トップへ戻る

送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルは自動車教習所で必ず習うハンドルの回し方です。しかし、送りハンドルはダメであるという教えも存在します。そこで今回は、送りハンドルについてとハンドルの正しい回し方について紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


そもそも送りハンドルって?

乗用車のハンドルを握る男性

送りハンドルって何?

「送りハンドル」という言葉は聞いたことがあるけどよく意味がわからないという方もいるのではないでしょうか。

ここでは、送りハンドルがどういった操作なのかについて解説をしていきます。

送りハンドルとは同じ箇所を握ったままハンドルを回すこと

右折時には、ハンドルを右に回す必要があります。この時、どのようにハンドルを回しているでしょうか。自動車教習所では、ハンドルを持つ位置が9時15分になるように指導される場合が増えてきているようです。

この位置を握ったままハンドルを回して右折をし、ハンドルを切る量が足らなくなったら左手のすぐ右側へ右手を持ち替える方法を送りハンドルと言います。

送りハンドルと対をなすのがクロスハンドル

実際に送りハンドルで車を運転してみると、難しいと感じる方も多いでしょう。それは自動車教習所では送りハンドルではなく、クロスハンドルをハンドル操作の基本として教えられるからです。

クロスハンドルとは、9時15分の位置を持ったままハンドルを回し、左手が12時を過ぎたくらいのタイミングで、右手を9時の位置に持ち変えるハンドル操作です。ここまで正しく操作していなかったとしても、無意識に右折の際にハンドルを持ち替えて操作をしている方は多いと思います。

送りハンドルと比べて、クロスハンドルの方が浸透しているハンドル操作であるといえますが、実際にクロスハンドルのみが正しいハンドル操作というわけではないのです。

送りハンドルはダメなの?

ビジネス 20代女性(青背景)

送りハンドルはいけない行為?

自動車教習所では、クロスハンドルも送りハンドルもハンドル操作の方法として学びます。しかし、実際に運転をする際にはクロスハンドルを推奨されるケースが多いです。そのため、送りハンドルは行ってはいけないと感じている方もいるかもしれません。

しかし、実際にはそうなのでしょうか。ここでは、送りハンドルを行うことに関する是非について解説をしていきます。

状況によって異なる

結論から述べると、送りハンドルを行うべきか、クロスハンドルを行うべきかについては状況によって異なります。日本ではクロスハンドルを基本として教えられますが、海外では送りハンドルを基本として教えている場合もあります。

例えば、転回を行うとしましょう。この時に送りハンドルを使って操作をしようとすると、ハンドルを回さなくてはいけない角度が大きくなり、送りハンドルでは持ち替える回数が増えてしまいがちで、操作が遅れてしまうかもしれません。

もし、クロスハンドルであれば、短い時間で大きくハンドルを切ることができるでしょう。大きくハンドルを動かすのであれば、クロスハンドルを利用するのが良いでしょう。

しかし、送りハンドルにもメリットはあります。自動車教習所では、正しいハンドル操作の姿勢として座席に深く座って腕が伸びている状態と教わります。これはハンドル操作の際に視野を狭くしないために必要な姿勢です。送りハンドルではこの姿勢を守って運転することができます。

逆に、クロスハンドルを利用するとどうしても身体が前傾姿勢になりやすくなってしまいます。安全な姿勢とは反してしまうため、どんな状況でもクロスハンドルを利用すれば良いというわけではありません。

送りハンドルとクロスハンドルを使い分けるべき

送りハンドルとクロスハンドルは、使いどころをしっかりと見極める必要があります。基本的な右折や車線変更であれば、送りハンドルの方が姿勢を保ちやすいので良いでしょう。転回をする際や大きくハンドル操作をして右折をしなくてはいけない場合などは、クロスハンドルの方がおすすめです。

車のハンドル操作は、安全であることが第一です。自動車教習所で教わる基本的な姿勢などは、常におさえておかなくてはいけません。どのように操作すれば安全に運転ができるのかを考えて、状況に適したハンドル操作を行うようにしましょう。

絶対にやってはいけないハンドルの持ち方

指でバツ

この運転の仕方は注意!

先ほど車のハンドル操作は安全であることが第一と説明しました。中には自分が操作しやすい方法が一番安全であると勘違いをしている方も存在しますが、そうではありません。

ハンドル操作の中には、絶対に行ってはいけないものがあります。ここで紹介するハンドル操作は、いかなる時でも行ってはいけません。それらについて理解を深め、常に安全に運転ができるようにしておきましょう。

片手ハンドル

片手ハンドルとは、その名の通りハンドルを片手で操作することです。最近の車は、女性でも簡単に操作できるほど、力を必要としません。力をかけなくてもハンドル操作ができるのだから、片手でも問題ないと考えている方もいるのではないでしょうか。

片手ハンドルが原因のトラブルは頻発しています。スマホなどを操作しながら運転しているケースも多いのですが、そうでない場合にもトラブルは発生しています。

なぜ、片手ハンドルだとトラブルが発生するのでしょうか。それは、緊急時の操作にあります。ハンドルの同じ箇所を手で持ち続けたまま回せる角度には限界がありますし、ハンドルから手を離すとハンドルが元の位置に戻ってしまいます。そのため片手ハンドルでは手を離すことができません。つまり片手ハンドルでは大きなハンドル操作ができないのです。

