです。

カーメイト 【正規品】 簡単装着 日本製 JASAA認定 非金属 タイヤチェーン バイアスロン クイックイージー QE14 適合:225/45R18 225/50R17 215/50R18(夏) 225/55R16(冬) 215/55R17 215/60R16(冬) 215/65R16(夏) 215/70R15(夏) 195R15(冬) QE14 ブラック

【3/4〜3/11はエントリー+3点以上購入でP10倍】カーメイト バイアスロン QE14 簡単取付 非金属 タイヤチェーン 正規品 JASSA認定品 195/80R15(冬) 215/70R15 215/65R16(夏) 215/55R17 225/50R17 215/50R18(夏) 225/45R18

2. FIELDOOR KN-80

ジャッキアップ不要で簡単に取り付けることができる、金属タイプのタイヤチェーンです。亀甲型のタイプですので、横滑りにも強く安定した走行が可能です。チェーンには12mmの太さのものを使用していますので、耐久性も高く安心して使用することができます。

金属タイプなのでコンパクトに収納することができるのもポイントです。専用ケースも付属していますので、いざという時のために常時車に積んでおきたいという方にもおすすめです。加えて急な天候悪化などの際にもすぐに作業ができるように、専用の手袋などが付属しているという点もうれしいポイントです。

FIELDOOR タイヤチェーン (作業用手袋付) 【KN-80】 ジャッキアップ不要 取付簡単 亀甲型 コンパクトケース収納 (TUV/GS規格認証)

FIELDOOR タイヤチェーン (作業用手袋付) 【KN-80】 ジャッキアップ不要 取付簡単 亀甲型 コンパクトケース収納 (TUV/GS規格認証)

3. weissenfels クラック&ゴー ユニカ

定番の金属タイプのチェーンです。こちらもジャッキアップ不要となっていますので、取り付けがとても簡単です。自動増し締めテンショナーが採用されていますので、きつく締めなくても走行することで自動的により強くしっかりと固定されます。

リングは9mmタイプで、走行の快適性・静粛性が高いという点もポイントです。収納サイズがコンパクトなためトランク内などでも場所をとらず、チェーンを常時積んでおきたいという方にもおすすめです。

weissenfels(バイセンフェルス) クラック&ゴー ユニカM32 L120 【適合タイヤサイズ:245/60R14S 215/70R15WGV 225/65R15S 235/60R15S 205/65R16GV 215/65R16SWV 225/60R16S 225/55R16WGV 245/50R16S 205/55R17V 215/55R17 225/50R17SV 235/45R17WGV 245/45R17S 255/40R17S 225/45R18 235/40R18W 255/35R18S 225/40R19S】

weissenfels(バイセンフェルス) クラック&ゴー ユニカM32 L070

4. Cololline タイヤチェーン

ジャッキアップ不要で脱着可能な非金属タイプのチェーンです。簡易型タイプなので収納サイズもコンパクトで、いざという時の備えにぴったりです。タイヤ全体をカバーするタイプではありませんが大きめのしっかりとしたスパイクがついていますので、雪道もグリップしてくれます。

チェーンとして十分な性能を持ちながら、同時にタイヤに優しい設計・素材になっているという点もポイントです。

Cololline タイヤチェーン 非金属 チェーン ジャッキアップ不要 スノーチェーン スノータイヤチェーン 非金属 取付簡単 車 チェーン 軽自動車 雪道 プラスチック アイスバーン 凍結 スリップ 事故 冬場 緊急脱出用 自動車タイヤ滑り止めチェーン雪道・凍結・砂道・泥道 冬の必需品 サイズ調節可能 165-265mm対応 6本入

Cololline タイヤチェーン 非金属 チェーン ジャッキアップ不要 スノーチェーン スノータイヤチェーン 非金属 取付簡単 車 チェーン

5. コムテック SX-108

コストパフォーマンスに優れた、金属タイプのタイヤチェーンです。亀甲型なので横滑りにも強く、普段はあまり雪道を走行する機会がないという方にもおすすめです。

低価格帯ながら、コマ止フックなど予備の補助部材セットが付属しているという点もポイントです。こちらもジャッキアップ不要のタイプとなっていますので、急な積雪などにも対応しやすいという点も魅力です。

チェーンの使用頻度はそれほど高くはないものの、念のためチェーンをひとつ持っておきたいという方にもぴったりです。

コムテック タイヤチェーン 高性能金属製ジャッキアップ不要取付簡単 コンパクト収納スピーディア SX-108

【送料無料】タイヤチェーン 金属亀甲タイプ SX-108 COMTEC(コムテック)SPEEDIA SX(スピーディアSX)適合タイヤサイズ:215/45R17 225/45R17 205/55R16 195/60R16 215/65R14 195/65R15 205/65R15 195/80R14 175/80R15

まとめ

タイヤチェーンを装着したタイヤ

雪道に注意しよう

雪道や凍結した道路をノーマルタイヤで走行するのはとても危険で、路面状況や天候によってはスタッドレスタイヤでも対応できないケースがあります。そんな時に心強い味方となってくれるのがタイヤチェーンです。

近年ではジャッキアップ不要で簡単に取り付けることができるタイプのものが主流となっていますので、以前よりもチェーン脱着のハードルは低くなっているといえます。近年では異常気象によって、普段はあまり雪が降らない地域でも積雪が見られるケースもあります。

いざという時のためにひとつ用意しておいてはいかがでしょうか。

関連する投稿


おすすめドライブレコーダーを紹介!タイプ別に自分に合うものを選ぼう

おすすめドライブレコーダーを紹介!タイプ別に自分に合うものを選ぼう

最近では当たり前になりつつあるドライブレコーダーですが、その進歩は進んでいます。駐車録画対応製品など駐車中の当て逃げなどを記録するタイプもあります。また、前後を記録できるタイプもあり、コンパクトで高性能なものが主流になっています。今回はこのドライブレコーダーについて見ていきましょう。


高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

高級サスペンションメーカー オーリンズって何がすごいの?

車やバイク好きの方なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?オーリンズと言えば最高峰のサスペンションメーカーであり、レースなどでも活躍が著しいメーカーです。今回はこの「オーリンズ」について見ていきましょう。


愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

愛車に長く乗り続けたい方必見!おすすめカーケア用品をご紹介!

車を快適に過ごすためのグッズは数多く存在します。また車のお手入れのための用品も多いです。カーシャンプーやワックス・水垢取りなどは身近なカーケア用品と言えるでしょう。今回はこれらのカーケア用品についてご紹介していきます。ご自身で出来るカーケアの知識を増やし快適なカーライフをお過ごし下さい。


【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothと言う言葉は聞いたことがあるかも知れませんが、オーディオトランスミッターと言う言葉はあまり聞き慣れないかも知れません。有線ではなく無線で繋ぐこのBluetoothオーディオトランスミッターについて今回は解説していきます。慣れればとても便利なBluetooth接続についても説明しますのでぜひご一読ください。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。