このような状態で、例えば車の前に子供が飛び出してきたらどうなるでしょうか。両手でハンドル操作をしている時とは違い、ハンドル操作が不十分になる可能性は非常に高くなります。子供が飛び出してきたとはいえ、運転していた側にも過失はあると判断されるでしょう。

ご紹介した例が全てではありませんが、片手ハンドルは絶対に行ってはいけません。ハンドルはどんな時でも両手で操作しましょう。

内かけハンドル

次に内かけハンドルについてです。片手ハンドルと比べると、どういったハンドル操作なのかわかりにくいかもしれません。

内かけハンドルとは、ハンドルの内側を握って操作をすることを指します。通常のハンドル操作では基本的にハンドルの外側を握り、これは自動車教習所でも必ず教わります。

まず、なぜ内かけハンドルをする方がいるのかについて解説します。内かけハンドルは通常のハンドル操作と比較すると、力を加えやすいのが特徴です。そのため、トラックのような大きなハンドルを操作する際に利用されるケースが多くありました。

また昔の車は今よりもハンドル操作が難しく、通常のハンドルの持ち方だとうまくハンドルを回すことができない方がいました。そのため自然と内かけハンドルを行うようになったと言われています。

ただ、現在の車のハンドル操作には昔ほどの力を必要としません。通常のハンドル操作でも十分に大きな力を入れられるので、内かけハンドルのメリットはないといえるでしょう。

一方、内かけハンドルによるデメリットは存在します。それは逆方向にハンドルを切りにくい点です。内かけハンドルは、どうしても一定の方向にしか力を加えることができません。

そのため、急な飛び出しなどで逆方向にハンドルを切らなくてはいけない場合は、操作が非常に難しくなります。片手ハンドルと同様に、緊急時の対応が難しくなってしまうハンドル操作であるため、絶対に行ってはいけません。

従来の車の多くはハンドル内部にエアバッグが搭載されています。内かけハンドル中にエアバッグが作動した場合、肘関節に逆方向から力が加わってしまいます。そのため、腕を負傷する可能性もあります。

片手ハンドルや内かけハンドルの他にも、小刻みハンドルや反力戻しハンドル、手のひらハンドルなど行ってはいけないハンドル操作方法は数多く存在します。基本的に送りハンドルとクロスハンドル以外は行わないようにしましょう。

免許取得時に必ず教わる

先ほど紹介したハンドル操作に関しては、免許取得時に必ず教わります。やってはいけないハンドル操作についても教えられることが多いので、今から免許を取得する方はさほど心配する必要はありません。

そもそも、正しいハンドル操作をしていないと、免許を取得することはできません。誰もが最初は正しいハンドル操作をしているのですが、運転に慣れてくるにつれて、自己流のハンドル操作を行ってしまうのです。

免許取得時に教わった正しいハンドル操作を忘れずに、運転を続けることを心がけましょう。

まとめ

若い男女 自動車

安心・安全なドライブを

送りハンドルは行ってはいけないハンドル操作ではありません。むしろ、適したシチュエーションで使用する分には、クロスハンドルと比べても安全性が高いといえます。

ただ、送りハンドルやクロスハンドル以外のハンドル操作に関しては、基本的に行ってはいけないと考えた方がいいでしょう。いくら運転がしやすかったとしても、それが安全が保証されているハンドル操作でない限りは行うべきではありません。

自動車教習所などで習った内容は、時間が経つにつれて忘れてしまうものです。自分のハンドル操作を見直して、問題があるようであればすぐに改善しましょう。そして、常に安全に運転するという意識を持ち続けなくてはいけません。

関連する投稿


ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

ドライブを楽しめるゲームソフト厳選6本!休み中にバーチャル旅行へGO!

まだまだお出かけのしにくい状況が続く昨今。国内はおろか、海外旅行なんて夢のまた夢ですよね。いつになったらまた気軽に海外へ出かけられるのか見当もつかない今だからこそ、注目したいのがゲーム内の世界でバーチャル旅行を楽しむこと。ストーリーを進めなくても、ゲーム世界をドライブするだけで楽しめる、そんな珠玉のゲームソフトをまとめてみましたので、お休み中のご予定にぜひバーチャル旅行を加えてみてください。


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

一言でリムジンと言っても、実はリムジンには色々な種類のリムジンがあります。なかなかリムジンを購入する方は少ないと思いますが、一度は乗ってみたいのがリムジンではないでしょうか?今回はリムジンについて詳しく見ていきましょう。


Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothと言う言葉は聞いたことがあるかも知れませんが、オーディオトランスミッターと言う言葉はあまり聞き慣れないかも知れません。有線ではなく無線で繋ぐこのBluetoothオーディオトランスミッターについて今回は解説していきます。慣れればとても便利なBluetooth接続についても説明しますのでぜひご一読ください。


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。